be with you 3104

2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

*スケート智 その3*

「戻ってくる時にやってくれる?」 「はい」
何オーダー?末っ子チームは、こっち向きでやってくれるのが好きなのか(笑)
やけに素直な智。やっぱり極めるスイッチ、入っちゃったんだろうなぁ~。

助走しながらタイミング計ってるんだけど、
腕をぐっと引き寄せ、左足をぐっと後ろに引く瞬間の力強さ俊敏さが大好きです。

2014_0129スケート0022 2014_0129スケート0023

そして、綺麗なイナバウアーからのサトシバウアー。
これ滑りながらやってるからね。初心者だからね。氷上だからね。
やっぱりただ者じゃないわ。

2014_0129スケート0025 2014_0129スケート0026

「初めてやってこんなにできる人いない」
荒川先生。最高の褒め言葉、ありがとうございます!

バランス崩しちゃったけど、もっともっと頑張って欲しい~というのはやっぱり酷か?
だって、あんなに颯爽としてたのに、終わったらおじいちゃん智(笑)

2014_0129スケート0027

ダンスを練習する所を見られるのは嫌だ…と言っていたので、
こういう映像はとっても貴重ですね(^^)v
身体能力はもちろん、思い切りの良さとか、イメージを体現する能力とかが十分感じられるし、
一つ一つステップアップしていく過程も見られて、よかった~。
荒川先生もジャンプの時に「少しずつ形になってきました」とか言ってたから、
本当は、なかなか上手くいかない所から徐々に形になっていく過程も
つぶさに見てみたかったんだけど。(だから、くどい店はいらないんだよ~)

他の4人も頑張ってたね。
ニノはあまりスケートは得意ではないのか、運動不足なのか。
元々運動神経はいいはずなので、そろそろぽにょを卒業して欲しいと思う今日この頃。

櫻井くんは、思ったより出来てたね(失礼(^^;)
止まろうとしても回っちゃうのと、ロシア語でお姉さんをナンパ?する所がツボでした(笑)

松潤の歌舞伎キャラは大好きだったなぁ~。
しかも、「よーっ」で翔さんとコラボまで(笑)

相葉ちゃんは持ち前の運動神経でガンガン行ってたけど、気持ちがちょっと前のめり過ぎかも(笑)
フィギュアよりもスピードスケートの方がいいかもね~。


さて、最後は、山夫婦だよん。
すっかり猫背なおじいちゃん。長年連れ添った夫婦にしか見えない。

2014_0129スケート0028 2014_0129スケート0029

それなのに、突然色気を振りまく危険な男(〃▽〃)

2014_0129スケート0030

白玉団子で風船って?やっぱり凡人とはひと味もふた味も違う智。
しかも、めっちゃ楽しそう。
毎度毎度、この振り幅にやられる。

2014_0129スケート0032

あ~、楽しかった。
お付き合い、ありがとうございました(^^)
スポンサーサイト

*スケート智 その2*

お次は、ジャンプです。
画像は、1回目と2回目のジャンプを並べてみました。
こうすると、同じポーズを違う角度から見てるみたいで、いいでしょ。

ぐっと両手を後ろに引いて、反動をつけてます。
(ダンスの時もだけど、上肢の角度や重なり具合が好きなんです)

2014_0129スケート0006 2014_0129スケート0009

ぐっと腕を引き寄せてクロスさせ、回転しながらジャンプ。
初心者でこの高さ、そして安定感。

2014_0129スケート0007 2014_0129スケート0010

着氷がこれまた綺麗で、惚れ惚れします。(実は私、着氷の瞬間が一番好き)
でも、この後すぐバランス崩しちゃうけど…(^^;)
もう少し練習したら、きっとできちゃうね。

2014_0129スケート0008 2014_0129スケート0011

そして、やっぱりすべり嵐は大野智に決定!
「やっぱり綺麗でした」 「自分にはわかんないから」 
ダンスであれだけ美しい体勢を維持できるんだから、当たり前と言えば当たり前だけど…。
でも、あの不安定な氷上で、あれだけのパフォーマンスを見せられるというのは
やっぱりすごいことだよね。

そして、サトシバウアー・スイッチが入った智がとんでもなく男前でクラクラ(〃▽〃)

2014_0129スケート0014

足の形を確認する智の真剣な表情。どうなってるんだ、あの足首?
そして、体を反らせるイメトレ。ところが、ここでなぜか寄ってるカメラ!!
おいおい、ここは全身を映すんだよ~。何やってるんだ~!

2014_0129スケート0015

助走から左足に重心をかけ、頃合いを見計らって、手でバランス取りながら、
右足をぐいっと後ろに。圧巻のバランス。

2014_0129スケート0016 2014_0129スケート0017

そして、イナバウアーの体勢から反る反る。おいおい、こんなに反ってるし。
腰をやっちゃうのも当然かも(笑)
ていうか、こういう時はGパンじゃないでしょっ!
羽生くんばりの衣装を用意して下さいよ~(*^^*)

2014_0129スケート0018 2014_0129スケート0021

それにしても、かなり攻めてたよね~。ついつい本気になっちゃったか…。

しかし、爆笑嵐。確かにおもろい(^^)
でも、「普通できないですよ」と感心しきりの荒川先生。
この人ったらあまりにも普通にやっちゃうので、すごさがわかりづくらくなっちゃうんですけど(^^;)。
プロがあんだけ褒めてくれるっていうことは、相当なもんですよね。

あらっ、その2で終わるつもりだったのに、まだ続きます。すみません…。

*スケート智 その1*

スケート嵐、早くアップしたかったんだけど、見れたのが月曜日で。
ブログ更新する時間もなかなかとれず…。(ていうか、もうすぐ1月が終わっちゃうね…。早っ)
ということで、今更ですが、スケートしやがれの嵐!

…の前に(^^;)、「考える嵐」だったのにいつの間にか「初体験バラエティ-」になってるよね。
いやいや大、大、大歓迎なんですけど~(〃▽〃)
ずっとこんな感じで行って欲しいわ~と思っていたら、来週はくどい店SPなんだって(ーー;)
(一体どこに需要があるんだ…。今回も1時間まるまるスケートでよかったのに!)

ていうか、熊本ロケはどうした?!
このままうやむやにする気じゃないだろうなっ!!スタッフ~!!

では、スケート嵐(^^)/
やっぱりあの5人は、テーマだけ与えて後は自由にさせとくに限るよね。
いちいち面白くて、可愛くて、かっこよくて、顔がほころびまくり。
特に大宮が公衆の面前で必要以上にいちゃいちゃしている件。(もちろん大歓迎(〃▽〃)

さて、今回はスケートに挑戦。それなのに初っぱなから「やめときましょうよ」と後ろ向き発言智。
でも、騙されませんから~。
足の形はVよりT。「そんな怖いこと、できなくない?」だから~、騙されませんから~。
足をTにした時、大野くんだけ胸が開いて、内ももに力が入っている件。
(だから、あんな小尻になっちゃうんでしょうか(*^^*)

2014_0129スケート0001

重心の移動の仕方がスムーズで、片足になった時も安定してる。

2014_0129スケート0002

でも、止まるのが難しいよね。
それなのにとりあえずカメラに向かってドヤってみる智がso sweet!奇跡の33歳!

