be with you 3104

2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      

≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

*遭遇できない…*

なかなかこちらのブログを更新できず、すみません…。
その間もたくさんアクセスいただいて、ありがとうございます(^^)

そこで、ちょっとだけ私の近況を(^^)

ハンドメイド、ぼちぼちやってます。(from my room)
はまり始めた頃のワクワクしていた気持ちを思い出し、お客様との出会いに感謝し、
次は何作ろうかな…と楽しくやってます。

今日は、新作に挑戦するつもり。どうなることやら~。

ドラマは、特に感想を残して置きたい回だけ、記事アップしてます。(another room)
『ラストホープ』もね。(ちなみに相葉ちゃんは、今のところほぼ出て来ません(^^;)

さて、そんな私の目下のお悩みは、サトシーラに全く遭遇しないこと!
(何と脳天気なお悩みだこと…)
久光提供の番組を張ってはみたものの、ことごとく森三中のCMばかり~。
森三中に罪はないけれど、またかよ~とついついテレビに向かってつっこむ。
私の花粉症の症状が出てくる頃には、サトシーラに出会えるのでしょうか。

と思っていたら、何と相葉ちゃんCMに遭遇。
「とおっ」の相葉ちゃんが猛烈にかわいい!と同時に…なぜだか若干の嫉妬を覚える。

サトシーラ、早く出さんかい!!

そう言えば、森永のCMも全然遭遇しない…と思っていたら、
(これまた、おいおいまた修造かよ…とテレビに向かってつっこむ)
『ちびまるこちゃん』で30秒バージョンが流れるらしいという情報を目にし、早速録画予約。

でも、もちろん毎日サトシゴトは欠かしませんよ。
朝の家事は、『ウラ嵐マニア』を聴きながら、
夕方の家事やパソコンタイムは、『Drean A Live』を聴きながら、
智の声に聴き惚れる。

そして、ふと時間が空くと、紅白の『Face Down』や
『アラフェス』の『Step and Go』『ラブシチュ』『TOBOO』etc…を観て、
智のダンスに見とれる。
気がつくと、まばたきするのを忘れていて眼球が乾き、あわててまばたき。

さて、今日は『VS』と『ひみあら』だね。
今日はパパ智が見られるんだわ(*^^*)
スポンサーサイト

*今年も櫻葉愛*

2日遅れだけど、翔ちゃん!誕生日おめでとう~!!
いつも櫻井くん呼びの私だけど、ちょっと呼んでみたかったから(*^^*)

さて、櫻井くんと言えば…、櫻葉愛。(あらっ、それって私だけ?)
そう言えば、もしかして去年も…?と思って見てみたら、やっぱり櫻葉愛について語ってた。
どんだけ好きなの。

何だかね、この二人は兄弟っぽくて好きなの。母になりたい。
大宮とか他の組み合わせも好きなんだけど、私の手に負えそうにない(笑)

櫻井くんって、けっこう相葉ちゃんのことを見ていて、よくつっこんでるけど(VSでありがち)、
そのつっこみ方が好きなんだよ。そして、見守るくしゃくしゃな笑顔が好き。
何だかんだとつっこまれて、ちょっと照れ気味で嬉しそうな相葉ちゃんの笑顔も。
あ~、一家に1セット欲しい、櫻葉。

ということで、今回は『VS』の櫻葉に注目!
まず、 「準備はいい?」 「いいよ~」 このやりとりだけで、思わず顔がほころぶ。
そして、迎え入れる櫻井くんの笑顔。 言うことはないわね。

「たぶんNGだって気づいてないんじゃない?」 
褒められっぱなしの相葉ちゃん。もしかして居心地悪い?
そこを櫻井くんのつっこみで、いつもの相葉ちゃんのポジションに。
こういうお兄ちゃん的な粋な計らいが好き。
相葉ちゃんの「おいっ、こらっ」 の言い方がちょっとぎこちなくて、かわいくて、
いい子いい子したくなる。

お医者さんがいっぱい出てくるドラマなんだね。(知ってる(^^;)
「相葉さんだけが浮いてるんじゃなくて?」助け船を出す櫻井くん。
ところが、「みんなで浮いてるの!」言い方、可愛すぎ!30歳か!
でも、さすがのお兄ちゃんもフォローできないよ。

そして、ここでお待ちかね!智お兄ちゃん登場!
「行ったら、いないの」 
高嶋さんとの橋渡しだけして、自分は行かないなんてありなの!斬新過ぎる!
自由過ぎるのか、放任主義なのか、スパルタなのか、はたまた何も考えてないのかは
わからないけど…。やっぱりすごすぎるぜ、長男。
で、何も弁解しなくて、笑ってるだけっていうのが、やっぱり長男。

「ちゃんとできる人だったんだな」 「演じてたってこと?」
いつもとは違う活躍ぶりにあらぬ疑惑が…。
そこで、お兄ちゃんの放った一言がツボ過ぎて、思わずリピート。
(基本、大野くんしかリピートしない私にリピートさせるとは、たいしたヤツだぜ)
「みんなのはしゃいじゃって暴走相葉くん、返して、早く」
この台詞になぜか猛烈に萌えまくった。
みんなの?ほんとは嵐の?翔さんの?

それにしても、ほとんどが嵐VS相葉のくだりで、他のゲストさんにはほんとに申し訳ないが、
楽しくってしょうがないから、勘弁して欲しい。

「どっちが本当の嵐か勝負だ」
ここなんだけど、大野くん以外はみんな指さして宣戦布告してます。
一人傍観者で落ち着き払っているのが長男です。

「越えるところももう一方で見たい気持ちもしますけど」
やっぱりお兄ちゃん。あ~お兄ちゃん。
そんなお兄ちゃんの気持ちを知ってか知らずか、弟の目標は90点(^^;)
まちゃき!お兄ちゃんの気持ちを受け取って~。

「これが君にとってのラストホープなわけだ」
ちょいちょい、相葉ちゃんに絡む櫻井くん。ほんとゲストさん、申し訳ない…。でも、許してちょ。
そしてその後、密かにLのサイン出して、目で合図する兄。それに応える弟。
完全に二人の世界。あ~櫻葉愛…。

おっとここで、山コンビ登場。
「君がさ、ラストホープなんだから」と歩み寄って、肩ぽんぽんの翔ちゃん。
若干押され気味であっけにとられる大野くんと、嬉しそうな顔の櫻井くんの対比。

「どっちが本当のラストホープか勝負だ」
ここ、3人いっせいにつっこむのに、あいかわらず笑うだけの長男ですから。
ていうか、もはや息子4人を見守るお父さん?

相葉ちゃんチーム、勝利できてよかったね。
「もうやっぱりラストホープだね」の櫻井くんのくしゃくしゃな笑顔で、めでたしめでたし…かと
思いきや、この物語にはまだ続きがあったのであった。

それは、ラストロープ!
一番相葉ちゃんに絡みまくって、お兄ちゃん全開だった櫻井くんの切ったロープが…無情にも。
びっくりして、「えっ、えっ」と動揺しまくり。このオチ、出来すぎ。
それにしても、たらいが落ちた瞬間、真っ先に爆笑したのは長男だったよ。(ひどい…)
そして、笑うに笑えないニノと心配気味の松潤と、申し訳なさそうな櫻井くんという4者4様。

結局、嵐チームに勝てなかったのは、櫻井くん率いる『謎ディ』チームだけだったね。
何をか言わんや…。

でも、よく周りを見ていて、気配りができて、ものすごくできる男だよな~と思わせておいて、
最後にやっちゃう櫻井くんが大好きです。
(あれっ、締めがこんなんで大丈夫?)

