be with you 3104

2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

*大野智voice その32*

『ウラ嵐マニア』から知らない曲をピックアップして毎日繰り返し聴いてるんですが、
今日は、その中から特にツボだった智voiceを…。

『二人の記念日』
シンプルでストレートなラブソングですね。
優しくて、キラキラしていて、純粋過ぎて、おばさんはちょっと気恥ずかしいけど(*^^*)
そんなきれい事ばかりじゃ済まないよ…とついついつっこんでしまうおばさんだけど…。
でも、歌を聴いている時くらい、そんな世界にひたっちゃっていいよね。

櫻井くんのラップが好きなんですよね~。
ラップってなかなか聞き取れなかったりするんだけど、これは詞がすんなり入ってくる感じ。
特に最後のね

いつか未来に赤い絨毯
そこは何人たり邪魔ない空間
腕 胸の中で 夢の中へ


この韻の踏み方がものすごく好きなんです。
そして、ついつい母心が顔を出して、嵐くん達もいつかそんな素敵な人を見つけるのかしら…
なんて思ったりしてね。

さて、大野くんのソロ。やっぱり耳に飛び込んでくるね。

優しく響く声

あ~何て心地良い響きなの、大好きな「も」のビブラートがたまんないよ…と聴き惚れすぎて、
何回も聴いてから、やっと「優しく響く声も」って歌ってるんだ…と気づいた(^^;)
あいかわらず声に集中し過ぎて、歌詞が頭に入ってこないわ…。
これって、まさに大野くんのことじゃないの~。
他のフレーズじゃなく、ここを大野くんの声で聴かせてくれて、ありがとう~。

特に「声も」「えも」が大好きです。

しかも、これってクリスマスソングなんだね。
『あの日のメリークリスマス』だけかと思ってたら、ここにもあったじゃないの。
雪の日に聴きたいね。もちろん一人で、妄想しながら(*^^*)


ところで、この間初めて『月曜から夜ふかし』観たんだけど、おもしろい!
特に甲州弁、笑った~。いやいや、語尾が長すぎ。しかも、意味不明(^^;)

私は出身は長崎なんだけど、「愛人っちゃんね」って言うか?
語尾に「ちゃん」って使わなかったけどね(ーー;) 少なくとも私の周りにはいなかった。
(佐世保の人は「ちゃん」って使うよね。私も小さい頃佐世保に住んでいて、
使ってた覚えがあるし)
普通に「愛人ばい」で、よかったんじゃないのかな~。
熊本の「愛人ったい」は使うよね。

それから、北海道の標識もかなりツボでした。ジャスコ遠すぎ(笑)

山口のぶさいく伝説も気になるところ。
福岡は確かに美人が多いよね。
福岡出身の周りのお母さんは美人が多いし、大学でも福岡出身の人の美人率は高かった。

さて、これは毎週録画決定だな(^^)

スポンサーサイト

*ウラ嵐*

『ウラ嵐マニア』みなさん、聴いてますか?
私は、初期の頃の曲は全然知らないので、とりあえず下記の曲をMDにダビングして、
繰り返し聴いています。

DANGAN-LINER('01 1st album)
サワレナイ
愛と勇気とチェリーパイ
Deepな冒険
helpless
On Sunday
野生を知りたい
アレルギー
ココロチラリ

HeyHey Lovin'you('04)
二人の記念日('05)
How to fly('08)

これって、年代順に並んでるでしょ。
順番に聴いてる内にあれって思うことがあって…。

最初の頃は、ソロは大野くんだけで他の4人はユニゾンがほとんど。
しかも、大野くんの声ばかり目立って、4人の声があまり聞き分けられなくて。
(曲によっては、聞き分けられることもあるけどね)
大野くんの声も若くて、音程もちょっと不安定に感じられて…。

それが、突然『二人の記念日』で、5人の声がくっきりはっきりわかるようになって、
(二人ずつのユニゾンやそれぞれのソロもあるしね)、
大野くんの歌声もぐっと安定感を増してきてる感じなんですね。

何かあったのか…と思って確認してみたら、ただ単に年代が飛んでいただけ…なんですね(^^;)

最初の9曲は1st albumに収録されていた曲だから、同時期の曲。
そして、『Hey』で'04年に飛んでるんですが、この曲はユニゾンが多いので
そこまで大きな変化は感じなかったんだけど、、
『二人の』はそれぞれのソロもあって、急に今の嵐に近づいた感じなんです。

えらそうですが、やっぱり少しずつ成長しているんだな…と(^^)
『How』は、大人な感じで格好いいしね。

智voiceの細かいツボも語りたいけれど、それはまた後ほど~。


それから、前の記事にコメントや拍手、ありがとうございます。
それぞれ皆さん、いろんな思いを抱えて頑張ってらっしゃるんですね。
いろんな思いを感じ取れて、私自身、とても元気づけられました。
まさに、ひとりじゃないさ!って感じです(^^)

*ひとりじゃないさ*

最初に断っておきますが、今日は嵐ネタじゃなく(ちょこっとだけ出てくるけどね…)
完全なワタシゴトです。

今日、長女が広島に帰っちゃいました。
4月の引っ越しの時は、寂しくて心配で、別れるときに泣いてしまった私。
でも、今度は大丈夫だろう…とたかをくくっていたならば、
数日前、長女がぼそっと「(広島に)帰りたくないなぁ」って…。
友達ができたとか、慣れてきたとは言っても、
まだまだ慣れないことも心細いこともあるんでしょうね。
そしたら、またまた心配になってきちゃって、寂しくなってきちゃって,
泣きそうになった。でも、何とか耐えたよ。

今年の夏休みは、長女と一緒に過ごす時間も多くて、
少しだけど成長も感じられた貴重なお休みでした。
中学、高校の夏休みと言ったら、部活や勉強で毎日忙しかったし、
こんなにのんびしりた休みは、久しぶりだもんね。

自動車学校に通ったり、友達と会ったりする以外は、私の内職をよく手伝ってくれました。
私に似て、単純作業が好きみたい(笑)

そして、ある日、夕飯の支度やかたづけを率先して手伝ってくれた長女。
「今日は、どうしたと?」って聞いたら、
「頭が痛いって言ってたから」って。
そう言えば私、午前中頭が痛くて、昼食後薬を飲んで一眠りしたんですよ。
昼寝から起きたら頭痛は治っていたので、私はすっかり忘れてたんだけど…。

実はでも、その時の私は精神的に落ち込んでたこともあって、泣きそうになりました。
でも、ぐっと我慢したよ(笑)

とにかく真面目で、私がもういいんじゃない?って言うくらい努力する長女。
(誰に似たんだか…。私は7割できればOKな性格なもので(^^;)
おかげで希望の大学に合格できたけど、そういう真面目すぎる融通の利かない性格が
災いして、たいへんだった時期もありました。
正直、子育てから逃げ出したい、どう向き合っていいのかわからない…と悩むこともありました。

でもね、やっぱり素直ないい子なんだよ。
不器用で、あまり感情表現がうまく出来ない子だけど、少しずつ大人になってる。

今日は、旦那も仕事が休みだったので、二人で駅まで送っていき、お昼ご飯を食べたんだけど
その時に次女からの手紙を渡しました。
実は、次女も寂しかったらしい…。一緒に見送りに行きたいと言ったけど、学校だからね。
8歳も離れていて、正直前はあまり姉らしい姉じゃなかったのね。
言葉がきつくて、お姉ちゃんとしゃべるのは怖い…と言っていた次女。
でも、だいぶ話するようになったもんね。
次女からの手紙は、お守りとして大事に持っててね。
(まだバイトしてないのに、「バイトがんばってね」って書いてあったけど(^^;)

そして、改札口で見送りました。

今日は泣かなかったよ。笑顔で送りだそうと決めてたから…。
頑張って、こらえた。えらかったでしょ(笑)
(あっそれなのに、この記事書いてたら涙があふれてきたよ…)

そして、車に乗り込み、カーステレオから流れてきたのが
なんと嵐くんの『ひとりじゃないさ』でした。

グッドタイミング過ぎるでしょ…ていうか、バッドタイミング過ぎるでしょ。

もうね、ここでも必死に泣くのこらえた。
別に旦那と二人なんだから泣いてもいいんだけど、
何だか悔しいから、我慢した(笑)。

そうそう、思い出した。
駅に向かう途中に、私達の車の前を豚さんを乗せたトラックが走ってたのね。
「豚って、(車に)酔わんとかな~」とかどうでもいい話をしてて、
そしたら、長女が「食べられるんだよね」って。
そこで私が思ったのが、長女は食べられるわけじゃない、また帰ってくるんだから
泣かないようにしよう~って。で、また一人密かに涙ぐんだ…。

すっかり涙腺がおかしくなってる私。
でも、また明日から頑張ります!次女もいるしね。
でも、8年後、また次女も出て行っちゃうんだよ~。

しょうがない…。子離れなんて永遠にできないんだよ!

