be with you 3104

2012年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年03月
ARCHIVE ≫ 2012年03月
      

≪ 前月 |  2012年03月  | 翌月 ≫

*聞かせてください 第3弾*

皆さーん、『Beautiful World』DVDの初回限定盤は無事予約できたでしょうか~。
まだの方はこちらからどうぞ~。
後は、5月23日を待つのみですね~。ワクワク。

さて、私事ですが、長女の引っ越しも目前に迫って参りました。
ということで、3日間ほどブログの更新はお休みします。

書きたいことはいっぱいあるんだけどね。
『WITH』の前髪智が麗しくて、倒れそうになっちゃったこととか、
『VS』の射撃智の表情に集中し過ぎて、
的に当たったかどうかの反応がワンテンポ遅れちゃったこととか(^^;)。
時間があったら書きたいけど、無理かな…。

さて、ではお休みしている間に皆さんに宿題…じゃなかったアンケートを行いたいと思います!
聞かせてくださいシリーズ 第3弾です(^^)

今回のテーマは、呼び名です。
嵐くん達には、それぞれ呼び名がありますよね。
その中で、これは萌える~とか、大好きだ~とか、キュンキュンする~とか
それぞれツボな呼び方があると思います。

その中から3つほどお選び頂ければ…と思います。

ちなみに私は…ですね~。

相葉ちゃんの「翔ちゃん」呼び。
これは前にも書きましたが、「翔ちゃん」が「お兄ちゃん」に聞こえてしょうがない。
もう相葉ちゃんがかわいくてしょうがない。
櫻井くんがお兄さんチックでしょうがない。

櫻井くんの「智くん」呼び。
たまにしか呼んでくれないけど、「智くん」を聞くと、めっちゃテンション上がる~。
それに、イントネーションがたまらない。

ニノの「潤くん」呼び。
みんな「松潤」って呼ぶのに、ニノだけ「潤くん」でしょ。
(たまに「J」っていうのもあるけど…)
なんだかね、かわいいなぁ~って。
この二人の距離感って、嵐の中でも独特な感じがするんだよなぁ。


ま、私の場合はこんな感じです(^^)v

よろしかったら、いろんなご意見お聞かせくださーい。
普通のコメントでも、拍手でも非公開でもご自由にどうぞ~。

締め切りは、1週間後の4月6日とさせて頂きますね。

コメントへのお返事は4月3日以降、随時させて頂きます(^^)

では、長女の引っ越し頑張ります!
ていうか、泣かないようにしなくちゃ…(^^;)
スポンサーサイト

*ライブDVD 楽天予約開始!アマゾンも!*

楽天で、『Beautiful World』DVDの予約開始しました!

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Be...

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Be...
価格:5,292円(税込、送料別)



アマゾンでも予約開始しています。



*Beautiful World DVD発売決定!+シングルCDも!*

来たよ、来たよ~。
もうほんとにどんだけ待たされたことか。不安な気持ちになったことか。
よかったよ、よかった。
やっと『BW』の嵐くん達に会えるんだね…(^^)v

セブンネットショッピングさんで、予約開始しているようです。
アマゾンさん、楽天さんはまだかな…。

<追記>楽天、アマゾンで予約開始してまーす!
【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Be...

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Be...
価格:5,292円(税込、送料別)





嵐/ARASHI LIVE TOUR Beautiful World<初回限定盤>
5月23日発売

●商品概要
2011年で4年目となる国立霞ヶ丘競技場でのコンサートは、強い台風の影響で、当初予定されていた日程が一部変更になり、9月3日と4日に行われました(収録は9月3日)。
そんな天候をものともせず、ステージと観客
とが醸し出す野外ならではの一体感、そして天候に左右される過酷さをリアルに収録した、史上最悪の状況を史上最高のコンサートに昇華させた嵐のライブ完全保存版です!
初回限定盤、通常盤ともに、DISC1、2にはWアンコールまでの全曲を収録しています。
特典DVDの初回限定盤DISC3には、スペシャル映像(内容未定・約80分予定)を収録しています。

【初回限定盤】(DVD3枚組)
■収録予定内容
(DISC1/DISC2)
Overture/Believe /Oh Yeah!/言葉より大切なもの/A・RA・SHI/虹のカケラ~no rain, no rainbow~/Love Rainbow/Summer Splash!/ハダシの未来/Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~/Lucky Man/Shake it ! /明日の記憶/僕が僕のすべて/Hero/「じゃなくて」/このままもっと/Everybody前進/きっと大丈夫/Happiness/Rock this/always/Lotus/Beautiful days/Hung up on/どこにでもある唄。/Attack it!/morning light/まだ見ぬ世界へ/a Day in Our Life/Troublemaker/Love so sweet/サクラ咲ケ/果てない空/遠くまで/感謝カンゲキ雨嵐/夏の名前/ファイトソング/CARNIVAL NIGHT part2/One Love/五里霧中/5×10
(DISC3)
「スペシャル映像」(内容未定・約80分予定)
◆商品仕様:
特殊パッケージ仕様(デジパック仕様)3枚組

48Pブックレット封入予定


さて、この知らせを知って、私が一番最初に確認したことは何でしょう?
おわかりかな…。





それは、『negai』が収録されているか…ということ。
私が『BW』の中で一番好きな曲!大野くんが振り付けをした曲!です。


ところが、ガーン!!!ない、ない、なーい!!!
なんちゅうことだ!どうしてくれるんだ!!!
コンサートにも行けない、DVDにも収録してくれない…なんて、
私はどうしたらいいんだぁ~。


でもね、『夏の名前』が入ってるんだよね。大好きなの、この曲。
だから、我慢するよ。本当は暴れたいけど…ね。
あ~楽しみだなぁ~。
ていうか、ちゃんと予約しないとね(^^)


追記です。
新曲『Face Down』も5月9日に発売されるみたいですね。
楽しみだ~!!

*ほんわか智もお持ち帰り*

クール智の次はほんわか智だよ。

『TVガイド』
まず、鬼ごっこ智の笑顔にやられた。
あんなに楽しそうな無邪気な笑顔見せられたら、とにかく追いかけるっきゃない。
おばさんは体力ないけど、智のためなら必死で頑張る…。
かと思ったら、斜に構える智の眼差しにひるんじゃいそうだわ。

鬼ごっこに疲れちゃったのか、ソファーでゴロンな智。
もう、どうしていいかわからんだろうが~。
素足に浮かび上がる骨格が~。

で、あれ?今度はかくれんぼですか。
ちょいとちょいとその背中、どうしましょ。ずーっとずーっと見てられるね。
実は…購入の決め手になったのは、この後ろ姿なのでした。
後ろ髪とか、丸まった背中とか、愛おしくてたまんないんだもん。

「ん…?僕が…」の目線もいいよねぇ。

そう言えば、一切インタビュー記事には触れてなかったわね(^^;)。
私のツボは、「ヤダ」って言う(笑) 。←ここ!
字面だけで萌えた…。あ~一人脳内再生してニヤニヤ。

『ザ・テレビジョン』
表紙のあどけない表情にほんわかしていたならば、最初の見開き智の眼差しにドギマギした。
一体その目は何を訴えてるのよ~。(本人は何も考えてない…って、言いそうだけど)

次は、躍動的な智。
自由に動いてみて…って言われたのかな~。
動きが軽いよね。かと思ったら、寝転ぶ智。

そして、きゃ~!!目を閉じる智。
その角度によからぬ妄想を抱いてしまいそうです。(いつもだろ…)
そうです。購入の決め手はこの目を閉じた表情

そして、「最後に会いたい人は、やっぱり母ちゃん」の手を伸ばす大野くん。
あ~母になりたい。

10のキーワード、どれも興味深いねぇ。ますます好きになっちゃうねぇ。
「いや、俺そういう楽さはいらない」に男っぽさを感じ、
「一緒に楽ちんにのんびりできたら嬉しい」に勝手にデレデレした。

それからそれから、なぜか『テレビジョン』では「榎本くん」って言ってるのね。
なぜか、それだけで嬉しくなる。
私が「径くん」って呼べずに「榎本くん」って呼んでるっていうのもあるんだけど。
(なぜか名前を呼ぶのがこっぱずかしい私…)
他の雑誌は「榎本」って言ってるのにね。これは編集者さんの計らいなんでしょうか…。
いいね、いいね~。

さて、『魔王』の感想の続きですが、なかなかじっくり観る時間がとれず。
春休みだから、誰か家にいるのよね…(^^;)。
絶対泣いちゃうから一人で観たいし、メモもとりたいし…。
それに、長女の引っ越しの準備で細々した用事もあるし。
ということで、まだまだ先になりそうなので、気長にお待ちくださいね(^^)

*クール智をお持ち帰り*

今日の午前中、本屋に行ったならば、大野くんと相葉ちゃん表紙のテレビ誌が新たに4種類も平積みされていて、テンション上がった~!!

そして、次々に手に取ってみたならば、か…かっこいい~!か…かわいい~!と大興奮。
おいおい、どれも欲しいよぉ~。でも、どうする、どうする?
4冊もレジに持って行くのが恥ずかしいわ…。(それでもサトシックか!)

結局、普段あまりお目にかかることのできないクール智が載っている『TVfan』『TVnavi』の2冊をお持ち帰り。

まず、『TVfan』
ひゃ~っ、モノクロだよ。こっち見上げてるし~。
見開きの大野くんの目力!めっちゃ男前だし。思わずガン見した。
なぜだろう~。『プライム』のピンナップ智は3秒と見てられないのに、こっちのクール智はガン見できるの。
こっちはよそ行きな感じがするから?
『プライム』はね、自然体な感じで、何だかね…見透かされてる感じがして、ダメダメ~。

でも、あのストールはいるのか…っていう素朴な疑問も抱きつつ(^^;)。
喉仏が見えんし~。

そして、あ~榎本くんだよ、萌え萌えだよ~。
どのショットも好きなんだけど、やっぱり右下が好きかな、私は…うふっ。
壁をいじいじしている榎本くんもいいよねぇ。
あひる口で、体がS字チックになってるのがたまらんのよ。

ほんわかするねぇ。癒されるねぇ。
この見開き2ページは、現場の空気感が伝わってきて、大野くんの仕事ぶりが伺えて、
いろんな表情が見れて、どんだけ見てても飽きないの。

『TVnavi』は、衣装がものすごく好きなの。
あ~やっぱり黒が似合うね。ベストが似合うね。シャツもネクタイも素敵。
結局みんな好きなんだけどさ。

立ち姿の上半身の力の抜け方とか、足の角度とか、体の向きとかね、いちいちツボにはまるの。
それから、片膝立ててる大野くんのヒップラインをガン見して、ごめんなさい…。

そして、来たよ、来たよ。伏し目がちの大野くん。どんだけ色っぽいんだよぉ~。

でね、午後にまた出かける用事があったんだけど、そう言えば、TSUTAYAのポイントがたまってたじゃんということで、結局『TVガイド』『ザ・テレビジョン』のほんわか智もお持ち帰りしてきた。(やっぱり、我慢できなかったよ)

それにしても、雑誌祭りはまだまだ続くよ。
とりあえずwaonやお財布ドットコム、TSUTAYAポイントをかき集めたら、6000ポイント越えてたんだけど、この調子で行くと、それだけじゃ賄えないよな…。
楽天ポイントは、『怪物くん』の予約に使っちゃったし…。

とりあえず下の商品は予約したけどね。






*『魔王』感想 その6*

さて、前回の続き、とうとうあの場面がやってきました。

帰り道、思い詰めた表情の成瀬。
あんなに冷酷にことを進めてきた成瀬が迷って、苦しんでいる。
平静を取り繕うこともできないくらいにね…。
だって、いろんな人から愛され慕われてるじゃない、成瀬さん。
でも、だからこそ苦しいんだよね。

「僕は、天使なんかじゃありませんよ」

自分がどんなに冷酷なことをやっているのか、この人は痛いほどわかってる。
そして、後戻りできないことも…。
ただ冷酷に突き進むことができれば、まだ楽だったろうにね。
しおりと出会ったことで、迷いが生じて、苦しみが増しているんだね。

思わず成瀬の腕を掴むしおりにきゃ~!!
「私じゃ、成瀬さんの天使になれませんか」
思わず抱きしめる成瀬。
しおりの肩にあごを乗せちゃう成瀬がかわいいの。(そんなこと言ってる場合か!)