2014_0129スケート0003

目の前で止まれ…というニノ。何作戦?何だ、結局いちゃいちゃしたいだけかよ~!
ニノが滑る時も、真っ先に「うまい」と声を掛ける智。
そんじゃそこらへんのカップルよりよっぽどいちゃいちゃしとるし!もっとやれ~!!

そう言えば今回、音声さん、大野くんのマイクだけボリューム上がってませんか…っていうくらい、
大野くんの笑い声がクリアに聞こえてくることがあって、ドキドキしちゃったんですけど。
そして、櫻井くんが止まる時に回っちゃった時の大野くんの泣きそうな笑顔が可愛すぎて、
そっと幸せを噛みしめました(*^^*)

半周する時も荒川先生に「すごい綺麗!」と褒められてたね~。
でも、やっぱり上半身が少しかたくて「肩の力を抜いて下さい」って言われてたけど…。
きっと時間さえかければどんどん上達して、すんごいことになっちゃうんじゃないかと思うわ。
そして、なぜかやっぱり止まるのが上手くいかないな~と思っていたら、
「あっ、上手い!転び方!」な翔さんに負けた…と思った瞬間。(何の勝負?)

そして、お次はターン。
練習の時点で、密かにさらっと回っちゃう大野くん。何なの、この身体能力!

ぐっと上体をひねり、膝を軽く曲げぐっと氷を捉える感じ…からのターン。
腕の反動を上手く使って、回る瞬間は膝の力を抜いて、遠心力を味方につけて自然にまわってる。
そして、最後バランスを崩しながらも、何とか持ち堪えてカメラ目線の智が格好良すぎる件。
いやん(*^^*)

2014_0129スケート0004 2014_0129スケート0005

次は、片足でターン。
練習ではくるくる回ってたのに、みんなの前だと力が入っちゃったのか、
バランス崩してこけちゃう智。
でも、ちゃんと受け身できてますから。
ていうか、転んだ智が無防備な小動物みたいで、
どうにかしたい衝動を抑えるのに必死です(〃▽〃)
手を差し出す大野くん。引っ張り上げる相葉ちゃん、そして松潤。
3人がかりでパタパタされるリーダー。出遅れる翔さん(^^;)
もうどんだけ愛されてるのよ(*^^*)

それにしても、陸上でも氷上でもフォームの美しさが変わらないことに驚愕したのでした。
おそるべし、智!

続く…。

*Another Satoshi その2*

今日は、『ZIP』に5人で出てたね(^^) (毎日録画しておいて、よかった~)
運動神経がよい3人と、そうでもない2人(^^;)
勝ち組と負け組みたいになってるのがおかしくて…。
でも、何とかフォローしようとするにのあいが微笑ましかったなぁ。

そしたら、9:46に長女からメールが…。
なんと嵐が『スッキリ』に出てるとな!そんなん知らんし~。
あわてて録画したけど、相葉ちゃんのバレンタインの苦い思い出(制汗剤の)だけしか
録れなかった。

長女の話によると、その前に大野くんの「ぱぴぷぺぽ」の発音が妙に破裂するという話で、
いじられたらしい。
わかるわかる!私も思ってた!と長女に返信したら、わかるの?と返ってきた(^^;)
(確かに、サトシックにしかわからないかもねぇ)
あ~、見たかったよぉ~。(ちゃんと番組表に名前載せてくれ~)

さて、『Hit the floor』の続き。
片足で宙で足踏みするような動きから、自転車こぎ(こんな表現しかできない…)。
そして、片足あげたまま方向転換。腕も足の動きに合わせて、めまぐるしく動いている。
最初見た時はただすごい!としか言いようがなく、コマ送りや一時停止を駆使して、
何とか理解する。(いや、本当は理解してないけど(^^;)

2014_0124ソロ0023 2014_0124ソロ0024

2014_0124合皮トート&ソロ0017 2014_0124合皮トート&ソロ0013

そして、この後、チャッチャンの伴奏に合わせて、2回手をたたく。
何気ない音をつかまえて、さりげない動きを乗せちゃう智のセンス。

右手を振り払うような仕草をしながら軽くジャンプして、後ろに下がっていく。
なんでどの瞬間もこんなに綺麗なんだろう。

2014_0124合皮トート&ソロ0014

内ももに添えた左手が妙にセクシーで。
右手ぐるぐるしてるだけなのに、綺麗すぎて見とれる。
この人の肩甲骨はどうなってるんだろう~。

2014_0124合皮トート&ソロ0015 2014_0124合皮トート&ソロ0016

独特の振り付けが不思議過ぎて、大好きなんだけど、中でもお気に入りはこちら。
俯き加減だったり横を向いていた顔が、この時だけ正面を見据え、ポージング!
めっちゃキュートだし(*^^*)。ランウェイ歩いて欲しいなぁ。

2014_0124合皮トート&ソロ0018

それなのに正面を向いてくれたのは一瞬で、すぐ後ろを向いて歩いて行ってしまう。
そしたら、振り返りストップモーションの後の指くいっにやられる(〃▽〃)

2014_0124合皮トート&ソロ0019

2回ターンの美しさ。上半身だけみると、綺麗な水平移動だけど、足の動きは複雑。
それなのに全く上体がぶれない。なびくネクタイやジャケットの軌跡さえ美しく。

2014_0124合皮トート&ソロ0021

ターンの回り終わりに腰に添えられる手。大好物(*^^*)

2014_0124合皮トート&ソロ0022

ゆっくりと手を挙げる姿は神々しく。
何かを掴むように拳を握りしめ、俯くあなた。
もう他に何もいらなくなる。永遠に見ていたいな。

2014_0124合皮トート&ソロ0020

実はデジカメで撮った画像の順番が前後してるところがあって、
30秒ほどの短い映像なのにどれがどうなっているのかわからず、頭の中がこんがらがる私…。
だって、ものすごく複雑で濃密なんだよね。

大野くんの頭の中ってどうなってるのか…と思うわ。
ダンスって3次元という立体的な世界で(私は2次元ですらお手上げだし)、
しかも時間という流れもあるから、記憶するのもたいへんだと思うんだけど。
どうやって生み出して記憶するんだろう…。

きっとこんな理屈っぽいこと言ってる時点で、私はダメな気がするんだけど(^^;)
生まれ持った感性と鍛え上げられた才能なんでしょうか。

あ~、アラフェスの『take me faraway』も見たくなったきたな。
LOVEコンの前に早くアラフェスDVDを~!!