*夏の終わりに、私が想うこと*

アラフェスリクエストの結果、オリスタで紹介されたらしいですね。
お智達にも教えて頂きました。ありがとうございます(^^)

<アルバム>
1.『エナジーソング~絶好調超!!!!~』
2.『5×10』
3.『Love Situation』
4.『素晴らしき世界』
5.『CARNIVAL NIGHT part2』
6.『Oh Yeah!』
7.『風』
8.『Summer Splash!』
9.『Yes? No?』│
10.『La tormenta 2004』

<カップリング>
1.『Still...』
2.『ファイトソング』
3.『時計じかけのアンブレラ』
4.『僕が僕のすべて』
5.『season』
6.『五里霧中』
7.『揺らせ、今を』
8.『スパイラル』
9.『夏の終わりに想うこと』
10.『イチオクノホシ』

けっこう普通な感じで驚いちゃいました、ハハハ。
もっと意外な曲が入ってくるんじゃないかと思って、ワクワクしていたもので…。
すでにライブDVD化されている曲がほとんどで、あれっ世間ってそんなもん?ってね(^^;)

私がリクエスト曲を選ぶ大きな基準になったのが、ライブDVD化されていないことだったもので…。
こんなチャンスめったにあるもんじゃないので、ここぞとばかり念を込めてリクエストして
みたんだけどなぁ~。

ちなみに私がリクエストしたのは
『negai』 『声』 『The Bubble』
『忘れられない』 『時計じかけのアンブレラ』 『maboroshi』
(ほぼ撃沈だったけどね…)

でも、ベストテンに入ってない曲も歌ってくれたんですよね。
『Green』『スケッチ』はCD化されていなかったし(やっとウラ嵐に収録してくれたね)、
生で聴きたいと思っていた人は、けっこういたんじゃないかと。

『Hey Hey Lovin'You』は聴いてみると、耳から離れなくなっちゃう覚えやすい軽快な歌ですね。
ニノが好きな『kissから始めよう』は2日目に歌ったらしいですね。

でも、せっかくだから、8位に入った『スパイラル』も歌って欲しかったよ~。
もちろんかっこいい振り付けでね。
こんな機会でもないと、もう歌ってくれないでしょ…。

それから、2日目は『voice』をアンコールで歌ったらしいですね。
そっかぁ、だったら『花火』も歌って欲しかったな~。
最近のカップリングでは、この曲が一番好きなので。

何だか結局、次から次に欲が出て来ちゃいますね。
でも、来年もあるしね。DVD化されてない曲、もっと歌って下さい!

今度リクエスト募集するときは、シングル、カップリング、アルバムという区分けではなく、
ガシガシ踊って欲しい曲とか、じっくり聴かせて欲しい曲とか、それぞれのソロから1曲とか、
テーマを決めて募集したらおもしろいかもね。

私、個人的には『a Day in our life』~『Right back to you』(いざっ、NOW)と
『Cry for you』(Time)が大好きなので、リクエストしたいです!

*夏の終わりの嵐*

アラフェス、無事に終わったみたいですね。よかった、よかった。
セットリストがあちこちにアップされてますね。
私は、あまり期待しないように…と高まる気持ちを無理矢理抑えつつ
しかし、どうしてもドキドキを抑えられないまま、確認しました。

最初の数曲を見て、おいおい何も変わってないじゃん…とへそを曲げそうになった私(ーー;)
しかし、おいおい、よく見てみると、あれもこれも入ってるじゃないか~。

私のリクエストした曲は、2曲だけ(『truth』と『時計じかけのアンブレラ』)だったけどね。
次点(もしくは他力本願ともいう…)だった『夏の終わりに思うこと』と『Eyes with delight』も
歌ってくれたんだって~!
『夏の終わり』は歌うだろうなと思ってたんだけど、『Eyes』は意外だったわ。
しかし、私は気になってしょうがない。これってフルだったんだろうか…。
だって、「胸にしまった…」のソロが聴きたくて、聴きたくて、聴きたくてたまらない~。
どうだったのかな?

…と、この記事を書いていたら、お智達からタイミングよく大野くん『Eyes』のソロパート歌ったよ!と
いうメールが来た!あれっ、私のこと見えてる?っていうくらいグッドタイミング!
ありがとう~!

そうそう、それぞれのソロに4人がバックダンサーについたんだって~。きゃ~!!
(全部じゃないみたいだけど…)
そりゃ、えらいこっちゃ。
いやいや、さすがの私も(って、どの私?)そこまで思いつかなかったわ。
ジュニア無し、5人だけのステージと聞いてもピンと来なかった私。そういうことか!
ナイスアイディア!今後もやって欲しい~。めっちゃ楽しそうじゃないか~。
でも、あの疲労困憊な嵐くんを見たら、やっぱり過酷?
でも、若いんだから、まだまだやれるよ!やるなら今の内だよ!(私は鬼か…)
あ~『Shake it!』の大野くんはたまらんかったね。そこだけ何回もリピートしたよ。

『Love situation』
振り付けがかわいいんだよね。大好き。
頑張って、振り付けを覚え直したんだろうな~。
相葉ちゃん、苦労したのはこの曲かな?

『夏の終わりに思うこと』
『夏の名前』に続き、あの大野くんの優しく包み込む歌声が響き渡ったんだね。感無量だね。
じゃぁ、今度のツアーは季節に合わせて『冬のニオイ』とか『チェックのマフラー』なんてどうかしら?

『Green』
『BW』で歌うのかと思いきや歌わなかった曲。やっと日の目を見たね。

『Hey Hey Lovin'You』
この曲は、私知らなくて。そんなに人気がある曲なんだ~。
早速、『ウラ嵐』で聴いてみたら、軽快で若々しくて素敵な曲。
楽しそうな5人が目に浮かぶよう。

大野くんのソロは『Rain』
今の大野くんが踊る『Rain』かぁ~。
いかんいかん、ついついあの腰つきを思い浮かべてしまう。
色気がダダ漏れで、サトシックさん達失神しなかったかしらね。

え~っ!大宮SK復活!!
いやぁ、全く考えもしなかったから、びっくり。
次は、智と翔ちゃん、お願いしたい!

『時計じかけのアンブレラ』
これは相当リクエスト多かったんじゃない?
ブログめぐりしてたら、あちこちで見かけたもん。
しかし、これもフルだったのかどうかが、超絶気になる!

『truth』
成瀬仕様じゃないけど…、刈り上げだけど…、大野くんはやっぱり素敵だよね?!

『Face Down』
『迷宮ラブソング』『ワイルド アット ハート』と並んで、リクエストしなくてもやるでしょ…と
思っていたけど、本当にやってくれたんだ…と思うと、嬉しいね。『証』も。

しかし、定番曲けっこう入ってたね。ま、これはしょうがないのかな…。
DVD化されてない曲は山ほどあるんだから、そちらをもっとお願いしたかったわ。
(贅沢言って、ごめんなさい)

例えば、『negai』とかね。あ~やっぱり私の願いは届かなかったな…。

ていうか、メンバーセレクトの
ニノ『kissから始めよう』、櫻井くん『もう一歩』、相葉ちゃん『Only you』
松潤『スーパーフレッシュ』、大野くん『Boom Boom Boom』
おいおい、これで決まりでよかったんじゃないの~!
全部、聴きたいよ、観たいよ!