ずっとずっと閉じ込めてきた思いがあふれ出しちゃう瞬間。
もう言うことありませんね。

束の間の幸せ。でも、それ以上は思いとどまって(それ以上って何だ?)、離れちゃうんだよね。
「すいません」「送ります」って、素っ気ないじゃないか、領。
究極ツンデレ成瀬、見参か。

急な雨。傘を取りに入ったしおりをドアの外で待つ成瀬。
ふと夜空を見上げた成瀬の表情に思わず息をのんだ…。
まさに天使。
神々しくて美しくて、あどけなくて無垢で、思い出しただけで泣ける。

私がカメラマンだったら、心臓が止まるんじゃないか…、仕事忘れちゃうんじゃないか…と思う。
それくらいの衝撃だったな。

そして、傘を受け取る時の手の美しさといったら、これまた泣けるくらいなんだよ。
過去に思いを馳せる表情もきれいだったね。

あえて、ここでこんなに無垢で美しい成瀬を見せてくれたのはなぜなんだろうなぁ…って。
でも、考えても答えは出ないの。
別にふっきれたわけでも、迷いが消えたわけでもないのに。
彼の苦しみはずっと続いているのに、なんであんな表情ができるんだろうね。

図書館に足を運ぶも、結局帰ろうとする成瀬。でも、そこにはしおりが…。
惹かれ合う二人、やはり神様がほっとかないのか~。
でも、お詫びとお礼だけ言って帰ろうとする成瀬。
おいおい、何しに来たんだよ…と思ったら、しおりから花火大会のお誘いが。
グッジャブ、しおりちゃん。

成瀬さん、早く返事してあげて~。
たっぷり迷った挙げ句、「いえ、その日はあいています」の笑顔が最強。

花火大会が終わった頃に現れる成瀬は、傘を持ってるの。
その時は、ただ単にあ~返しに来たのね…って思ったんだけど、これが後々深い意味を持ってくるのね。

花火をしている成瀬は楽しそうで、まるで大野くんみたいでほっとする瞬間(*^^*)
そして、「最後」の花火。
花火を見て「きれい、きれい」とはしゃぐしおり。
そんな彼女をじっと見つめながら発する成瀬の「ええ」がものすごくいいんだよね。
目が「あなたが…」って語ってるんだよ。。
そして、この時の表情が麗しいのなんのって。

送ってきて、いい感じの二人なのに、
成瀬の口から出た言葉は「会うのはこれで最後です」「そう決めてきたんです」

そういうことだったのね。
私は、まだ成瀬は迷っている、揺らいでいる…と思っていたのよ。
しおりに対する思いを抑えきれずに会いに来た…と思っていたのよ。
成瀬の中で、決心がついたからこそ会いに来たんだね。
そうだよ、そういう男なんだよ、成瀬は。

「傘、ありがとうございました」

もう二度と会わないと心に決めたから、迷いを断ち切るために傘を返しに来たんだね。
あまりにもあっけない別れ。

でも、この傘を通じて、しおりは成瀬の本当の姿を知ってしまうの。皮肉にも。

やっと第8話まで終了。
続きはまた後で~。

*マネキン、乗り遅れた*

皆さーん、マネキンファイブには投票されたでしょうか?
私は昨夜9時過ぎに次女と二人、今日までだから投票しなくちゃ!と勢い込んでパソコンの前にすわったならば、「投票は終了しました」の文字が~!ガーン!!
えっ、だって、今日まででしょ?確認したら8時までだったんだよ。なんてこったーい。

ちなみに、私は2番に投票するつもりでした(^^)v
理由は、ブルーの服にストラップつきメガネ、そして腕まくり&ブレスレットの大野くんが見たかったから。
好きとかかっこいい云々より、大野くんの手首のアップを見てみたい、ただそれだけです…。
(そんな理由でいいのか。ま、いつものことですから~)

1番は、シンプルだけどおじさんっぽい。アラサーであの格好はいかがなものかと…。
3番は、2番と迷ったんですよねぇ。シャツが好きなの。
    シンプルでまとまった感じにあえてあの色のコートを合わせるのも
    なかなかいいんじゃないかと…。 
    でも、大野くんにはやっぱり2番を着て欲しいなぁ…ということで。
4番は、ないなぁ…ハハハ。どうしちゃったんだろうねぇ。やっぱりニノ?
5番は、悪くはないんだけど、バランスがいまひとつ?かな~。

毎度のことながら、パソコンとテレビで見るのと、マネキンとご本人さんが着るのとではかなり印象が変わったりするので、実際はどうでしょうねぇ。

とにかく木曜日が楽しみだ~!

*『Lips』智で妄想*

今日やっと『Lips』智をお持ち帰り~。

まず最初p163はかすかに微笑む自然体な大野くんがいましたよ。
おいおい、やっぱりかわいいじゃないか…。

でさ、p164次の床にすわる大野くんはちょっと色っぽいの。
特別何にもやってないんだけどね、目が何か訴えてるような気がする~。
感じ取るのは私の自由だから~。

そして、p165は椅子にすわる大野くんなんですが、ちょっと妄想しちゃっていいですか?
(断るまでもない!)
さて、テーマは待ち合わせだ!

右上。待ち合わせ場所に先に着いて待ってる大野くん。
私…遠くから見て、あっ智くんだ…。
(あっちなみに私、ブログでも実生活でも「智くん」って恥ずかしくて呼べませーん。
想像しただけで顔から火が出そうです!)
「ごめん、待った?」

で、次お手数ですが、p163に戻ってもらっていいですか。
「ううん」と優しく答える大野くん。優しい、優しい。
こんな智を待たせちゃった私はとんでもないやつだな。

で、右下「どこ行く?」
いやいや、そんな目で見つめられただけで倒れそうなのに、答えられるわけないだろ~。
「ど、どこでもいいよ」

左上。
「そうだなぁ…」って考えてます。
私、まさか釣りじゃないよね…。

そして、左下の笑顔。「じゃ、行く?」
「どこに?」
「内緒」

ひゃ~っこんなことして遊んでる自分が怖くてしょうがない、楽しくてしょうがない。
では、皆さんも各自妄想の旅に行ってらっしゃーい。

p166はね、靴のまま椅子に乗るんじゃない!って怒っちゃいそうです。
でも、かわいいから許す…けどね。

p167はジャケットを羽織る仕草がかっこよくて、見とれちゃいます。
左下なんて、男前過ぎて、指が長くて、ドキドキが止まらんだろうが~。
何でこういう何気ない動作がとんでもなくかっこいいのさ~。
これさぁ、連写したやつを冊子にしてパラパラマンガみたいにして、楽しみたいわ~。

p168は、靴下履けよってついつい言いたくなっちゃうんだけど…。
かっこいいから、許しちゃうよ。

「釣りと私とどっちが大事?」って言ってみて~。

*『魔王』感想 その5*

さて、今日は『魔王』第7話の感想。

第7話は、それまで冷酷に事を進めてきた成瀬の気持ちが大きく揺れる回。
成瀬の心の振り幅にこちらもガンガン揺さぶられ、涙なくしては観れない回。
それまで見ることのできなかった成瀬のいろんな表情が見れて、私的には一番好きな回かもしれないですねぇ。

まず、花を購入し病院へ向かう成瀬の表情が晴れがましい感じで明るいの。
花を持って病院の廊下を歩く様なんて、かっこよすぎて見とれちゃった。
しおりの思いを拒絶してしまった成瀬にとって、安らげる場所は唯一ここだけ。

ここからは、ソフティボイスのオンパレードで、ずーーっと浸っていたくなる。
姉さんの姿を見つけた時の「ここにいたんだ」のささやくような声が優しくて…。
「具合悪いの?」そして、「うん?」と聞き返す上目遣いの目と声があまりにも優しくて…。
こんなに優しくて無垢な「うん?」があるんだねぇ。

だってさ、あんなに冷酷なことやってるのに、あんな表情で声色で姉さんを気遣っちゃうのよ。
しかも、何も疑っていないあの無垢な瞳。ほんとにお前は魔王かよ~!と叫びたくなるわ。

そう言えば、大野くんのラジオ番組で、自分が思いつく「優しい言葉」をいろんな言い方で表現する回があったんだけど、私、この時の「うん」にノックアウトされちゃったのよ。
そしたら、まさか成瀬の口からも「うん」が出てくるなんてね。
あまりにも優しい響きと表情に何回もリピートした。

でも、成瀬が優しければ優しいほど、姉さんの表情との落差が際立って、たまんなくなる…。

そして、そこに突然現れる直人。
「なぜ、あなたが…」と急に硬い表情の成瀬。
あ~せっかく超絶癒し系成瀬を堪能していたのに、直人ったら~。

でも、ここから成瀬は一言も発しないのね。
目線の動きやちょっとした仕草や表情で、感情の揺れを的確に表現してるの。
目を閉じた時なんて、一緒に祈らずにいられなかったわ…と言いたいところだけど、展開を知ってたもんだから、そこまでドキドキ感がなかったんだけど…(^^;)
でも、表情のひとつひとつに釘付けよ!