*Another Satoshi その1*

昨日の『少年倶楽部』のLOVEコン映像。
智ソロに度肝を抜かれ、延々リピートしていたら、旦那が帰ってきたので、泣く泣く止める。
そして、今朝は家事をとっとと終わらせ、またリピート。
それから、久々にミシンの前にすわり、バッグ作成。
(自分用のバッグを作ったので、よかったら見てね→こちら
で、バッグが完成したら、またリピートするする。メモとるとる。デジカメで撮る撮る。
あ~、忙しい!ていうか、幸せ(〃▽〃)

いやぁ、あんなダンスを披露していたのね(今さらながら、驚愕!)
コンサートの時は、斜め後ろの遠くから見る感じだったので、
(しかも、時々ジュニアがかぶっちゃうという試練もありつつ…)
なんかすごいなぁというのはわかったけど、詳細は一切記憶になし(ーー;)

しかし、よく考えてみると、バックステージっていうことは、
あのダンスを前から見れたのは、あの会場の一部の人だけなんだよね。(なんかもったいない…)
あっでも、この映像はアウトロだから、センターだった…。
それなのに、全然記憶がないってどういうこと!(私のポンコツ!)

確かに何かすごいことやってるな…というのは、その場で感じてはいたけど、
その印象を、そして想像を遥かに超えるダンスに圧倒されました。
全てが美しくて、完璧で、まばたきするのすら惜しく、一瞬一瞬が愛おしくて、貴重な時間でした。

そうそう、定点カメラというのもよかったね。気が散らずに集中して見ることができる。
(DVDも定点でお願いしたいわ)

とにかくまず感じたのが、またまた進化してるわ、この人!でした。
しかも、以前に比べると、攻めてくる感じがしたのは、私だけでしょうか…。
メリハリ感がいっそう増し、頼もしさも一段と増して、それは揺るぎなく。
ほとばしる男気、あふれる色気に悩殺されます。
私が知っていた智とはまた違う智も見せつけられてしまいました。
Another WorldならぬAnother Satoshiですよ、これは!

あと10年も踊るの?とか言ってましたけど、まだまだ行けますよ。
今回見て感じたのは、大野くんの踊りって、体幹ってこういうことを言うんだ…という
お手本みたいだな…ということ。縦軸も横軸も全くぶれない。
(今更な気もしますが、今回は特に際立っているような気がする)
軽くこなしてるように見せてるけど、あれだけの振り付けをさらっと軽やかに踊っちゃうのには、
相当な筋力が必要だとお見受けします。

それから、以前、テレビでダンスが上手い人は、固定点がしっかりしている…みたいなことを
言ってたんですが、まさにその通り。
細やかなステップ、優雅な手つき、めまぐるしい振り付け。
動きにばかり目が行ってしまいがちですが、それもこれも固定点がしっかりしているからこそ。
だから、他の動いてる部位が際立つのかもしれません。

では、画像を交えながら、順を追って。
まず、ストップモーションの何気ないポーズがいちいち綺麗。

2014_0124合皮トート&ソロ0008

ジャンプは高いのに、無駄な力が入っておらず、軽々と浮いている。
何だ、このバネ!?何だ、この瞬発力!

2014_0124合皮トート&ソロ0009

ただ右足を踏み出すだけでも、伸びやかで綺麗。
この後、素早く足を踏み替えて左足でジャンプして、宙でまた踏み替えて、両足で着地。
細かいんだけど、いつもながら動きが流れないのがすごいとこ。

2014_0124合皮トート&ソロ0010

で、この両足で着地するポイントがどうにもこうにも気になって。
ぐっと足を伸ばして下りてくる感じ?これって、かなり筋力いるよなぁと。
前の両足ジャンプは普通に着地してる感じなんだけど、何が違うんだ?
で、何回も何回もコマ送りして、わかった。
ジャンプするタイミングはジュニアとあんまり変わらないんだけど、大野くんは高さがある。
それなのに着地するタイミングがほぼ一緒…ということは、
意図的にぐっと足を伸ばして着地してる?
なんかこれってすごくない?ちょっとしたさじ加減でタイミングを調節してるのがすごいかも…と
思ったのでした。やっぱり引力を操ってるんじゃないかと思う。

あれっ、この画像はいつのだろ?(撮り過ぎて、わけわかんない(^^;)
肩を動かして胸を突き出すような振りのところかな。
力を入れる所と抜くところのメリハリがきちんとできてるんだと思う。
→勘違いしてた(^^;) ここは、両足で着地したところ。
腕をぐっと肩甲骨から開いてるから、胸も自然と開くのかな。

2014_0124合皮トート&ソロ0011

ここはただ横を向くだけかと思いきや、首筋にやられる。
『少クラ』で女性振り付け師の人が言っていた一番綺麗に見える角度を知ってるんでしょ…
ていうか、きっと体が覚えてるんだね。染みついてるんだね。

2014_0124合皮トート&ソロ0012

さて、まだまだ長くなりそうなので、続きはまた後で~!

*Bittersweetな智*

突然ですが、この間の『夜ふかし』見ましたか?
私は、録画したのを次女と二人で見てたんですが、
最近の男性アイドルがやるポーズ…とかいうお題があったんですね。
それが肩こってるポーズみたいだとか何とか。(記憶がかなりあやふや)

そこで出て来たのが、まず岡田っちのグラビア。まぁ、文句無しに格好いい。
(でも、大野くんって、こんなポーズとったことあったっけ?)
次は、手越くん。まぁ、こちらも文句無しに格好いいよね~と油断しまくっていたから、
出たよ。我らが智!anan智!!
ビックリしすぎて、叫ぶ母(〃▽〃)。次女からうるさいと怒られ、しょんぼり…。

いやぁだって、こういう役割はだいたい松潤とか櫻井くんでしょ。
大野くんが取り上げられるとは、夢にも思わず。
深夜枠とは言え、あのお色気智が電波に乗ったことにただただ大興奮だった…という
それだけの話です(^^;)


さて、では気を落ち着かせて、本題(^^)
大野くんのBittersweetな振り付けですよ。

実は、最初の2曲に若干がっかりしつつ(『calling』またもや日の目が見れなかったね)
あれっ今日は新曲歌わないのかな?とまぬけなこと、考えてました。
(ゴタゴタで若干アラシゴトに乗り遅れ、リアルタイムでも見れなかったし)

そしたら、大野くんの振り付けだと嬉しそうに紹介する松潤(^^)v
おお~っ!!まさか夢じゃないよね。
最初ドヤってみたものの、すぐさま謙虚になっちゃう大野くんのsweet感がすでにハンパない。
いや~、最高のお年玉をありがとう~!