*マリさんと智*

「俺、今日一人か」
何、何?一人芝居?空を見つめてつぶやく智に見とれちゃうよ。
それに、Vネックに腕まくり。半ズボンからのぞく膝小僧が、ふくらはぎが、たまらんし。
またまた男っぷりが上がっているわ…といっても、去年の智だから(^^;)。
そう言えば、『non-no』は立ち読みというか立ち見してきたけど…、
思わずあの下肢見てお持ち帰りしようかと思ったわよ。何とか踏みとどまったけど。

大宮の沈黙。ここでいつものおもしろい話かと思いきや、やだぁ今日はのろけ話ですか。
「最近はね、ライブやってるよね」 これって、収録は去年だよね?
マリさんが乾杯の時、「メリクリ」って言ってたし。
「あなたのソロ見てるからね」 って、生でかよ!一体どこで見てたんだろう…。階段ってどこよ?
今更記憶を掘り起こしても何も出て来ませんけど…。
「そこがすっごい好きだった」最近の大野さん、好きだの結婚しようだの、どんだけ愛の大安売り?是非、私にも分けて下さーい!
「結局、誰でも好きなんだ」やだぁ、自分だけに言って欲しいのかしら。贅沢よ、ニノ!

大御所の突拍子もない行動にはびっくり。夏木マリさんって、こんな人?
しかし、とまどいながらもモニター超しに奇声を発する智。
一瞬で意気投合しちゃう所なんて、さすがだわ。

「よく見て下さってるんですね」の時の大野くんの目線がちょっと下向きで萌える。
マリさんって、意外と背低いのね。(と思って、調べてみたら163cmだって…。そんなにある?)

シャンパンをつぐ智だよ。なかなか見られないよ。横顔がたまらんよ。腕っ節がたまらんよ。
でも、すわってつげばいいのに、若干無理な体勢なのがまたたまらん。

アーティスティック。感覚派。マリさんと似てるんだね~。
私は全然だめだわ。理屈で納得しないと動けない人だから。

それにしてもマリさん60歳だって!若いねぇ~。素敵だねぇ。
ていうか、大宮、そこはもっと驚け~。

写真集の取り合いをする二人を若干前のめり気味で見ている智。やっぱり興味津々?
でも、あせるマリさんを見て、爆笑智。

おでこに手をやって
「えっ、見たいよ」の顔!言い方!子供か!甘えんぼか!
で、ニノに許可を得た途端、素早く移動。そんなに見たいんかい。
「あっきれい」と言ってるあなたの手がきれいですけど。
「あーっ」この時の顔がひどい。ひどいのに、思わず一時停止してみた。
「ちょっとはみ出しちゃってるし」の言い方が可愛すぎる!後ろから羽交い締めしたくなる!
ていうか、なぜ30年前のマリさんに若干キレてる?

露出には敏感だよねぇ。優香ちゃんの時も興味津々だったし。
ま、健全な男子としては当たり前だからね~。そんな智を見るのも楽し。
でも、海荷ちゃんの露出は許せない智。(あ~、海荷ちゃんになりたい)
砂羽さんには、ミニのウェディングドレスを着せたがるのに。(あの年齢だと許せるのか?)
それなのに、マネキンにはショートパンツはかせちゃう智。(やっぱり露出好きなんだろうが~)
もう~っ、智ったらやらしい~(*^^*)(あんたがだよ…)

大宮のお母さんの話。
ニノのお母さん、「お地蔵様」って。あれっ?ここって爆笑するところじゃないの。
マリさんが冷静に対応してるから、なぜか静かに爆笑する智。(私はテレビの前で爆笑)
しかも、夏に水着を着てるお地蔵様?自然体…というよりシュールです(^^;)(想像したんかい)

で、大野くんのお母さんは「マリさんっぽいかも」
へぇ、へぇ、へぇ、87へぇ。(古すぎる…)
具体的に想像したことなかったけど、そうなんだぁ。
そうだよね。洋楽が好きで、そういうの息子に勧めたり、数年前までは息子の洋服も買ってくれた
お母さん。
きっと素敵なお母様なんだろうなぁ~。

そしたら、ニノが写真集再び手にとってるよ。それを見て、即座に反応する智。
今度はニノの許可を得ず、智まっしぐら。駆け寄るルンルン感が10代だし!

骨盤体操は、大野くん始め全然できてなかったね。珍しいねぇ、こんなことあるんだ。
優香の時のカーヴィーダンスは完璧だったのにね。

写真撮る時に、マリさんの横に立って、向きを変える瞬間が超絶好き過ぎて、激リピ。
しかも身長差。やっぱりマリさん、160ないんじゃない?(しつこい)
この時の顔の角度とか肩幅とか、喉仏とかVゾーンとか、全てがツボ。
やっぱり最強。

最初の登場が突拍子もなさすぎたから、どうなることかと思ったけど、
マリさんって、意外ときちっとしてて、気遣いもできて、けっこうまともな素敵な大人の女性だった。
(失礼だな…)

そう言えば、今日見返すときに、そう言えば…大野くんの喉仏が堪能できる瞬間があったんだけど、
一体どこだったっけ…と、記憶があやふやで(^^;)。
シャンパン飲むときかと思ったら、大人茶だったよ~。心拍数上がるわ~。
やっぱりここは一時停止よね。

さて、今年の大野くんにはいつ会えるのかな?
でも、この頃の大野くんったら超男前だから、これでいいかも(笑)

*ご報告*

なかなかこちらのブログを更新する余裕がなくて、すみません…(^^;)。
でも、another roomでは、『ラストホープ』などの感想をアップしていますので、
よろしかったら、ご覧下さいね。

さて、今日は大野くん関連の話題ではありませんので、ご了承くださいm(_ _)m

先日、やりたいことがあると書きましたが、やっとそれが形になりました。
別ブログで少しずつ紹介していた作品を販売することとなりました。
詳しいことは、from my roomをご覧下さい。

こちらのブログはスローペースになってしまいますが、ぼちぼちやりますね。
智愛はいつも全開ですから!
今日は『helpless』をずーっと聴いています。罪作りな歌声にメロメロ(*^^*)

今日は、『ひみあら』もありますね。
ゲストがあの夏木マリさん! 『夜行観覧車』すごかったね(^^;)

では、こんな私ですが、これからもよろしくお願いします(^^)



*智voiceと小川洋子*

いきなりですが、私…小川洋子さんの文章が好きでして。
描写が繊細で、すとんと心に入ってきて、しっくりくる感じが好きなんです。

活字だけで、温度や匂い、光、湿度、それにまつわる感情の波とか、情景とかいろんなものを
的確に伝えてくれて、鮮明に思い浮かぶんですよね。

さて、今読んでいるのが『最果てアーケード』
そこに声に関する描写を見つけて、これって大野くんのこと?と一人興奮してしまいました。

               

抜粋してみますね。

私はRちゃんの声が好きだった。それは小ぬか雨のようにひっそりとして、落ち着きがあり、
(中略) ひたひたとアーケードの中を満たしてゆく。
(中略)を心からいたわり、 余分なものは何も加えず、ありのままの姿で導いてくる。
いつしか私は自分の本を閉じ、彼女の声に聴き入っている。


