FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

*霧島アートの森*

大野くんが'09年に会報の企画で訪れたという霧島アートの森(HP)に行ってきました。
とはいえ、鹿児島に行く数日前に知ったので、予習も十分ではなかったんですけどね。
ネットで会報の画像もちょっと見ましたが、何とかなるだろう…と行ったのが甘かった(笑)

夏の特別企画として、9月1日まで「高橋コレクション マインドフルネス」というのが
開催されています。
数ある作品の中には、大野くんと関わりのある草間彌生さん、奈良美智さんに会田誠さんの
物もあるということで、楽しみに行ってきました。

前の記事に書いた通り、まずいおワールドに行ってから霧島アートの森へ。
九州自動車道の栗野ICから20分かからずに着いたのが、1時6分。
まず入口にどーんと彌生ちゃんの作品が!
これを目印に駐車場へと入ります。

2013_0814鹿児島0003

ちなみにこの画像は、駐車場から美術館に向かう途中、近くまで行って撮ってきました。
ちょうど駐車場の誘導をする係の方が立っていらっしゃったのですが、私が向かって行ったら、
さりげなく横の方に移動してくれました。ありがとうございます!

チケットは、高橋コレクション(館内)800円と霧島アートの森(屋外)300円を合わせて、購入。
館内で展示がない場合(もしくは観ない場合)は、300円だけでアートの森を散策…ということも
できるのかな。

入ってすぐに彌生ちゃんの作品があります。かわいい!これは撮影OKです。
一人で写るのは恥ずかしいので、乗り気ではない娘達と無理矢理一緒に写ってきました(^^;)

2013_0814鹿児島0005

彌生ちゃんや奈良さん会田さんの作品の他にもたくさんの芸術家の方の作品が展示してありました。
私が知っていたのは、写真家のアラーキーとか、横尾忠則さん、村上隆さんくらいかな。
いろんなタイプの作品が並んでいるので、飽きることなく楽しめます。

特に圧巻だったのが、カッティングだったかな?(作者の名前は覚えてないけど(^^;)
白い巨大な紙に気の遠くなるような細かいカッティングが施してあって、
近くから見ても遠くから見てもすごくて、圧倒されました。

中には、大野くんっぽい細かい絵もあったりしてね。
次女が大野くんっぽいね…って。私も、大野くん、好きそうだね~って。
大野くんだったら、きっと一つ一つの作品をまじまじと観て、何時間もここで過ごしちゃいそうだな。
私は、そんな大野くんをずっと見ていたい(笑)

そして、「大野智史」という名前も発見。全くの別人ですけどね。
私は事前に調べていたから、びっくりしなかったけど、次女がこの名前を見つけて「大野くん?」
と聞いてきました。いやいや、一文字多いし(^^;)
でも、確認してみたら、読みが一緒だったんですよね~。何か笑っちゃいました。

そんな感じで、駐車場に入ってから高橋コレクションを見終わるまでに50分近くかかりました。
途中から若干急ぎ足だったので、じっくり観ていたら1時間以上かかっったんじゃないかなぁ。
(次女がお腹すいた…とうるさいし(^^;)

霧島アートの森(屋外)に出る前に、彌生ちゃんの作品が展示されていましたが、これも撮影OK。
まずは、先にカフェスペース(ショップも併設)で腹ごしらえ。もう2時近かったし…。
カレーやパスタ、デザートや飲み物などが置いてありました。

2013_0814鹿児島0012

食事が運ばれてくるまでに、併設されているショップでお買い物。
カフェ内には、彌生ちゃんのポストカードやクリアファイル、手ぬぐいなどが置いてありました。
カフェの隣のスペースにもショップがあって、そこには奈良さんの缶バッジやぬいぐるみなども
ありました。

さて、いざアートの森へ。
これがけっこう広いんですよ。しかも、この季節は日差しがきつい。
日傘は必ず持っていった方がいいですよ。
雨傘を借りることも出来るみたいなので、それを日傘代わりに使う手もありますね。
(私は後で気づいたので、借りなかったけど)

広い敷地の中に、いろんな作品が点在しています。
まさに自然を散策しながらアートを楽しむ…といった感じ。

しかし、途中で雷が鳴りだし、雨がパラパラ。
でも、ちょうど木立の中を歩いていたので、大丈夫だったけど。(雨もすぐやみました)

会報では、この丸い額縁みたいなのから大野くんがポーズをとってたのは覚えてたんだけど、
まさかこんなに何個もあるとは…。(おいおい、こんなの想定外だよ)
どれが大野くんが触ったものかわからず…。
とりあえず雰囲気だけ楽しんで来ました。

2013_0814鹿児島0007

他にも不思議なオブジェがいろいろあってね。
帰ってきてからもう1回確認したら、大野くんはブランコにも乗ったらしい。
あ~しくじった…。ブランコ目の前にして、乗らないわけないよね、あの智が(どの?)
私、ただ眺めただけでした(ーー;)

あ~、何でもかんでも片っ端からベタベタ触ってくればよかったよ(笑)

結局、アートの森を散策して駐車場に戻るまでに40分くらいかかったでしょうか。
でも、実は全部まわってないんだよね~。
地図を見たら、ちょっと離れた所にもオブジェがあって、雷も鳴ってるし、歩くのきついし、
やめとこう…っていうことになったんだけど、もしかしてそこも大野くん観たのかな。
あ~やっぱりサトシックさんと来るべきだったかもね。
家族と一緒だと、はしゃげないし、どっか気兼ねしちゃうしね。
サトシックさんと来たら、もっと楽しかっただろうねぇ。

当時の大野くんは、ここで自然や芸術と触れ合って、少しはのんびりできたのかな。
目をキラキラさせたり、ほわんととけ込んでしまったり、そんな大野くんが目に浮かびます。
そして、あの笑い声がこの森に響き渡ったのかな~なんてね。
やっぱりアートと大野くんの結びつきって、自然な感じがする。
そんな空間にいれただけでも幸せかも(^^)
スポンサーサイト