なんかキラキラしてたね(*^^*)
細かいステップ、腰の動き、優雅な手の動き、全てに釘付けで。
最初はね、やっぱり大野くんしか見てなかった。見れなかった。

でも、最初の出だしの縦一列の波打つ腕の動きとか、
逆回転しながらセンターに出て来る大野くんとか、
半円で楽しそうに踊る5人とか、フォーメーションも素晴らしくて。

大野くんも松潤にアイコンタクトを送ったり、ニノに何かサイン?を送ったり、
それぞれの表情もいつもより誇らしげで楽しそうに見えて、まさに夢心地でした。


さて、では、順を追って見て参りましょう。
まずは、流れるような曲調にぴったりな5人の波打つ手。
ありそでなかった斬新な振り付けがbitterだよね。

そして、センターで踊る大野くん。
踏み出した右足、細かい腰の動き、軽やかなステップ。
小刻なリズムに合わせて、とってもキュートでスウィートな振り付けでした。
特に、トントントンと軽くジャンプしながら後ろに下がる所が私のお気に入り(*^^*)

そして、後ろに下がったかと思ったら、ターンしながら前に出て来る智のスマートさ。
いやん、大野くんばかりセンターで申し訳ないわ~と思ったら、初っぱな智ソロだった~!
良い声だったね~(うっとり)
でも、最初この曲を聴いた時はいまいちだなぁ…と思ってました。あはっ。
これといったインパクトもなく、キャッチーなフレーズもなく。
最初は、とにかく振り付け見るのに集中してたからっていうのもあるんだろうけど…。
でも、何回も聴いている内に何とも甘~い感じが癖になる曲となりました。

これって松潤のドラマの主題歌なのに、意外と大野くんのセンター率高くて意外だったけど、
2人でいろいろ相談してたみたいですね。
リーダー振り付けということで、イントロとアウトロは大野くんセンターでやって欲しかったのかな。
で、出だしは松潤が先頭、最後のキメポーズは松潤センターと締めるところは締めてね。

智ソロからの松潤との絡み。2人の距離感がたまりません。
そして、ニノソロの後ろでアイコンタクトの2人。あ~にやける。

この曲、よくよく見てみると、フォーメーションも凝っていて。
縦、横、五角形、台形、半円などなど、縦横無尽に動く5人。
よく見ると、けっこう練られてるんだよね。ここがこうなるか…って感じで、おもしろい。
でも、スタジオではほとんど踊らず、ゴロゴロして妄想しながら考えたんだって?
たいしたもんだよ、智は。
『Up to you』の時も思ったけど、バリエーションが豊富で、
この人どんだけ引出あるんだって感じ。

例えば、「幸せを運ぶ」で、右側に移動する時の潤智のシンクロとか、
台形フォーメーションの時、中3人の風と両端2人の山に別れて振り付けしてあるところとか。
普段があんまりフォーメーション気にしてないので、なるほど~と思うこと多し。

そして、やっぱり一番好きなのは半円。
しかも、対面してるのが山だけというのがなぜかしら妙にジンと来る。
ジュニア入りたての頃は、大野くんの後ろで踊っていた翔くん。
それが同じ嵐でデビューすることとなり、横で踊ってシンクロするようになり、
そして、とうとう向かい合って踊ることとなりました。
何だか、勝手に歴史を感じてしまう私です。

ところが、櫻井くん、この日は調子悪かった?何だか動きがぎこちなかったよね。
衣装が踊りにくかったのか、新曲の振りが完全に頭に入ってなかったのか、
途中大丈夫?と思う所もあったんだけど…。
でも、何だかんだ言っても結局楽しそうだったので、何より(^^)

そして、松潤ソロの後ろでニノに何かサインらしきものを送る大野くん。
失笑しちゃうニノ。
もうこの2人が可愛くて可愛くて(*^^*)
この時、会場が沸いたでしょ?
私、最初大宮に反応して歓声が上がったのか…と思っていたんだけど、
後で見直したら、松潤に反応してたのね。(そりゃそうだ)

他にもツボはいろいろあれど、
「叶わないけど愛おしい」の肩甲骨からぐっと送り出される腕の動き、
「僕を強くさせる」の後ろに下がる細かいステップもツボでした。
あの短時間にトトトトトンと5歩歩いてますから。
他にも、コンパスのような動きとか(わかるかな~)、残像が見えるような腕の動きとかね。
あ~、素敵過ぎます。

アウトロは、カメラを目で追う大野くんがとんでもなくsweetで、倒れそうでした。
それなのに、その後のターンの時の表情はbitterな大人の表情というギャップ智。
だから、サトシックはやめられない(〃▽〃)

キメポーズは、やっぱり「嵐」なんでしょうかね。
私は全く気が付かず(^^;)、いかにもアイドルなキラキラキメポーズにただやられてました。
確かに言われてみれば、そうですよねぇ。
真意は別にしても、何とも愛情いっぱいの振り付け、素敵でした。


さて、今年一発目のサプライズが大野くん振り付けのシングルだなんてね。
何だか幸先いいよね~。今年はどんな大野くんを見せつけてくれるのかなぁ。
あ~でも、CD注文すればよかったかも…。
(いつもシングルは購入しないんだけど、ポイント貯まってるし予約してもいいかな…と
思ったら、ネット予約はすでにストップしてたし(^^;)
PVは踊ってるのかな~。
大野くん振り付けだとわかっていたら、何が何でも予約したのにね。
でも、頑張って、ケーブルTVで捕獲しますよ(^^)

それから、『LOVE RAINBOW』の振りで一つだけ。
「強く」のところで、弧を描いてぐっと引き寄せる右手。
なんとも繊細で美しい指先の動きに心持ってかれました。
これを見て、妖艶な女形を是非やらせてみたい…と思ったのでした。


前の記事にコメントや拍手をいただき、ありがとうございます!
やっぱりここは私にとって特別な場所。ここに来ると、安心します。
コメントにお返事しましたので、ご覧になってくださいね(^^)

*五角関係*

ご心配おかけしましたが、帰って参りました!

実は、気持ちの整理をするどころか、日々の雑事に追われてます(^^;)
役員とかをやってまして、行事や試合の諸々。
それに、次女の卒業・入学もありまして、なんやかんや忙しい。

でも、その方が気が紛れて、いいみたいです。
そして、合間を見つけては、ちゃんとアラシゴトも楽しんでますよ(^^)

今日は特にやることもなかったので、朝からたまっていた録画番組を見たり、編集したり。
大学ラグビー決勝もやっと見れた~。
勝敗は知っていたけど、それでも一人興奮してテレビに向かって叫んでました。
(いいストレス解消だわ)

さて、本当は、復帰第一弾は「大野くんのキュートな振り付け」について書きたかったんですが、
その前に書きたいことが…。

それは、『HEY!×3』の質問コーナー。
もし女性だったら、嵐の誰と付き合いたいか、付き合いたくないかっていうあれですよ!!
いやぁ、もう聞いただけでよだれがたれてきちゃいそうなお題で、大興奮でした。
そしたら、ただ大興奮だけじゃなくて、おもしろい傾向が見えてきたので、私なりの考察をご紹介。


