FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
      

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

*『Face Down』Mステのツボ*

連休中は旅行に行っていたため、『Mステ』をリアルタイムで観るのは無理かな…と半ばあきらめてたのよね。実際当日はバタバタしていて、すっかり『Mステ』のこと忘れてたし…(ーー;)。

でも、ホテルの部屋に戻って荷物の整理してたら、次女が突然「嵐!」って、何?何?とテレビを見たら、きゃ~金髪智よ。そっかぁ、今日は『Mステ』じゃん!とすかさずテレビ画面に食いつく私の姿を見て、「早っ」と長女が一言。
母はね、1ヶ月離れている間もずーっとこんな調子だったんだよぉ。百も承知だとは思うけど…。

でもさ、ホテルのテレビがびっくりするくらい小さくて、しかもブラウン管なのよ、今時!
小さいし、画質は悪いし、必死に目を凝らして見たわよ。
とにかく大野くんが細くて薄いのはバッチリわかった。そして、またちょっとだけ心配になった…。
ちゃんと食べてるのかしらね~(ザ・親心)

でも、振り付けが格好良すぎて、まばたきも忘れそうだったわ。
リピートしたくてしたくて、旅行なんてほっぽり出してとっとと家に帰りたいくらいだったわよ。

そして、やっと今日リピートの嵐してみました。

まず私、『感謝カンゲキ雨嵐』の頃の大野くんの可愛さにハートわしづかみにされました。
きっと当時見たとしても何とも思わなかったと思うんだけど(失礼…)、今の大野くんを見て振り返ってみると、かわいくて愛しくてしょうがないわね。

1位が『Love so sweet』
世間的にはそうなのか~。
個人的なシングルベスト5は以前挙げてみたけど、案の定入っていたのは『truth』と『Monster』だけだったわ。

さて、いよいよ『Face Down』
きゃ~!!白の上着脱いで全身黒の衣装になってるわよ!でも、靴のソール部分だけ白だったよね。なんでだろう~?

黒の衣装でしかも半袖だから、手の動きが映えること映えること。
それに黒の細身のパンツだと、足の動きも映える映える。
1つ1つの動きが美しいわ~。

何でこんなに腰の位置が安定してるんだろうねぇ。
なんで上半身から足のラインがきれいに一直線になるんだろうねぇ。
真横を向く時はしっかり真横なの。背筋も伸びてるの。
足さばきの軽さは、あいかわらず猫みたい。

さて、では順を追って見ていきますか。

まず前奏の動きに釘付けになりました。
派手じゃないんだけど、柔らかい動きと硬い動きの絶妙なバランスというのかしらね。
関節のくいっくいっは、力の入れ加減、抜き加減が絶妙よね。
腕や手の角度も申し分ないわ。さすが、我らが智!

そして、後ろにのけぞる動きになぜかドキドキしたわ。
お腹のあの滑らかな動き、腹踊りとかできるんじゃないかしら(って、えっ違う?)
ていうか、普段体が硬いって言ってるけど、あの柔らかい動きは何なのよ~。

しかし、次だ、次!ええ~い、何でそんな余計な加工をする~!
せっかくのダンスが見えんだろうが~!!

「どうして 目の前を閉ざしての「閉ざして」で上着を払うのかと思いきや(払う仕草が大好物なのもので)、インナーの裾を直してる?そんな仕草さえ色っぽいですけどね。

「暗い部屋にひとりの「ひとり」で大野くんだけ、足パカッって開いてるのね。これって、オリジナル?
ちょいちょい何かやってくれるもんだから、目が離せないわ。

「隠したSOS」の時の方向転換に見とれるわ。
最初上半身だけ向き変えて、次に下半身の向きををくいって変えるでしょ。この時の足の動きがかっこいいし、ターンする時は首くい~んてやってるしで、何度もリピートした。
そして、松潤と場所を替わる時に後ろにぐいってのけぞるんだよね。
でも、この後のターンがちゃんと見れなくて残念なんだけど…。

「Countdouwn countdown 訳もわからずのターンの重心のかけ方も好き。

素顔見せないままEscape」の「素顔」の時、右手が震えてるね。
大野くんでも手が震えちゃうことあるんだ…と思って、何回もリピートしちゃった。
顔をなでるような振り付けが色っぽくてきれい。
「まま」で足を踏み換える動きは、上半身が全くぶれずに、足の動きが左右じゃなくて前後対称にきれいに動いてる。
そして、ターンして手を振り上げるところまでの一連の動きが全部好き。

「予測不可能」の後、一瞬この人スイッチ切っちゃったんじゃないか…っていう歩き方がツボ。

脇の下から手を出す振り付け、5人の時間差になってるのね。
最初、大野くんしか見てなかったからわからなかったけど、5人ちゃんと見てみるときれいなんだよ。

「何度もupsidedown」の横顔、指の動き、喉仏の絵面にドキドキする。

「Liar liar 嘘もまことものターン。入りの時に体はしっかり正面向いて足だけクロスして、動きはとても速いんだけど、いちいちきれいなんだよな。
そして、後ろ向いて両手開いてストップモーションなんだけど、やっぱり腕長くね?

