FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2012年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年03月
ARCHIVE ≫ 2012年03月
      

≪ 前月 |  2012年03月  | 翌月 ≫

*『魔王』感想 その4*

『魔王』第5話の最後から第6話につながる六平さん演じる池畑とのシーン。
ここでは、あの強面ベテラン俳優六平さんと互角に渡り合う大野くんに貫禄を感じたよ、ゾクゾクしたよ。

堂々としていて一歩も引かない成瀬。
微笑みさえも残酷で、どこまでも淡々としていて、成瀬の底知れ無さを感じる。
空の痛々しい姿を見て動揺してしまったり、栞への思いに揺らいでしまったりする成瀬はどこにも見あたらないの。

一笑に付す…そんな顔もできるんだ…ってね、驚き。
最後の笑いなんて、自信というか気品に満ちあふれてるよね。
くーっ、大野くんって、底知れないよ。

何だか回を追うごとに顔が精悍になっていくような気がするなぁ…。
体重的なこともあるんだろうけど、いろんな物が削ぎ落とされて貫禄が増していってるような気がする…と同時に余裕みたいなものも感じる。

姉さんの好きな花を机に飾っている成瀬。
そのことを嬉しそうに話す成瀬。
姉さんからの電話に思わず笑みがこぼれてしまう成瀬。

このシーンがね、ものすごく好きなの…。
姉さんに対する思いは決して嘘じゃないって思える。
領を演じてるんじゃなくて、ほんとに領なんだねって、思える。

で、携帯を持つ手にやっぱりやられました…って、今更報告することでもないか(^^;)

1つだけ気になることがあるんだけど、階段を上る成瀬の動きがぎこちなくて…。
他はそんなに気にならないんだけど、階段の時は動きが硬い感じがして、なぜか気になってしまうんだよなぁ。

で、栞を見つけた時のとまどいの表情がやっぱり少年。
急にあどけなくて初々しい表情になっちゃうの。
いつもは魔王チックに頑張ってるのに、栞を目の前にするとあっけないくらい無垢になっちゃう成瀬。

でも、嬉しさを隠して、取り繕って、素っ気なくしちゃう成瀬。
短いシーンの中に成瀬の心の揺れが余すことなく表現されてる。
そんな成瀬が愛おしくなる。

ドアノブに掛けた手。でも、思いとどまってしまう。
あふれそうになる思いを自ら閉じ込めてしまう成瀬。
自分が選んだ道とはいえ、あまりにも痛々しくて…。

そして、第7話へと続くんだけど…。
この回は本当に涙なくしては観れないし、私の泣きのツボが意外な所にあって自分でもびっくり。
では、続きはまた今度。
スポンサーサイト



*プライム智*

サトシックの間で大騒ぎの『TVLIFE PREMIUM』
21日発売のはずなのにこちらの本屋にはなかなか入荷せず、もしかしてこのまま入荷しないのか、
どうしようネットではもう売り切れてるし…と昨夜は軽く落ち込んでいたんだけど、
地方は今日発売だったのね~! これだから田舎は…(^^;)。

早速、朝イチで本屋に足を運んだよ。
そしたら、あったよ、あった。迷わず手に取り、表紙を開いてみた…。

ひぇ~っ!!大野くんのどアップ!!
あまりの衝撃に一瞬見ただけで、すぐにページをめくったよ。
おいおい、とんでもないことをやってくれたな、智!
あんな不意打ちありかよ。
本屋で倒れるところだったじゃないかぁ~。

とりあえずページをめくってみたものの、次々に現れる魅力的な大野くんにクラクラし、
気持ちを落ち着けるため店内をちょっとぶらぶらしてから、レジに向かったよ。

帰ってから、じっくり見ようと開いたピンナップ智。
だが、やはり3秒と見てられない。
そんな真っ直ぐな瞳で見つめないでくれ~。いや見つめてくれ…。(どっちだ)

次はわんこと「一緒だね」智だ。
どんだけかわいいんだ…。あ~わんこになりたーい!!
中に着ているシャツが変わったデザインなのも気になる~。

そして、来た~!!寝顔智!
もう最強だろ。あんなに無垢できれいな寝顔がこの世に存在するのか。
わんこになりたーい~!!再び…。
ご主人様のためなら、お手でもおかわりでも何でもやりまっせ。

私、生まれて初めてわんこに嫉妬したわ。
あんな風に密着して、あんな風に見つめられて、わんこになりたーい!三度。

次は、枠を持って、いろんな角度で攻めてくる智。
実はさぁ、私ね…、眉毛も好きなの(何の告白だよ…)
ちょっとたれ目な目尻からかわいさと色気が滲み出てるでしょ。
でも、きりっと整えられた眉毛がね、それを緩和してるっていうのかしら。
絶妙なのよね。
自分でお手入れするのかしらね…。

お次は、でっかい枠に入った智だ。
お行儀いい智とちょっと横柄な感じの智だよ。
こんなに枠が似合う男はそうそういないな。

そして、いや~ん、爽やか智だよ。
この衣装、よく似合ってるねぇ。
スーツでも成瀬さんとはまた違う感じなんだよね。
ていうか、ここ数日成瀬に揺さぶられっぱなしの私には、これが本当に同一人物なのか…という思いで胸がいっぱい。

これで終わりか…と思ったら、まだまだ榎本くんがいたんだよ。
一コマ一コマに大野くんのいろんな表情が見れて、う、う、う、嬉しい~!!
感謝カンゲキ雨嵐だよ。
時には真剣に、時にはふと力の抜けた表情で、どの表情も楽しそうなんだよね。
もう本編観る前から、テンションだだ上がりで16日まで心臓が持つかどうかが心配な今日この頃。

そして、いろんな表情の大野くんを見てたら、
今度は成瀬みたいに苦しい思いをしなくてもいいんだね…と思って、うるうるした。

ちなみに特に私が好きなのは、2番!
長女に見せたら、えっ顔ほとんど写ってないじゃん…って言われたyo!
いやいや、そういうことじゃないんだよ。
全体から醸し出される空気っていうのかしら、そしてさりげない仕草がね、
とんでもなく私のツボなのよ~!

あまりにも撮影の一コマ過ぎて、自然過ぎて、バンザーイ!!
脚立があんなに似合う人なんて、ショムニの江角さん以来じゃないですか(古っ)
左手は何してるんだろうねぇ。メガネを上げてるの?それとも鼻をかいてるの?
もうこの左手が好き過ぎて、心臓バクバク。
つま先の開き具合もドンピシャだし。
あまりにも何気ないショットなのに、これだけ語って萌えまくる自分が怖いわ~。

何気ない一コマといったら、15番、16番あたりもいいよねぇ。
何考えてるんだろうねぇ。
カメラを意識してない感じがたまんないよねぇ。

それから、22番なんてさ、えっこれグラビアかよ…ってな出来映えでしょ。
あ~是非引き伸ばして欲しいわ~。
しかも、コメントに「頭がよさそう」ってついてるのね。
おいおい、それじゃぁ、まるで大野くんが頭がわる……以下自粛(^^;)。
でも、ほんとに知的で哀愁漂ってて、よくぞ撮ってくれたわ!

29番の貴公子智なんて、かわいいのなんのって。
あの品の良さは何ざんしょ。一体どこの御曹司ですか?
おいおい、こんなメガネ男子と町ですれ違ったらどうするよ。
ずっと後つけちゃうよ。

他にも嵐関連の記事がいっぱいで、見応え読み応えあったねぇ。
あ~よかったよ。手に入って。