まず、相葉ちゃんと大野くんの付き合いたい相手が松潤という…天然コンビがまさかの恋敵に。
そして、この理由がまたいいよねぇ。

相葉ちゃんは、ニャンニャンしたい(*^^*)
大野くんは、好き…と言って欲しい(*^^*)

何だ、お前ら~!二人ともいちゃつきたいだけか~と思いきや、
相葉ちゃんの場合は、「一緒に楽しみたい」っていう感情が前面に出てるんだけど、
大野くんの場合は、「安心したい」っていう感情がはたらいてるんだよね。
実は、相手に求めているものが微妙に違うんです。

これはね、ちょっと意外な感じがした。大野くんの方がね。相葉ちゃんはまんま(笑)
でも、そう言えば、大野くんはちゃんと気持ちを言葉にする人だって、前に言ってたっけ?
それが「安心」につながるって、自分でもわかってる?
じゃぁ、意外でもないか(^^;)

いずれにせよ、この二人の理由って、シンプルというか理屈っぽくないというか、
心地よさみたいなのが前面に出ていて、らしいなぁ~っと思ったのでした。
そして、それを満たしてくれるのが松潤というのがね、私には意外だった(^^;)
でも、そばにいる人達にわかる何かがあるんだろうね~。
そう言えば、松さんとのやりとり、テンパッてる松潤がもんのすごく可愛かったわ。

そして、この恋敵の戦い。軍配が上がったのは…、相葉ちゃん!
松潤が求めるのは、「明るさや楽しめること」
ということは、まさに相思相愛のお二人です。
その割には、相葉ちゃんのテンションがいまいち上がってなかったですけど(^^;)
びっくりしちゃった?

でも、この「明るさ」がニノにとってはまさかの逆効果…というのが笑える。
「うるさい」になっちゃうんだねぇ。
おいおい、かなり仲のいい二人とお見受けしますが、彼氏がうるさいのは嫌なんだろうか…。

でも、相葉ちゃん、大人気だからね~。
櫻井くんったら、振られたにもかかわらず告白してるし。(安定の櫻葉。好き過ぎる~)
しかも、理由が「記念日を大切にしてくれる」って。(乙女なサクラ~イ)
しかもしかも、「ロマンチック」なんていうワードが出て来ちゃってますから。(どんだけ乙女)
だから、大野さんはダメなのか(^^;)いやいや、意外と付き合ったら、やってくれるかもよ~。
でも、ていうことは、櫻井くんもこういうのやりたい人なんだろうねぇ~。(かわいいな!)

そんな櫻井くんの想いを踏みにじった(笑)相葉ちゃんの理由は、「きっちりしたくない」
まぁ確かに、ちょっと面倒くさいかもね~。(でも、私も計画立てるの好きだから、人のこと言えない)
ところが、このマイナスともとれるポイントがニノにとってはプラスになっちゃうという不思議。
(にのあいの微妙なずれ加減がおもしろい)
「決めてもらった方が楽」なんだって。
ここがね、おもしろいと思う。「楽」なんだよ。
ときめきとか楽しいとかでもなく、安心感ともまた違うんだよなぁ~。

で、そんなニノは大野さんからしてみれば、付き合いたくない人。
理由は、「好きと言ってくれない」まだ言ってるし!
いやぁ、とことんこういう所にこだわる人なんだねぇ。
だって、普段は「自分をほっといてくれる人」とか言ってる人がだよ!
「好き」って、どんだけ言って欲しいんだ、この人は。
しかも、「ゲームと私、どっちが大事なの?」とか言うんだ(笑)
自分の方をちゃんと見てくれて、安心したい人なんだ。
女目線になっちゃうと、こんなに変わっちゃうもんかね。

で、自分も結局同じこと言われてるし、櫻井くんに。
「連絡とれないと、寂しい」まさにあんたが不安にさせちゃう男なんだよ。
ていうか、ある意味櫻井さん、大野くんのことが好き過ぎて、こういう発言になっちゃったように
聞こえなくもないけど(笑)

そして、思いを寄せる松潤からも振られ、意気消沈な智。
「一人で生活できなさそう」とか「生活感無さそう」とか「ミステリアス」って、
付き合わない理由になっちゃうんだって、そこが私は意外だったけど。
松潤って、根はやっぱり堅実というか保守的なんだろうなぁ。

松潤に振られても、「好きだとか言うよ」とそこのアピールだけは怠らない智。
彼にとっては、相当重要なポイントらしい。
一緒にいる時間は少なくても、そばにいる時は大事にするよ~アピールなんだろうか。
でも、確かに言葉って大事だよね。
言葉にするってけっこう難しいことなので、実はかなり効果的かもしれない。
まぁ、きっとメロメロになっちゃうことは間違いないだろうけど(*^^*)
釣りばっかり行かれると、私我慢できないかも…。

それに、歩いちゃいけない所を歩いちゃう人は、やっぱちょっと心配かもなぁ~。
「安心」を求めるなら、やっぱり智はダメなのか。
私も堅実で保守的、安定を求める人ですから。

結果、誰からも告白してもらえない大宮。
二人から告白された松潤、相葉ちゃん。しかも、相思相愛。
一人には告白されたけど、肝心な人とは結ばれない櫻井くん。
あ~、意外といいとこついてるかもね…と思ったのでした。なんとなく…。

私も付き合うなら、相葉ちゃんかな~。
ごめんね、ダーリン。だって、私の手におえない気がする(笑)

*お知らせ+追記*

実は、しばらくの間ブログをお休みすることになりそうです。

*あれこれ智*

えーい、めんどくさい!年末年始の智をまとめてアップだ!(もはや投げやり・笑)

<明日に架ける旅>
極寒の地で、あまちゃん智。お仕事、ガンバ!ていうか能年ちゃん越えしそうな可愛さですけど。
親子だと知った時の「えっ?」の低音voiceにやられる。
男子高校生をからかう智のアニキ感。女子高生にはめっちゃ優しい智の先輩感。
私もどうにかして高校生になりたい。(もはや犯罪)
上着を脱ぐと、めっちゃ細い智にロックオン。
「痛い痛い痛い」「なんで踏んでんの?」のマジギレ智が好きすぎる。もっと怒って。
(私ってMだったの?)
水の中ではハイテンションな智。女子高生とロマンチック智。お仕事、忘れてる?
(翔さんの「ロマンチック」発言とか、いちいち私の心境とシンクロして、私の分身かと思う)
ボードを持ち替える時の手が綺麗すぎる。あんな格好なのに、手だけ素手って何プレイですか?
空気抜くあなたもべらぼうに格好良かったですけど。
トレーニングの途中、早々にコーチに早変わりする智がエロ格好良すぎて、タックルしたくなる。