ひとまず難を逃れた成瀬だけど、本当の山場はここから。涙なくしては見れません…。

ここも成瀬の台詞は少なくて、でもその一言一言が心にしみます。
「何?」
「ごめん、ずっと」
「ありがとう、姉さん」

もはや領であるかないかということよりも、二人の絆の深さが感じられてただただ泣けます。
姉さんが具合悪そうなだけであんなに心配そうだった領。
それなのにそんな大事な姉さんにこんなにもつらい思いをさせてしまった領。
それなのに姉さんは大きな優しさで包み込んでくれたんだもんね。
申し訳ない気持ちでいっぱいだったんだろうなぁ。

ここまで来ると、大野くんが成瀬を演じているというより同化しているという感じで、
見ているこっちが心配になっちゃうほど。
そこにいるのは、大野くんであって大野くんじゃない。
でも、大野くんだからこそ演じられる成瀬がしっかりとそこにいます。

この後、山野に成瀬が「時々わからなくなる」って言うんだけど、なぜか私はここで『ハゲタカ』の鷲津を思い出しちゃったの。設定もストーリーも全然違うんだけど、何だか似通ってる部分があるのね。
これは語ると長くなりそうなので、割愛しちゃうけど…。

しおりの気持ちさえも拒絶して自分の選んだ道を突き進む選択をしたはずなのに、初めて成瀬に生じた迷い。
そんな時に開かれたバースデイパーティ。
私、初見の時(再放送)はね、実は成瀬があんまり嬉しそうに見えなくて、それなのにみんな楽しそうで、何だか違和感があったの。

でも、今回はすっと入ってきた。
成瀬があからさまにびっくりしたり大喜びしなくても、みんながものすごく楽しそうなのは、
それだけ成瀬のことをわかっているからなのかな…って。
きっと日頃から、成瀬の人となりをしっかり感じ取って信頼しているから、あからさまに喜ばない成瀬を見ても、先生らしいな…って思ってくれてるのかなって。
周りの人の表情を見ることで、成瀬の輪郭というか人となりが浮かび上がってくるような感じなの。
きっと成瀬さんはね、真摯に誠実に向き合ってきたんだろうな…って思う。

そして、「最後にしおりさんから」と言われた後、成瀬がしおりに一瞬目線を移してすぐそらしちゃう表情がね、ものすごくきれいで、無垢で、少年みたいになってる。

で、袋から取り出したのはクッキー。
いや、これが何てことはないクッキーなのよ、素朴な手作りのクッキー。
ところが私の号泣ポイントはここだったの。
クッキー見た途端、涙腺崩壊。

なんでだろうね。
どうも成瀬さんが噛みしめる幸せや喜びがささやかであればあるほど、私の涙腺は刺激されるみたいなの。
成瀬がやっている大それた行動とはあまりにも対照的なささやかで普通なものごと。
手作りのクッキー、ただそれだけに泣けちゃうんです。
きっと、しおりの思いがあまりにもシンプルで真っ直ぐだからかな。
だって、敏腕弁護士の事務所までわざわざ出かけていって渡したのがクッキーって、あまりにも素朴過ぎるでしょ。(えっ、そこか?)

空ちゃんからの絵をただただ見つめる成瀬にも心揺さぶられたな。

次のシーンは何とも切ないシーンなんだけど、第8話につながるので、次回にしたいと思います。
ここまでで、相当長くなっちゃったしね(^^;)

*『魔王』感想 その4*

『魔王』第5話の最後から第6話につながる六平さん演じる池畑とのシーン。
ここでは、あの強面ベテラン俳優六平さんと互角に渡り合う大野くんに貫禄を感じたよ、ゾクゾクしたよ。

堂々としていて一歩も引かない成瀬。
微笑みさえも残酷で、どこまでも淡々としていて、成瀬の底知れ無さを感じる。
空の痛々しい姿を見て動揺してしまったり、栞への思いに揺らいでしまったりする成瀬はどこにも見あたらないの。

一笑に付す…そんな顔もできるんだ…ってね、驚き。
最後の笑いなんて、自信というか気品に満ちあふれてるよね。
くーっ、大野くんって、底知れないよ。

何だか回を追うごとに顔が精悍になっていくような気がするなぁ…。
体重的なこともあるんだろうけど、いろんな物が削ぎ落とされて貫禄が増していってるような気がする…と同時に余裕みたいなものも感じる。

姉さんの好きな花を机に飾っている成瀬。
そのことを嬉しそうに話す成瀬。
姉さんからの電話に思わず笑みがこぼれてしまう成瀬。

このシーンがね、ものすごく好きなの…。
姉さんに対する思いは決して嘘じゃないって思える。
領を演じてるんじゃなくて、ほんとに領なんだねって、思える。

で、携帯を持つ手にやっぱりやられました…って、今更報告することでもないか(^^;)

1つだけ気になることがあるんだけど、階段を上る成瀬の動きがぎこちなくて…。
他はそんなに気にならないんだけど、階段の時は動きが硬い感じがして、なぜか気になってしまうんだよなぁ。

で、栞を見つけた時のとまどいの表情がやっぱり少年。
急にあどけなくて初々しい表情になっちゃうの。
いつもは魔王チックに頑張ってるのに、栞を目の前にするとあっけないくらい無垢になっちゃう成瀬。

でも、嬉しさを隠して、取り繕って、素っ気なくしちゃう成瀬。
短いシーンの中に成瀬の心の揺れが余すことなく表現されてる。
そんな成瀬が愛おしくなる。

ドアノブに掛けた手。でも、思いとどまってしまう。
あふれそうになる思いを自ら閉じ込めてしまう成瀬。
自分が選んだ道とはいえ、あまりにも痛々しくて…。

そして、第7話へと続くんだけど…。
この回は本当に涙なくしては観れないし、私の泣きのツボが意外な所にあって自分でもびっくり。
では、続きはまた今度。

*プライム智*

サトシックの間で大騒ぎの『TVLIFE PREMIUM』
21日発売のはずなのにこちらの本屋にはなかなか入荷せず、もしかしてこのまま入荷しないのか、
どうしようネットではもう売り切れてるし…と昨夜は軽く落ち込んでいたんだけど、
地方は今日発売だったのね~! これだから田舎は…(^^;)。

早速、朝イチで本屋に足を運んだよ。
そしたら、あったよ、あった。迷わず手に取り、表紙を開いてみた…。

ひぇ~っ!!大野くんのどアップ!!
あまりの衝撃に一瞬見ただけで、すぐにページをめくったよ。
おいおい、とんでもないことをやってくれたな、智!
あんな不意打ちありかよ。
本屋で倒れるところだったじゃないかぁ~。

とりあえずページをめくってみたものの、次々に現れる魅力的な大野くんにクラクラし、
気持ちを落ち着けるため店内をちょっとぶらぶらしてから、レジに向かったよ。

帰ってから、じっくり見ようと開いたピンナップ智。
だが、やはり3秒と見てられない。
そんな真っ直ぐな瞳で見つめないでくれ~。いや見つめてくれ…。(どっちだ)

次はわんこと「一緒だね」智だ。
どんだけかわいいんだ…。あ~わんこになりたーい!!
中に着ているシャツが変わったデザインなのも気になる~。

そして、来た~!!寝顔智!
もう最強だろ。あんなに無垢できれいな寝顔がこの世に存在するのか。
わんこになりたーい~!!再び…。
ご主人様のためなら、お手でもおかわりでも何でもやりまっせ。

私、生まれて初めてわんこに嫉妬したわ。
あんな風に密着して、あんな風に見つめられて、わんこになりたーい!三度。

次は、枠を持って、いろんな角度で攻めてくる智。
実はさぁ、私ね…、眉毛も好きなの(何の告白だよ…)
ちょっとたれ目な目尻からかわいさと色気が滲み出てるでしょ。
でも、きりっと整えられた眉毛がね、それを緩和してるっていうのかしら。
絶妙なのよね。
自分でお手入れするのかしらね…。

お次は、でっかい枠に入った智だ。
お行儀いい智とちょっと横柄な感じの智だよ。
こんなに枠が似合う男はそうそういないな。

そして、いや~ん、爽やか智だよ。
この衣装、よく似合ってるねぇ。
スーツでも成瀬さんとはまた違う感じなんだよね。
ていうか、ここ数日成瀬に揺さぶられっぱなしの私には、これが本当に同一人物なのか…という思いで胸がいっぱい。

これで終わりか…と思ったら、まだまだ榎本くんがいたんだよ。
一コマ一コマに大野くんのいろんな表情が見れて、う、う、う、嬉しい~!!
感謝カンゲキ雨嵐だよ。
時には真剣に、時にはふと力の抜けた表情で、どの表情も楽しそうなんだよね。
もう本編観る前から、テンションだだ上がりで16日まで心臓が持つかどうかが心配な今日この頃。

そして、いろんな表情の大野くんを見てたら、
今度は成瀬みたいに苦しい思いをしなくてもいいんだね…と思って、うるうるした。

ちなみに特に私が好きなのは、2番!
長女に見せたら、えっ顔ほとんど写ってないじゃん…って言われたyo!
いやいや、そういうことじゃないんだよ。
全体から醸し出される空気っていうのかしら、そしてさりげない仕草がね、
とんでもなく私のツボなのよ~!

あまりにも撮影の一コマ過ぎて、自然過ぎて、バンザーイ!!
脚立があんなに似合う人なんて、ショムニの江角さん以来じゃないですか(古っ)
左手は何してるんだろうねぇ。メガネを上げてるの?それとも鼻をかいてるの?
もうこの左手が好き過ぎて、心臓バクバク。
つま先の開き具合もドンピシャだし。
あまりにも何気ないショットなのに、これだけ語って萌えまくる自分が怖いわ~。

何気ない一コマといったら、15番、16番あたりもいいよねぇ。
何考えてるんだろうねぇ。
カメラを意識してない感じがたまんないよねぇ。

それから、22番なんてさ、えっこれグラビアかよ…ってな出来映えでしょ。
あ~是非引き伸ばして欲しいわ~。
しかも、コメントに「頭がよさそう」ってついてるのね。
おいおい、それじゃぁ、まるで大野くんが頭がわる……以下自粛(^^;)。
でも、ほんとに知的で哀愁漂ってて、よくぞ撮ってくれたわ!

29番の貴公子智なんて、かわいいのなんのって。
あの品の良さは何ざんしょ。一体どこの御曹司ですか?
おいおい、こんなメガネ男子と町ですれ違ったらどうするよ。
ずっと後つけちゃうよ。

他にも嵐関連の記事がいっぱいで、見応え読み応えあったねぇ。
あ~よかったよ。手に入って。

*『魔王』感想 その3*

『魔王』第5話の感想を途中まで書きかけてたんですが、やはり我慢できずに今日残りをレンタル。
そして、一気に最後まで観てしまいました。(成瀬さん以外のところは早送りしちゃったけど(^^;)

いやぁ、これがね途中から涙涙で…。
前に再放送で観た時は、最終回のラストシーンでうるうるしたくらいだったのにね…。

こりゃあ、生半可な気持ちで感想は書けないわ!
気持ちをあらたにした次第です…。
いやいや、今までも生半可な気持ちで書いたつもりはないんだけど…(^^;)、
これはじっくりと腰を据えて書かなくては…という覚悟というのかしらね。
そうしないと、成瀬さんに失礼だわ…とね。

特に終盤は、直人と成瀬の気持ちの通わせ方が肝になってるから、
これは成瀬さん以外のところも早送りせずにちゃんと観てから、
感想書かなくちゃ…という気持ちにもなってきたし。

あ~DVD-BOXが欲しくなってきたよ~。でも、高いよね。『怪物くん』予約したばっかりだしな…。
雑誌祭りもあるし(ていうか、すでに乗り遅れて『プレミアム』は買えてないんだけど(^^;)、
しばらくはレンタルで我慢するか…。

さて、ここで『魔王』とは関係ない話題をひとつ。(いきなり何だよ)

昨夜、栞役の小林涼子ちゃんについて、突然思い出した!
(何で今まで気がつかなかったのか、自分でも不思議なんだけど…)

涼子ちゃん、以前宮沢りえさんと岸谷五朗さんのドラマに出てたんだよ。
それは、『一番大切な人は誰ですか?』(調べてみたら、'04年だった)
私、このドラマほんとに大好きだったのね。
(視聴率はかなり伸び悩んで、確かDVD化もされてないんだけど…)
それぞれの細やかな感情が丁寧に描かれていてね。
それは、時には身勝手だったり、不器用だったり、押しつけがましかったりするんだけど、
それがよかったんだよなぁ。
涼子ちゃんも思春期の複雑なお年頃をかわいく健気に演じていた…ような記憶が。

