FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

*あたらしあらし その1*

今頃ですが…、『あたらしあらし』の感想。
いきなり伊藤アナの仕切りで始まったのには、ちょっとびっくりしちゃったけど…。
勝手にNHKの『明日に架ける旅』みたいなのを想像してたもので(^^;)

「夏にねぇ、3枚着るとは何事だ」
ダメ出しなのにゆるい!でも、ちゃんとカメラ目線。
エレベーターで思わずぼやいちゃったことを、番組内で持ち出されちゃったもんだから、
とりあえずダメ出ししとくか…みたいな、ゆる~いテンションが好きです。

でも、「あたらしいよ」 「あたらしい?」
ただそれだけのことで納得してしまう、受け入れてしまう
満足顔の大野くんの表情が爆裂にかわいい。

相葉ちゃんの企画は、正直「マナブ」?って思いました。
どこがあたらしいの?って思いました。
でも、熊本と聞いて、ちょっとテンション上がっちゃいました。(単純)

ハチミツかぁ。既視感…(^^;)
見所は、もしかしてジャンプして移動するところ?(違うだろ)
無理して移動しなくてもいいのにね。(予算がいっぱいあった?)
マナブのタケノコ掘りは、近場でも超おもしろかったよ~。

で、朝はヨーグルト(あんなこじゃれた名前、覚えきれません)で、昼食はスイカって~。
熊本にもおいしい食べ物いっぱいあるのに。もっといっぱい食べさせてあげて~。
あんな粗食じゃ、またやせちゃう(笑)

スイカはつるを切っただけだったね(^^;)
夕食に備えて、体力を温存していたのか。
スイカ割りは、楽しそうだったけど…。
とにかく時間に追われて、弾丸感は伝わったけど…。

そして、お次は長﨑!と、またまたちょっとだけテンション上がる。
(でも、どこも私には馴染みのない土地ばっかりだったな…)
ギャラリー、すごかったね。

夕食はクロダイということで、小窓のあのお方が若干引き込まれているご様子。
クロダイが映った途端、あ~っという感じで静かにテンション上がってます。
思わぬトラブルでは心配そうな表情だったり、「いた?」とか「クロダイ?」とかつぶやいていたり、
残り10分で、スタッフさんの「相葉ちゃん、お願いします」では、
なぜか小窓の智がうなずいていたりとしっかり入り込んでいるご様子。

あ~、大野くんも来たらよかったのに~。ウェットスーツで海に潜る智。見たかった…。

VTRあけの相葉ちゃん、着地のタイミング合ってたけどね。
でも、そこで「間違っちゃった」で、自らぐだぐだにしてしまうのが相葉ちゃん(^^;)

企画としてはうーんって感じだったけど、相葉ちゃんが楽しそうだったし、
小窓の大野くんも爆裂にかわいかったので、よしとしますか(何様?)


次は、ニノのコント。
ちゃんとコントしてるところは見たことがないから、一応あたらしいのかな…。
でも、うざい二宮って、あたらしい?私、たまに思うもん(ごめんよ~、ニノ)

合コンネタは、私的にはいまひとつだった。
でも、大野くんが楽しそうだったから、まいっか~。
一番うけてたのは、大久保さんのくだりだった?

「小舟を編む」私、こういうの好きなんだよなぁ。合コンやめにして、これを延々やって欲しかった。

まず、「ニノ、これ?」 「うん」 「えーっ」
の何気ないやりとりが普通過ぎて、好き。(私も最初、ニノだってわからなかった)

それにしても、春菜おっさんのキャラが強過ぎる。
大野くんも爆笑してるし。

はるかさんとニノのちょっと不気味な雰囲気、
ひねくれたものの見方も鋭いとこついていて、こういうの大好き。
でも、あっという間に終わっちゃったね。
他にもコントあったよね。まさかのカット?みんなの感想は聞かないの?と思ったら、
次回もやるの?
そこをちゃんと説明してもらわないと!(何のための伊藤アナ?)
あんだけ頑張ってカットかよ~と憤慨してたんだから。

松潤のは、パーフェクト感の煽りがちょっとね…。
私の松潤に対するイメージは、不器用だけどとっても真面目。
悩み苦悩しながらも、ついつい熱くなってしまう男という感じなので。
やたら何でも出来る人みたいに言われると、ちょっと違和感。
(本人もどうなんだろう…。逆に燃えちゃう感じなのかな)

私、勘違いしてたけど、稽古日数が一日なのね。そりゃぁ、一日じゃ覚えられないよね。
それにしても 「バラエティ番組でやるレベルじゃない」
「確かに」 大野くんの表情もガラッと変わってるし。

でも、水着美女に囲まれて、リフティングは「何、これ?」だったね。
確かにおもしろかったけど、この企画の趣旨と「急に深夜番組」な感じがちぐはぐしていて、
何をしたいのか、いまいちわからなかった。
大野くん、水着美女を見て、開いた口がふさがらない状態だったけどね(〃▽〃)

でも、稽古する松潤を見ている大野くんは、また真剣な表情に変わってた。
舞台とかいっぱい経験してるから、たいへんさが身に染みてわかるんだろうなぁ。
人ごとじゃない感じ?

場内アナウンスの途中で「えっ」「マジか」と気づく智。
私、全然わかんなかったです。(『七つの会議』絶賛放送中~)
櫻井くんも名前を聞いて、驚いてたね。
やっぱり東山先輩にはいっぱいかわいがってもらってるから、声ですぐわかっちゃうのかな。
「マジ、これ、すごいね」笑うしかない智。

とにかく松潤の熱演もさることながら、ついつい小窓の大野くんに目がいってしまう。
だって、ものすごく真剣な男前な顔してるんだもん(〃▽〃)

しかし、ナレーションがちょっとうるさかったかな。
最後も、観ている側の緊張感が途切れちゃう感じだった…。

VTRあけて、ちょっと照れくさそうな松潤が印象的だった。

伊藤アナに質問されて、「東山さん、出て来たじゃん」って、そこなの?って(笑)。
ていうか、部長だったんだね…。最後の最後に気が付いた(^^;)

松潤の企画は賛否両論あるみたいで、実は私も多少の違和感はあった。
でもね、見ている4人の表情は本当に真剣だったし、
松潤も短期間の間にほんとに頑張ったと思うし、よかったんじゃないかな~。(だから、何様?)


ま、欲を言えば、「あたらし」感をもっと感じたかったな…とは思うけどね。全体的に。
私が勝手に期待し過ぎちゃったのかなぁ~。
企画をシャッフルしたら、もっと意外な面とかが見れて、もっと楽しかっただろうにね。
スポンサーサイト