そう言えば、『めざまし』でも『ZIP』でも、シングル曲しかリクエストベスト10
教えてくれなかったね。
カップリングとアルバム曲の方が知りたいよ~。
どこかで、ベスト10と言わず、全部発表して欲しいな~。

*全国ツアー、キタ~+追記*

今日はアラフェスですね。心配された天気も大丈夫だったみたいで、よかったね。
我が家には、無事『ウラ嵐マニア』が到着。
しかし、内職でちょっと間違いをやらかしてしまい、あたふたしている最中に届き、
CDを聴くどころじゃなかったんだよ~。
でも、長女が手伝ってくれたら、何とか頑張れました。ありがとう~。

そして、諸々の雑事を済ませ、さて『ウラ嵐』を聴きながらパソコンでもやるか…と
ブログめぐりをしていたならば、キタ~!!!!
嵐の全国ツアー発表!!
あわててJ-netで確認してきました(^^)v

その名も「Popcorn」
何だかワクワクしちゃうじゃないですか。

11月16日の京セラを皮切りに、札幌、福岡、東京、名古屋ですよ。
(オーラスは名古屋の1月13日)
しかも、日数が増えてます!
それでも、超難関だとは思うけど(^^;)、とりあえず嵐くんの心意気に感謝!

ていうか、うちは私の名義しかFC入ってないんですよね。
次女の名義で入ろうかどうしようか…ずーっと迷ってたんですが、
とりあえず明日振り込んできます!

そうそう、アルバムも10月30日に発売されるらしいですね。楽しみだ~!
すみません、31日みたいですね。お詫びして訂正します。



さて、『ウラ嵐マニア』は、最初から順番に聴いてます。
最初の頃の曲は、知らない曲ばっかりなので…。

大野くんの歌声が若くて、柔らかくて。
包み込まれる感じが心地よくて…。
あ~、やっぱり私の一番好きな歌声は大野くんなんだと
思い知らされました。
浮気して、ごめん(^^;)
やっぱり帰ってくるところは、ここなんだよ。


*追記*
ひゃ~っ!!!
この記事をアップした後、CDから話し声が聞こえてくるな…と思ったら、
シークレットトークだよ!!
ありがとう、嵐くん!

*相談のアラシ*

関ジャニくんの後に嵐くん達のページを見ると、何だか落ち着くな~。
やっぱり私の帰る場所はここなのね(^^)
(今日は久しぶりに嵐の曲、聴いてるよ。やっぱり落ち着く。今は『君はいなから』をリピってます)
それに嵐くん達が妙に大人っぽく見えるんだよね。そんなに年は変わらないのに…。

アラフェス作戦会議
大野くん、インナーに白T(?)着てるのが若干気にくわないけど(^^;)、
おいおい、それいるかーい?

真ん中にいる大野くんがリーダーっぽいよね?って、リーダーだし(笑)
松潤のポジションがとっても気になる。そんなにリーダーが好き?
見つめる視線がたまらんでしょ。

休憩タイム
大野くんの下半身のコーディネートがおっさんぽくないかい?

アニキ座談会
大野くんのストール、いりますか?!喉仏が見えません!
末っ子チームにもつっこまれてますけど~。

それにしても、大野くん、ほんとしゃべんないね~。
でも、しゃべると確実に何かを残す。たとえ、中身はなくても…。
いやいや、ありますよ、中身は…。ほっと力の抜けてしまうような一言が…。
これでも褒めてるんだよ~。
気負いのないそんな言葉に癒されます。

人生相談
<リーダーとしての心構え>
仕切ったりとかは苦手だから最初からやらなかった。
そうだろうね~。
せいぜい後ろからメンバーを見てるだけ。
ふむふむ、わかるよ。だって、絶大な安心感。
リーダーはあだ名。
そう言っちゃうところが好きです。
下手にリードすると、僕の色になっちゃうから、それだけは避けたい。
最後にそんなこと言うもんだから、また惚れちゃったわ。(何万回、惚れさせるつもりだいっ)
5人のそれぞれの色を大事にしてる。それは4人を信頼してるからこそなんだよね。
頼もしいわ。やっぱりこの人が嵐のリーダーなんだなって。

<メンバーの気持ちを一つにするには>
一番偉いポジションにいる人が一番頑張ってないと、誰もついてきません
あ~どうしよう…。男前過ぎる発言に泣きそうだわ。
だから、私もついていく~!!(って、お前はお前で頑張れよ…)

大野くんの言葉はシンプルで、いつも大切なことを的確に教えてくれる。
こんなに頼もしい男がいるかい?
つべこべ言わずに、黙ってやり遂げる男。
この男っぷり。やっぱり私が見込んだだけのことがあるわ。

<嫌なこと言われてもついついへらへらしちゃう>
ここ1年くらい僕自身の課題
とっても意外…。全然そんな風に見えなかったよ。
(何事も前向きに楽しんでいるように見えるから)
ていうか、テレビに映ってない時のことなのかな~。
櫻井くんもいろいろたいへんなのね…と思ってしまったよ。

<天然ちゃんと呼ばれるけど、自分ではそう思わない>
相葉ちゃんは笑顔の相談の回答も好きなんだけど、あえてこっちをピックアップ。
答えが意外だったから…。
もし嫌だったら、自分を変えていくしかないんじゃないかな。
そのままでいいんじゃないかな…と言うのかと思ったら、まさかの…YOU、自分を変えちゃいなよ!
他の相葉ちゃんの回答は、現状とうまくつきあう手段を提示してくれているのに、
ええ~っ!ここは自分を変えちゃうんだ~とびっくり。
一番難しいよね。自分を変えるって…。
こんな風に答えちゃう相葉ちゃんの心理って一体?って、そっちが気になった~。

<躊躇して新しいことにチャレンジできません>
ゲームの相談と一緒で(他にやりたいことがあるなら、やめてそれをすればいい
躊躇するっていうのはやるべきタイミングじゃないってことじゃない。時を待とう。

これは、私が読んでほっとした…。そっかぁ、タイミングを待てばいいのね。
と言って、家の中の雑事をどんどん後回しにしているのは、全くの別問題ですから~。
でもね、私って、石橋をたたいて引き返しちゃうタイプなので、こういう言葉は非常に助かる…。
実行にうつすまでに、あれこれ考えて堂々巡りしちゃう人なの。
でも、ずーっと迷っていても、ふとした時にスイッチが入ったり、ふっきれたりする瞬間が
あるんだよね。
だから、あせらずやっぱり待ちます(でも、家のことはちゃんとやれよ~)

<自己PRがうまくできない>
一番いいのは、仲の良い人に自分の特徴を聞くことじゃないかな。
意外に周りの人の方が、自分より自分を知っているよ。

これを読んで松潤っぽいなぁって思った。
友達を大事にする松潤。忙しくても、なるべく友達の誘いは断らない松潤。
ついつい友達に熱く語ってしまう松潤。
信頼関係がきちんと出来上がってるからこその言葉だと思う。


さて、もうすぐアラフェスですね。
行ける方、思う存分楽しんできてくださいね~。
国立の夕暮れに響き渡る5人の歌声。素敵でしょうね。
心置きなく楽しめますように(^^)

残念ながら抽選にもれた方も、
未だにドームツアーの発表もなく不安な気持ちでいっぱいな方も(私も含む(^^;)、
『ウラ嵐マニア』で思う存分、楽しみましょう~。
私の知らない曲も数曲入っているみたいなので、
ツボったら、智voiceで語っちゃうかも…です。
楽しみだな~(^^)

*7人のメッセージ*

今日は、久しぶりに雑誌購入(Hanako以来)
『with』は評判がいいのでどうしようかな~と思いつつ、ブロガーさんの記事を読んで、
読んだ気になって買わずにいる私は、果たしていいんでしょうか(^^;)。

今回購入したのは、『月刊テレビガイド』
わかる方にはわかるかしら…。
これ、綴じ込み付録が関ジャニと嵐なんです。
嵐だけだったらね、買わなかったと思う(ほんと、こんなアラシックでごめんなさーい)

かと言って、関ジャニが載っているから…という単純な理由ではなく。
関ジャニ超初心者の私にとっては、興味深い記事だったんですよね。

それぞれのメンバーの他の6人に対しての一言メッセージみたいなのが載っているんだけど、
それを読むと、メンバーのことを何て呼んでいるのかがわかるし、
短いメッセージを読むだけでも、それぞれの人柄とか関係性みたいなものが垣間見えるのね。

そして、それぞれの誕生日とか血液型、過去のお仕事とかも載ってるし。
おいおい、今の私にうってつけじゃんって感じで、思わずお買い上げ~。

すばるくんは、メンバーの呼び方もメッセージもシンプル。
中には、それだけかよ…と思うメッセージもあり(^^;)。
あらためてあれこれ言わなくても、わかりあっているっていうことなんでしょうかね。

錦戸くんのメッセージは、けっこう具体的なのね。近況報告がらみの(笑)。
年長チームに対しては「くん」づけ、そして、末っ子は呼び捨てとわかりやすいって、何が(笑)?