ちなみに、私が書く文章の中に時々登場する「ひっそり」という単語は、もろ小川さんの影響を受けてます。

特に難しい言葉を使っているわけもないし、奇をてらった文章でもないけれど、
的確に伝えてくれて、とにかく心地良いんですよね。

抜粋した文章の中の単語のいくつかを他の言葉に置き換えてみたら、
ほーら智voiceに溺れている私のことになっちゃった…。

ひたひたと「私の心を」満たしてゆく…とか、
「曲の持つ世界を」心からいたわり…とか
いつしか私はキーボードを打つ手を止め、「彼の」の声に聴き入っている…とかね。

前に書いたことあるんですが、大野くんと小川ワールドの相性はものすごくいいんじゃないか…と
勝手に思ってます。
ちょっと風変わりだけど、静かで、繊細で、切なくて、あったかくて、
一度はまると病みつきになってしまう小川ワールド。
でも、二人の間に接点なんて…ありそうもないけどね(^^;)

*先輩を手玉にとる智*

今回の『しやがれ』は、やっぱり大野くんと長瀬くんとのツーショットでしょ!
ここだけ、何度もリピートした。

さて、アニキである長瀬くんが何と大野くんが怖いと?しかも、大野くん呼び?
確か年は2歳違いだったっけ…?もっと離れてるように見えるけど(^^;)。

「ずっと一緒にいれるみたいなこと、言ってましたよ」
けっこう昔のことを覚えてる智。だから、そんなこと言われて意外だった?
昔の気持ち、思い出してよって、さりげなくアピールしてみた?

そして、二人きりになることに。
「いいっすか」と先輩に言わせてしまう後輩のオーラ。一度生で拝んでみたいもんだ。

まず横に立ったときの身長差、体格差に萌える。
(そう言えば、長瀬くんと上重くんに挟まれてる5人が華奢過ぎて、びっくりした。
縮尺間違っちゃった?みたいな画で、ちょっと混乱(笑))
ところが、すわった途端、その差が一変。
正面向いて足広げて余裕がある感じの大野くんと、斜めに座って落ち着かない感じの長瀬くん。

黙っててもそれはそれで平気そうな後輩と、どうにかしなきゃの先輩の図。(立場逆転?)
ところが何を思ったか、長瀬くんが大野くんのももに手を!ひぇ~っ!!
大野くんって、そうさせてしまう何かがあるんだろうか…。
大野くんも一瞬、あっ…てなってるんだけど、すかさず手を重ねてるよ。小悪魔智!
こういうとこがうまい。天性の人たらしなんだろうなぁ。
でも、決して目を合わせない二人っていうのが、リアル過ぎる。

沈黙に耐えきれなかったのか、質問する長瀬くん。
「釣りしたり」の後、上目遣いで視線を送る智の横顔が男前。黒のVネック、首元に手が最強。
でも、長瀬くんは視線をそらしてて。視線を交互に送り合う二人がほんとデートみたい。

「絵描いてたり」で、また視線を送る。あんな間近で!ぶっ倒れる!
「はい、それ何回も聞いてます」と余裕な感じで、完全に先輩を手玉にとってるでしょ~。
「俺の絵、描いてよ」先輩の健気なお願いに
「いや、ダメです」と素っ気ない後輩。でも、声が小さくて、ちょっと遠慮気味?
「似せる自信はあります」って。最高のくどき文句だよ!究極のツンデレ!

その後、何かを導きだそうと苦悩している表情の先輩と、空を見つめる無垢な表情の後輩。
(かわいすぎて、逮捕だ!)
どうにかしようとする先輩と、一切どうにかしようとしない後輩の図。
ほんと動じないよね、この人は…。

結局、「大野くんには言葉はいらねえわ」「これだけでつながった」と言わせてしまう魔性智。

この人には性別を超えて、虜にしちゃう不思議なパワーがあるんじゃないかと思う。
大野くん独特のオーラ。中に入るにはちょっと勇気がいるけど、一度その中に入っちゃうと、
きっと居心地がよくて、離れられなくなっちゃうんじゃないかな~。
あ~うらやましい…。


そうそう、長瀬くんって、TOKIOでは末っ子でやんちゃなイメージだったけど、
『しゃべくり』でも言ってたね。松岡くん以外には未だに敬語なんだって。
これは、もんのすごく意外だった。
でも、そういうのが彼らにとって程よい距離感なんだろうなぁ。
グループやそれぞれの性格で、いろんな距離の取り方があるんだね。

*新たなツボ発見*

前の記事で、新たなリピートポイント発見してやめられない、止まらない…と書きましたが、
簡単にご紹介。

まず『Step and Go』
大野くんソロの後だったかな…。
5人が横一列に並んで(大野くんセンター)、「いつまでも」の「までも」の時の大野くんの
キレのある動き。
最初は、全身の動きの正確さに目を奪われ(腕の挙げ方とか、足の動かし方とか)、
何回も繰り返し見ている内に、あれっ足の動きが一人だけ違う…と。
方向を変える時の動きがムーンウォークっぽっくなってるからだよ。
滑らかで、さりげなくて、すんごいのに、さらっとやっちゃうから見逃してた。

『TABOO』は、口元を手で隠す仕草の直前、斜め横のアングルから正面に切り替わった直後
です。
右足(?)を下ろした時の体勢が真っ直ぐで、綺麗すぎます。
ここは普通に見てたらわかりませんよ~。
一時停止したり、コマ送りしてる時に偶然見つけました。
しかも、その前の動きも綺麗なんだよ~。

それから、『紅白』の『Face Down』
櫻井くんラップの「ダキアウ カギガ」の「カギガ」の時の大野くんの体勢。
前かがみから上体を起こした瞬間の体勢がツボ。男くささがあふれてて、倒れそう。肩幅が好き。
そして、前に踏み出す動きもかっこええ。

この衣装は、ターンがたまんないわ~。
上着のひらひらが翻ると、ヒップラインが露わになって。
細身のパンツだから、フォームの綺麗さが際立つし。

あれあれ、簡単に…とか言いながら、けっこう書いちゃったわね。(いつものことだけど…)

隅から隅まで見たはずなのに、突然現れるリピートポイント。おそるべし、智!
きっとまだまだ隠れてるんでしょうねぇ。
だから、サトシックはやめられない。

*ぼちぼち*

別ブログをお引っ越ししました。
かなり悪戦苦闘しましたが(慣れないところだと、使い勝手がわからなくて(^^;)、
他の所にもチャレンジしましたが途中で挫折して…、結局gooに決定。

そちらでは、ハンドメイドの作品を少しずつアップしていくつもりなので、
よろしかったら、のぞいてみてくださいね(^^)

結局、当ブログと、
another room(ドラマ、映画など)
from my room(ハンドメイド)
の3本立てで、やって参ります。

まぁね、ぼちぼち頑張りますよ…。
元々の性格上、頑張れるタイプではないので(基本、気が向かないとやらない人(^-^;)、
自分に対しては甘々な人間なので、のんびりマイペースでやっていきますね。

そうそう、昨日の『VS』の大野くん。
やだ~っ、去年の智ったら、何て男前!そのふくらはぎは何なの!と
心の中で叫んでおりました(*^^*)
今年の大野くんにはいつ会えるのかな~。

さて、こんな私ですが、これからもよろしくお願いします(^^)
コメントのお返事は、もうしばらくお待ちくださ~い。

*calling*

毎日、夜はパソコンの前にすわるんですが、昨日はずーっとテレビの前でした。

『ロンドンハーツ』観て(ザキヤマ大好き)、『ラストホープ』を追っかけ再生で観た後、
主題歌の流れるタイトルバックをリピートしまくった後、『書店員ミチル』を観て、
その後、また『ラストホープ』のタイトルバックをリピートしまくってから、寝ました。

