FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

*今年も櫻葉愛*

2日遅れだけど、翔ちゃん!誕生日おめでとう~!!
いつも櫻井くん呼びの私だけど、ちょっと呼んでみたかったから(*^^*)

さて、櫻井くんと言えば…、櫻葉愛。(あらっ、それって私だけ?)
そう言えば、もしかして去年も…?と思って見てみたら、やっぱり櫻葉愛について語ってた。
どんだけ好きなの。

何だかね、この二人は兄弟っぽくて好きなの。母になりたい。
大宮とか他の組み合わせも好きなんだけど、私の手に負えそうにない(笑)

櫻井くんって、けっこう相葉ちゃんのことを見ていて、よくつっこんでるけど(VSでありがち)、
そのつっこみ方が好きなんだよ。そして、見守るくしゃくしゃな笑顔が好き。
何だかんだとつっこまれて、ちょっと照れ気味で嬉しそうな相葉ちゃんの笑顔も。
あ~、一家に1セット欲しい、櫻葉。

ということで、今回は『VS』の櫻葉に注目!
まず、 「準備はいい?」 「いいよ~」 このやりとりだけで、思わず顔がほころぶ。
そして、迎え入れる櫻井くんの笑顔。 言うことはないわね。

「たぶんNGだって気づいてないんじゃない?」 
褒められっぱなしの相葉ちゃん。もしかして居心地悪い?
そこを櫻井くんのつっこみで、いつもの相葉ちゃんのポジションに。
こういうお兄ちゃん的な粋な計らいが好き。
相葉ちゃんの「おいっ、こらっ」 の言い方がちょっとぎこちなくて、かわいくて、
いい子いい子したくなる。

お医者さんがいっぱい出てくるドラマなんだね。(知ってる(^^;)
「相葉さんだけが浮いてるんじゃなくて?」助け船を出す櫻井くん。
ところが、「みんなで浮いてるの!」言い方、可愛すぎ!30歳か!
でも、さすがのお兄ちゃんもフォローできないよ。

そして、ここでお待ちかね!智お兄ちゃん登場!
「行ったら、いないの」 
高嶋さんとの橋渡しだけして、自分は行かないなんてありなの!斬新過ぎる!
自由過ぎるのか、放任主義なのか、スパルタなのか、はたまた何も考えてないのかは
わからないけど…。やっぱりすごすぎるぜ、長男。
で、何も弁解しなくて、笑ってるだけっていうのが、やっぱり長男。

「ちゃんとできる人だったんだな」 「演じてたってこと?」
いつもとは違う活躍ぶりにあらぬ疑惑が…。
そこで、お兄ちゃんの放った一言がツボ過ぎて、思わずリピート。
(基本、大野くんしかリピートしない私にリピートさせるとは、たいしたヤツだぜ)
「みんなのはしゃいじゃって暴走相葉くん、返して、早く」
この台詞になぜか猛烈に萌えまくった。
みんなの?ほんとは嵐の?翔さんの?

それにしても、ほとんどが嵐VS相葉のくだりで、他のゲストさんにはほんとに申し訳ないが、
楽しくってしょうがないから、勘弁して欲しい。

「どっちが本当の嵐か勝負だ」
ここなんだけど、大野くん以外はみんな指さして宣戦布告してます。
一人傍観者で落ち着き払っているのが長男です。

「越えるところももう一方で見たい気持ちもしますけど」
やっぱりお兄ちゃん。あ~お兄ちゃん。
そんなお兄ちゃんの気持ちを知ってか知らずか、弟の目標は90点(^^;)
まちゃき!お兄ちゃんの気持ちを受け取って~。

「これが君にとってのラストホープなわけだ」
ちょいちょい、相葉ちゃんに絡む櫻井くん。ほんとゲストさん、申し訳ない…。でも、許してちょ。
そしてその後、密かにLのサイン出して、目で合図する兄。それに応える弟。
完全に二人の世界。あ~櫻葉愛…。

おっとここで、山コンビ登場。
「君がさ、ラストホープなんだから」と歩み寄って、肩ぽんぽんの翔ちゃん。
若干押され気味であっけにとられる大野くんと、嬉しそうな顔の櫻井くんの対比。

「どっちが本当のラストホープか勝負だ」
ここ、3人いっせいにつっこむのに、あいかわらず笑うだけの長男ですから。
ていうか、もはや息子4人を見守るお父さん?

相葉ちゃんチーム、勝利できてよかったね。
「もうやっぱりラストホープだね」の櫻井くんのくしゃくしゃな笑顔で、めでたしめでたし…かと
思いきや、この物語にはまだ続きがあったのであった。

それは、ラストロープ!
一番相葉ちゃんに絡みまくって、お兄ちゃん全開だった櫻井くんの切ったロープが…無情にも。
びっくりして、「えっ、えっ」と動揺しまくり。このオチ、出来すぎ。
それにしても、たらいが落ちた瞬間、真っ先に爆笑したのは長男だったよ。(ひどい…)
そして、笑うに笑えないニノと心配気味の松潤と、申し訳なさそうな櫻井くんという4者4様。

結局、嵐チームに勝てなかったのは、櫻井くん率いる『謎ディ』チームだけだったね。
何をか言わんや…。

でも、よく周りを見ていて、気配りができて、ものすごくできる男だよな~と思わせておいて、
最後にやっちゃう櫻井くんが大好きです。
(あれっ、締めがこんなんで大丈夫?)

スポンサーサイト