FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
      

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

*MEN'S NON・NO予約*

雑誌祭りは、私はちょっと一段落して『ダ・ヴィンチ』を購入して以来、立ち読みオンリーだったんですよね。
でも、予約しちゃいました。MEN'S NON・NO7月号。

MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2012年 07月号 [雑誌]

だって、表紙なんですって~。
しかも男性ファッション誌ということで、女性誌とはまた違った大野くんが見られるかな~と思って。

『FINEBOYS』もものすごくよかったもんねぇ。

別に発売日に店頭で買ってもよかったんだけど、レジに持っていくのがちょっと恥ずかしいので(*^^*)、
amazonで予約しちゃいました(^^)v
スポンサーサイト



*やっぱりサトセラピー*

昨日、ご紹介したブログの中で私の印象に残ったお話をひとつ。

松潤がね、反抗期でイライラしたりしている時、大野くんは一体どうしたのか…。

松潤の膝の上にすわっちゃうんだって~。
おいおい、膝の上だよ、密着してるよ、近いよ、匂いまで嗅げちゃうわよ~。
時には、広いソファなのに隣に密着してすわったり。
最初嫌がっていた松潤もだんだん落ち着いて、和やかな雰囲気になるそう。
そして、それは松潤に対してだけではなく他のメンバーに対してもそうなんだそうです。

ふふふ、すごいよね…。
何がって、普通はね、言葉や理屈でどうにかしようとするでしょ。
同じ土俵に立って、喧嘩になっちゃったりするでしょ。
(私はまさにそういうタイプなんだけど…)

うちは、二人娘がいるんだけどね、長女にはけっこう厳しくしたと思う。
初めての子育てでね、わからないことだらけだし、しっかり育てなくちゃという気負いもあるし、
余裕もなかったんだと思う。

だから、夕飯の支度とかでバタバタしてる時に、ぐずったりすると、ついついイライラして
怒っちゃったり、ほっといたりするわけよ。
すると、長女の機嫌もなかなか直らないし、長引く一方なのね。

でもね、二人目ともなると、余裕ができたんだろうね。
そういう時はとりあえず膝の上に乗せて抱きしめるの。1分でも2分でもいいの。
そうするとね、子供はけっこうすぐ落ち着くんだよ。
そしたら、親子共々すっきりした気持ちで過ごせるでしょ。

というわけで、長女に対してはこの件だけでなくこんな母親で申し訳ない…っていう思いは
ものすごくあるの。ほんとに未熟でした…。
次女に関しても特に自分自身が成長したという意識はないけど、ちょっと余裕が出てきたのね。
ある意味いい加減になったとも言うんだけど…(^^;)。

でね、話を元に戻すと、けっこういい年した男子が密着って普通思いつかないよね~。
ていうか、人によっちゃ気持ち悪いっていうか、神経逆なでしちゃう危険性も含んでるわけよ。
でも、大野くんが自分自身の特性を知って知らずか(やっぱり出てるのか?マイナスイオン)、
自然とそういう行動をとっちゃうのがね、やっぱりただ者じゃないわって思わせてくれる。
頭で考えなくても本能的に知ってたのかな。やっぱり母ちゃんの育て方がよかったんだろうねぇ。

そう言えば、少年智が母ちゃんに怒られた時、「うん、うんうん、うん…」って言い続けて、
とうとう母ちゃんが笑っちゃったみたいな話してたよね。
そういう場の空気を和ませちゃう特殊能力みたいなのがあるのかもね~。
だって、大野くんって見てるだけでも癒されちゃう不思議な力があるもんね。
やっぱりサトセラピーだわ。

大野くんを好きになってから、いつも思うのは、
何でもっと早く大野くんのことを好きならなかったんだろうっていうこと。
そうすれば、私自身、もうちょっと何か変われたかな~って。

でも、今からでも遅くないよね…とか何とか言いながら、結局ブログで智愛を叫ぶだけで、
実生活に何の還元もできてないんだけどね~。