そして、日中は空いた時間があると、踊る智をガン見。
もうね、ずーーっと見てられるんだよね。
今はまってるのは、アラフェスの『Step and Go』と『TABOO』と紅白の『Face Down』
隅から隅まで見たはずだったのに、新たなリピートポイントを見つけてしまい、
やめられない、止まらない。

さて、『calling』が予想以上によくって、リピしまくりなんですけど。
まず、おっ!!て思ったのが、オープニングでタイトルバック流れたこと。
(初回だけなのか、これからもなのかわからないけど)

数年前までは、タイトルバックって最初に流れてたのに(『魔王』は最初だったね)、
最近のドラマって最後に流れるでしょ。下手したら、本編にかぶって流れてくるし(ーー;)

でも、私は最初に流れるワクワク感が好きだったんだよな~。
それに、タイトルバックひとつとっても、そのドラマの個性が表れていて、
象徴的なシーンや意味深なシーンがあったり、映像も綺麗だったり、凝っていたりして、
けっこう見応えがあったりしてね。

その点、今回は、お~っ!!来た来た!始まるよ~!って感じがたまらない。
主題歌との格好良さとも相まって、タイトルバックもかっこよくてね。
しかも、相葉ちゃんだけに焦点を当てていなくて、それぞれをクローズアップすることで、
このドラマの方向性も見えるような気がするでしょ。

そして、『calling』の曲調もものすごく合っていて、ワクワク感がハンパない。
タイトルが出るタイミングなんて、ゾクゾクしちゃうね。

勢いのあるアップテンポの出だしから、「決して消えない」でぐっとトーンが落ちる感じがたまらない。
『めざまし』で聴いた時は、相葉ちゃんと大野くん?って思ったけど、ここはにのあいだったね。
大人っぽくて、好きだなぁ。

そして、中盤から大野くんの声がびんびん響いてくるね。
ついつい智センサーが働いて、大野くんの声にばっかり反応しちゃうっていうのもあるんだろうけど。

どんなPV、どんなダンス、どんな衣装になるんだろう~。楽しみだ~。
でも、『HEY!』が終わった後、歌番組どうなっちゃうの?心配だ…。

そう言えば、私シングルはいつもレンタル派…という
それでもアラシックか!というとんでもファンなんですが、今回は3枚だって~!
そもそも私には、同じ曲の入ったCDを3種類も買う余裕があるわけはなく、
かといって1枚に絞れないし…。
(PVやカップリングでそれぞれ内容は違うにしろ、なぜ3枚も?)

そして、CMでは、わんこそばの30秒バージョンが流れたね。
私は、わんこそばをつぐ智の腕と手と横顔を見たさにコマ送りしました。
あ~、腕の筋がたまらん!

*バランス*

実は、ブログの更新がしばらくの間、スローペースになりそうです。
*another room*では、ドラマの感想をぼちぼち更新中だけどね)

実はやりたいことがありまして。(再開といった方がいいかな…)
しばらくは、そちらに時間をとられてしまいそうです。
でも、今の時点では、それがうまくいくかどうかは分からない状態でして…。
もしうまくいけば、ここでお知らせすることもあるかと思います。

アラシゴトも今のところレギュラー番組はお休みだしね。
頑張っちゃおうかな…と。
(でも、今週から始まっちゃうね)

それに、元々あったブログはやめにして(ていうか、すでにほぼ休止状態だけどね(^^;)
他にもう一つ立ち上げようかとも思っていて。
どれだけやるんかい…って感じだけど、文章を書くことは全然苦にならないというか、
私の場合、それがないとやっていけない感じなので。

大野くんにはまってから2年4ヶ月。
溺れっぱなしの毎日で、それが楽しくもあったし、いい方向に導いてくれたとも思うんだけど、
でもこのままでいいのか、私!っていう気持ちがずーっとあったのも事実。

今年の目標の「バランス」に向けて、ちょっと頑張ってみます。
あっでも、あいからず家事は手抜きなんだけどねぇ…。
「バランス」のとれた生活への道のりは長いね~。

*拍手ランキング(1/13)*

いつもご訪問&拍手&コメント、ありがとうございます。
毎日、感謝しております(^^)

1ヶ月ぶりの拍手ランキングです。 あまり変わり映えしないけど(^^;)

1.骨格智(262拍手)

2.大好き&ありがとう(245拍手)

3.誰が一番好き?その3(201拍手)

4.宝塚智 その3(189拍手)

5.大野智voice その34(182拍手)

6.天才智(170拍手)

7.追い詰められる智 その1(166拍手) 

7.やっぱりFace Down(166拍手)new

9.大野智voice その30(160拍手)

10.浴衣智(161拍手) 

11.大野智voice その35(157拍手)

12.刺繍智(153拍手)
  
13.お兄さんチームの夫婦愛(154拍手)

14.来年もよろしく(153拍手) new

15.忍び智(148拍手)
   
16.小鼻ひくひく智 その2(145拍手)
  
17.山愛(146拍手) 

18.目標?(139拍手)

19.マイケルダンス智(138拍手)

20.久々の智布教大作戦(137拍手) new

3連休だというのに、何の予定もない我が家。
かといって、家族がいると、嵐くんをじっくり見るということもなかなかできないしね~。

で、ふと思い立ち、別ブログの一部をお引っ越ししちゃいました。
そちらには、ドラマや映画、本、ラグビーなどについて、ぼちぼち語っていくつもりです。

興味のある方は、のぞいてみてくださいね~。
(タイトルは悩んだ挙げ句、こんな芸のないタイトルになってしまった…)
*another room*

*ひとりアラフェス祭り その4*

またまた、ひとりアラフェス祭りでい!
あれっ、それってもう終わったんじゃないの?と思ったあなた!私もそう思ってました(^^;)
でも、見返してたら、書きたいことがいくつか出て来ちゃったので、懲りずに行くわよ~!

実は、お智達とメールでお話してて、彼女のリピートポイントを教えてもらったのね。
それは、『時計じかけのアンブレラ』の「やさしい傘、そっとさしてゆこう」
実は私、ここ完全スルーだった…(^^;)

でも、よくよく見てみたら、もんのすごく細かい動きしてるのね、大野くん。
まさに機械仕掛けという感じのカクカクした動きなんだけど、ほんと細かい。
そして、いつも思うのが、動きが流れないということ。
1つ1つの動きをきちんと定位置で決めてから、次の動きに移ってる。
しかも、あの細かい動きをあのスピードで。

やっぱりすごいわ~、智!私が認めた男だけあるわ~!って、気がつかなかったくせに(^^;)
お智達、ありがとう(^^)


それから、『Step and Go』の腰をまわす動き。
上体がまっすぐ立っていてぶれず、しかも力が入ってない感じで、意図も簡単に
腰だけをまわしてるのよね。余計な力も入ってないし、余計な動きもない。
(これは、『シェケ』にも通じるんだけど)

もうエロいとかいうより、その完璧さにノックダウン。
思わずリピートの嵐よ。

それから、『ラブシチュ』のダンスを見ていて、前から思っていたことを再確認。
大野くんって、あんまりかかとを床についてないよね。
もしくは、つけてもつけている時間が短い。
もしくは、つけている足裏の面積が小さい。

それに着地する時も、その衝撃を膝や足首で吸収してるから、かかとがつく時も柔らか。
だからこその無重力ダンスなのか?なんてことを、
テレビをガン見しながら考えている私って一体何なんでしょう?