ニノの「影も残さずにEscape」の時、ここは全身映ってる。
顔をなでるような色っぽい手の動きはもちろん、体の角度とか動きがきれいで、いちいち一時停止しちゃったよ。

「wow… 孤独な夢に」の櫻井くんとシンクロするところがなぜかとても好き。

ラップに入る前の振り付けは度肝を抜かれちゃったな。新体操かと思っちゃったわ。
寝た状態で、ちょっとアクロバティックな動きも入っていて、かっこよくてきれいなの。
5人の動きもきれいにシンクロしてたもんね。
大野くん、普段は体硬いって言ってるけど、あんなしなやかに動けるんだから、何かの間違いなんじゃないかしら。
でも、青の照明で黒の衣装だから、若干見づらいのが残念…。

それにしても、忙しい中よくこれだけの振り付け覚えて、よく完璧に踊れるよね。
もしかして、MVには間に合わなかったのかな~。

ラップの「真っ暗な空 掴もうが」の後の腰の動きが好き。
やっぱり動きが柔らかくて滑らかなんだよ。関節どうなってるんだろ~。

「next to the door」で後ろに下がるステップもね、まるで吸い寄せられてるみたい。
動きに何の抵抗も感じないんだよね。映像を巻き戻してるみたいなの。

櫻井くんの「影も残さずにEscape」の時も大野くんの指が震えてるように見えるなぁ。

しかし、「孤独な夢に」はなぜ大野くんのアップじゃなくて松潤だったのかしらね。最大の謎だわ。
(『HEY!HEY!HEY!』では、ちゃんとアップになってたのにね)

それにしても、後ろ髪伸びたね。本人はそろそろ切りたくなってる頃かもしれないけど…、
ドラマが終わるまでは切れないもんね~。
いっそのことずっと榎本ビジュアルのままでもいいんだけど~。


『HEY!HEY!HEY!』
はね、テレビの前で「カメラワーク!」とか「ピント!」とか叫びながら観てました(^^;)。
何であんなに極端に引いたり寄ったりするのかしらね~。
ちなみに、次女は酔いそう…って言ってたわ。

でも、何だかんだ言いながらまたリピートしまくると思うけど(^^;)
スポンサーサイト



*氷見ロケ地めぐり*

さて、5月4日。予定より20分ほど遅れて福岡空港を発ち小松空港へ。
(くーっ、日程が立て込んでいるため、この20分が大きいわ…)
そして、レンタカーを借り、すぐさま氷見へ直行!のはずが…ナビの設定をしようと「道の駅 氷見」で検索してもなぜか出てこない…。とりあえず『るるぶ』に載っていた住所を登録してレッツゴー。
もしかして「海鮮館」で検索した方がよかったのかも…。

ナビのおかげで順調に目的地には着いたものの、なんと駐車場に入る車が並んでいる~!
おいおいただでさえ時間が押しているっていうのに、どういうことだ!
ゴールデンウィークだもん、しょうがないわよね~(渋々…)。
そこで、次女と一緒にトイレに行くという名目で先に車を降りることに(時間は有効に使わないとね)。
さっさとトイレを済ませ、すぐ近くにあるハットリくんの巨大看板前へゴーだ。

あ~ここで大野くんと上島さんが話してたわね。
あの時の大野くんは髪色も怪物くん仕様で素敵だったし、竜さんと一緒だとドSな大野くんが見れて楽しかったわ。

そこで、次女にちょっと写真録って…とデジカメを渡したものの、要領がわからないらしく手間取る手間取る(汗)。観光客が通る度によけて、またスタンバイしてを繰り返し、何とか撮れました。
わかるかなぁ~、私小っちゃく写ってます(^^;)

                    氷見8

そして、やっと駐車場に車を止めることができた旦那と長女と一緒に潮風ギャラリーへ。
事前に地図でだいたいの場所は把握してたし、案内も出ていたし、けっこう近くだったので、すんなり行けました。

