FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

*『今日の日はさようなら』感想 その4*

このドラマに限らず、普段からあんまり情報を入れずに作品を楽しみたい人なので、
事前情報はあまり入れたくなかったけれど、
メイキングやスポット、諸々の情報…なかなか避けては通れません(^^;)
だって、録画したやつをどんどん編集しないといけないし、
雑誌もチェックしないといけないし。
(そう言えば、あえて見なかったり、読まなかったりしてる所があるから、
目を通さないとなぁ)

だから、「ガン」だとも知っていたし、家族のドラマなのもわかっていた。
そして、最後に亡くなってしまうことも!
ここ、大野くんが何かの番組で言っちゃったよね(ーー;)「最後に亡くなっちゃう」って!
テレビの前で、呆然としちゃったわよ。
そうなるだろう…とはわかってはいたけれど、
放送される前にはっきり言わなくたっていいじゃないか、智~!って。

でも、観てわかったんだけど、「死ぬか死なないか」が問題なんじゃなくて、
「どう死ぬか」を描くためのドラマだったからなんだろうね。
しかし、その時の私は何もわかっていなかった。
ただ難病物にありがちな漠然としたシーンを思い描いていた。
ところが、そんなもんじゃなかったね。
一人一人の想いが深く突き刺さるシーンでした。

さて、あまちゃんの私は、最初「治る確率が80%」と聞いた時は、
思わず治るんじゃ…という思いがよぎってしまった。
40%、20%…と可能性がどんどん低くなっていっても、
心のどこかで望みをつなごうとしている自分がいて。
自分でも何だかおかしかった…。
気持ちはほぼ母ちゃんで、再発した時もまだ治療を続けようよ、耕太~と説得したかった。

その一方、先が読めちゃう部分もあったりしてね。
だって、せっかくの家族旅行が十分に楽しめないんだよ。
あ~、この後、出血しちゃうんだ…と思うと、ハラハラして気が気じゃない。
気づかずに歩いて行っちゃう家族を見て、早く早く耕太が~!と、心の中で叫ぶ。
ささやかな幸せが一瞬にして崩れ去ってしまう瞬間。

再発した後、ああいう選択をするとは全然知らなかったから、正直驚いた。しかも一人で…。
いつもいつも家族揃って先生のお話を聞いていたのは、伏線だったんだね。

そう言えば、耕太は、自分からああしたい、こうしたい…という人じゃなかったね。
周りから何とか励まされ、先生の勧めてくれる治療法に望みをつなぎ、
えっちゃんにはプロポーズするどころか、つなぎ止めることさえできなかった。

でも、「死」を意識した後、彼は自分で自分の道を選択した。
家族に相談もせず、先生と1対1で向き合って。
人生で一番大切な決断を自分一人で下した耕太。
まさに「中途半端」卒業。

あんまり本音をベラベラしゃべる役柄じゃなかったから、
本心が見えにくいところもあったんだけど、
ダイニングテーブルを挟んで自分の気持ちを吐露する場面は胸に迫ってきた。
でも、まぁここは想定の範囲内…というか、泣きはしたんだけどまだ耐えられた。

ところが、耕太の願いが川の字で寝ることだったなんて!もう、ここで涙腺崩壊。
いい年した男が抱いたあまりにもささやかすぎる願い。
甘えたかった?安心したかった?それとも安心させたかった?
もうね、言葉になりません…。

そうそう!あんまり自分の気持ちをストレートに出さない耕太がどんな顔して言ったんだろうね。
「一緒に寝たい」って。見たかったなぁ~。
だって、照れちゃうよね。あの年で親と一緒に寝たい…だなんてね。切ないよね。苦しいよね。
でも、それは母ちゃんだけが知っている耕太の表情なんだよ。私達にさえ見せてくれないの。
きっとそれを聞いた母ちゃんは、目を潤ませながら、でもしっかり微笑んで「うん」と言ったに
違いない。

何だかんだ言ってもいい子だったよ、耕太は。
茶碗蒸しを持ってきてくれた母ちゃんに八つ当たりしたりもしてたけど、
その後「気を付けて」って言ってるし、あのくらい可愛いもんだよ。
(私と長女のバトルに比べたら、屁みたいなもん・笑)
母ちゃんは実は嬉しかったのかもしれないね。感情をぶつけてくれる耕太が。
実は、もっとぶつけてくれたっていいよ…と思っていたのかも知れない。
だって、何も言ってくれないことの方がつらいから。

さぁ、今日はここまで。
思いつくままに書いてるんで、わかりにくい所もあるかもしれないけど、私の気持ちです。

たぶんね、まだ続きます…。
それは明日かもしれないし、一週間先かも知れないけど。
スポンサーサイト