では、やっとこさ『魔王』第5話の感想。(長かったな…)
なぜか、第5話になると、それまで成瀬に抱いていた違和感がすっとなくなっちゃったの。
自分でも不思議なんだけど。

心なしか、成瀬の顔の輪郭がシャープになったような気がする。
堅い感じが抜けたというか、うまい具合に力が抜けてきたような気がする。
何だかここに来て堂に入って来たような気がする。
幼さが抜けて、表情が大人びてきたような気がする。
役柄に馴染んでしっくりしてきたような気がする。

あくまでね、そういう気がするんです…個人的にね。
これが演じる大野くん側の問題なのか、観ている私の主観なのかは、全く持って私にはわからないんだけど…。

とにかく最初のお姉さんとのシーンがね、ものすごく好きで、何回もリピートした。
復讐一辺倒ではない、こういう表情の成瀬は本当にたまんないね。

「久しぶり………姉さん」まずこの間合いにやられ、「姉さん」の響きに悶えた。
優しいんだよね。

「ごめんね、忙しくて」
「あっこれ、お見舞い」
手を握られた時のはっとした表情がステキング。
「僕は元気だよ」
「姉さんこそ体どう?」の見上げた時の目尻にでれ~っ。

何気ない会話なんだけど、そこには嘘の匂いがプンプンしていて、
なのにあたたかくて、確かに心が通い合っているような気がするの。

そして、スイカの話。
これがどうにもこうにもありがちな話なのがちょっと残念ではあるんだけど(^^;)、
二人の表情の微妙な変化にドキドキするわね。

そして、きゃ~またまた来たよ、シャワーシーン。シャツを羽織ってるよ(*^^*)
洗いざらしの髪がデビューの頃みたいで、かわいいんだわ。

栞の電話にあわてて駆けつける成瀬。
空の肩に添えられた手、頬にかかった髪の毛をよける仕草、そしてとまどった表情に釘付けになっちゃった。
想定外の展開に弱い成瀬さんは、こういう時すぐ顔に出ちゃうんだもん。

空が寝ている時の成瀬さんの椅子のすわり方がさ、あ~いつもの大野くんのすわり方だって思っちゃった。
深く腰掛けて、上半身の力が抜けてて、手を前で軽く組んで。
それって普通じゃないの…って言われればそうなんだけど、あ~大野くんだぁ…って、私は思っちゃうのよね。

その後、倒れる栞を抱き留める成瀬にきゃ~!と、実はならなかった私(^^;) 失礼…。

でも、栞に触れたくても触れられない手の動きと横顔にガッツリ心持ってかれました。
成瀬の迷いや揺らぎ、ためらいをガッツリ感じさせて頂きました。
「もう止められないんだ」自分で自分に言い聞かせてる感じが切なすぎる。
栞の「冗談も言うんですね」なんていう会話なんて、もうただただ切ない。
成瀬さんが笑うと、ただそれだけで私は泣きそうになるよ。

その後、栞を送っていき、思わず栞を引き留める成瀬が少年みたいなの。
抑えていた感情があふれそうになるのを必死に押しとどめている成瀬。
ほんとに胸がしめつけられるわ…。

さて、今日はここまで。
最後の六平さんとのシーンは第6話につながっているので、次回書きますね。

*『魔王』感想 その2*

『魔王』の感想はいいけど、「その2」って何だよ…という声がちらほら聞こえてきそうですが(^^;)、
常連さんは覚えてらっしゃるかしら…。
そうです、去年の10月にその1をアップしてるんですね。

でも、サトシックにあるまじき特異体質の私は、その時もそこまで成瀬にはまることなく、
(ちょいちょい萌えポイントはあったんだけど…)
気が向いたら続きレンタルするね…と書いたっきり、なんと5ヶ月が経っていたyo!

ところが、今日ふと『鍵部屋』が始まる前に成瀬くんを見て、ちょっと免疫つけておこうかな…と
思い立ち…。でも、最近重いドラマはあんまり観たくないんだよなぁ…という気持ちもありつつ。
でも、今週木曜日はレギュラー番組お休みだし、今月は内職お休みしているから、
観るなら、比較的時間が自由に使える今だ!と思ってね、レンタルしてきました。

ということで、3~6話まで一気に観ました。
(といっても、ストーリーはだいたいわかってるので、成瀬くんが出てるとこ以外は早送りで(^^;)

いやぁ、5ヶ月ぶりだからかな…。何だかね、最初は違和感があってねぇ。
特に萌えたり、リピートしたりすることもなく淡々と観てたのね。
あ~、私は何で成瀬に萌えないんだろう…なんていうことを考えつつね。

ところが、第4話のあるシーンで泣きそうになっちゃった…。

それは、成瀬が空に絵本を読み聞かせするシーン。
思わず「怪物」という言葉に反応してしまったことは置いといて(^^;)、
空がこわがって栞に抱きついちゃうでしょ。
それを静かに微笑みながら見ている成瀬
この笑顔に泣きそうになった。自分でも全くの予想外の感情にびっくりした。

そして、栞と目が合うと、思わず視線をそらしてしまう成瀬の初々しさ!
空が栞をすわらせる時、栞との距離感に思わず体を引いてしまう成瀬の初々しさ!。
そして、見つめ合う二人というあまりにもベタなシーン。

ここをね、何回もリピートした。
ほのぼのとしていてあったかくて、泣きそうになりながらニヤニヤしながら、何度も見た。

それまでの成瀬には違和感を持っていたのに、突然気持ちがぐぐっと入っていったんだよ。
だって、あまりにも優しい表情なんだもん。あまりにも自然なんだもん。

ずーっとこのまんまだったらいいのにね…と願わずにはいられなかったよ。

では、第5~6話の感想はまた後で~。

*鍵智予告*

昨日は『ラッキーセブン』の後、『鍵のかかった部屋』の予告が流れましたね~。 
もうもうもう~榎本くんがかっこよすぎて、何回もリピートしちゃったよ~。

「東京総合セキュリティの榎本です」
初っぱなの自己紹介にまずやられた。声も表情もクールなの。
大野くんだけど大野くんじゃない…。紛れもない榎本径がいたよ。

車の中では、こぜりあいをする浩市さん(大好きなの。大野くんと共演だなんて、嬉し過ぎる)と
恵里香ちゃんには全く無反応の榎本くん。
ただそれだけのシーンなのに、榎本くんに哀愁や色気を感じてしまう私はどうかしているのでしょうか~。(どうかしているのは今に始まったことじゃないか…)

「ここは完全な密室だったというわけです」
もう~っ、どんだけクールなんだよ。
どうしよう…。1時間このトーンでしゃべるわけだよね。
声に心奪われて、台詞の内容が頭に入ってくるかが今から超絶心配(^^;)。

そして、私の最大のツボはここ!
猫のように調理台の上に上がって、換気扇をのぞき込む榎本くん。

                    鍵智1

ここね、ほんと猫みたいなの。これだけの動作なのに品があるの。
きっと物音ひとつ立てずにさらっと上がっちゃったんだよ。
私の「静」のイメージの大野くんがそこにはいたよ。
黒猫智降臨か!ってな感じよ。
好き過ぎて、何回もコマ送りして見たよ。

その後、懐中電灯(?)の持ち方にもやられた。あ~『最後の約束』思い出すね。
のぞき込む横顔にもやられた。

窓の鍵を調べる榎本くん。
どこまでも冷静だよ、クールだよ、笑わないよ。仕草も目線も完璧だよ。

「あ~手がいっぱい見れる」と喜んでいたら、クールな長女から「気持ち悪い」と言われたよ。
でも、「大野くんの手、きれかよね」って言ったら、ちゃんと同意してくれたyo!
あっそっか、母の異常すぎる反応が気持ち悪かっただけなのね~。
ほんと浮かれた母で申し訳ない…。

                       鍵智2



そして、「密室は破れました」の声~!!
こんなんじゃ、私心臓が持たないわ。

30秒の映像で(ていうか実際大野くんがてるのはもっと短いんだけど)
こんだけ語っちゃう私。興奮しまくりの私。
どうしよう…。今からこんなんで、本編を正気で観れる自信がない。
家族と一緒に観て大丈夫だろうか、私。
でも、絶対リアルタイムで観たいし!

それにしても、いちいち小道具にさえ萌えちゃうよね。
メガネとかイヤホンとか懐中電灯にさえ。
それにさ、ネクタイにシャツにカーディガンっていう普通の感じの格好もね。

髪も刈り上げくんになった時は、おいおい…って思っちゃったけど(^^;)、
ちょうどいい感じに伸びて、しかもドラマ終わるまで(ということは3ヶ月くらい?)切れないわけでしょ。
きゃ~、どうしましょ~!


ところで、映画『怪物くん』のBlue-ray、DVDの予約始まりましたね~。
私は、早速Blue-layを予約しました!6月か~、楽しみだなぁ(^^)
それにしても『誘拐』はまだかなぁ。
そして、『Beautiful World』はまだかよ~!!

                      

*未公開智*

砂羽さんの回(感想はこれこれ
砂羽さんとはかなり打ち解けた感じで姉弟みたいだったんだけど、そのせいか下ネタ系の発言も
ビシバシ飛び出してたわね~。

未公開シーンでも「新婚だから」と砂羽さんに絡んだり、
どうしてもスッポンの効能を聞き出したいらしく、真顔で「他には?」と質問をしてきた割には
希望通りののお答えを頂いた時の顔が一転嬉しそうじゃないか~!
一体何を考えてるんだ、智!(あんただよ)

中谷美紀さんの回感想
中谷さんの時は、砂羽さんの時とは違ってちょっと距離を置いてる感じ?
まともに顔が見れないよ…って感じにたまらなく萌えました。

便せんではなく、描かれている大文字焼きに反応しちゃう大野くんがアーティスティック過ぎる。
そして、ただ単に便せんを揃えるのに必死なのか、中谷さんの顔を見るのが恥ずかしいのか、
全然目を合わせないのね。
それにしても、「は、八級です」
の声が内容のレベルとは裏腹にめっちゃいい声なんですけど。
小二レベルの響きではございません。響きだけなら、有段者の域に達してます。
おいおい、これはお見合いか!ニノが仲人に見えてきたよ。

海荷ちゃんの回(感想)
海荷ちゃんといると、やっぱりお兄ちゃんっぽい感じになるわね。
そして、私はこの時の服装が大好物で。
特に後ろから見た時の首筋に釘付けだよ!

あんなにピラニアが食いついてきたら、普通離すでしょ。
怖い…と言いながらも一心に楽しんでるでしょ。
だって、「釣ろうとしてるでしょ、若干」の櫻井くんの言葉が言い得て妙。
絶対ピラニアとガチで勝負してるわよ、あの人は。
だって、大野くんを見上げる櫻井くんの表情が全てを物語ってるし。
やっぱただ者じゃねぇよ、智くん…っていう櫻井くんの心の声が聞こえてきそうだもん。

その後の海荷ちゃんに対する「ほい」もさ、お兄ちゃんチックでいいよねぇ。

石原さとみさんの回感想
さとみちゃんの時は、けっこうリラックスしてた風に見えたんだけど…。
ただ単に眠かっただけなのかしらね~。

「俺は薬味か」「つまり薬味だろ」内容はともかく、ただただこの声にやられました。
海荷ちゃんの時はまた違う感じの兄貴チックな物言いがいいわ~。

堀北真希ちゃんの回感想
堀北ちゃんの時もニュートラルな感じだったなぁ。

片足で立ち上がる…3人ともちゃんと出来てたよね。
あれだけできたら、十分でしょ!