丸ちゃんは、意外だったなぁ。
メッセージが長いし、具体的。だから、丸ちゃんの文字だけ小さいの(^^;)
一人一人のことを頭に思い浮かべて、一生懸命メッセージを考えたのかな~なんて想像すると、
かわいいね~。
そして、メンバーの呼び方も優しい。

安田くんも意外だった。文章がしっかりしてる。いやぁ、ほんとにごめん…。
私の安田くんのイメージはほんわかして、ペットみたいなかわいい感じだったのね。
短い文章だけど、それぞれの役割とか人柄をうまく表現していて、超初心者の私には
とっても参考になった(笑)。

大倉くんは、素直で飾らない感じがいいよね。
そして、末っ子だからなのか、大倉くんの人柄なのかわからないけど、
それぞれに感謝の気持ちを表してます。いい子なんだね~。
「亮ちゃん」「信ちゃん」って呼ぶんだ~。かわいい。
でも、呼ばれるのは「大倉」が圧倒的に多い(^^;) 末っ子だから?

村上くんは、年長チームだからかな。お兄さん目線だよね。
いい意味で上からなのが好感持てます。
そうやって、いつも目配りしてるんだろうね。

横山くんは、普段のまんまって感じだよね。
気負いのない感じがいいなぁ。


そして、やっぱり日本人なら気になるのが血液型(笑)

A型  横山くん、安田くん、丸ちゃん
O型  すばるくん、錦戸くん、大倉くん
AB型  村上くん

いやぁ、けっこう意外でした。安田くんと丸ちゃんのA型、すばるくんのO型。
何となくB型のような気がしてた…。

でも、嵐くんも相葉ちゃん以外の4人全員A型だけど、性格とかバラバラだしね~。
それぞれの個性とかには関係ないのかもね。
でも、やっぱり何だか気になる。日本人だから(笑)?


そう言えば、すばるくんと安田くんは乙女座なんだって。
しかも、安田くんは乙女座のA型…って、私と一緒じゃん。松潤もだしねぇ~。
だから、どうした…って感じだけど(^^;)
いやぁ、ただ単に嬉しかったもので。


そう言えば、メッセージ。
安田くんに対しては、錦戸くんと大倉くんが「優しい」って書いてあって
そうなんだぁ~ってね、何だかほんわかした。
それから、大倉くん宛のメッセージは食にまつわることが多かったね。
錦戸くん、丸ちゃん、村上くん、横山くんと4人も。
大倉くん、どんだけ食べてんの~。でも、細いねぇ。

嵐くんの記事については、また後で~(^^)
人生相談、おもしろかった~。

*関ジャニvoice その1*

まさか私がこんなタイトルで記事を書く日が来ようとは、夢にも思いませんでした。
(しかも、「その1」っていうことは、続きがある?)
嵐くんにはまっただけでも私にとって大事件だったのに、関ジャニのしかも歌声に
はまっちゃうとは~。

私、実は40年以上ジャニーズとは無縁の生活でした。
バラエティやドラマを時々観ることはあったけど、歌に関しては全く興味無し。
声フェチの私にとって、ジャニーズなんてあり得ない…と思い込んで、生きてきました。
あ~、もったいないことしたな~。

しかし、嵐くんにはまり、大野くんの歌声にハートをわしづかみにされ。
もう私は一生嵐くんだけで生きていけると思っていたのに、こんな日が来ようとは。

それは、関ジャニの歌声。
CDを聴いてもまだ7人の歌声を聞き分けるまでには至ってないんですけど、
ライブDVDを観て、驚きの連続。

ということで、今認識している歌声に関して、語っちゃいますね。

まずは、すばるくん
やっぱりあの容赦しないビブラート、手加減知らす、全身全霊でぐいぐい前に出てくる歌声。
もうね、ライブDVD観てると、あまりの気迫に時々のけぞりそうになるんです。
『Dye D?』なんて、次女と二人思わず「おお~っ、すばるくん…」と声が出ちゃうほど。

全く何のためらいもなく、真っ直ぐに突き進む歌声に圧倒されちゃうんです。
それがね、自分に酔ってるとかではなく、そうせずにはいられない…っていう風に
私には見えるんですよ。
きっとこの人は自分にものすごく正直で、芯が強くて、でもちょっと不器用な人なのかな…とか
勝手に想像したりね。

大野くんとは、ほんと対照的ですね。
すばるくんは、一生懸命さが体全体からほとばしってる感じ。
そういう部分をさらけ出すことが彼の良さなんでしょうね。
大野くんは、そういうのが見えにくい。さらっとやっちゃってる感じ。
そして、それも彼の良さ。

タイプが違うから、大野くんにそういう部分を求めるのは意味がないことはわかってるんだけど、
マルシェ(一歩前へ)出てる大野くんを見てみたいなぁ…なんて思ったりね。
一歩だけでいいんだけどなぁ~。

錦戸くんの歌声は、比較的わかりやすいですね~。
私のちょっと苦手な癖のある歌い方なんだけど、曲によってはいいんですよ。
『Wawer Drop』とかね。実は私、この曲が一番好きなんです。

村上くんは、話す声とあんまり変わらないかな~。
プロアクティブのCMとか見てるから(笑)?
癖のない素直な感じかな…。

横山くんは、『ZIP』で歌は得意じゃない…みたいなこと言ってたので、
全く期待してなかったんですが(そう言えば、裕って本名じゃないんですね~)
いやいや普通に上手いていうか、いい声してますよ。
ていうか、私『パンぱんだ』がかなり好きなんですけど。
最初はふざけてるでしょ、この人達…って思ったんだけど、いやいやこれがもんのすごくいい。
横山くんの声が優しくて、まろやかで、いいんですよ。(長女も次女もびっくりしてた)

そして、一番驚いたのがこの二人。大倉くん安田くん
CDで聴いていても、この二人は全然わからなくて…。
で、ライブDVDで『Wawer Drop』を観て、度肝抜かれちゃいました。
いやぁ、こんな良い声してたんだね~。

大倉くんは、甘い高音もいいし、低音のドスの効いた感じもいい。
そして、次女と一体誰だ?誰だ?と言っていたラップも大倉くんでびっくり。

安田くんはね、『Water Drop』のソロがものすごく私のツボでして…。

まも隣で わらってくれてた

まさか大野くん以外の人が歌う歌詞をブルー(しかも太文字入り)で表す日が来ようとは…。
そうです、太文字部分の響きがツボなんです。ドキドキしちゃうんですよ。

そう言えば、『Wawer Drop』の時は、すばるくんの声が繊細で甘さもあっていいんですよね。

丸ちゃんはね、いまいち印象がないんだけど…。(ごめん…)
あんまりソロがないんだよね。(今現在、私が観たところでは…)
でも、『パンぱんだ』はいい。ほんと好きなのよ。この曲。

しばらくは関ジャニにどっぷり浸かっちゃいそうです。
『ウラ嵐マニア』が届くまではね。

そう言えば、嵐のDVDが届いても見向きもしない次女が
関ジャニのDVDにはめっちゃ反応してましたよ。
こりゃ、エイターまっしぐらですね。
だって、「お母さんの気持ちがやっとわかった」って~。
嵐のDVDを繰り返し何度も観る母の気持ちがやっと理解できたんだってさ。

さて、思わぬ二足のわらじ状態になってしまった私。大丈夫か?
でもね、関ジャニくんには今のところ、ときめくことはないんですよ。

嵐にはまった当初、かわいげがある5人に惹かれ、誰にもときめかない…ここ重要って
言ってた頃を思い出すなぁ~。
舌の根も乾かぬうちに大野くんに惚れちゃったけどね(*^^*)
やっぱりときめきは大野くん限定だよね~。
結局、大野くんで締めちゃうのか(笑)

*むにゃむにゃ智*

昨日は、長女がめでたく普通免許を取得しました。
しかし、私は慣れない道を慣れないヴォクシー(ナビ&ETC&DVDつきなので)で
往復4時間以上運転し、しかも高速を運転するのも久しぶり。
しかも、朝5時起きだったためか、運転の疲れが出たのか、母と一緒に観た『あなたへ』の
前半は睡魔との戦いで、ほとんど観ていないという…(ーー;)。
(映画館で、こんなにガッツリ寝ちゃったのは初めてです、トホホ)
でも、いい映画だったよ(あら、説得力ない?)

