FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月
      

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

*刺繍智*

初っぱなから、「俺でいいのかな?」「結局行ったし、翔ちゃんの部屋」

カップルの会話にしか聞こえない(*^^*)
交際してるのは、あなたたちじゃありませんか~。

そして、こんな立ち位置のアイドル「聞いたことないよ」の後の「まあね、うん」

この声に、テレビの前でもんどり打った(〃▽〃)
こんなに優しい声って、ある?
ちょっとはにかんだ感じで、つぶやくように、それはそれはソフティな声で…。
これって、テレビですか?
あまりにも普通に自然にしゃべってる感じに、声のトーンに、表情に、魂持ってかれました。
耳元でささやいて欲しい。「まあね、うん」って…。

「しばらくそれでいくの」
「それでいくっていうか、そうだし」
「やめなさいって、もう」

何なの、この二人。もうゲストなんかいらない!二人だけの世界にしてくれ~。
大野くんの気負いのなさ、さらっと出て来てしまう本音に、泣きそうになる~。

それにしても大野くん、ここ最近頼もしさが増してない?
安心感がハンパ無いよね。
メンバーみんなを包み込む包容力があふれまくってる。

しかし、二人の恋路を邪魔するピンポン(ーー;)
あ~~、櫻葉の「俺の千葉」みたいなの、やって下さーい!

さて、やっぱり言動が不可解な智。
なんで、相葉ドリンク3杯入れた?何で、自分も飲んじゃった?

「なんか、よかったね」 えっ、語呂の問題?
語呂も込み込みで、よかったね…っていうことなんだろうけどさ…。
こういう言葉少ないところ、自分の中で納得しちゃってる感じが好き。

結婚したくない理由は、想像できたけど…(^^;)
そんなに一人の時間がいい?
でも、好きな人とはくっつきたい…と思ってるくせに。
照れくさくて離れるとかもったいない…と思ってるくせに。

だって、「二人でゴロゴロしてるみたいな?」て、聞いちゃったね。
リビングの二人=ゴロゴロなの?いいね~、ゴロゴロ。

そして、またまた聞いてるよ。チューの話。
何だかんだ言って、この手の話に興味津々。
しかも、聞き方!
「行ってきますチューとか?」「おやすみチューとか?」

おいおい、間に「の」を入れずに、大野くんの中ではすでにそういう単語が出来上がってるし。
きっとするよね。しちゃうよね。いいよ、いいよ。智が幸せなら。
私はその方が安心かもね…。
大野くんが心を許せる人がずっとそばにいてくれるのなら。
ほら、私じゃ無理だから…(って、マキシマム勘違い(^^;)

刺繍はすごかったね~。感動しちゃった。
下書きの時点で、センスが出ちゃってたね。
フリーハンドでささっと「S」を書いちゃう智に惚れ惚れ~。
櫻井くんのカクカク「S」には笑っちゃったけど(^^;)。

刺繍する手つきが慣れてるね。指がきれいだね。集中している顔が素敵だね。
寝っ転がってる時のVネックの胸元についつい目がいっちゃうよ(〃▽〃)

「ちゃんとやればよかったなぁ」なんて言ってたけど、すんごい出来映え。
一時停止してガン見しちゃった。

刺繍も絵もきっと同じなんだね。
どっちも線の集まりでしょ。絵を描くように刺繍糸で描く人。
優さんが教えてくれたクロスステッチなんて眼中になくて、
自分のイメージのまま自由に描いちゃう人。
ずーっと見てられるよ…。

そう言えば、『ニッポンの嵐』でも刺し子やってたね。
それもオリジナルでさぁ。感動した覚えがある。

それにしても、「蒸しハンバーグ」を連呼する大野くんが子供みたいで可愛かったね。
しかも、あんなにおいしそうに食べてくれたら、作りがいあるよね。
うちのダンナは何作っても、何にも言わないし(あれっ、それっておいしくないからか?)

今度、蒸しハンバーグ挑戦してみようかな~。

「俺、幸せ者だな」 ほんわか智。大野くんにとっての幸せって、こんな感じ?
「結婚しよう」 きりっとなったね。滑舌いいし。
「どうにかならんかね」 エロおやじかと思ったわ。確実に落とす智。


アーガイル柄のカーディガン、私好きだな~。ものすごく似合ってたし。
インナーも私的には無問題。
一緒に歩きたいなぁ~。


しばらく落ち着いていた好き…が、また加速しつつある今日この頃。
あ~、やばいかも…。
髪が伸びてきたから?それとも、twoのせい?

いずれにしろ、これ以上好きになると苦しいので、勘弁してください(笑)
スポンサーサイト