<福嵐>
鍵の現場にニノが現れて、テンションが上がっちゃった?
ビジュアル榎本さんなのに、可愛すぎるだろうが。

<紅白>
さぶちゃんに優勝旗を渡したいのに渡せない智をハラハラしながら見てました。愛おし過ぎる。

<しやがれ>
「セリーナ、ビューティフル」そんなあなたが百万倍もビューティフルでキュートで、
私も海岸でタックル…じゃなくって、追いかけっこしたいです。
それなのに、翌日はセリーナの存在がなかったかのような扱いがちょっとだけ気になる。
右足から船に乗る智を何度もリピート。
サングラス智を見て、「似合うね」な翔さん。いちいち私の気持ちとシンクロし過ぎて、
やっぱり私の分身じゃないかと思う。
残り時間を分単位で告げれら、追い詰められ、ふてくされ、キレる智が好きです。
(キレるポイントがいまいちわからないけど)
でも、眉間のしわが深くなっちゃうから、智ったら落ち着いて~と思ったら、
「からんじゃったの」の笑顔&目尻のしわにやられる。あんなもん見せられたら、全て許しちゃう。

15年目の秘め事とは何ぞやと思ったら、まさかの近況ネタ。
テレビの前で、知っとるし…とつっこむ。
話の内容はたいしたことないのに、やたらと絡みたがる4人と腕組みな智のやりとりが好き過ぎる。
(結局、5人だったら何でもいいの巻)

<こたつ>
お宝映像が出て来るのかと思いきや、えっVS?クイズ?いやいや、それって最近だし。
丸ちゃんとのやりとり。しっかりと覚えてるし。
せっかくだから、『まごまご』とかね、もっとどんどんお宝出しちゃって下さいよ~。

そしたら、ババ抜き予選会!バンザーイ!
先に『VS』見たから、何で予選会映さないんだよ…とお冠だった私。
やだ、こたつで放送してたのね。
まるで進歩がない智、全く学習しない智に呆然としつつ、やっぱり智はこうでなくっちゃと
無理矢理言い聞かせる(笑)
自分がババを凝視してることにも気づいてないなんて、重症でっせ、大野さん。

それにしても、山の攻防(にもなってない?)がおいしすぎて。
死ぬまでに一度でいいから、私と入れ替わって下さい。翔さん!!

それにしても、いろんな顔を見せてくれるよね。
どの顔も大好きで、どんな表情を見ても幸せな気持ちになれる。

実は今朝、嫌なことがあってさ…。
こういう時はサトセラピーだ!と思って、大野くんの歌声聴いたら、涙あふれる。
せめて大野くんの歌声を聴いている間、大野くんを感じている間だけは、嫌なこと忘れて、
浸っていたいな。

今年もおばちゃんを助けてね、大野くん。

*RAY&MISS+*

さて、またまた完全に周回遅れな記事ですが、『Ray』と『MISS+』の感想をば。
そうそう、LOVEコンのパンフレットも年明けてから、やっとじっくり読みました。
いやぁ~、どれもめっちゃ濃いよね。グラビアもテキストも。

まずは、『Ray』
知識とかがすごいあって(中略)、いざそれを自分で実践しようとすると、ダメな人。
そんなちょっとかっこ悪いところがあるところが、僕はかっこいいと思いますね。


何なんでしょう、この人の感性は。
本来、ダメだな~とか、かっこ悪いな~と思っちゃう所を格好いいと思える人、認められる人。
そういう普通はマイナスポイントだと思う所を受け入れるところ、愛せるところが
この人のすごいところだと思う。
あの人の包容力や安心感って、こういう所から来るんでしょうか。

何でも自分でできて、一人でも生きていけること。

でも、自分の目標はこういうことらしい。
「何でも」が実は「日常的な手続き」というのが面白いというか、らしいというか、普通というか。
十代の頃からそういう世界にいると、そういうことをやってもらうのが当たり前になっちゃって
何も思わない人も多いと思うけど…。
でも、「手続き」めっちゃ面倒くさいよ~。できることなら、私は全部人にやって欲しい(笑)

自分なりの釣り方を見つけて極めたい。
でも、自分の見つけた釣り方を広めたいとは思わない。


こういうのって、ダンスとか見てても思う。
人の評価は気にせず、自分のやり方を追求して、自分が納得いくかどうかが重要で。
一人こっそり楽しんじゃうのが好きなんだろうな。
そんな大野くんを見てるのが、私は好きです(*^^*)

『MISS+』
20代半ばくらいは、すごいストイックにいろいろやってた。
でもね、見られたくないんですよ、そういうとこ。恥ずかしいもん。
尋常じゃないくらい、練習方法が変だから。


必要以上に自分自身に負荷をかけ、目標設定を高くして、納得いくまでやる。
それが恥ずかしいんだねぇ~。おもろい。
絶対絶対、格好いいと思うけどね!絶対絶対、惚れ直しちゃうと思うけどね!!

でも、昔やっといてよかったなって思うよ。
どう動けば一番いいか、もう体が勝手にわかってるって感じで…


あ~、やっぱりな…って、思った。
大野くんの動きを見ていると、相当努力をしてきたんだろうな…っていうのが
ダンスド素人の私にもわかるもん。
基本的な動き、一番綺麗に見える動きが体にたたきこまれてる。
意識しなくても体が自然にそういう動きをするようになるまで、果てしなく努力してきたんだ。

そういうのって、しっかり伝わってくるんんだね。

「動の智」については、前にも書いてるので、よかったら読んでみて下さい。

*年末年始の踊る智*

さて、長女の成人式も無事終わり、広島に帰ってしまいました。
駅まで送っていった帰りは、やっぱり寂しくて、車の中でうるうる。
そして、昨日、現像した写真を見て、びっくり…。
いやぁ~ん、私めっちゃ年とってる!(そこか)
写真って、怖い(って、そういう問題じゃないし)

さて、1~3月は、子供の試合や行事などで(役員もしているので)バタバタしそうで、
何だか落ち着きません。早く終わって、すっきりした~い。
春に何かご褒美が欲しいなぁ…と思っていたら、『神様のカルテ』が3月21日に公開とな。
春休み明けたら、行ってみるかな~。
でも、本当はその頃に大野くんからのご褒美が欲しい!!
何かあるといいんだけどなぁ(^^)

さて、またまた完全に周回遅れな記事ですが…。(雑誌の感想も書きかけのままだし(^^;)
歌番組の感想をざざ~っとね。

<Mステ>
『PARADOX』
最初の「イエ~~」の後の足さばき、「上向く三日月」の細かいステップがキレキレで、
やっぱり侮れなんな、智!と思いました。
最後のキメポーズ。体の向きを変えてカメラ目線智&翔さんの失笑。私の顔もにやける。

それにしても、これは衣装がいただけなかった。
踊りにくそうだし、逆に卑猥に見えちゃうし(私だけか?)