でも、無重力から解放された智も発見!

ニノソロが始まる前、小走りでフォーメーション移動する大野くん。
かなり引きの画なんだけど、てとてと走ってて、かわいいんだよ。

そらから、大野くんのダンスって余韻が残る動きをするんだけど、これって他の事にも通じるよね。
例えば、歌声も語尾まで丁寧で、余韻が残る感じだし。
それから、デュアルカーリングの時も、棒で押し出す時、すーっと最後まで丁寧に送り出すんだよ。
きっとそういう力加減をわかってるんだと思う。

ということで、今度こそ終わりかな…。たぶんね。
また出てくるかもしれないけど(^^;)

*ドラマゴト+追記*

最初に断っておきますガ、今回、アラシゴトに関する記事ではありませんので、
ご了承くださーい。(追記にちょっとだけあり)

い、い、いかん…。久々にドラマスイッチが入っちゃいそうです。
昔は同時期に3~4本の連ドラ観てたんだけど、徐々にどうしても観たいっていうドラマが
減ってきて、その内1~2本とかになってきて、観ない時期も出て来ちゃったりして。
その内嵐くんにはまって、ドラマもほとんど観なくなって…。

そしたら、今クールは何だかおもしろそうなドラマが目白押しで。
しかも、この間久々に別ブログにラグビーの記事を書いて、過去記事を読み返していたら、
私ったら、嵐以外のことにもこんなに熱持ってたのね、懐かしいわ~と
その頃の気持ちを思い出したりして…。

今年の目標にバランスのとれた生活を送りたい…って書いたけど、
アラシゴトだけでなく、家事とかももっときちんとして(一応主婦なもんで(^^;)、
いろいろ手作りもしたいし、
それに、嵐くんに関係のないドラマや映画を観たり、本も読んだりしてみたいなぁと
思ってたんですよね。

実際、そんなに時間があるのか…という問題もあるんだけど、
だって、時間が空くと、結局アラシゴトに時間を費やす日々。
それにドラマが加わり。
観るだけならいいんだけど、感想を書き出すとね、時間が足りなくなりそう…。
そして、結局家事は手抜きのまんま(ーー;)

でもね、今クールはほんとにおもしろそうなドラマが目白押なんだよ。
まずは『いつか陽のあたる場所で』(感想はこちら)ものすごく好き…というわけではないんだけど、
何となく気になるドラマ。でも、、展開次第じゃ脱落する可能性もあり(^^;)

そして、来た~!!久々の南朋さん出演ドラマ!『書店員ミチルの身の上話』
このドラマ、めっちゃ私好みなんですけど。初回観て、保存決定!感想はこちら

他にも観たいなぁと思っているドラマが4本もあって、大丈夫か、私(^^;)
家事ちゃんとできますか?
内職がお休みなのをいいことに、パソコンとテレビの前にずーっと居座っている私。
こんなぐうたら主婦でごめんなさい。
やっぱりバランスとれてないじゃん!

ていうか、サトシゴトでも書きたいこといっぱいあるのにさ、全然追いつかない…。
ということで、コメントのお返事もうしばらくお待ち下さいね。
こんな私でごめんなちゃい(^^;)

*追記*
この記事をアップした後、『最高の離婚』を観て(これまたおもしろかった~)、
そう言えば『めざまし』に相葉ちゃんが出たんだ…と思い出し、あわてて観ました。
『ラストホープ』すっかり忘れてたな(^^;)。ごめん、相葉ちゃん。

医療物かぁ。人の生死に関わる話とか病気の話って、年をとる毎に観るのがつらくって、
実はあんまり気が進まなかったりするんだけど…。
でも、『踊れ、ドクター』とか『37歳で医者になった僕』とか、
私が興味をそそられる付加価値のついた物は観るんだけどね。

これはどんな感じなんでしょうね。
心音だけで診断しちゃうの?よくわかんないけど…(^^;)
とりあえず、相葉ちゃん出てるし嵐の主題歌だし、初回は観てみるかな~。

さて、主題歌は格好いいね。
イヤホン装着して、必死で聴いたよ。
早くフルでちゃんと聴きたい!きっと『めざまし』でPVも流れしてくれるよね。
楽しみだ~。

コメントのお返事しましたので、ご覧くださいね(^^)

*ひとりアラフェス祭り その3*

ひとりアラフェエス祭り、いよいよ佳境だよ。

どどーんとオーケストラの登場。何とも贅沢だね、豪華だね。
『めざまし』で生野アナがオーケストラがすごい…みたいなこと言ってたけど、
その時は、オケかい!嵐じゃないんかい!ってつっこんだけど、こうして見ると本当だね。
ステージ上の雰囲気が一気に厳かになって、ゾクゾクする。

いい加減もういいんじゃないか…と思っていた『One Love』も(こんなアラシックで、
ごめんなさい(^^;)、曲調がオーケストラと合ってて、聴き応えあるし。
しかも、あの白い衣装がいいよね~。暑そうだけど(^^;)
しかし、あの衣装と刈り上げの組み合わせって、ある意味挑戦的?ある意味斬新?

『truth』は、新生『truth』って感じでよかったわ~。
黒い衣装の時からすると、悲しみや憎しみが浄化されたように感じられて、じんわりと染みてくる。
同じ曲でも、こんな風にいろんな表情を見せてくれるのね。

でも、ここでも大野くん、大丈夫?っていう瞬間があって…。
「願いは…」のところで、一瞬だけどよろっとバランス崩してるよね。
疲れてたのかなぁ。珍しいよね…。
でも、その後の連続ターンはきれいに難なくこなしてるから、そんなに気にすることないのかな?

『5×10』はね、オーボエ(だと思うけど…)の音色が印象的だったなぁ。
しかし、ここでも大野くん、大丈夫?って、思う瞬間があって。
「その笑顔、あったかかったから」でも、「顔」で力入ってて…。
『truth』の後で、まだ息が整ってないのかな?

「僕ら交わした声が消えないのならば」も「が」がね、気になる。
全体的に丁寧に歌い上げてはいるけど、何となくきつそうに感じるんだけど…。
私が神経質になりすぎなのかなぁ?

そして、来た!『Face Down』
ジャンプで登場!一旦着地した後、軽くジャンプしてぴたっ!かっちょええ~!!
でも、私が以前書いた『ZIP』のアングル映像はなかった。残念…。
それに、ここにもあったね。謎のカメラワーク…。残念無念…。

そして、またまた心配になっちゃう智がここにも出現。
「ウォーオーオッーオッー」の時に、むせてるように見えるんだけど…。
それから、最後左端で前かがみになる時、ふらっとバランス崩して片手ついてるし。
大丈夫、智~!

でもね、ラップの時、「真っ暗な空」で立ち上がるところは、後ろのにのあいはきつそうなのに、
大野くんは全然きつそうじゃなくて、動きもきびきびしてるんだよね。
だから、あんまり心配することないのかな~。

『迷宮ラブソング』は、踊らなかったね~。なんでだよ~。
ここでもまた心配智出現。
ソロの「ような~」の伸びがいまひとつ足りない気がする…。
でも、その後ニコニコファンサしてるから、大丈夫かな?

