FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

*ドッキリ智 その2*

昨日はちょっと体調が悪く、お休みしちゃってごめんなさい。
でも、今日は元気だから、大丈夫だよ~(^^)

では、ドッキリ智の続きです。
(またまた長くなっちゃったけど、一気に最後まで行っちゃいますね~)

まずは、うつ伏せになる寸前のふくらはぎとアキレス腱に注目!
この脚から無重力ダンスが生まれるんですね~。

「まずは服の上から行きますか」
あれっ、見返していて気づいたんだけど、神保さん「まずは」って言ってるんですねぇ。
そうか、そういうことだったのか…。
何の疑いもなく「はい」と素直に答える大野くん。確かに疑うにはまだ早すぎるもんね。

まずは、服の上から背中をマッサージする神保さん。
大野くん、最初は真顔なんですが、だんだんと頭の中で何かを探っているような表情になってます。
マッサージってこんなんだったっけ?とでも考えてるんでしょうか。
確かに、普通のマッサージとは明らかに違いますもんね~。

「上、脱いでみましょうか」「ん?」
「はい」じゃなくて「ん?」という所に、大野くんのとまどいとささやかな抵抗(?)を感じます。
しかし、結局は素直に従わざるを得ません。お仕事だもんね。
とはいえ、ananでさえ脱がなかったのにね、脱がなくても許されたのにね、
なぜかこんな場面で脱がされちゃう智、バンザーイ!!(ドSで変態なおばさんでごめんなさい)
しかも、またまたこの時の小窓がガッキー。日テレさん、何ねらいですか?

一方、神保さんのスイッチが入りまくってて、怖過ぎるんですけど…。
背中からお尻への手つきが、ええ~っそこまで行っちゃうの~!
大野くん、必死に笑いをこらえてます。…ていうか、実はこの時感じていたのか…、きゃ~!!
いかん、人間性分析どころじゃなくなってきたぞ。

「智って呼んでもいいかな?」 「はい?」
「はい」が疑問系なの。さすがに何か異変を感じてるよね。かといって、まだまだ抵抗はできない智。

「もぞもぞしない。集中して」と注意されちゃう智。
若干緊張気味にも聞こえる「はい、はい」と素直に従う声がたまらんし。
もしかして、覚悟決めちゃったの~。

「メンティラパウダー使うわよ」
思わず顔を上げて、何かおかしいぞ…と異変を感じている模様。
神保さん、すっかりおねぇ言葉だし、危険です、大野くん!

「パウダー?」「サービス?」
この時の大野くんの頭の中は?マークでいっぱいだったに違いない…。
本当は逃げ出したいはずなのに、頑張って必死にこらえてる大野くん。
でも、お仕事だし、逃げるわけにもいかず、顔をしかめてこらえてるよ。
頑張れ、智!

「もう少しスペシャルなやつ、行っちゃおうかな」
「胸マッサージ?」思わず顔を上げる大野くん。さすがの大野くんも異変を感じまくってる模様。
でも、ここはお仕事。逆らうことはできません。従順に従うしかありません。
「呼吸を合わせるんだよ」 「はい」と一応素直に答えてはいるけど、完全に怯えてます。
大丈夫か、智!

ひぇ~っ!!やっぱりこの映像は、さすがの私もなかなか直視できませんね~。
とりあえず、大野くんの首筋をガン見してました…。

しかし、バラエティの数々の荒波を越えてきた大野くんでも、限界を超えてしまった模様。
必死にこらえていた智の口から思わず「ちょっと待って」「本当っすか、これ」と足がジタバタ。
もうこのジタバタが可愛すぎるし、さらいたくなるし。

そこで、綾部さん登場。
そこまでやるの~っ!の「そこ」でストップしてもらえて、さすがの私も一安心。
よく頑張ったね、大野くん。よくここまで耐えたよ。

力ない「生ドッキリ?」の声がほっとしたようではあるけど、
生気を全部吸い取られたかのような何ともうつろな表情。
ほんと、お仕事お疲れ様です。

「皮膚と皮膚をくっつけられた」って、表現がやけにリアル。
しかも、この時のポージングは、
『ひみあら』優香さんゲストの回にご披露したグラビアポーズじゃないですか。
いやいや、まさかこんな場面で見られるなんてね~。しかも上半身裸で。
いっそのこと、等身大ポスターとかにしちゃいますか。

メンティラマッサージは存在しないと知り、思わず神保さんをどつく大野くん。
しかも、今度はあぐらかいてるし。たまんないねぇ~。ポスターにして欲しいね~。
それにしてもほんとによかったね、ドッキリで。ほんとよく頑張ったよ。
どんな状況でも、頑張ってお仕事する大野くんの人間性がガッツリ見れましたよ。

「何なんすか」
一応怒ってはいるけど、これ以上言葉にならない模様。
ほんと、何だったんだろうねぇ。

VTR開けの表情が照れているようで、やっと終わったというようなほっとした感じもあり。
でも、下向いた時の表情はちょっと切ないね…。
だってね、これは笑ってもらう「お仕事」なの。(ギリギリまでほんとよく頑張ったよ)
私も笑っちゃったもん。大野くんが必死にこらえてる姿が可愛すぎて、愛おしすぎて。
ほんとによく頑張ったよ。

「このどこが人間性ドッキリなの」の上田さんの言葉の後の大野くんの笑顔が可愛くて、可愛くて、
ちょっと切なかった…。
とにかく無事終わってよかったです。(無事の基準がよくわからないけど(^^;)

とにかく、思いがけず上半身裸の智を見せていただいちゃって、ありがとう、大野くん。
(結局、そこかい)
でも、こういうのはもう最後でいいね…。ほんとに頑張ったもん…ていうか我慢したもんね。
だから、次はドッキリとかではなく、ドラマや映画で美しいラブシーンをお願い!(もちろん女性とね)

そして、最後の大野くんの発言。
「最後はおかしいと思ったんですけど、ケツのスジをすら~っと行くのが、異様にすらっと入って
上手いな、この人…」

最後のコメントがこれって~。
智の人間性、どうやって締めくくったらいいんですか~。

でも、ここで「何なんすか」って怒るんじゃなくて、
無意識の内におもしろ発言をしちゃうのが大野くんの人間性なんだと思うよ。
ねらってるわけじゃなく、思わず本音が出ちゃった感じがいいんだよね~。
やっぱり天然通り越して天才!

さて、よくよく考えれば、変なお仕事ですよね~。
いつも楽しそうに見える彼らだけど…。
どんなお仕事にもそこには自ずと責任が伴うわけで。
そこにはいつも真剣さが伴っているんだと思います。
大野くん、お疲れ様~。
スポンサーサイト