見終わった後も何だか体がだるく、栄養ドリンクでエネルギー補給。
しかし、家に帰り着いた時は、へとへと。
見かねた長女が夕飯作りを手伝ってくれました。

そうそう、車の中では関ジャニのライブDVDをずーっとかけっぱなし。
でも、運転しながらだから、ほとんど聴くだけだったけど、やっぱりいいね~。

それにしても、帰って来てからも眠くて仕方がなくって。
あ~でも、今日の『ひみあら』は大宮!寝てる場合じゃないわ!
ということで、頑張って起きて観ましたよ。

まだ1回しか観てないし、メモも全然とってないので、ざざっと感想をば。

・小話のオチはどこ~!とっとと玄関に向かう大野くんの腕を引っ張りた~い。
・きゃ~、素足!ていうか、スリッパいらないっしょ!
・ソファで子供になりきってる大野くんが可愛すぎる。
 しかし、ドラマティックな読み聞かせに若干の羞恥心を隠せない智も可愛すぎる。
・大野くんと年上女性との絡みに異常に興味を持つ私。
 やっぱり年上女性がゲストの時の大野くんは、いつもと違うような気がしてならない。
・なぜか大野くんの首筋をずっと見続けていたような気がする1時間。
・岡田くんとの絡み。(成人式、一緒だったね。某チューブで観たよ)
 送別会の記憶は消滅してるのに、白いオーバーオールははっきり覚えている大野くんがツボ。
 ていうか、大野くんが送別会、仕切ったの?岡田くん、もっと聞かせて~。
・岡田くんとの距離感、ものの言い方にドキドキ。同期ならでは?
・シンプル過ぎるオーバーオールと白Tの組み合わせ。
 私はそれだけで大満足ですけど、それが何か?
・オーバーオールがかぶっている大野&岡田のツーショットに激萌え。
 (私、実はV6の中では、岡田くんが一番好きだったりします。演技してる時が好きなの…って、
  そんなに数は観てないけどね)

とりあえず思い出せたのは、これだけ~。
また観たら、追記しちゃうかも。

それから、コメントのお返事、おそくなってすみません。
お返事書きましたので、読んでくださいね~(^^)


*追記*
読み聞かせしてもらう時の大野くん。子供になりきってますが、
ひげの剃り跡、すね毛が完全に成人男性。
しかも、そこをガン見する怪しいおばさん、ここにあり!

ところで、大野くんだけオットマン(?)にすわってましたね。
何だか心配になっちゃいました。膝が痛いのかな~とか。
私の思い過ごしだったら、いいんだけど…。

多江さん、不思議な人ていうか、危ない…ですよね~。
ホッチキスとか鉛筆とか、私には全く理解不能です。
(痛いの大嫌い。注射針刺すのも見れない私からしたら、異常です!)
大野くんの幼い頃の行動も私には不可解過ぎる。

しかし、この二人、飲み屋とか行ったら、こんなどーでもいい話で盛り上がりそうです。

大野くん、けっこう多江さんに質問したり話しかけたりしてたよね。
やっぱり年上女性が好き?(それとも私の願望ですか(^^;)

飲み物を取り出すため、冷蔵庫の前に立つ大野くんが大好物。
しかも、たいていゲストさんと目を合わせない。
めっちゃ距離は近いのにね…。
その距離感に、一人勝手にドキドキしてます。

形ある物が苦手な大野くん。
そのことを多江さんに自慢げに教えてあげるニノ、そんな大野くんをわざと怒らせるニノが
うらやましい~。

*次は関ジャニ?+追記*

嵐くんにはまって2年。
毎日毎日飽きもせずに、歌を聴いたり、映像を観たり、嵐三昧の日々がずーっと続いています。
当初はその内落ち着くだろうから、とりあえず気が済むまではまってみるか…という感じ
だったんだけど、その勢いは衰えるどころか、増すばかり~。

おかげで、嵐くん以外の曲をほとんど聴かなくなってしまった私(^^;)
以前は、小田和正、スピッツ、ドリカム、PSY・Sとか、
洋楽では、COLDPLEY(そう言えば、パラリンピックの閉会式に出たらしいね)とか、
よく聴いてたんだけどね。

で、最近次女の影響で聴き始めたのが関ジャニ。来たよ、来ちゃったよ(*^^*)
最近、大倉くんに興味を持ち始めた次女が関ジャニの曲が聴きたい…と言い出し、
いやいや私は興味ないし…と思いつつ、レンタルして聴いてみたら、これが思いの外よくってさ~。
おいおい、2年前の嵐と同じ流れじゃないか。

【送料無料】ER(通常盤) [ エ...

【送料無料】ER(通常盤) [ エ...
価格:1,000円(税込、送料別)



まずは、シングル『ER』を借りてちゃんと聴いてみたら、あれっいいじゃないの。
映画の時は、あまり気に留めてなかったもので(^^;)。
特に、すばるくんの声がぐいぐい来るね~。ビブラートとかコブシとかガンガン効かせてるし。
大野くんとは真逆の歌い方…。本来はあまり私好みではない歌い方…のはずなのに、
けっこう好きかも~(〃▽〃)

そして、今度はアルバムをレンタルしに行った。
次女と一緒にどれを借りようと、あれこれ吟味してたら…いやぁ、びっくり~!
って、ジャケットの関ジャニくんたちですよ。
金髪だったり、髪が長かったり。へぇ~、こんな感じだったんだね…。

そして、一番びっくりしたのがすばるくん!!
いやぁ、以前は「東のタッキー、西のすばる」と言われていたらしい…という話は
聞いたことはあったけど、すばるくんって、えっこんなに美形だったの?(失礼な…)
今と全然雰囲気が違うのね。

でも、私は今のすばるくんの方が好みだけど(*^^*)
だって、『エイトレンジャー』の小汚いすばるくん(これでも褒めてる)がツボだった私だし。

そう言えば、この間の『おじゃまっぷ』で変装していたタッキー。
全然タッキーってわからない~って言ってたら、次女が「すばるくんに似てる!」って、確かに~。
そしたら、今度はすばるくんにしか見えなくなって、困ったけど(^^;)

そう言えば、大野くんも昔は光一くんに似てるって言われてたんだよね。
昔の大野くんも、衝撃的だったなぁ~。あんなに可愛いい美少年…。
でも、やっぱり今の方が好き。小汚くはないけど…。(しつこいし、失礼だよ…って、誰に?)

あれっ、また話が脱線しちゃった。
でも、なかなか7人の声が聞き分けられないのよね。
すばるくん、錦戸くんはだいたいわかる。村上くんとか横山くんも何となくわかる。
後はうーん、どうでしょう…。
次女と二人で、あーだこーだ言ってる内に、そうだライブDVDで確認すればいいじゃん!と思い、
早速注文してしまったyo!

  


だって、アルバムの曲、ものすごく格好良くて聴き応えがあって、いいんだもん。
私、関ジャニって関西弁の歌詞で歌ってるコミックバンド的なイメージしかなかったから。
(誠にすまん…)

【送料無料】FIGHT(通常盤2CD) [ ...

【送料無料】FIGHT(通常盤2CD) [ ...
価格:3,200円(税込、送料別)



あ~、40年以上ジャニーズとは無縁に生きてきた私がこんな有様…じゃなくって(^^;)、
こんなにエンジョイしちゃっていいのかしら~(〃▽〃)

ということで、思わずカテゴリーに「関ジャニ∞」加えちゃいました(^^;)
サトシックブログなのに?