<紅白>
『Endless game』
「予感が止まらない」の手の翻し方。こんな動きしてたなんて。見る度に発見があるね。
「ありえないことばかり」「わからないことばかり」の足から腰の動きがやっぱりツボ。

『Brethless』
夢がさめても」で、智は小ジャンプ、翔は大ジャンプで前に出て来る山が好き。
「震える心を」上半身をねじるようにして正面を向いた時の右膝の動き。
大野くんって、つま先と膝がちゃんと正面を向いているから、綺麗なんだね。
「悲しみの果てまで」の綺麗に波打つ体。

そして、アウトロが定点で見れて、嬉しかった!
左向いて体を反らせた時の大野くんの動きを思わず一時停止し、
その後の腰、膝、上半身と流れるように動く一つ一つの関節に目を奪われ、何度もリピート。
不思議過ぎる謎過ぎるこの動き。
他の部分には力が入らず、いとも簡単にやってのけているように見えるのがこれまたすごい。

<しやがれ>
メドレーは、やっぱり大野くんのソロダンスにつきる!
大野くん一人だけ残った時、おお~っ何かが始まる~とゾクゾクした。
瞬間的にスイッチが入り、さっきまでの楽しそうな大野くんはいずこへ。

そして、世界が一変…。
キレキレなのに、そこは静寂の世界で、足さばきに見とれる…と言いたい所だが、
最初は上半身しか映っておらず、歯がゆい思いをしたyo!
余計なことしなくていいから、定点で全身をしっかり映して下さ~い!

その後5人で踊る時もカメラのアングルころころ変えて、しかも大野くんが隠れてるし。
だから、アングル変えずに定点で映してくれ~。

でも、それでもすっかり心を奪われてしまったけどね。
あんな短時間なのに、すっかり魅せられてしまった。

その後の『truth』『Blieve』という流れも大好きで、ここばかりリピート。
やっぱり踊ってなんぼでっせ。
もっともっと踊って、智~!!

*周回遅れ*

年末年始の怒濤の嵐祭り、皆さんついていってますか~?

まず私は、年末平積みされている嵐表紙のテレビ誌に圧倒され、
パラパラとめくっただけでお腹いっぱいになり、置いてきたました(^^;)
で、結局購入したのは、『Ray』と『MISS+』の2冊のみ。
ということで、結局テレビ誌を1冊も買わず、お陰で年末年始テレビ番組チェックが
嵐の分しか追いつかず、『アメトーク』を録画予約し忘れ、実家で旦那が青ざめていました。
でも、DVDに録画してもらい、いそいそと持ち帰って、早速堪能してましたけど。
お陰で四六時中旦那がテレビの前にいるので、私のアラシゴトが一向に進みません。
暇はあるのに、テレビが思うように見れないもどかしさよ!

早く冬休みなんて、終わっちまえ~。

おまけに昨夜の『鍵部屋』は途中で寝ちゃったしなぁ。
『こたつ』も全然見てないし、『VS』はながら見だったし。
『しやがれ』も大野くんの釣りとメドレーしか見てないし。
『紅白』もじっくり見たいけど、いつになることやら。
アラシゴト、すでに周回遅れな予感…。

しかも、さっきパソコンつけたら、『鍵部屋』BD/DVD発売とな!!
あわてて楽天で予約した。(割引あるし、ポイントも1000P以上たまってたし)

楽天は割引あり。

【送料無料】鍵のかかった部屋 SP 【Blu-...

【送料無料】鍵のかかった部屋 SP 【Blu-...
価格:3,701円(税込、送料込)



鍵のかかった部屋 SP...

鍵のかかった部屋 SP...
価格:3,272円(税込、送料別)



amazonは割引無し。→割引あり





ていうか、『アラフェス』はまだかよ~!!

*キュッな智*

またまた今更…な記事で、すみません(^^;)
去年書きかけてたんだけど、なかなかアップする時間がなかったの~。

コンサートの帰り。お智達と「大野くんって、たらしだよね。しかも無自覚の」っていう話を
してたんだけど、そしたら『しやがれ』で出たよ、出ちゃったよ。無自覚たらし智が!!

キュッと一瞬で女の心をわしづかみにする智(〃▽〃)

でも、最初見た時はわからなかった…。
翔さんが比較的長い時間握ってたから、大野くんはあっけなく感じちゃって、
えっそんなに素っ気ないの…って。

ところがどっこい、握られた人は感じ取っていた。智のキュッを。
あの一瞬で虜にしていた。
普通だと、順番が後の人の方が印象に残りやすいと思うんだけど、
2番目に握った手は、その後誰が握っても忘れることのできない手だった。

何かあるんだよ、きっとあの手には。
それは包み込むような優しさかな。それとも力強さかな。
それは、きっと一瞬で伝わってしまうんだね。

で、「2番」と言われて、表情に出さないようにしてるけど、
微妙に驚きや嬉しさ、恥ずかしさが滲み出ている大野くんが初々しすぎる。(三十路とは思えん)
その後、なぜか突然ニノが饒舌になるのがおかしい。
自分のことのように、いや自分のこと以上に嬉しそうな翔さんのデレ顔もまた楽し。
本人の反応はもちろんメンバーの反応が嬉しそうで、それがたまんなく私も嬉しい。

そして、腕を交差させて乙女になる智。
でも、本人はまるで自分が選ばれることを予想していなかったみたいで。
ところが、智を溺愛する私は、見たか、智の底力!と妙に誇らしく感じる。

やっぱり持ってるよ。不思議な力。
秘めているつもりでも(本人はそんな意識すらないんだろうけど)
こういう何気ない行為でふと漏れ出てしまう。感じ取られてしまうんだよ。

実際、パーティではほとんどしゃべらず(風船割りゲームもモンブランをもらうとこも編集され)
おいおい今日は智の見せ場は無しかよ…とあきらめかけていたその時、
一番おいしいとこをかっさらっていった。

そして、田中さんが当てた云々よりもそれを嬉しそうにいじりまくる嵐メンが好き過ぎる。
こういう時、やたらと末っ子二人がリーダーに絡みたがるのが可愛くてたまらんし。

「握手ってこうでしょ」
事も無げにこういうことを言ってのける智。
惚れる!!何度でも惚れる!!こういう所が好きなんだ~!!