だって、私やってみたら、ぴくりとも動けなかったyo!
やっぱり年なのか、運動も全くやってないしねぇ。このままじゃ将来寝たきりになっちゃう。
何とかしなくちゃ!

俺の千葉(感想はこれこれ)はほんといい企画だったよねぇ。
またやって欲しいよ。嵐二人旅。
そう言えばこの二人、マネキンの予告では抱擁してたわね。いや~ん。

そして、やってきました、マネキンファイブ!
実は、今回の私の最大のリピートポイントはこの予告にあった。
大野くんがまわってる~。ターンがかっこよすぎて、またまたコマ送りの迷路に迷い込んだ。
しかも、「これ、おしゃれじゃん」のイントネーションがおかしくて、笑える。

智ターン1 智ターン2 智ターン3 智ターン4

最近、ふとした瞬間に大野くんが成瀬に見える時があるんだよね~。
やせて黒髪だからかな…。
このビジュアルで、今度は月9かぁ。恐ろしいわね~。
テレビの前で倒れないかしら。
ストーリーが頭に入ってくるかが心配。
あ~でも、兎にも角にも楽しみよ~!

*マジック智*

昨日今日と長女は卒業旅行。だから、大学の準備もちょっと一息。
書類を発送したり、電話をかけたりとちょっとした用事はあったんだけど、後は自由時間。

昨日ははママ友としゃべくり。そして、今日はHDDの整理してました。
明日から、また忙しくなりそうだからねぇ。

さて、『ひみつの嵐ちゃん』は未公開シーン特集。ワクワク。

まずは、仲間さんとのマジック合戦。帰りの船の中でこんなことやってたのねぇ。
この時の大野くんの向きが!距離感が!やばくね!
ガッツリ仲間さんの方向いて、しかもその距離感は何だ。うらやましい~。
でも、あんな至近距離にすわられただけで、おかしくなっちゃいそうだわ。

さて、大野くんのマジック?披露。
ごめん、大野くん。私はね…
カードより手ばっかり見ちゃうのよね。
だから、私もポカーンとしちゃうと思うわ。違う意味でね…。

                智手

やっぱり大野くんって、人差し指が長いんだよね。薬指と同じくらいでしょ、長さが。
で、私の手と見比べてみた(ほんと暇だな…)。
私は薬指の方が長いんだよねぇ。
あ~間近であの手見てみたい。触ってみたい。(もう、毎度毎度すみませんねぇ)

マジック披露した後、ちょっと顔がドヤってる?
前髪下りてるから、かわいさが倍増してるよ。

そして、4年前の話を仲閒さんじゃなくてスタッフさんに向かってしてるのね。
こういうことあったんだよぉ…って感じで。
何だかさ、空気がさ、撮影してるって感じじゃないでしょ。
撮影の合間に時間つぶしにちょっとやってみて、こんなことあったんだよ…って
スタッフさんとも普通に話してる感じで。

いいねぇ、私もスタッフに紛れてガン見したいわ。

その後、声は入ってないけど、
やってみて…って感じで仲閒さんにトランプを渡してる横顔がね、
ガッツリ仲閒さんの方を向いていて、やっぱりうらやましい~。
でも、私はその横顔で十分だけどね~。

あ~スタッフさんもうらやましい~。

そして、選んだカードをカメラに向けた時の顔がかわいいのなんのって~。
手の仕草が美しいのなんのって~。
通販番組とかで、これやられちゃったら何でも買っちゃうわね。

「見えてきた?」の声が男っぽくて優しくて、もう泣きたくなるわ。
あんな風に彼女に話しかけるんだろうか。(あ~妄想は果てしない…)

で、マジックが終わった途端、ぐいぐい迫る智。

「えっ、何でわかる?」ってこれまた仲閒さんの方をガッツリ向いて目見てしゃべってるよ。
挙げ句の果てには「ちゃんと切った?今」って、疑いの目を向けてるし。
(実は、私もちょっと疑ってる。何かここらへんに鍵がありそうだわ~)

極めつけは
「そういうのいいから、ほんとはどっち?」
って身を乗り出してるでしょ。
おいおい、それ以上距離詰めて何する気だ~っ、智!
これって、ここだけ読んだら、何か危なくない?エロくない?大丈夫?
えっ、私が勝手に妄想暴走させてるだけかしら(^^;)。

もうねぇ、大野くんが楽しそうでねぇ。子供みたいでねぇ。
空気がほんわかしてるでしょ。
いいねぇ、あの空間。

おいおい、マジック合戦だけで、こんなに長くなっちゃったよ。
続きは、また後で~。

*嵐布教大作戦*

タイトルでは大きく出ましたが、あんまり期待しないでね~。
だって、過去にもこの手の作戦を試みた私ですが、ことごとく失敗してますから~(^^;)
(興味のある方はこちら→大野智布教作戦の巻嵐布教作戦はいかに…大野智布教作戦再び

昨日は、久しぶりにママ友招いてランチしました。
ピザを作ったんだけど、生地はホームベーカリーが作ってくれるから楽ち~ん。
ママ友とはちょこちょこ学校の行事とかで会ってはいるんだけど、
ランチするのは1年以上ぶり~。

で、ママ友が来るまで嵐の番組観ながら、待ってたのよね。
(いろんな番組を編集してブルーレイにダビングしたもの)
来た後も、ずーっとつけっぱなしにしておいたんだけど、
みんなしゃべったり食べたりするのに夢中でほとんど観てなかった…。
ま、それは想定内よね(^^;)

で、たまたま『音楽のチカラ』の『感謝カンゲキ雨嵐』の時
みんなの視線がテレビに向いてたから、
「この後のターンがかっこよかとって~」って言ったけど、
みんなの反応は薄かったわ。くーっ、これも想定内よ!

私は、日頃リモコン片手に一時停止したりコマ送りしたりして観てるって言ったら、
クールなママ友2号が「他にやることあるだろ」って~。
くそーっ、これも想定内だよ。く、く、くやしいけど~。

とにかく家にいる時はほとんど嵐観てるっていう話になって、
「私は大野くんがいるけん、何とかやっていけるとって~」と言ってやったわ。

だって、ほんとうだも~ん(はぁと)。

そりゃぁ、家族やママ友がいてくれるっていうことは有り難いし、大前提なんだけど、
話すのもつらいくらい落ち込んだ時に慰めたり元気づけたりしてくれるのは
やっぱり嵐くん達なんだよぉ~。

でね、ママ友1号がさ、『謎解きはディナーの後で』と『ラッキーセブン』の歌が
好きだっていうわけよ。
おいおい、とうとう来たか!
ということで、お節介でダビングしちゃったわ。

私、残念ながらCDはあんまり持ってないので、数少ない中からセレクトしてみた。

サクラ咲ケ
手つなごぉ
とまどいながら
冬のニオイ
時計じかけのアンブレラ
Beautiful days
忘れられない
僕が僕のすべて
夏の終わりに想うこと
Troublemaker
もう一歩
迷宮ラブソング
消えぬ想い
ワイルド アット ハート

さて、ママ友1号ははまるのか…。
うーーん、はまらない方に3000点!
おいおい、そうなのか…。
だって、そのママ友とはふだんから好きな歌手とか俳優の好みが合わないのよね(^^;)。
でも、車とかで家族で聴いて盛り上がってくれたら、嬉しいなぁ~。

*智の部屋*

以前、今年の雑誌初買いは何になるのかな~と書いたんだけど、
とうとうやってきましたよ、その日が!

昨日発売の『ザ・テレビジョン』でございます。

「ほんわか智&セクシー智」が載っているらしいという情報を目にしてから、
ウキウキワクワク待ち望んだこの日。

とはいえ、実は長女の大学合格が決まってから、あれやこれやとやることがあって、
何となく落ち着かない日々が続いてたのね。
やっぱり一人暮らしさせるのが心配でしょうがないし、
時折襲ってくる寂しい気持ち。
挙げ句の果てには、8年後は今度は次女が出て行くのか…と余計なことまで考える始末。

でも、本屋でp51の大野くんの顔を見た途端、いろんな思いがふっとんだ~。(単純過ぎるだろ)
そして、これは間違いなく買いだ!と心の中で叫んだよ。
ページをめくる度にいろんな表情の大野くんが現れて、ドキドキ。

最初見た時は興奮し過ぎてよくわからなかったけど(^^;)、
これってストーリー仕立てになってるのね。

さてさて、妄想爆発させちゃっていいですか?

p51
「ごめん、待った?」って言ったら、あんな顔して「ううん…」って言うのかしらね。
ダメダメ、あ~この時点で溶けちゃう。

p52
手を差し伸べる大野くん。ちょっと恥ずかしそうでしょ。
指が長くてさ、それだけでドキドキ。あ~顔なんか見れないよ。
手なんてつなげないわ、たとえ妄想でも~。

p53
パンを半分にちぎって、食べなよ…って。
おーい、一体どういうシチュエーションだよ。
いくら大野くんがパンが大好きだからって、野外でパンを半分こって。
あんな真っ直ぐな瞳で見つめられたら、パンなんか喉を通らないわ~。

それにしても、このネクタイよく見るとハート柄になっていて、
かわいいにも程がある!

そして、とうとう来た~!「僕の部屋においでよ」
このポージングがたまらんし、もしかして目で誘ってますか?いや~ん。
いいんですか、ほんとにいいんですか、私なんかが入っても~。

p55
そして、入った部屋には何とベッドしかなーい。
どういうことだ。何をする気だ。(落ち着け)

いつの間にかカーディガン脱いでるし、ネクタイとってるし、ボタン開けてるし~。
ベッドの上のその物憂げな表情は一体何なんだ?(ていうか、靴は脱がないのか)

ダメです、ダメです。これ以上は書けません。
やっぱり見ているだけで十分です。
それにしてもさ、やっぱり手なんだよね、手
なんで手だけでこんなにドキドキするのかと思ったら、
やっぱり無意識にいろんな想像がはたらいちゃってるのかしらねぇ(*^^*)

p56
ワイングラスを持つ大野くん。
やだ、もうデートは終わりなの…ていうか、あ~この顔の角度がたまらんし~。
思わず携帯の待ち受けにしちゃったよ。

そして、あ~もう終わりか…と思って、ページをめくったら、
ぎゃ~!!アップだよ、アップ。
かっちょええ~。しかも、あひる口だよ、若干眉間に力が入ってるよ。
思わずパソコンの壁紙に設定した。

あ~、ほんとに今年の初買いにふさわしいグラビアだったわ~。




*ツチノコ智*

さて、斗真くんから大野くんはツチノコ的な存在だったとの証言が。
こりゃ、言い得て妙ですよ。当時の状況とかを別にしてもね。

だって、ほんとに大野くんって存在してるんだろうか…って思うもんなぁ。
いろんな意味でツチノコ的というか、希少な存在だよね。

そして、見つけにくいという点でもね。
いやいや、大野くん自体はすぐ見つけられるけど、彼の魅力というかすごさがね。
私、以前の記事で、彼の魅力は「わかりづらい」って書いたことあるんだけど、
若冲と大野くん
ほんとね、これがなかなかわかりづらい。

でもね、見つけたら、ほんとツチノコ並の衝撃。いやそれ以上!
もう感動もんだもんね、虜になっちゃうもんね。ビョーキになっちゃうもんね。

あれっ、話が変な方向に進んでる?

