FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

*秘める智*

雑誌祭り、まだまだ続きますね。あ~、ananの発売が待ち遠しい~!
それから、『TVガイド PERSON』という雑誌も大野くんが表紙らしいですが、
「PERSON」って、初めて見たな…。こっちの店頭にも並ぶのかな。
これは予約しておいた方がいいかも…。それにしても880円もするよ(^^;)

  

さて、『+act.mini』の感想です!…と言いたいところですが、
まだこっちには入荷してないみたいで…。
なぜか今日は、予定外の『オリスタ』を買ってきてしまったという(^^;)
だって、VSと耕太くんが~(〃▽〃)

 

ということで、秘めてる智がぽろっとこぼした一言一言にいちいち過剰に反応してしまう私の
『MORE』の感想の続きです…。(昨日アップするつもりが、寝てしまっただよ)


 
自分が死ぬことで誰かを困らせてしまうのは嫌だけど、

誰か…だなんて、いっぱいいるよ。困ってしまう人たちが…。
いや、困ってしまう…なんていう次元じゃない。
きっと、何もかもが足下から崩れ去ってしまうくらいに途方に暮れてしまう人達がいっぱいね。
だから、いっぱいいっぱい長生きしてもらわなくちゃ。

単純に世界が終わって自分が消えてしまっても、きっと後悔しないなあ。

死ぬことが怖い云々じゃなくて、今死んでも「後悔しない」んだね。
これってすごいことだよね。「後悔しない」って言い切れるって。
それだけ充実しているっていうこと?悔いのない毎日を生きているっていうこと?

私が中学の頃かなぁ。生きるとか死ぬとか、ちょっとばかし真剣に考えてた時期があって。
(具体的に何かがあった…というわけではなく、漠然とね)
思春期特有の、そういうことに対して敏感になってしまう、
必要以上に深刻に考えてしまう時期ってあると思うんだけど。(私だけか(^^;)
その時にたどり着いたのが「生きるということは、後悔しないこと」だった。
でも、それで何かが変わったわけというわけでもないんだけど…。

そしたら、なんと30年以上も経って、「後悔しない」と言い切る人に出会ってしまった。
仙人のようにゆったりとした口調でつぶやいて、
ふふっと子どものように顔をゆるませて笑うあの人に。

20歳の時はまだそう言えなかったと思う。

20歳の時はまだ…って、あーた。普通は、20歳やそこらでそんな風に思えないですよ。
私は、ずーっと思えないと思う。
でも、最期の間際にそう思えれば、人生上出来なんじゃないかなと思う。
だから、今はそういう風にさらっと言ってくれるあの人を道しるべに生きていこうと思う。

だから、ひそかにまた(彌生ちゃんに)会いたいと思っていたけど、誰にも言わずにいたの。

あ~、かわいい、かわいい。そういうことすら、秘めちゃうんだね。
アイドルなんだし、ぽろっと言ったら、ジャニーさんとかすぐに叶えてくれそうだけど。
でも、こうやって秘めていたことが現実になってしまうなんて、
やっぱり何か持ってるのかね、この人は…。

「よっしゃー」って思いがわき上がっても、自分の中に秘めておきたいんだよね。
大事な気持ちはココの中にあればいいやって。


つくづく、「対自分」な人なんだと思う。(前にも書いたけど)
ことさらアピールするわけでもなく、静かに思っている。
周りがどうこうより、自分自身が納得できるかどうか。
だからかな、大野くんを見ていて感じるのは「静」(激しいダンスでさえ「静」を感じる)
秘めてばかりの大野くんを見ていて、もどかしく感じることもあるけれど、
でも、だからこそ秘めていたものが滲み出た瞬間、ほとばしった瞬間、それを感じ取れた瞬間は、
この上もなく幸せなんだよね。


さて、私が一番好きなグラビアは、モノクロのすわってるやつ。

光沢のあるベストに、きちんと折り目のついたパンツ、同系色のソックスに革靴。
きちんと感の中に存在する手の美しさ。手の甲に浮かび上がる骨格の生々しさ。
ボタンに掛けた左手に一人勝手に危うげなものを感じて、ドキドキが止まらない。
立て膝と寝かせた脚。交差する感じが無造作なようで、実は完璧。
もうね、全てが美しくて、勝手にストーリーを感じてしまって、好きな一枚です。


そうそう!ふと思ったんだけど、
「正直なところ、もういつ死んでもいいと思ってる」って、最高の殺し文句なんじゃないかって。
仙人のようにゆったりとした口調でつぶやいて、
ふふっと子どものように顔をゆるませて笑われたら、イチコロでしょ。
前に破滅に向かう恋を演じて欲しいって、書いたけど、
もう少し年をとった大野くんの太宰、見てみたいなぁ。(亡くなったのが38歳だからね)
年をとった大野くんの和服姿、間違いなく素敵だよね。
刹那的で、儚げで、どうしようもない男なんだけど、ほおっておけない智…。
あ~、妄想はいくらでも膨らむね(〃▽〃)
スポンサーサイト