相手が誰であろうと、どんな状況であろうと、あの人には関係ない。
キュッとするのは、きっと彼の誠意であり、当たり前なこと。
変に遠慮したりしないし、かといって無遠慮に踏み込むこともない。
ゲームだからと言って、普段とやり方を変えることもない。

いつも通りにやっちゃったら、女心をわしづかみにしちゃった智(〃▽〃)
やっぱり天性のたらしだな…。
私の心もわしづかみしちゃって下さーい!
いや、でも見てるだけで、すでにわしづかみされちゃってるか(*^^*)

だって、、ほとんどしゃべらず地味に存在している大野くんも大好きなんだよなぁ…。
どこか所在なげだったり、一見楽しんでるのか楽しんでないのかわからない風なんだけど、
実は静かに楽しんでるのかなとか、本当は早く帰りたいのかな…とか、思いを巡らせてみたりして。
遥か昔を思い出すよ。
教室の片隅で、飲み会の場で、気になる人をこっそり目で追いかけて、
ちょっとした表情や仕草に一人勝手にドキドキしていたあの頃。
見てるだけで、キュッとなってたよね~。
そんな想いを思い出させてくる。

結局、何されてもキュッてなっちゃう私です(*^^*)

*聞かせてください 第9弾 結果発表*

年も明けてしまい、すっかり季節外れになってしまいましたが(^^;)
聞かせてください 第9弾の結果発表です。

お題は、大野くんにクリスマスに歌って欲しい曲は?

結果の前に、私の回答なんですが…。
そう言えば、クリスマス・ソングを集めたカセットテープがあったな~と思い、探してみたら、
他の曲をかぶせてしまって、肝心の曲を消していたYO! でも、かろうじて曲名リストは残っていた。
ところが、タイトル見ても思い出せない曲もあったりして(^^;)
そこで、YOU TUBEで聴いてみたら、あ~こんな曲あったあった…と一人盛り上がる!
そこで、すっかり忘れていたけど、こんなんありました!な4曲をご紹介。

『Christmas Time In Blue』 佐野元春
『MIDNIGHT FLIGHT』 浜田省吾
『Sentimental Christmas』 浜田省吾
『夢みるモダンクリスマス』 大江千里
(YOU TUBEにリンクしてみたので、よかったら聴いてみて下さいね)

あっ、最後の『夢みる…』だけ、
大野くんじゃなく相葉ちゃんに歌ってもらいたいという願望込みでご紹介(笑)

で、結局私はどの曲にしたかというと、

『二人の記念日』(山で)嵐のクリスマス・ソングでは一番好きなので。
『MIDNIGHT FLIGHT』(浜省)いや~、切ない。どんだけ切ないんだ…っていうくらい切ない。
大野くんの声で聴いたら、号泣確実。
『恋人達のクリスマス』(マライヤ) アップテンポの曲も聴いてみたいということで。
伸びやかに歌って欲しいなぁ~。


そして、結果はといいますと…。

5票
『ラスト・クリスマス』(ワム)

3票
『ホワイトクリスマス』(ビングクロスビー)
『いつかのメリークリスマス』(B'z)
『クリスマスキャロルの頃には』(稲垣潤一)

2票
『恋人達のクリスマス』(マライヤ・キャリー)

1票
『白い恋人達』(桑田)
『This Night』(TM network)
『white x'mas』(kat-tun)
『雪の華』(中島美嘉)
『愛のかたまり』(kinki)
『ハッピー・クリスマス』(ジョン・レノン)
『クリスマスイブ』(山下達郎)

嵐ソング
『二人の記念日』2票
『be with you』
『Dear Snow』
『チェックのマフラー』
『SIZE』
『あの日のメリークリスマス』
『Snowflake』

奇しくも1位は『ラスト・クリスマス』(^^;)
実は私、密かに『しやがれ』でクリスマス・ライブやらないかなぁって期待してたんだけど、
まさか嵐くん以外の人がこの曲を歌ってくれるなんてね。テレビの前で、こけたわ。
おいおい、嵐に歌わせろ~っ。

他にも洋楽がけっこう入ってきましたね。
全編英語の歌詞で歌う大野くん、夢だよね~。
アップテンポの曲だったり、ムーディな曲だったり、きっと大野くんならその曲に合わせた声色、
歌い方で魅力してくれるに違いない。

それから、定番曲の他にもいろいろ挙げて下さって、私も勉強になりました(^^)
クリスマス・ソング、探せばもっといろいろあるんでしょうね。
それから、冬を思わせる曲では、個人的に『雪の華』を是非大野くんに歌ってもらいたいな~。

そして、嵐ソングとなると、クリスマスに限定せず冬をイメージさせる曲も入ってきました。
個人的には、『チェックのマフラー』が大好きなので、是非智ソロで歌って欲しい。


年末のお忙しい中、回答していただいて、ありがとうございました!
また機会がありましたら、企画しますので、ご参加くださいね~(^^)/

*あけおめ*

あけましておめでとうございます!
年末体調を崩し、ご心配をおかけしましたが、あっという間に体調を崩す前の体重に戻りました(笑)
でも、結局大掃除もできなかったし、年賀状はほとんどやっつけ仕事だったけどね(^^;)

アラシゴトにもなかなかついていけず…。
『紅白』は何となく見てたけど、『しやがれ』は全く見てないし。
大好きな大学ラグビーも見れないので、パソコンの前。
あ~、録画した番組がどんどん貯まっていく~。早く冬休みが終わらないかな~。

そしたら、今日の『ドッキリ』大野くん、出るんですか?!
おいおい、録画予約してないわ。後で、忘れず予約しないとね。

さて、実はね、年末に嬉しいこと2つがあった。

母と嵐のことを話していたら(母は、嵐の中では翔くんが好き)、
「大野くんって、綺麗な顔してるね」と言われた!!!

おいおい、びっくりだよ。まさか私の母親からそんな言葉が出て来るなんて。
子供の頃から、全く好みが違う親子だったから…(^^;)
母は甘いマスクの男性が好み、私は緒形拳とか渋い系が大好きだった。

思わず、「そうやろ~!普段はぼーっとしとるけど、よか男やろ」
「グラビアとか、めっちゃ綺麗だけん」とテンションが上がる、上がる。
かといって、母が大野くんファンになったかというと、それは別問題みたいだけど(笑)

そして、今度は『紅白』を見ている時、長女が「大野くんの投げ方が綺麗」だって!!
私はちょうど画面を見てなかったんだけど、審査員の投票したボールを投げてたみたい。
「そうやろ~。大野くんはいつも所作が綺麗かもん」
ま、だからと言って、長女がサトシックになったかというと、そういうわけでもなく(やっぱりな)
5人の中では、大野くんが一番好きだとは思うんだけどね…。

とういうことで、年末に身内から大野くんへの「綺麗」認定を2回もいただき、ご満悦な私(^^)v

さて、今年はどんな風に「綺麗」な大野くんに会えるんでしょうね。

それは、声だったり、ダンスだったり、グラビアだったり。
バラエティの中でふと見せる表情や仕草だったり。
生き方そのものだったり。
そこかしこに智の「綺麗」はちりばめられているので、片時も目が離せませんね。

きっと今年もうっとりしちゃうんでしょう。ドキドキしちゃうんでしょう。
そして、一人勝手に好きな気持ちをもてあまして、切なくなって、涙しちゃうんでしょう。

でも、この年でこんな気持ちを味わえるっていうことが素敵だな…と思う。

実は、年末嫌なこともあったんだ…。
以下たたみます。