『ARASHI』のソロはいつもの安定感だしね。
しかし、「ウォーイェー」と歌いながら、リール巻いて、うなずく智ってどうよ。
やっぱり最強だわ。いちころだわ。罪作りだわ。
どんだけ骨抜きにしたら、気が済むのかしら…。

いい加減もういいんじゃないか…と思っていた『感謝カンゲキ雨嵐』(ほんとにこんなアラシックで
ごめんなさい、再び)だけど、あのアレンジ好きだわ。
「誰かが誰かを支えて…」のニノとのユニゾンとか、超好き。

しかし、この後、早々にマイクをポッケにしまおうとする智、発見!
そんなに早くおさらばしたいんかい!そんなに早く帰りたいんかい!
しかも、しまう必要なかったですね(^^;)

そして、あのタイミングで、あんな形で、アルバム&ツアー発表があったのね。
そりゃぁ、テンション上がるわね。
「俺が振り付けてる」って~!!ていうことは、かなり前に決まってたんじゃないの!
じらしまくりやがって~。どんだけ心配したことか…。

そして、出た!『Eyes with delight』
私の携帯の着信、これなんですけど!超絶好きなんですけど!
それなのに、リクエストはしてないんですけど…。完全他力本願ですみません。
リクエストしてくださった方、ありがとう~。

でもさ、この時の大野くん、スイッチ入ってない?って感じなんですけど。
地声と歌う声が入り混じってる感じなんですけど。
「涼しげな口紅 君に似合って ショウウィンドウで背中
でも、語尾は丁寧で、たまんないんですけど。
しかーし、「羽をかくす仕草」の最後の「さ」が雑!智、どうした~!
やっぱり調子、悪かったのかな~とまたまた心配になる。

で、やっと来たよ、来た!このソロが聴きたかったんだよ~!
「胸にしまったあの悲しみが…」
ところが、突然櫻井くん乱入?おいおい、ここで山ダンスかよ~。
おもしろいじゃないか。かわいいじゃないか。

しかし、二人とも首かしげてるし、苦笑いだし。
私も二人に釘付けで、歌声が耳に入ってこなかった…。どうしてくれる?お二人さんよ~。
でも、楽しかったから、いっか~。

そして、なぜかスギちゃんキャラ?
「振り付けるぜ~」「知らないぜ~、お前達」「細かいのかもしんないぜ~」
一人だけ変なスイッチ入って、ついていけない嵐メンがおかしすぎる。
ニノ、軽くあしらわないで~。相手してあげて~。

『voice』は、始まりの相葉ちゃんのソロがいいね。一気に優しいあったかい空気に包まれる。
私は、ついつい大野くんの鎖骨ばかり見てて、すみません…。
しかし、あのズボンはパジャマですか?

ひとりアラフェス祭りでい!は、これで終了。
完全私目線でお届けしましたが、楽しんでいただけましたか?
他にも私の気づかない素敵ポイントがあると思うので、何かあったら教えて下さいね~(^^)

*ひとりアラフェス祭り その2*

『アラフェス』DVDを観ていて、思ったんだけど、
大野くん、声の調子悪いの?いつもより力が入ってるよね?って、
思う所が何カ所かあるんですよね。
今まで、DVDでそういうこと感じることってほとんどなかったから、余計に気になる~。

『season』の「ひらひらと花が舞う頃」でも、珍しく力が入っていて、
「ろ~」のビブラートもおいおいどうした?って感じだし…。何かあった?
でも、その後はいつもの感じなんだけどなぁ。
『夏の終わりに想うこと』も、CDと変わらない安定感で、優しくて柔らかい歌声だし。

『T・A・B・O・O』は、に感想を書いたので割愛…と思ったけど、1つだけ。
両手で弧を描くところ。丁寧に最後まできれいに弧を描いていて、残像が残る感じ。
こういう何気ない振りも手を抜かず、でもさらっとやってのけちゃう感じが好きだなぁ。

『ピカンチ』は、「ずっとこのまま」の入りがちょっとずれてるような気がするんだけど…。
「僕らの未来、照らして~」で「未来」の「い」で眉間にしわ寄せてて、調子悪いのかなって、
心配になっちゃうし。
「照らして」の「て~」も喉が開ききってないように感じるんだけど。どうでしょう…。

MCでは、『ラブシチュ』のことを「何がそんなにいいんだろう」って言ってのける智が
若干憎らしいわ。
おいおい、わからんのかい!

でも、『kissから始めよう』の歌詞ね、私も大野くんと同じこと考えてた。
21世紀と20世紀で、何が違うんだいって。
あら、珍しく意気投合だわ(^^;)

MCの櫻葉の空気感が好き過ぎる。あ~この兄弟なら、今からでも育てたい。
(もうすでに育ってます。じゃぁ、娘の婿にどうだ!)

『sketch』の、「バレーの様子、伝えて~」の「て~」がふらついてるように聞こえるんだけど、
気のせい?
たいていの曲はいつも通りに歌ってる感じなのに、時々あれって思うところがあって、
気になるわ~。

『Rain』はね、今更何も言うことはねぇって感じなんだけど、1カ所だけ。
「痛み残し」の「こし」の腰の動きに釘付けになったことは、是非書き残しておきたい。
あのアングルから見ると、あんな動きしてたのね~と激リピ。
それに、最後にはける時の素っ気なさにね、後ろ姿にね、すがりたくなる!のはいつものことです。

モンスターかと思いきや、ここで大宮SK!きゃ~!!やっと会えたね。
それにしても、モニターに映し出される智が細い。かわいい。
三十路でこんな格好、誰か捕獲して~。
後ろの分身もちゃんと演技してるのがけなげ。

でもさ、実際ステージ上に分身を従えて現れた智さんは、たくましかった。
あんな格好なのに男だった。
そして、猛スピードで分身を振り回す智に惚れ惚れ。特に右足の動きがツボ。
笑いながら、見とれる。
せめてあの人形になりたい。智に振り回されたい。(おばさん、壊れる)

『Rain』の智の格好良さは予想できたけど、大宮SKの智にハートわしづかみされるとは
全く予想しておりませんでした。
分身をぶんぶん回す腕っ節、ふくらはぎにバンザイ。

そして、とうとう来た! 『時計じかけのアンブレラ』
大野くん、ごめん。最初見た時は、笑っちゃった。相撲?って、思っちゃった。
ちょっとついていけなかった。誠にすまん。

でもさ、確かにこの曲って独特の世界観があるもんね。
タンゴ?フラメンコ?よくわからないけど(^^;)、異国の匂いがするもんね。
実際、振り付けするのって、ものすごく難しかったんじゃないかって思う。
その独特の世界観を大野くんの頭の中でイメージを膨らませて形にすると、
こんな感じなんだぁって、大野くんの頭の中を垣間見た気分。

「あ~、もうダメ」は生じゃなかったね。たぶん、そうだろう…とは思ってたけどさ。
そうそう、「あ~、もうダメ」の声が誰かで検索して来られる方がたまにいるんだけど、
私、最初に聴いた時から、大野くんの声にしか聞こえないんですけど…(^^;)
もうね、数え切れないくらい聴いてるんだけど、あの声のまろやかさ、深み、響き方、
滲み出る色気はね、大野くんにしか聞こえない。
あの声が大野くんじゃなかったら、私サトシック返上しないといけないくらいの
衝撃なんですけど(^^;)

さてさて、まだ終わりませんね~。
次に続く(^^)

*ひとりアラフェス祭り その1*

今日から次女は学校!ということで、朝からワクワク。(どんな母親だよ)
だって、年末に届いた『アラフェス』をやっと最初から通して観ることができるんだもん。
(ちなみに観た分だけは、感想残してます。アラフェス到着久々の智布教大作戦
ということで、今日はひとりアラフェス祭りでい!