そうそう、ツチノコ智はとんがってたのよね。
もう話を聞いてたら、Jrでありながら大御所的な存在でしょ、貫禄でしょ。
でも、本人は特に意識してやってるわけじゃなく、普通にしてただけなんだろうけど。
ま、それがすごいんだよなぁ…。

みんなから当時はああだった、こうだったと言われてる時の大野くんの表情がね、好き。
本人はほとんどしゃべってないのに、どんどん周りで話が盛り上がっちゃって…。
それを聞きながら、とまどったり、照れくさそうだったり、爆笑してたり。
表情でね、その時大野くんの感じてることがわかるような気がするの。
(私の勝手な思い込みだけどね~)

そして、全然弁解しないよね~。自分からは…。

靴のことで注意された時も、きっと説明するのが面倒くさかったんだろうねぇ。
それにしても、やっぱり度胸が据わってるのか、動じないし、不思議な人だよねぇ。
やっぱりツチノコだよねぇ。あれっ、何か違う?

「ツチノコ」から始まり、結局「一目置かれている鼻ほじりおじさん」で
落ち着いちゃうという流れがいいよねぇ。

褒めまくるんだけど、やっぱり落としちゃうの。

ウッフンゴリラの相葉ちゃんの「ううんっ」は
おいおい流して大丈夫なのかっていうくらいのエロさだったわね。
思わず巻き戻してもう1回観ようかと思ったわ。家族がいたから我慢したけど(^^;)。
もちろん一人の時にリピートしまくりました。

ニノの「うっ」からの間髪入れない「うっふん」も相当なもんだったと思うけどね。
あの間合いに爆笑した。

しかし、この「うっふん」はどうせなら全員やって欲しかったわ~。


ところで、今日の『めざまし』は華嵐だったね。
東京タワー見に行きたーい!無理だけど…。

そして、今日は『ザ・テレビジョン』買ってきました。
今年の雑誌初買いはこれだった!
どれもかっこよく素敵なんだけどさ、手がね、やっぱり好きなのよ。

*アンテナ智*

『しやがれ』斗真くんゲストの回の感想、昨日アップするつもりだったのに、
おそくなってごめんなさーい。
でね、やっぱりまたまた懲りもせずにやられてしまったわ~。

もうおわかりかしら…。そうです。胸元です(*^^*)

                しやがれ

ここまで開ける必要ありますか?
いえいえ、もっと開けてもらっても、私は一向に構わないんですけどね。
一体誰の差し金なんでしょうね。それとも本人自らやってるんでしょうかね。
だとしたら、だとしたら~!小悪魔智にも程がある~!

あれっ、私の感想ワンパターンになってませんかね…(^^;)
えっ今に始まったことじゃない?あっそうですね。失礼しました~。

そうそうニノもね、ガッツリ胸元開いてたのよ、奥様~。
角度によっちゃけっこうきわどくて、おばさんはドギマギしてました。
何なのよ、この二人は~。

オープニングトークはね、「ボタンも全部あったな」
落ち着き払った声にやられました~。
何でこんなに男前なの~。「あったな」がとんでもなく好き~。


相葉ちゃんブチギレ事件。
いやいや、意外や意外。若かりし頃の話はほんとにおもしろい。
「キャッキャッやってるのもイライラしてた」って聞いて、長女が「真面目なんだ」って。
確かに、相葉ちゃんが一番キャッキャッ言いそうなのにねぇ。
でも、キャラができる前って、もしかしてそういうことなのか?
ニノが以前相葉ちゃんのことを尋常じゃない人見知り…って言ってたけど。
実は、私なんかが知らないいろんな面を隠し持ってるんだろうねぇ。

私は、相葉ちゃんが時折のぞかせる繊細だったり哀愁漂ってたりする表情についついやられちゃうんだけど…。
相葉ちゃんのまたちょっと違った面が見れて、新鮮でした。

でね、その後、櫻井くんが「俺とか大野くんは…」って言ってるの。
櫻井くんが「大野くん」って言ってる!って、一人テレビの前で興奮してました。
いつも「大野さん」もしくは「智くん」なのにねぇ。珍しいねぇ~。
一人で妙にテンション上がっちゃったなぁ。

しかし、そんな櫻井くんは意外や意外実はファッションのカリスマだったとは~!
「翔くん、なんでそんなになっちゃったんだ」って、斗真くん。
私は今の櫻井くんでも…ていうか今の方が好きかもねぇ。
みんなにいじられて、ちょっと困り顔の櫻井くんが大好物なの!

しかも、スーツ派、きれい目代表が大野智とは!
否定するでもなく、ただただうなずく智に万歳!

この後の「こうやって大人になっていくんだね」のニノの声が良すぎて、
テレビの前で「声!」とまた一人大興奮。
映画のワンシーンかと思ったよ。

そして、ネタ自体は相当地味なのに、異常な盛り上がりを見せたのは
何と大野くんの携帯のアンテナが3mあったという証言。
(あくまでも証言ね。本当にあったら、天井突き抜けてますから(^^;)

大野くんたら、思わず席を立ってしまうほどの衝撃な過去なのか。
アンテナが3mだけで、そんなに動揺しちゃうんだ、智!
あなたの弱点がさっぱりわからない。

背中向けてるし、手で顔映んないし、どんどん隅に行っちゃうし~。
くそ~っ、その後ろ姿を網で捕獲しちゃうぞ!

しやがれ1 しやがれ2

「先生、お願いします」とニノに促され、ふと我に返った感の大野先生。
顔がおっさん化してますけど、大丈夫でしょうか。

でもさ、あどけない顔の大野くんがさ、ぼーっとした顔の大野くんがさ、
当然のようにアンテナを限界まで伸ばし、
ごくごく当たり前のように携帯を手にしてる様を想像するだけで、
幸せな気持ちになってしまうのはなぜでしょう~。

ネタは地味でも、みんなが同じ思い出を共有してて、異常な盛り上がりを見せちゃうこの感じ、
いいね、いいねぇ。

あ~また長くなってしまった…。
続きは、また後で~。

*Mステ『ワイハ』*

ここ数日は、長女の大学入学の手続きをしたり、必要な物をいろいろ買いに行ったり、
次女のバスケ部の行事に参加したりとなかなかゆっくりパソコンの前に時間がなくて…、
やっとMステの感想だよ~。


まずは、ミニステのわちゃわちゃ嵐~!と言いたいところだが…。

大野くんの胸元パックリにやられた!
もう~っここまで来ると、わざとやっているとしか思えーん。
誰の仕業だ。本人か、それともスタイリストさんか、はたまたニノか、いや松潤か!
(いやぁ、何となくそんな気が…(^^;)
これ以上、おばさんを惑わせてどうする気だ!

                   Mステ1

白い胸元になぜか今日はネックレスの2つ使いだ。これが妙にエロい。とんでもなくエロい。
山Pみたいに素肌にジャケット、アクセサリージャラジャラつけられた日にゃぁ~、
私は正気を保てる自信がなーい。でも、見てみたーい。(おばさんの欲望は果てしない…)

                   Mステ2

でもさぁ、顔は…ほんとあどけないんだよね。
ところが、ちょっと眉間にしわ寄せたりすると、ものすごく男くさい表情になったりしてね。
テレビの前で、メロメロだよ~。


HYさんとの電話番号のくだりは、スタジオが一瞬で智ワールドになっちゃってたねぇ。
ちょっとよそ行きチックな声とほんわか過ぎる目尻にやられたわ。
見守る4人の表情もほんわかしていて、一体君たちはどんだけほんわかなんだよ。

おまけに、CM開けの大野くんのカメラ目線もほんわかだよ。
いつもにも増してほんわか全開だな。なのに、胸元は…。(えっ、もういい?)


『ワイルド アット ハート』はまたまたフルだったねぇ。嬉しいよぉ~。
(でも、これが見納めなの…?)
今回は特に書くことないかな…と思ったんだけど、またまた新たなツボポイントが見つかったよ。

1回目の「生きていこうぜ Baby」の手を挙げるふり。
伸びた背筋、足の向き、曲げ方、挙げた右手はもちろん下ろした左手、どれもツボ。

                      Mステ3

そして、2回目の「生きていこうぜ Baby」の「こう」の腹から腰の動きが
とんでもなくツボにはまってしまい、何でだろうと思って何度もリピートした。
でも、何でかはわかんないまま…なんだけど(^^;)。

その後に両手を差し出すんだけど、力の入ってない感じの肩から腕のラインも好き。

ちなみに、にゃんこポーズの時の手はもちろん、下半身というか腰の動きもツボ。


ところで、この曲はマイクスタンドを使いながらフォーメーションもめまぐるしく変わるでしょ。
でも、嵐くん達はマイクスタンドにぶつかったり倒したりすることなく、スムーズに動いているのね。
で、ふと気がつくと、マイクスタンドがあるのは松潤だけになってて、
かっこよく蹴っちゃうというパフォーマンスも見れちゃうわけよ。

実は、それぞれがマイクスタンドの位置を動かしたり、かたづけたりしてるのね。
(やっと気がついたよ)
テレビだからうまくカメラ割りして、なるべくそういうのが見えないように配慮してるんだけど、
コンサートだと全部丸見えじゃーん。こりゃぁ、コンサートが楽しみだわ。
(行く気満々)

「ボロボロの」の相葉ちゃんソロの時、大野くんがマイクスタンドを動かしてるもんね。
その後、大野くん抜きで4人だけ映るんだけど、そのせいで大野くん一人がはずれてるのかな。
でも、タイミング的には入れそうな気もするけどなぁ…。

「そう暗闇の中で」で、ここはほんとは大野くんと松潤の見せ場なのに、
マイクスタンドをかたづけるニノと櫻井くんがかわいくて、ついつい見ちゃうだろうが~。
(特にニノ。いそいそ感出し過ぎ~)
で、この後「たとえ倒れた時は」で出てくる櫻井くんとニノのふりも好き。

5人集合した時、「見送るから~」で松潤が大野くんガン見してるねぇ。
甘えんぼ末っ子と素っ気ない感じの長男かと思いきや、その後二人目合わせてる?