*追記*
関ジャニのライブDVD、今日の夕方届きました。
まだ全部観たわけではないのですが、いやぁ楽しい~!
私、『Water Drop』と『Dye D?』が特に好きなんですが、
いやいやどちらも格好良くて、どうしましょう~って感じです。

そして、意外や意外。このフレーズ、○○くんが歌ってたの~!!と驚きの連続です。
特にびっくりしたのが、大倉くんと安田くんの歌声。

でも、まだ7人の声が聞き分けられない。
ていうか、DVD観たら、ますます混乱してきた(^^;)

ほんとは激リピしたいところですが、明日は免許センターまで行かなければなりません。
(長女が普通免許を取るため)あ~片道2時間ちょいだよ…。
ということで、明日は観る時間がとれそうにないな…。そうだ、車でもDVD観れるじゃん!
って、いかんいかん。もちろん聴くだけにしますよ。

そう言えば、嵐はどうした…(^^;)。
とりあえず『ウラ嵐マニア』が届くまで、関ジャニを思いっきり堪能しちゃおう~っと。

*大野智voice その31*

大野智voice、今日は歌声じゃないですよ。話し声です。
以前にも その6('10の紅白の司会)やその19(Boys be ambitious)で
語ったことはあるけどね。

私が最初、大野くんの歌声にはまったのが'10年の9月。
でも、話し声の魅力に気づいたのが年末の紅白ということで、間があいてるんですね。

それは、やはり普段の素の時の声とのギャップがあり過ぎるからかな。
素の時は、ほんとに力抜いた感じで、日本語もたどたどしくて、ほんと大丈夫か…と
心配になることもあるくらいなんだけど(^^;)、でも、何か役割を与えられると、
ガラッと変わっちゃうんですよね。

その時のお仕事の内容によって、声を使い分けてるでしょ。
紅白の進行する時の声は、落ち着いた頼もしい感じ、
ダンス甲子園のチーム紹介は、怪物くんチックで勢いのある感じ。
そして、ナレーションとなると、また違う声色なんだよね。

明らかにスイッチ入れてるんだけど、
それがね、全然わざとらしくなくて自然なんだよな。

「すべては夢を届けるために~ウォルト・ディズニー 創造の軌跡~」でも、
いろんな声が聞けたね。
素の大野くんの飾らないしゃべり方。
一つ一つ言葉を探しながら自分の想いを話したり、思わず感激や驚嘆の声をあげてしまったりと、
見ているこちら側まで顔がほころんでしまう。

そして、ナレーションの声は、落ち着いたとても聞きやすい声。
話の流れや言葉の内容によって、テンポや声色を微妙に変えたり、抑揚をつけたり。
どこだったか忘れちゃったけど(^^;)、「広がって」(だったかな?)とかいう言葉を発する時、
本当に広がりが感じられるのよ~。

そう言えば、歌う時もそうだね。言葉の意味や感情を声色や歌い方で表現してる。

そして、一番私が好きだったのが

「すべては 一匹のねずみから はじまった」

この声がたまらなく好きで、声の響き、間の取り方、語尾の抜け方、何もかもが申し分ない。
思わず心がざわざわしてくるような声。

番組の冒頭で、アナウンサーの方(?)が同じフレーズを言ってるんだけど、その時は淡々と…。
で、番組の最後、ウォルト・ディズニーのいろんな足跡を辿った上で、また同じフレーズを
今度は大野くん自身の声で聞くというのが、何だかとても意味深い…。
素敵な構成ですね。


そうそう!大野くんには、是非詩の朗読をやってもらいたい!
そう言えば昔…稲垣くんがやってたよね?ああいうのやって欲しい。
日曜の朝早くあの声で詩の朗読なんてやってもらったら、幸せ過ぎて何も手に付かなそうだけどね(^^;)。


それから、ラジオドラマなんてどう?
私、10代の頃聴いてたんだよなぁ…。
NHK-FMで夜の10時くらいから『サウンドストリート』っていう番組をやっていて、
その後にラジオドラマが流れてたの。
(ちなみに『サウンドストリート』私の記憶では、佐野元春、坂本龍一、甲斐よしひろ、烏丸せつこ、
渋谷陽一とそうそうたるメンバーが出てたよね。ということで、今調べてみたら、
山下達郎とか大沢誉志幸もだったんだぁ)

ラジオドラマ、中でもお気に入りは、寺山修司原作の『赤い糸で縫いとじられた物語』
映像のない声や音だけで表現される不思議な世界。想像力をかきたてられまくりました。
思わず原作本も買っちゃったんだよな~。

今思えば、私ってやっぱり昔っから「声」が好きだったんだなぁ。

耳だけで感じる世界。
それを大野くんの声だけで満たされたなら、それはそれは素敵な空間でしょうね。
どうせやるんだったら、大野くんなら一人二役とか三役とかできそうだけどね。
(そう言えば、ある声優さんが何十人ものキャラクターを一人で演じているのを
テレビで観たんだけど、大野くんだったらそれも夢じゃない?)

声優の仕事もやって欲しいけど、私的にはまず映像無し声のみのお仕事、期待してます(^^)

*翔くんに萌え*

ガッツリ記事を書くのは久しぶり~!だけど、何と大野くんネタじゃないんだよ、ハハハ。
本当はもっと早くアップしたかったんだけど、なかなか落ち着いてパソコンの前にすわる時間も
気持ちの余裕もなくてね…。

久しぶりにガッツリ落ち込んだなぁ。こんなことに比べたら、ネットの書き込みなんて屁だと
思っちゃうくらい…ハハハ。20年夫婦やっていてもこんなもんなんだよ~。
でも、前に比べると立ち直りが早くなった私。
それは嵐くんのおかげでもあり、家族の存在のおかげでもあり、
そして、ぐっと飲み込む(もしくは…あきらめる)ことを知ってしまったからでもあり。
(悲しいかな…。大人になるって、こういうこと~?)

「大丈夫。一緒に信じて待とうよ。もしダメだったら、またその時に考えればいいし。ネ。」
と言っている大野くんをモーソーして乗り切った。
あ~サトシックでよかった。大野くんがいなかったら、後3日は引きずってたよ、きっと。

では、本題!それは、先日の『ひみあら』
サトシックの私がなぜか萌えまくってキュンキュンした。

あんな櫻井くん、初めて見ちゃったもんだから…。
いつもは、進行とか気にして、周りに気配りして、しっかり者の櫻井くん。
時々、お茶目だったりぐだぐだになったりすることもあるけど、
それも実は周りの空気を読んでいたり、一生懸命さ故だったりするでしょ。

でも、今回はくつろいでたよね~。まったりしてたね~。
頑張ってない櫻井くん、甘えちゃってる櫻井くん。
何だかね、その姿にドキドキ、キュンキュンしちゃったよ。

まずは、フッキー(*1)との距離感にさ、言葉にさ、ドキドキしちゃったよ。
「波風立てようよ」とかさ、言っちゃうんだね~。
「肘使っていいよ」って小声で言われて、ドキドキしちゃったんだね。
「ドラマみたい」って思っちゃったんだね。
「擬似デート」考えちゃったんだね。「考えたよ、俺は」「あの時間、よかったね」って。
そんな櫻井くんがかわいくって、しょうがなかった。
私の顔がにやけて、どうしようもなかった。

こんな風に率直にそういう話する櫻井くんを初めて見たから、
ものすごく嬉しくて、でもちょっとだけ切なかったね。
10代からこういう世界に入っちゃうと、そういう普通のデートとかもなかなかできないよね…。
やっぱりアイドルっていうのは、たいへんなんだって。
普通の人ができること、いっぱい我慢してるんだろうなぁって。

そして、松潤の立ち位置が二人の仲を取り持つ人みたいになってて、それも微笑ましかった。
フッキーに包丁の扱いが上手な人を聞かれて、「翔さんの方が絶対得意です」って、断言(^^)v
そこで、ぶつぶつ言いながらもフッキーの隣に立つ櫻井くん。
慣れない包丁握ってネギを切る櫻井くんが何だか健気で、もんのすごく可愛かったです。

そんな櫻井くんに「はい、上手」とかって、年下なのにお姉さんチックなフッキーがまたいいんだわ。
お似合いじゃない、この二人。好きだなぁ、この二人の空気感。
ポッケに手を入れて、そばで見てる櫻井くんもいいんだよ。

すわってる時も、近いんだよね。
ツーショットの二人がものすごくお似合いで、微笑ましくて、私の顔の筋肉がゆるみまくっちゃう。
しかも、こんなに動かない櫻井くん、こんなにくつろいでる櫻井くん、初めて見た。
フッキーもさりげなく何でもやっちゃってくれて。
それが押しつけがましくなくて、ちゃちゃっとやってくれてる感じがいいよね。

そして、なぜか松潤と櫻井くんのミニコーナーが始まっちゃうし。
「エントリーナンバーワン!」「アメージング」とか言ってはしゃいでる二人が可愛いのなんのって。
櫻井くんって、普段こんな感じなのかな~。

「ねえ、こんなに何でもやってくれるの?」
「じゃぁ、俺と付き合ったらやってくれるってこと?」
櫻井くん、酔っぱらってないよね(笑)

その内、松潤まで「俺にもやってくれよ」「優しくしてくれよ」って。
うらやまし過ぎるじゃない、フッキー。
こんな男前な二人に甘えられて。

「素敵な奥さんになるんじゃない」

櫻井くん、こういうシチュエーションに憧れてるのかな~。
劇場での擬似デートでドキドキし、収録での擬似ホームパーティではウキウキしちゃったんだろうか。

でも、担当さんは気が気じゃなかったかしらね(^^;)
私は微笑ましくって…。あ~いい人見つかるといいね~とか思っちゃったわ。

でも、それは大野くんにしても同じで、いい人見つかるといいね~って、思ってる。
美樹さんとか、ゆり子さんとの回を見てもね、なぜか妬けないんだよ。
年上の(やっぱりここは譲れない?)いい人見つけて、パパになった大野くん、見てみたい…って、
あれっ?やっぱり最後は大野くんの話になっちゃったな。

来週は、むにゃむにゃ智だね~。楽しみだ~(^^)


(*1)吹石さんと言えば、私はNHKのドラマ『風に舞い上がるビニールシート』の印象が強いんだよな~。
(感想はこちら→第1話見終わっての感想
私の苦手な…鼻っ柱の強い役柄なんだけど(^^;)、吹石さんだとね、嫌味がなくていい感じ。
ついつい応援したくなっちゃう。
原作も読んじゃいました。

*拍手ランキング(9/6)*

いつもご訪問&拍手&コメント、ありがとうございます!