まず建物の前に怪物くんがどどーん!
あれっ、でも大野くんが着た時はこの入り口付近に怪物くんの人形がいたんだよね。
一体どこに行っちゃったんだ~。
とりあえずこの怪物くんの前で子供達と一緒に写真撮影。

                     氷見2

入場料は大人200円、子供は無料でした。

中に入ってみると、きゃ~っ!!等身大?怪物智よ!!ちょっとぉ、テンション上がる~!!
ほんとは叫びたいくらいだけど、家族との温度差にとまどう私…(^^;)。
あ~お智達と一緒だったら、大興奮で楽しさMAXなんだろうけど、怪物智を前にしてもテンションを上げきれないのが何とももどかしいわ~。

                     氷見3

とりあえず一緒に写真を撮ろうと、怪物智の隣に立って子供達を呼んだんだけど、いいって断られるたわよ。もしかして、こんな母と一緒じゃ恥ずかしいってことかしら?
そんなのお構いなしにこれ幸いと旦那にツーショット写真を撮ってもらったけどね。
隣に立った感じは、私より10cmくらい背が高くてリアルだったわ。
そして、ドキドキした。でも、ちょっと恥ずかしかったけどね(*^^*)。

1階には原画がいっぱい展示されていて、家族はけっこう熱心に見てたわね。
私は正直展あんまり興味なくて…というか時間があんまりなかったから、ゆっくり見れなかったんだけど…。

そしたら、やだぁ~怪物くんたらこんなとこにいたのね。とりあえず写真だけ撮っておいたわ。

                      氷見4

そして、藤子不二雄A先生がすわっていらっしゃったお部屋がここ。ここで、お話してたもんね~。

                      氷見5

2階にも上ってみたんだけど、マンガ本がたくさん置いてあって靴を脱いで読めるようなスペースになってたのね。
そして、壁にはまた怪物智の横断幕みたいなでっかいのが貼ってあった。

                     氷見9

でも、ここは特に見る物もないし、まいっか~と思ってとっとと下りたんだけど、帰ってきてから映像を観たら、ここで大野くんマンガ本を手に取って先生とお話してたんだねぇ。
くーっ、ちゃんと靴を脱いで上がるべきだったかしら…。(あ~やっぱり詰めが甘いわ、私)

そして、次は光善寺へ。
これまた事前に地図でだいたいの場所は把握してたし、案内も出ていたし、けっこう近くだったので、すんなり行けました。

そして、いましたよいました、怪物くんたちが。
ここでもちゃんと写真を撮ってきたよ。またもや子供達が一緒に写ってくれないので、私だけだったんだけど(^^;) くーっ、めげないわ。

                      氷見6

そうそう大野くんが怪物くんの鼻を触っていたのを思い出して、私も触ってきました(*^^*)

中には入れそうになかったので、写真だけ撮ってすぐ帰ってきたんだけど…。実際はどうだったんだでしょう~。
時間がなかったので、確かめる余裕もなかったんだけどね…(^^;)。

そして、海津屋に向かうことに。
でも、ここで私とんでもない間違いを犯してしまったんですね。
『るるぶ』にたまたま『海津屋』っていううどん屋さんが載っていたから、私は大野くんが行ったのはそこだと思い込んでたんです。
でも、ナビを頼りに行ってみたら全然違う!こんな大きなお店じゃないし…。
仕方ないからそこで食事するかってなったんだけど、お客さんがたくさん待ってるし…(数えてみたら10組くらい待ってた)。

白川郷にも行かないといけないし、その後も予定があるし…ということで、あらためて大野くんが行った海津屋を探す時間をとれそうになかったので、あきらめてコンビニで何か買って食べながら向かうことに。

でも、私達がコンビニで買い物してる間に旦那がナビで探してくれて、もう1件海津屋さんがある…って教えてくれたんだけどね…。今回の旅行のメインはこれじゃないから、泣く泣くあきらめました。

でも、いい思い出になったよ~。
実は、この日は結婚20周年だったんだけど、私にとっては何とも素敵な記念日になったよ。
家族にとっては巻き込まれた感が大きいかもしれないけどね(^^;)。

でも、この翌日、私イヤリング片方落としちゃって…。
そしたら、旦那が結婚20周年だから新しいの買えば…って言ってくれたんだけど、「アクセサリーより嵐がいい」って言ったら、どん引きされたわ(^^;)。
だって、普段アクセサリーなんてほとんどつけないけど、嵐は毎日観るもん!

初めてのロケ地巡りはこんな感じでバタバタとしてしまって、感慨に浸る暇もなかたんだけど(^^;)、またいつかこういう機会が持てたらいいな~。
もちろん次はお智達と一緒に行って、気兼ねなく大興奮したいわ!