「差し伸べるから」の後のターン。
スピーディーでちょっとダイナミック。翻るジャケットの裾までがかっこよくって。
やっぱり一人だけ360度以上回っちゃって、斜に構えちゃう大野くんの肩から背中にかけてがたまらん。

最後のふりの所の動きも細かくてかっこよくて、これまた大好きなんだけど、
この一瞬の動きがいいんだよなぁ。
これはコマ送りでもほんと一瞬なんだけど、探してみてちょ。

                      Mステ4

最後の「楽しかったね~」の松潤と相葉ちゃんがとんでもなくかわいいし。
それを見守る3人の表情もね。特に、櫻井くんの表情がいいのよね。

さて、明日は『しやがれ』の感想をアップできるかなぁ~。

*イエローカード*

『嵐ちゃん』のオープニング見て、テンション上がった~!
こういうのが見たかったんだよ。
嵐の冠番組は3本もあるけど、全てがバラエティ一色。
歌声はなかなか聞けないもんね…と言っても、『ファイトソング』っていつの曲だよぉ、
声が若いよぉ…って感じだったんだけど(^^;)

贅沢を言わせてもらえるなら、『エナジーソング』でお願いしたかったなぁ。


さて、釣り塾と怒りんぼキャラはどうもセットになっているらしい…という事実に
一抹の不安を感じつつ(^^;)始まった大野釣り塾!
あいかわらず怒り方に脈絡がありませんが、かわいいからよしとしましょう~。
おもしろいから、よしとしましょう~。
ぐいぐい攻める大野くんなんて、あんなにしゃべる大野くんなんて、
たまにしか見れませんから~。

しかし、あんなに「何笑ってんだ!」「釣り、なめんなよ!」と乱暴な言葉遣いの中に
ふと紛れ込んできた「お魚さんは?」って~。(仲間さんの時は「魚くん」だったよね)

一体三十路男がどの口で「お魚さん」とか「魚くん」とか言ってやがるんだぁ~。
かわいすぎるだろうがぁ~。

しかし、今回は吉高ちゃんと接触プレイが多くて、ドキドキしたよ。
「ピピーッ!そこ、くっつき過ぎー!」って、イエローカード出したいくらいだったよ。

「船んとここう当たって」とか言いながら、どさくさ紛れに吉高ちゃんの方に倒れ込むとは
どんな技だ、智!
いつの間にそんな荒技を生み出しやがった、智!
合コンの女子か!(えっ、今時こんな手使いませんか?いやいや、私はやったことありませんけどね…)

そして、「大女優。仲間由紀恵。」と今度はどさくさ紛れに指を2本折って、めっちゃ自慢げな顔をするとは何事だ、智!
吉高ちゃんが指さす手を手で制する智。「ピピーッ!」イエローカード2枚目だぞ、智!

                     釣り智1

しかも、1回目は大きく、2回目は視線そらしたままツンと小さく。
この2回目がとんでもなくツボで、ドキドキが止まらんだろうがぁ~。
何回もリピートしちゃっただろうがぁ~。

これだけで終わりかと思いきや、見切れてるけど3回目もあったよ。
くーっ、吉高ちゃんが超絶うらやましい~!!

そして、現地到着。
前回同様、現地に到着すると怒りんぼキャラから一転ご機嫌キャラな智。

吉高ちゃんに向かって、「安心して…うん…大丈夫です」だと~。
いつの間にか敬語になってるし。怒りんぼキャラはどうした!
めっちゃ優しいじゃないかぁ~!

怒りんぼキャラはウルトラマンみたいに時間制限があるのか…と思っていたら、
いつの間にか怒りの矛先は鈴木さんに向かっていたよ。

吉高ちゃんには「俺も見てたけど…」って、めっちゃ優しく話しかけてるの。
それなのに、鈴木さんから釣りの状況を聞かれた大野くん、「無えよ!」って。
八つ当たりか!

そして、相葉ちゃんの竿に反応があり、そちら側に移動しようとする時、
とうとう今回最大の事件勃発!
見た見た?奥様~!!

大野くんがさりげなく腕を差し出してるの。
おいらのこの腕につかまりなよ…ってな感じで。
おいらにつかまっていれば大丈夫だから…ってな感じで。
ぎゃ~!!!
優しい~!!
咄嗟にそういうことできる大野くんがむちゃくちゃかっこいい~!!
そして、吉高ちゃんが死ぬほどうらやましい~!!!

                      釣り智2


で、結局根掛かりだったとわかった後の鈴木さんに対する「ざけんなよ、マジでよ」の冷たい眼差し。
さっきと同一人物か。何なんだ、このギャップは。その眼差しにクラクラする。

もうソフティ&ドSのギャップに揺さぶられすぎて、私が船酔いしそうだ~。

結局、相葉ちゃんチームが勝利。
あなごを食べられず、ベストを脱ごうとする吉高ちゃんをなだめる大野くん。
おいおい、またまた接触プレイか!「ピピーッ!」もうイエローカード3枚目だぞ!
吉高ちゃん、代わってくれ~。

ゲストの吉高ちゃんにアナゴを食べさせてあげたい一心の
相葉ちゃんの二択がおかしかった件はおいといて(^^;)
大野くんの「二度と呼ばないから」の残酷発言とは裏腹過ぎる目尻にやられた~。

結局アナゴが食べられない大野くんに
「会長、僕の初めて釣った魚なんですけど…」と
勝者なのに、下から会長にお伺いを立てるキャラを演じる相葉ちゃんがかわいすぎる、好き過ぎる。

そして、「どうですか?」「バッチリ」のちょっとミニコントチックな二人がキュート過ぎるだろ。

最後の「鈴木がいたのか」が息ぴったりで、爆笑だったよ。

あ~楽しかった…。


えっ?マネキン?あ~あったわねぇ(遠い目)
うーん、大野くんの胸元しか思い出せない…。
しょうがない…この胸元に免じてイエローカードはチャラにしてやるよぉ~。

                      花柄智

*僕から行くよ*

『VS』の大野くん(蝶ネクタイ&フリルシャツ&腕まくり&黒髪)がとんでもなくかわいくて、
かっこよくて、食べちゃいたいくらいだったんだけど…。

あらためて観たら…声にやられた。

「じゃあ、僕から行くよ」
のクールな低音voiceにノックアウトされて、何度もリピートした。
実際このフレーズには深い意味なんて一切ないのに、むやみに想像力かきたてられるわ…。

あんな声で「行くよ」って言われたら、黙ってうなずくしかないだろ~。
地の果てまでついて行っちゃうだろ~。
置いて行かないで、智~!ってすがりついちゃうだろ~。

そして、ニノに目隠しされても全く動揺せず、「好プレースタート」の大野くんの口元がたまらんし。

そして、直後のほんわか&コミカル&怪物くんチックなナレーション。
なんだ、このギャップは!
しかも、イヤホン?に当てている右手が好き過ぎる。

この低音から高音、クールからコミカルへのギャップにのたうちまわりそうだ。


それから、大野くんが「俺って人のせいにするタイプだな」って言った後、
「VTRだけ観てるとね」って言うニノが大好き。
そうなの。おもしろおかしく編集して盛り上がっちゃってるけど(それも楽しいんだけど)、
ニノの一言が全てを語ってる気がする。


そして、大野くんの「美術さんに発注」の腕っ節にみとれたわ。
あ~あの腕筋で釣られたいー!


それにしても、相葉ちゃんのコメントが面白すぎて、ツボ過ぎて、何度も爆笑した。
ほんと冴えてたねぇ~。

MMDAはやっぱり櫻井くんだったね(^^;)
しっかり者で何でもできそうで、実はそういう櫻井くんも好きだよ。
でも、最後運ばれていく様は王様だったねぇ。

*まわる智*

まず…今日は長女の合格発表でした~。めでたく合格!
頑張ったもんねぇ。やっぱり努力は報われるんだよ(^^)

発表は正午にインターネットで見ることができて、ダンナや両親にはすぐメールや電話で連絡。
で、午後からは次女の授業参観が入っていたんだけど…。
前日に次女が、学校に来たら結果を教えて欲しいって言うので、
じゃぁ目が合ったら、こうするね(頭の上で手を丸を作るポーズ)って言ったら、
ダンナがローラのマネをしたら(ほっぺで丸)だって~。
そりゃぁいいね…ということで、廊下(もちろん先生の死角)からローラのポーズで合格を知らせました。
次女もすぐわかってくれて、ニコニコ。
先生、こんな母親ですみません…(^^;)

これからいろいろ準備で忙しくなるけど、その方が寂しい気持ちも紛れていいかもねぇ。
長女とはかなりケンカもしたし、母としての器の小ささに悩んだ時期もあったけど、
今月は内職もお休みしているので、一緒に買い物に行ったり、料理などの家事を教えたりと
娘との時間を堪能したいと思います(^^)

さて、前置きが長くなっちゃったけど、『音楽のちから』

赤いパンツの大野くん、ほ、ほ、細いよ~。
何だか心配になっちゃうくらい足が細くて、お尻も小さくて、体も薄くて…。
私の目はほぼ下半身に釘付けだったよ。
って、変な意味じゃないよ…ていうか、若干そういう意味も入ってるかも…(^^;)
やだぁ、もうこれ以上は勘弁して~(って、自分で言い出したんだろ)

そう言えば、いつも嵐くんについてあんまりコメントしないダンナが「櫻井くん、やせたねぇ」って言ってた。
確かに頬がこけてる感じだったよね…。
おいおい、大丈夫か。みんなちゃんと食べてるかーい。

『ワイルド アット ハート』は、やっぱり前回フルで観ちゃったもんだから、
若干物足りなさはあったものの(^^;)やっぱりかっこよかった、かわいかった~。

今回のツボポイントは1カ所だけ挙げちゃうわね。

「そう暗闇の中で」の時、マイクスタンドを握る右手の動きに釘付けになった。
ギュッて握らず、優しくやんわりと握るのね。その仕草だけでイチコロです(*^^*)

でね、実は…今回の私の最大のツボは『感謝カンゲキ雨嵐』にあったんだわさ~。

それはね、「Smile again I'm smiling again」の後に
手をくるくるさせてからターンする一連の動き。
たまたまいた長女にここのターンがきれいなんだから!と言って見せたら、
「スマートだね」って言ってた。
わかるのか!やっっぱりわかるのか!
大野くんどころか、嵐にもアイドルにもダンスにも興味がない長女にもわかるのか~!
そうなの、スマートなの!
そして、コンパクトなの。無駄な力を使わずにさらっと美しく回っちゃうの。

で、一人の時にここだけ激リピした。(長女の前じゃできない…)

ターンだけでこんなに見とれちゃうなんて(*^^*)
ターンの入りから回り終わりまでの姿勢が全てきれい。
手や足の位置、顔の向き、首筋、どれもが完璧でコマ送りでガッツリ確認した。
それにしても背中や首筋から醸し出される色気が尋常じゃなくて、
気持ちの持って行き場がなくて、テレビの前で途方に暮れた!

  ターン1  ターン2  ターン3  ターン4 ターン5

それに、最後は360度以上回っちゃって、一人だけ斜に構えている大野くんがそれはそれはかっこいいの。(あ~、かっこいい…しか書けない自分がもどかしい、くやしい)
その後、左足を後ろに引いて、右足を一歩前に出した時の立ち姿のきれいなこと。
もう~ターンって一体あんたの何なのさ…と逆ギレしたいくらいだよぉ~。(完全に意味不明…)

            ターン6  ターン7  ターン8

『Happiness』はね、最後のポーズの時の大野くんの人差し指の長さに見とれた。(それだけか!)

さぁ、明日は『Mステ』だねぇ…ていうか、今日の『VS』の大野くんはほんとにかわいくてかわいくて…食べたいくらいだったよぉ~。
で、今は『嵐ちゃん』やってるよね。後で一人でじっくり見よう~っと。

*ワイハ嵐+追記!*

『HEY!×3』の『ワイルド アット ハート』 まさかのフルだったねぇ。嬉しいよぉ~。
ほんと秘蔵映像にならなくてよかったよ、浜ちゃん(笑)

私の第一印象はね、ガッツリ踊ってる。激しい。
フォーメーションがめまぐるしく変わるのがツボ。
ダンスのパターンも様々&てんこ盛りで、どこを見ても楽しい、見応えがある。

そして、とにかく5人が楽しそう、これが一番!見ている私も予想を遥かに超えて楽しい!