1ヶ月半ぶりの拍手ランキングです。(いつの間にかそんなに経ってたのね~)

1.浴衣智(142拍手)

1.お兄さんチームの夫婦愛(142拍手)

3.大野智voice その30(132拍手)new

4.かわいさ爆発な智(121拍手)

5.『鍵のかかった部屋』さよなら、榎本くん(120拍手)

6.マイケルダンス智(118拍手)new

7.ドッキリ智 その2(114拍手)new

8.やっぱりサトセラピー(111拍手)

9.松潤に完敗(108拍手)new

10.過去嵐をめぐる旅 真の目的とは…(107拍手) 

11.つくし智&茶碗蒸し(103拍手)

12.大野智voice その28(101拍手)

12.anan智+追記+追記(101拍手)

14.ポールダンス智(100拍手)new

今回は、100以上拍手をいただいた記事を挙げてみたら、14記事もありましたよ。
こんなにたくさんの拍手をいただいて、ただただ感謝あるのみです(^^)

24時間テレビ関連の記事が4つも入ってますよ。
皆さんの注目ぶりがうかがえますね。
本当は、まだダーツの旅や未来への手紙とかね、語りたいことはあるんだけど、
今日はちょっと気分が乗らないので(^^;)、拍手ランキングでちょっと誤魔化してみた(笑)
あっ、ディズニー智もまだだったな~。

また気分が乗ったら、書きますね~(ほんとかよ~)

*24時間の素敵記事*

24時間テレビの感想、まだまだ書きたいことはあるけれど、
今日は素敵な記事を見つけたので、ご紹介。

嵐のすべてがあった。武道館で24時間テレビ観覧レポ

嵐くんの仕事に取り組む姿勢、それを見守るファンの皆さん。
そして、スタッフの皆さんのご協力で、作り上げられてるんですね~。
舞台裏が垣間見れて、嬉しかったです。

そして、その空間にいた人達だけに贈られたサプライズプレゼント。
本当はうらやましくってしょうがないけれど…。
『証』は、結局歌わなかったねぇ…と思っていたら、まさかこんな場面で歌っていたとはね。
是非、オンエアして欲しかったけど…。
いつかまた、テレビで歌って下さい。待ってます(^^)


それから、あたたかいお言葉の数々、コメントだけでなくメールでもいただいて、
ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。
拍手もいっぱいいただいてます。ありがとうございます。

何だかね、皆さんがあんまりいいことばっかり書いて下さるので、
私って、ほんとはすごくいい人なんじゃないの…と錯覚しそうです(^^;)
もし家族が読んだら、一体誰のこと?って言いそうだけどね…。

嵐くんと共にまた明日も頑張るぞ~。(だから、家族は…?)

*マイケルダンス智*

実は最近、私がはまって観ているのがパラリンピック。
今までちゃんと観たことなかったんだけど、競技もいろんなものがあって
スポーツとしても充分おもしろいし、驚きと感動の連続。
元気をいっぱいもらってます。
個人的にはラグビー大好きなので、車いすラグビーの活躍に期待したいところ(^^)


さて、今回は、ダンス甲子園

予選で、出場者の高校生たちと普通に会話している大野くん。
質問したり、つっこんだりする大野くんがちょっとお兄ちゃんチックで、
優しさの中に頼もしさが見え隠れしていて、またまた好きになっちゃうよ~(*^^*)

私のお気に入りは、「秘密ばっかりだな~」
この言い方がね、好きなんだよ~。

ポールダンスは、お手の物だったね。
あんなに余裕できれいに回れちゃう。しかも、ガッツリカメラ目線なのがたまらない~。

本選では、チーム紹介を一手に引き受けた大野くん。
旦那が「大野くんだと、ヒヤヒヤする」とか言ってたけど、おいおい、大野くんの底力を知らないな。
意外と上手いんだぜ~。意外とバリエーションあるんだぜ~。

私のお気に入りは「チームぶっとび!」
目を閉じて決めポーズの後…のスイッチがオフになった瞬間の顔が最高に好き~!

マイケルダンスは、大野くんがなかなか出てこなくて、じらされ、
やっと登場!と思ったら、まさかのピンクのチャリT~!と、そこに意表をつかれたわ(^^;)
せっかくだから、そこは白のVネックでお願いしたかったよ~。

お子様チームと一緒に踊る大野くんがかわいいよね。
派手な踊りじゃないけど、ガツガツ踊るわけじゃないけど、さりげない動きが大野くん。

やっぱりね、細かい動きになればなるほど、大野くんっぽさが出てくるような気がする。
スピーディーでもテンポをはずさず、きっちり綺麗にこなしてる。

しかし、今回の大野くんの見せ場はやっぱりあのムーンウォークでしょうか。
初めて見たよ。スムーズでね、かっこよかった~。
でも、私はムーンウォーク直前のターンに釘付け。何回もリピートしちゃった。
素早くきれいにまわった後、足を踏み換えるでしょ。そこが好きなの~。

でも、一緒に見てた次女は拍子抜けだったらしく…(^^;)
やっぱりマイケルダンスだしね。大野くんメインとはいかないしね。
物足りなく感じてしまったのは確かなんだよな。

出来れば、一カ所くらい大野くん独特の振り付けをソロで見たかったなぁ~。
しなやかで軽くて、スピーディーな素早い動きでも一つ一つの動きが決して流れることはなく、
一つ一つの関節が別々の生き物のようで、それなのにさらっと踊っちゃうんだよね。

いやいや、長い時間はいらないのよ。数秒でいいの。
例えば、『転生薫風』の高速ダンスみたいにね。最初見た時、早送りかと思ったもん。
あのインパクトったら、何度もリピートしたことか…。

でも、あのコーナーに大野くんを抜擢してくれたことに感謝です。
大野くん、楽しそうだったしね(^^)


そうそう『Monster』はあいかわらず格好良かったね~。
特に、前に出てきて右足をシュッシュッと出すあの動き!
キレもよくて、足や手、顔のあらゆる角度が美しい。
そして、その後に踏むステップ。あれ、私初めてみたような気がするんですけど…(^^;)。
今までもやってたのかな?私が気がつかなかっただけかしら。
もうその軽いステップが好き過ぎて、これまたリピートの嵐ですよ。

ダンスと言えば、2004年のデフイレブンのダンスもすごかったね。
大野くんと一緒に踊っていた男の子なんて、あんなに細かい動きちゃんとマスターしていて、
びっくり。
そして、大野くんの縦軸はもちろん横軸が全くぶれない動きに惚れ惚れ~。

やっぱりダンスしている智は最高だぜ~!!