で、今日はね、1つ自分に課したことがある。
それは、最後までリモコンには触れないこと!
セットリストは見ないこと!(部分的に頭に入ってるところはあるけど…)
前者は相当難しいよ~。初めての挑戦だよ~。
だって、大野くんがどんなにかっこよくても、あれっと思う場面があっても、
話し声が聞き取れなかったとしても、前に突き進むしかないんだよ。
(と言っても、すでに数曲はかなりリピってますけどね(^^;)

というのも、この間コンサートに初参戦したこともあって、ちょいと家の中でもライブ感を
味わってみようじゃないかと。
決して巻き戻すことのできない貴重な一瞬一瞬をちょっくら味わってみようじゃないかと、
思った次第で…。

とっとと家事を済ませ、チラシとペンを準備し(メモらないと、ツボが覚えられない)、
見始めたのが9時前。
ところが、『Face Down』の途中に長女からメールが入り、書類を探したり、返信したり、
バタバタしちゃって、しばし中断。結局見終わったのは1時半近かったわ。
そして、今度は特にお気に入りの曲や場面を思う存分リピートしまくった。
もう家に一人だと、やりたい放題(〃▽〃)

さて、まずはオープニングのアニメーション。
アラフェスに対するワクワク感ドキドキ感をシンプルに表現してくれていて、ついうるうる。
なんて、粋なことをするんだよぉ~。

そして、5人登場!あ~とうとう始まったよ。
あ~、一人一人の表情がはっきり見える。双眼鏡無しでもしっかり見える。
そんな当たり前のことにもついつい感動。

まずテンション上がったのは、やっぱり『Step and Go』
踊る智だよ。縦軸だけじゃないんだよ。横軸のハンパ無い安定感に釘付け。
やっぱり歌って踊る智が一番好きなんだよ~と思ったら、またうるうる。
智から目が離せないわ~。

特に、ラップの時、左端のニノから順番に方向転換する時の大野くんの足の動き!
関節がくいんくいんってなってるんだけど、動きが滑らか。
さりげなくやっちゃうよね、こういうこと。
特にアピールする感じでもなく、自然にやっちゃいました、出ちゃいましたって感じで。
それを見つけた時の喜びといったら!

そして、「feel ny soul」の「soul」の響き渡るビブラートにノックアウト寸前。
でも、これって生の声なんだろうか(^^;)?

『ワイルド アット ハート』は、正直衣装がうーんって感じなんだけど、
シャツの開け具合がツボだからよしとしよう(結局、そこに弱い私(^^;)
(そう言えば、『しやがれ』でマッチの衣装を着てた時も、『VS』の袴の時も、
胸元のVゾーンがツボだったことをここに告白しておきます(*^^*)

途中、マイクをはずし、スタンドを無造作に倒し、センターに急ぐ智が男前。
松潤との距離感にドキドキ。

『Love Situation』を見て、やっぱり踊る智が好きだ~!と、またまた泣きそうになる。
だってさ、大きく見えるよね。
バラエティとかで松潤の隣にいると、小っちゃ…とか思うもん。すぐ人の陰に隠れようとするし。
それなのに踊るとさ、堂々としていて、背筋も伸びていて、生き生きしていて、おっきく見える。

さて、ツボを全部書いてるときりがないので、2つだけね。
まず「頭の中」の振り子みたいな横移動。やっぱりこの人に重力なんて関係ないんだわって思える。
そして、「近づきたい」の前。かがむ前に翼を広げるような動きが綺麗すぎて、やっぱりこの人には
羽が生えてるんだわって思える。

相葉ちゃんの『Friendship』ってキュートな振り付けのはずなのに、大野くんが踊るとなぜか男前。
やっぱり横軸の安定感がすごいよ。

『Shake it!』は、松潤だけ見てた時は勢いに押されちゃって、ただエロい…しか感想が
なかったんだけど(ごめん、松潤…)、
大野くんの踊りを見てると、ははぁそういうことなのね…って、納得する感じ。
腰の動きもエロいというより、上半身はしっかり安定していて、よくそこだけ動くよなって。
(あら、変な意味じゃありませんよ)

それに、波打つ腕の動きがおお~っ、そういうことだったんかい!みたいな。
肩から指先まできれいに波打ってるのね。繊細なんだよね。

それにしても、4人それぞれの松潤との距離感がおもしろいよね。
相葉ちゃん、ニノ、大野くんとはくっついてるのに、
櫻井くんとはくっつかず、これが俺たちの距離感的な感じがね、これまた好きなのよ。

それにしても、すっかり待ちの体勢の大野くんの女子力、高し!
背中で誘うってああいうこと?勉強になります(何が?)
で、最後突き放されるっていう流れがまた、らしいなぁって。

それにしても、楽しそうな5人にこっちまで笑顔になっちゃうね。
まだまだ続きます(^^)

*あの頃の智*

あ~溺れたい、智に溺れたい、ずぶずぶとはまりたい…となぜか突然、昨日の夜思った。
やっぱり、思う存分智を堪能できない日々が続いているからかしら。

でも、昨日の昼間は、どんどん残量の減っていくHDDをどうにかせねば…と、
録画していた大学ラグビーの準決勝を観てた。
(20数年早稲田を応援し続けている私だけど、有田くんが卒業してから何だかぱっとしない。
しかし、筑波vs東海の試合は超おもしろかった。筑波のファンになりそう…と
ラグビーに興味のない方にはさっぱりな話題ですまん…)

で、ラグビーを見終わった頃に旦那が帰宅。
せっかく嵐を見ようと思ってたのに、高校サッカーがあるので、渋々テレビを明け渡す。
(私、なぜかサッカーには全く興味なし…)

そして、今日は『アラフェス』や録画していた番組を少し観た後、編集&ダビングの嵐。
12月半ばからの分がたまっていて、編集するだけでもけっこう時間がかって、
半日かけても結局終わらなかったyo!

あ~、今日こそは智に溺れるはずじゃなかったのかよ~。
延々好きな智をリピするんじゃなかったのかよ~。
踊る智、歌う智にどっぷり浸かるんじゃなかったのかよ~。
何の気兼ねなくテレビを独占したい、心置きなく智を独占したいよ~。

それから…、なぜか久しぶりに中谷美紀さん石田ゆり子さんゲストの『ひみあら』も
無性に観たくなった。あの時の大野くんが超大好き。

さて、そんな悶々としている今も旦那がテレビを観てるので、
とりあえず年末年始の番組の中で特に印象に残っているものを…。

まず、さとこちゃんだよね。
かわいいよ~。歩き方がね、モデルさんみたいに1本の線を歩く感じになってるの。
(ダンスの時もだよね)
でも、膝から下の蹴り出し方はいつもと同じで、大好き。

そして、クレープ屋さんの前で、女の子の声色を練習しているのがこれまたかわいくて。
普段の声とのギャップに倒れそうになる。
クレープを食べる様なんて、ほんと女の子なんだもん。自然なんだもん。

プリクラ撮る時は、誰にも見られてないから、智に戻っちゃってるし。
でも、撮影する時はさとこになっちゃってるし。
自分でポージングを考えてるのがかわいいし。
何やらせても様になっちゃうし。

何だかんだ言っても、本人も楽しかったみたいだね。
なかなかあんな風に一人で街中を歩くのも難しいのかもね。


それから、『こたつ』では、懐かしの映像が流れたね。
ボクシングは某所で観たことがあって、そうそうコーチにビシバシやられて、
痛そうだったなぁ。
ふくらはぎが筋肉質で、床でくるくる回る智がかわいかった。

