FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

*ひとりアラフェス祭り その3*

ひとりアラフェエス祭り、いよいよ佳境だよ。

どどーんとオーケストラの登場。何とも贅沢だね、豪華だね。
『めざまし』で生野アナがオーケストラがすごい…みたいなこと言ってたけど、
その時は、オケかい!嵐じゃないんかい!ってつっこんだけど、こうして見ると本当だね。
ステージ上の雰囲気が一気に厳かになって、ゾクゾクする。

いい加減もういいんじゃないか…と思っていた『One Love』も(こんなアラシックで、
ごめんなさい(^^;)、曲調がオーケストラと合ってて、聴き応えあるし。
しかも、あの白い衣装がいいよね~。暑そうだけど(^^;)
しかし、あの衣装と刈り上げの組み合わせって、ある意味挑戦的?ある意味斬新?

『truth』は、新生『truth』って感じでよかったわ~。
黒い衣装の時からすると、悲しみや憎しみが浄化されたように感じられて、じんわりと染みてくる。
同じ曲でも、こんな風にいろんな表情を見せてくれるのね。

でも、ここでも大野くん、大丈夫?っていう瞬間があって…。
「願いは…」のところで、一瞬だけどよろっとバランス崩してるよね。
疲れてたのかなぁ。珍しいよね…。
でも、その後の連続ターンはきれいに難なくこなしてるから、そんなに気にすることないのかな?

『5×10』はね、オーボエ(だと思うけど…)の音色が印象的だったなぁ。
しかし、ここでも大野くん、大丈夫?って、思う瞬間があって。
「その笑顔、あったかかったから」でも、「顔」で力入ってて…。
『truth』の後で、まだ息が整ってないのかな?

「僕ら交わした声が消えないのならば」も「が」がね、気になる。
全体的に丁寧に歌い上げてはいるけど、何となくきつそうに感じるんだけど…。
私が神経質になりすぎなのかなぁ?

そして、来た!『Face Down』
ジャンプで登場!一旦着地した後、軽くジャンプしてぴたっ!かっちょええ~!!
でも、私が以前書いた『ZIP』のアングル映像はなかった。残念…。
それに、ここにもあったね。謎のカメラワーク…。残念無念…。

そして、またまた心配になっちゃう智がここにも出現。
「ウォーオーオッーオッー」の時に、むせてるように見えるんだけど…。
それから、最後左端で前かがみになる時、ふらっとバランス崩して片手ついてるし。
大丈夫、智~!

でもね、ラップの時、「真っ暗な空」で立ち上がるところは、後ろのにのあいはきつそうなのに、
大野くんは全然きつそうじゃなくて、動きもきびきびしてるんだよね。
だから、あんまり心配することないのかな~。

『迷宮ラブソング』は、踊らなかったね~。なんでだよ~。
ここでもまた心配智出現。
ソロの「ような~」の伸びがいまひとつ足りない気がする…。
でも、その後ニコニコファンサしてるから、大丈夫かな?

『ARASHI』のソロはいつもの安定感だしね。
しかし、「ウォーイェー」と歌いながら、リール巻いて、うなずく智ってどうよ。
やっぱり最強だわ。いちころだわ。罪作りだわ。
どんだけ骨抜きにしたら、気が済むのかしら…。

いい加減もういいんじゃないか…と思っていた『感謝カンゲキ雨嵐』(ほんとにこんなアラシックで
ごめんなさい、再び)だけど、あのアレンジ好きだわ。
「誰かが誰かを支えて…」のニノとのユニゾンとか、超好き。

しかし、この後、早々にマイクをポッケにしまおうとする智、発見!
そんなに早くおさらばしたいんかい!そんなに早く帰りたいんかい!
しかも、しまう必要なかったですね(^^;)

そして、あのタイミングで、あんな形で、アルバム&ツアー発表があったのね。
そりゃぁ、テンション上がるわね。
「俺が振り付けてる」って~!!ていうことは、かなり前に決まってたんじゃないの!
じらしまくりやがって~。どんだけ心配したことか…。

そして、出た!『Eyes with delight』
私の携帯の着信、これなんですけど!超絶好きなんですけど!
それなのに、リクエストはしてないんですけど…。完全他力本願ですみません。
リクエストしてくださった方、ありがとう~。

でもさ、この時の大野くん、スイッチ入ってない?って感じなんですけど。
地声と歌う声が入り混じってる感じなんですけど。
「涼しげな口紅 君に似合って ショウウィンドウで背中
でも、語尾は丁寧で、たまんないんですけど。
しかーし、「羽をかくす仕草」の最後の「さ」が雑!智、どうした~!
やっぱり調子、悪かったのかな~とまたまた心配になる。

で、やっと来たよ、来た!このソロが聴きたかったんだよ~!
「胸にしまったあの悲しみが…」
ところが、突然櫻井くん乱入?おいおい、ここで山ダンスかよ~。
おもしろいじゃないか。かわいいじゃないか。

しかし、二人とも首かしげてるし、苦笑いだし。
私も二人に釘付けで、歌声が耳に入ってこなかった…。どうしてくれる?お二人さんよ~。
でも、楽しかったから、いっか~。

そして、なぜかスギちゃんキャラ?
「振り付けるぜ~」「知らないぜ~、お前達」「細かいのかもしんないぜ~」
一人だけ変なスイッチ入って、ついていけない嵐メンがおかしすぎる。
ニノ、軽くあしらわないで~。相手してあげて~。

『voice』は、始まりの相葉ちゃんのソロがいいね。一気に優しいあったかい空気に包まれる。
私は、ついつい大野くんの鎖骨ばかり見てて、すみません…。
しかし、あのズボンはパジャマですか?

ひとりアラフェス祭りでい!は、これで終了。
完全私目線でお届けしましたが、楽しんでいただけましたか?
他にも私の気づかない素敵ポイントがあると思うので、何かあったら教えて下さいね~(^^)
スポンサーサイト