さて、前の記事のコメントにあたたかい言葉の数々、ありがとうございます(^^)
ほんとに嬉しいよ~。
泣きそうだけど、涙はもっと嬉しい瞬間にとっておきたいの~。
って、斉藤由貴の「卒業」みたいじゃない(笑)

本当は、そういうことは記事の中に持ち込まないようにしよう…って思ってた。
めったにあることじゃないし、私が気にしなければいいだけのこと。
でも、やっぱりここしか吐き出すところがなくって…。
最初の内は、何行にもわたる愚痴になっちゃって、それを何回も書き直して、
結局あの言葉にたどりつきました。
私は大丈夫です(^^)v

*大野智voice その30*

実は、ちょっと落ち込むことがあってね…。
ブログをやってるとたまにあるのよぉ、心ない書き込みが…。(すぐ削除したけどね)
でも、言いたいやつには言わせておけばいい。私の智愛にはひとかけらの影響もないしね(^^)v

で、こういう時こそ大野くんの歌声だよ!サトセラピーだよ!ということで、
今日は久しぶりに大野智voice。

曲は『いま愛を語ろう』
大野くんコンピの『君はいないから』を聴きたくて、『HERE WE GO!』を借り直した時に
これも一緒にダビングして、お気に入りになっちゃった1曲。

やっぱり大野くんの声を聴くと、安心するね。優しく包み込んでくれる。

心のままに きっと素直に 向かい合えば 深くなれるはず

「心のままに」の出だしの「ここ」で、いきなり私の心をぐっとつかまれる。
しかも、私の好きなラ行、ナ行、マ行が「こころのままに」にしっかり詰まってる。
特に「まま」の響きが優しくて、心にじんわり染みてくる。

「素直に」の「なおに」には、ナ行が入ってるでしょ。
ナ行に挟まれた母音の「お」も柔らかくて、いい感じなんだよ。

前半は、柔らかく包み込んでくれる感じなのに、
後半は、力強さが加わって、引っ張って行ってくれる感じ。

I still love with you

力強く響いてくるね。
あ~、是非全編英語の曲を歌って欲しいね。
もちろんネイティブの英語をたたき込んでもらって(笑)

これね、歌詞も大好きなんだよ。
ついつい忘れがちなことを教えてくれる。
大昔の切ない気持ちを思い出させてくれる。

日常では、ついつい落ち込んだり、イライラしちゃったりしちゃう私だけど(^^;)、
こうやって嵐くん達の歌声がいい方向へと導いてくれる。
だから、私は大丈夫(^^)

*ドッキリ智 その2*

昨日はちょっと体調が悪く、お休みしちゃってごめんなさい。
でも、今日は元気だから、大丈夫だよ~(^^)

では、ドッキリ智の続きです。
(またまた長くなっちゃったけど、一気に最後まで行っちゃいますね~)

まずは、うつ伏せになる寸前のふくらはぎとアキレス腱に注目!
この脚から無重力ダンスが生まれるんですね~。

「まずは服の上から行きますか」
あれっ、見返していて気づいたんだけど、神保さん「まずは」って言ってるんですねぇ。
そうか、そういうことだったのか…。
何の疑いもなく「はい」と素直に答える大野くん。確かに疑うにはまだ早すぎるもんね。

まずは、服の上から背中をマッサージする神保さん。
大野くん、最初は真顔なんですが、だんだんと頭の中で何かを探っているような表情になってます。
マッサージってこんなんだったっけ?とでも考えてるんでしょうか。
確かに、普通のマッサージとは明らかに違いますもんね~。

「上、脱いでみましょうか」「ん?」
「はい」じゃなくて「ん?」という所に、大野くんのとまどいとささやかな抵抗(?)を感じます。
しかし、結局は素直に従わざるを得ません。お仕事だもんね。
とはいえ、ananでさえ脱がなかったのにね、脱がなくても許されたのにね、
なぜかこんな場面で脱がされちゃう智、バンザーイ!!(ドSで変態なおばさんでごめんなさい)
しかも、またまたこの時の小窓がガッキー。日テレさん、何ねらいですか?

一方、神保さんのスイッチが入りまくってて、怖過ぎるんですけど…。
背中からお尻への手つきが、ええ~っそこまで行っちゃうの~!
大野くん、必死に笑いをこらえてます。…ていうか、実はこの時感じていたのか…、きゃ~!!
いかん、人間性分析どころじゃなくなってきたぞ。

「智って呼んでもいいかな?」 「はい?」
「はい」が疑問系なの。さすがに何か異変を感じてるよね。かといって、まだまだ抵抗はできない智。

「もぞもぞしない。集中して」と注意されちゃう智。
若干緊張気味にも聞こえる「はい、はい」と素直に従う声がたまらんし。
もしかして、覚悟決めちゃったの~。

「メンティラパウダー使うわよ」
思わず顔を上げて、何かおかしいぞ…と異変を感じている模様。
神保さん、すっかりおねぇ言葉だし、危険です、大野くん!

「パウダー?」「サービス?」
この時の大野くんの頭の中は?マークでいっぱいだったに違いない…。
本当は逃げ出したいはずなのに、頑張って必死にこらえてる大野くん。
でも、お仕事だし、逃げるわけにもいかず、顔をしかめてこらえてるよ。
頑張れ、智!

「もう少しスペシャルなやつ、行っちゃおうかな」
「胸マッサージ?」思わず顔を上げる大野くん。さすがの大野くんも異変を感じまくってる模様。
でも、ここはお仕事。逆らうことはできません。従順に従うしかありません。
「呼吸を合わせるんだよ」 「はい」と一応素直に答えてはいるけど、完全に怯えてます。
大丈夫か、智!

ひぇ~っ!!やっぱりこの映像は、さすがの私もなかなか直視できませんね~。
とりあえず、大野くんの首筋をガン見してました…。

しかし、バラエティの数々の荒波を越えてきた大野くんでも、限界を超えてしまった模様。
必死にこらえていた智の口から思わず「ちょっと待って」「本当っすか、これ」と足がジタバタ。
もうこのジタバタが可愛すぎるし、さらいたくなるし。

そこで、綾部さん登場。
そこまでやるの~っ!の「そこ」でストップしてもらえて、さすがの私も一安心。
よく頑張ったね、大野くん。よくここまで耐えたよ。

力ない「生ドッキリ?」の声がほっとしたようではあるけど、
生気を全部吸い取られたかのような何ともうつろな表情。
ほんと、お仕事お疲れ様です。

「皮膚と皮膚をくっつけられた」って、表現がやけにリアル。
しかも、この時のポージングは、
『ひみあら』優香さんゲストの回にご披露したグラビアポーズじゃないですか。
いやいや、まさかこんな場面で見られるなんてね~。しかも上半身裸で。
いっそのこと、等身大ポスターとかにしちゃいますか。

メンティラマッサージは存在しないと知り、思わず神保さんをどつく大野くん。
しかも、今度はあぐらかいてるし。たまんないねぇ~。ポスターにして欲しいね~。
それにしてもほんとによかったね、ドッキリで。ほんとよく頑張ったよ。
どんな状況でも、頑張ってお仕事する大野くんの人間性がガッツリ見れましたよ。

「何なんすか」
一応怒ってはいるけど、これ以上言葉にならない模様。
ほんと、何だったんだろうねぇ。

VTR開けの表情が照れているようで、やっと終わったというようなほっとした感じもあり。
でも、下向いた時の表情はちょっと切ないね…。
だってね、これは笑ってもらう「お仕事」なの。(ギリギリまでほんとよく頑張ったよ)
私も笑っちゃったもん。大野くんが必死にこらえてる姿が可愛すぎて、愛おしすぎて。
ほんとによく頑張ったよ。

「このどこが人間性ドッキリなの」の上田さんの言葉の後の大野くんの笑顔が可愛くて、可愛くて、
ちょっと切なかった…。
とにかく無事終わってよかったです。(無事の基準がよくわからないけど(^^;)

とにかく、思いがけず上半身裸の智を見せていただいちゃって、ありがとう、大野くん。
(結局、そこかい)
でも、こういうのはもう最後でいいね…。ほんとに頑張ったもん…ていうか我慢したもんね。
だから、次はドッキリとかではなく、ドラマや映画で美しいラブシーンをお願い!(もちろん女性とね)

そして、最後の大野くんの発言。
「最後はおかしいと思ったんですけど、ケツのスジをすら~っと行くのが、異様にすらっと入って
上手いな、この人…」

最後のコメントがこれって~。
智の人間性、どうやって締めくくったらいいんですか~。

でも、ここで「何なんすか」って怒るんじゃなくて、
無意識の内におもしろ発言をしちゃうのが大野くんの人間性なんだと思うよ。
ねらってるわけじゃなく、思わず本音が出ちゃった感じがいいんだよね~。
やっぱり天然通り越して天才!

さて、よくよく考えれば、変なお仕事ですよね~。
いつも楽しそうに見える彼らだけど…。
どんなお仕事にもそこには自ずと責任が伴うわけで。
そこにはいつも真剣さが伴っているんだと思います。
大野くん、お疲れ様~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。