でも、見所は他にもあったのになぁ。(そこは流れなかったね)
実際にリングで試合っぽいことして(『ひみあら』の時みたいに)、
その時に勢いよくキックした拍子に相手に背中を向けるような体勢になっちゃって、
その後もんのすごい速さでターンして、体勢を立て直すの。
周りもどよめいてたなぁ。
その時のキレと言ったら、スピードと言ったら、格好良くて何度もリピしたっけ。
そこも流して欲しかったよ~。

それから、『まごまご』の100本ノックも某所で観たことがあって。
ほんとに大野くんが気が進まなそうにしてて。その様がおかしかったなぁ。
それにこの時はまだまだ少年ぽくて、やんちゃでオラオラな感じが残ってるしね。
猫背でがに股であるく感じは、さとこと同一人物とは思えないし(^^;)

で、最初は本当に下手っぴだったのにね、見る見るうちに上手くなっちゃって。
ちょっと本気になっちゃえば、何でもできちゃんだねって思った。
途中から表情がガラッと変わってたもんね。
ひたむきな智に感動しちゃったなぁ。

過去の映像を観る度に、何であの頃に出会わなかったんだろうって、切ない気持ちになる。
でも、きっとその頃に出会っても、私はアイドルに一人としてしか見れなかったような気も
するけどね。

タイムマシーンがあったらいいのにね。
今まで生きてきて、あの頃に戻りたい…とか思ったことなかったのにね。
(戻るなんて、めんどくさいって思ってた)
でも、今更あれこれ言ってもしょうがないしね。
これからの大野くんを応援するしかないもんね。

さて、今年の大野くんは?
そう言えば、『24時間』やるんだってね。
私としてはちょっと複雑な気持ちですが、やるからにはね、全力で応援しますよ。
またTシャツ作ってくれないかな~。

とにかくね、今年は歌って踊る大野くんを観る機会が少しでも増えますように。
どんどん溺れさせてね~、智!

*やっぱりFace Down*

年末年始は実家で過ごし、昨日帰ってきました。
そして、今日は長女を駅まで送ってきました。

前回は涙をこらえるのに必死だったけど、今回は大丈夫だったよ。
次女が私の顔をちらちら見るから、泣かないように心を無にしてたっていうこともあるけど(笑)。
こうやって、少しずつ慣れていくんでしょうかね。

長女も会う度に少しずつ大人になっていくようで、それが嬉しくもあり、ちょっと寂しくもあり。
7年後には次女も旅立つのかと思うと、また寂しい気持ちになり。
母心は複雑です。

ということで、年末年始の嵐の番組をゆっくり観る時間がなかなかとれず、
空いた時間をみつけては、少しずつ観てます。

でも、その中で一番のお気に入りは、やはり『紅白』の『Face Down』
他の嵐番組を観る合間に、ついついリピートの嵐!

『ワイルド アット ハート』のカラフルな衣装から一転、
モノトーンの衣装に包まれた嵐くん登場に一瞬でノックアウト。

初っぱなからいつもとは違う振り付けに、何が起こるの?という尋常じゃないワクワク感。
そして、キレッキレのターンに心を奪われ、指くるくるに誘われ、気持ちは嫌でも盛り上がる~!

実は私…、『Face Down』を心の底から楽しみにしてはいたけれど、
でも、正直『Mステ』や『HEY!』で、尋常ないくらいリピして思う存分堪能した気でいたので
(『1番ソングショー』や『FNS』はそこまでリピせず…)
とにかく歌ってくれればそれでいい…と思っていた。

ところが、やってくれたね、魅せてくれたね。
新たな形で、やり方で、また違う『Face Down』を見せてくれた。

あれっ、いつもと違う…という驚きと同時に、一瞬にしてその世界に引き込まれる。
違和感どころか、やってくれた!魅せてくれた!という嬉しさで、飛び上がりたくなる。
(でも、家族の手前、無言で画面を凝視する私…)

正直、年末の歌番組は私的には物足りなさが残っていて…、
とにかく『Face Down』を歌ってくれさえすればいいと思っていたのにね。
でも、嵐くん達は、ちゃんと魅せてくれたよ!

特に大野くんの頼もしさ。センターでいることの安定感、安心感。
もう隅から隅まで満喫していたと思っていた『Face Down』だったのに、
ここにもあそこにも智の新たな魅力がだだ漏れ。

ターンの美しさ、一つ一つの振りの正確さはもちろん、
フォーメーションを移動する時のふっと力を抜いた感じにも色気があって
(上着を払うような仕草があったね。大好物なので、激リピ)
やっぱりどうにもこうにも智から目が離せない。

ラップ前の振り付けも、ふむふむ、こんな風になってたのねとあらためてコマ送りで確認。
足の角度も開き方も完璧で、あんな体勢なのにいとも簡単にやってのけてる軽やかさ。

踊る智は最高だ~と思える瞬間がこれでもかと押し寄せてきて、濃密な時間だったよ。

映像とのコラボもよかったね。若干智は短めだったけど…。
(でも、これって会場のお客さん達には見えないよね(^^;)

正直、一つだけ残念だったのは、カメラワーク。
そこは、大野くんのアップじゃないんかい!と、心の中で何度つっこみを入れたことか。

それを抜きにしても、やっぱり素敵だった。
年末の締めくくりに良い物見せてもらって、大満足だった。
だから、他の部分がなかなかリピートできないんだけどね(^^;)

白組優勝、おめでとう!よかったね。
大野くん本人は勝敗にこだわらない人だと思うけど、あんな風に事ある度に口に出していたのは、
やっぱりいろんな人の思いを背負っていると思ったからでしょうか。
それとも、ただのウケねらいでしょうか。
それとも、他に言うこと思いつかなかったからでしょうか。
もしかして、これが一番近い(笑)?

何はともあれ、お疲れ様~。

他の感想も書きたいけど、また今度(^^)

*あけおめ' 13*

おけましておめでとうございます!

本年も be with you 3104 と共によろしくお願いいたしますm(_ _)m

皆さん、どんな年末年始を過ごされたのでしょうか。
嵐と共に楽しく過ごした方、チャンネル権を家族に奪われ悶々としていた方、
様々だと思います。

私は、年末年始のアラシゴトが滞っていて、若干ストレスがたまり気味(^^;)

『紅白』はほぼリアルタイムで観れたのですが
(Face Downが想像を上回るかっこよさで、リピしたいけれど、未だできず…)
『しやがれ』は『ほこたて』に負けて観れず(今日、少しだけ観たよ。智子ちゃ~ん)
今日の『こたつ』も『サッカー』に負けて観れず
(あっでも、サッカー終わったので、今から観ます)、
『VS』もたぶんゆっくり観れないだろうなぁ。
そう言えば、『アラフェス』もまだ全部通して観てないしな…。

早く冬休みが終わって、一人の時間が欲しい~!(切実…)

とにかく今年はですね、もう少しバランスよく生活できたらいいなと思っています。
それから、アラシゴトとは関係なく、やりたいなと思っていることもありまして、
頑張ってみようかなぁと。

でも、もちろんアラシゴトもかかしませんよ。
それがあってこその私ですから(^^)v
今年も智愛をめいっぱい語らせていただきます。

それから、更新をお休みしている間もコメントをありがとうございます!
お返事はもう少しお待ち下さいね。

ということで、こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします(^^)