それに、やっぱりすごいよね、この5人は…って思った。
そして、やっぱりこんな5人が見れて幸せだ~って思ったよ。

出だしはね、意外にクールでかっこいい振り付けにびっくりした。(PVでは、かわいい振り付けっていう印象だったから)
で、思っていた以上にガッツリ踊りそうな予感にワクワクドキドキした。

まず、細かい動きの中で大野くんの左手がひらひらしてるよ~。なぜか大野くんの手の動きに弱い私です。
(『Love Situation』とか『COOL&SOUL』とかね)

そして、このクールな振り付けの極めつけは、やっぱり足でマイクスタンドを立てるところでしょ。
いとも簡単にさらっとやっちゃってるのがかっこいいのよ。
でも、「アー」でアップになる大野くんはやっぱり少年みたいにかわいかった(はぁと)。

そして、PVで見たあの振り付け。
PVでは大野くんは後ろの方にいたんだけど、やだぁ端っこだけど前に出てるし。嬉しいよ~。
特に「どこかへSomeday」の振り付けが好きだなぁ。

「強い風が…」は松潤とのユニゾン。ここはマイクに手を掛けて、歌ってるだけなんだけど、絵になるのよね~。

                       HEY智3

そして、「吹いても」でまたまたアップ。またまた一時停止。あ~目尻がたまんなくかわいいねぇ。
そう言えば、髪けっこう伸びたね。きっとドラマが終わるまで切れないから、まだ伸びちゃうね。楽しみだわ。

「どれだけ逃げても」の後ろに下がりながらの振り付けも何だか新鮮だし、体くねくねがいいじゃないのぉ~と思ったら、カメラ切り替わっちゃたわ。

「答えがあるのか」で、またまたアップ。
シャツがちょいちょいはだけるのにドキドキするわ。
あ~やっぱり男前度が上がってる気がする。かわいさがパワーアップしてる気がする。
気がするんじゃなくて、実際そうなのよぉ~。

「そしてここではない」の指がきれいよ~。あえてここで大野くんの手を映してくれるなんて、嬉しいじゃないの。

「明日は明日の風にまかせ」のマイクスタンドを使った振り付けが懐かしくて、かっこいいの。

                       HEY智4

「息切らして走るday by day」短いけど、ソロだよ。振り付けもかっこいいわ。
「似合わない」の顔がとんでもなくキュート。
「燃え尽きても」で、なぜか大野くんだけ顔が出すのが嬉しくって。なぜ大野くんだけなのかは謎だけど(^^;)

「ボロボロのプライドでも」の相葉ちゃんの振り付けがかわいいよねぇ。しかも、櫻井くんがシンクロしてくるのがね、お兄ちゃんが来た来たって感じで妙にテンション上がっちゃうの。

でも、「君がいるから」では、なぜか大野くんだけ映ってなーい。
もしかして、この後ソロ来るのか…と思ったら、違った。

大野くんの方向転換に目を奪われてたら、ニノが松相のトンネルをくぐってるし。
おいおい、見どころがあり過ぎて忙しいよ~。

櫻井くんを指指す3人。
「振り返らない」と歌いながら、3人の方を振り返る櫻井くん。どんだけ好きなのぉ。


                        HEY智5

「もし旅立ちを決めたときは」で足上げるところ、大野くん映ってたねぇ~。1回目は映らなかったら、嬉しい
「約束」の小指なんて、たまんないし。

「そう、暗闇の中で~」はPVの時の大野くんの表情が激ツボなんだけど、ここでは松潤と接近してたわね。
ていうことは、コンサートではここが二人の密着ポイントになるってことかしら~。

カメラの前を順番に通り過ぎる5人が楽しそうで。
この振り付け、フォーメーションの移動が自然で、パターンも様々で、全然飽きない…ていうか、これ覚えるとしたら、相当たいへんそう。(って、覚える気ないけど。覚える記憶力もないけど)
『Crazy Moon』に所々振り付けが似てるなぁっていうとこがあったんだけど、同じ人なのかしらねぇ。

「明日は明日の」で前かがみになって膝に手をつく振り付けが男前で好き。

最後、大野くんんめっちゃカメラ目線だったしね。

とにかく予想以上に楽しくてたまらない歌&振り付けにテンション上がりまくった。
これだけ書いても、まだ書き足りない気がする。もうお腹いっぱいだ~。

そうそうCD(通常盤)も今日届いたよ。
じっくり聴き込んでから、感想書きまーす。

*追記*
明日の『めざまし』で嵐の映像が流れるみたいですね。
「嵐が魔法で空を飛ぶ」ということで、新CMについてみたいです。
何のCMだろう~。楽しみだな、ワクワク。

*まさかのおじさん化?*

昨日の『HEY!HEY!HEY!』超絶楽しかったね~。

まず、初っぱなから黒髪&黒インナーの智にノックアウトされた!
しかもVネックがどんだけ深いのよ~。そんなに深くしちゃっていいんですか?
皆さん、テレビの前で倒れてませんか?
きゃぁ~もしかして私の心見透かされてる?くらいのツボなんですけど…(*^^*)
あんなにVが深いなんて~、スタイリストさんに感謝~。

                      HEY智1

ところが、パンツの色がまた度肝を抜いていて、これまたびっくり。
しかし、私はそんなことより、後ろの席とはいえそんなに大股開きでいいのか…って、そんなことが気になってました。
私、あんな風に足広げてすわる人って基本NGなんだけど、大野くんだとたまんない。(何がたまんないのかはわかんないけど、かすかなオラオラ臭を感知するからかしら)

そして、来たね来たね~、ミニスカポリス!
福岡の最終日にはカメラが入ってないという情報を目にしていたので、完全にあきらめてたのよ。
それなのにそれなのにまさかテレビでお披露目なんて。いや~ん、放送しちゃっていいのかしら~。
てことは、DVDにも入るのか。もしかして、もうここで見せたからいいだろうっちゅうことで、DVDには入れないなんていう蛇の生殺し的なことはまさかやらないわよね~。(でも、智の記憶は入ってなかったしなぁ)

いやぁ、筋肉質なのに美脚な3人がたまんない。
もうっ、目線が完全におじさん化してしまうじゃないのぉ~。
あれっ?でも衣装は青だったのね。私てっきり赤いミニスカだとばかり思ってました。そっちの方が刺激的じゃね?
颯爽と歩いてくる4人、なのになぜか座り込んでる櫻井くん。もしかして、腰抜かしちゃった?
ラストは、お約束のみんなで仰向けになっちゃうのが好き。

しかし、生足NGで網タイツOKっていう基準は確かに難しい…ていうか、笑った。
ある意味、網タイツの方がエロいんじゃないかという気がしないでもないし。

それにしても、嵐くん達が初めて買ったCDが最近過ぎて、今更ながら年代の差を痛感した。
そうだよなぁ、いつも大野くんとの年の差ばかり計算してるけど、ニノと松潤とは17歳差なんだよ。ガーン。
(ダウンタウンの二人の年を合わせたら100歳近いって話を聞いて思わず笑っちゃったけど、気づいたら私も似たようなもんだった…)

ちなみに私が初めて買って貰ったレコードはアグネス・チャンの『草原の輝き』(いらない情報?)

嵐くんたら、ピンポンパン体操知らないんだね。私、テレビの前でガッツリ踊ってたよぉ~。
そして、私の歌謡曲に関する一番古い記憶は『また逢う日まで』と『喝采』なの。
(でも、今あらためて聴くと、大人な歌詞よね。喝采なんて、悲しすぎるし…うっ)

おいおい、また横道に逸れてますよ~。

「嵐の名曲ベスト10」って、確かネットでも投票受付受け付けてたんじゃなかったっけ。
名曲と銘打ってるけど、確かシングル限定だったような。
今確認してみたら、シングルで5曲までだったらしい。

ということで、選んでみた。(今更?)
まずは、絶対!何が何でも!『とまどいながら』
常連さんはご存知だとは思いますが、私が智voiceに堕ちた記念すべき曲。
私の中では、すでに殿堂入りを果たした名曲の中の名曲でございます。

『Crazy Moon キミハムテキ』 曲はもちろんだけど、PVが大好きなの。振り付けもかっこいいよね~。

『truth』 曲はもちろん、やっぱり成瀬ビジュアルの大野くんが素敵過ぎるから。

『Eerything』 嵐ファンになってから、この曲嵐だったんだねぇって思った曲。
auのCMって今あらためて見ると、けっこう覚えてたりするのよね。曲がけっこう印象的なの。
なぜその時ファンにならなかった?

そして、やっぱり『Monster』かな。これはやっぱりはずせないよね。

大野くんもけっこうしゃべってて嬉しかったな…。
特に上島竜兵トークの時の手にみとれちゃったんだけど。

                     HEY智2

しかし、竜さんの話を聞いてる時、私はすっかり竜さんに感情移入しちゃうんですけど…。
やっぱり私、おばさん通り越しておじさん化してますか?

赤い帽子をかぶって来なかったのは、照れくさかったから。
それとも、3つももらっちゃって選べなかったから。
もしくは、もったいなくてかぶれなーいとか。

いかん、いかん、またまた長くなってしまったぜよ~。
ということで、肝心の『ワイルド アット ハート』の感想はまた後で~。

ワイハ智&カモ~ン智

今朝は、スペースシャワーTVで『ワイルド アット ハート』PVを捕獲!
でも、まだShort.verだから、2分弱なんだけどね…(^^;)。

まずモノトーンの衣装でぐるぐる回る嵐くん達。
あ~、大野くんのビジュアルがもんのすごくツボ。
あのくらいの髪の長さ、髪色、ボリュームが私は特に好きなのかもね。
しかも、「自由はいらない」でアップになった時の大野くんがほんとにかわいくってねぇ。
一時停止してガン見した。
もうねぇ、これが三十路か?てな勢いよ。あのあどけない表情は少年だろ。目がキラキラしてるよ。目尻が好き過ぎるよ。もうおばさんはこれだけでクラクラ。
それに、時々動きが怪物くんチックになってるのがまたかわいいのよね。

壁に挟まれる嵐くん。
あ~ん、大野くんの手がやけに男っぽくて色っぽいわ~。
何だか手に吸盤ついてそうな感じよね。そのまんま壁を登って行っちゃいそうよね(って、褒めてんのか)。
しかも、手をこちら側に差し伸べる大野くんの映像が挟み込まれてるし。一体どうする気だよ~。

「答えがあるのか」での松潤とのハモりは、なぜか大野くんの動きがダチョウ倶楽部チックになってるのがかわいい。
しかも、やっぱり二人くっついてるし~。コンサートでもやっぱりくっついちゃうのかしらねぇ。

キラキラ衣装で踊る嵐くん達。
大野くんは左後ろなんだけど、とにかくガン見。
振り付けもにゃんこちゃんみたいで、かわいいよねぇ。
スタンドマイクを使った振り付けって何だか懐かしい感じだけど、でも嵐くん達がやると新鮮でいいわね。

そして、狭い空間に押し込められたいちゃこら嵐はなかった~。
これは後半に出てくるのね。早くフルで流しておくれ~。
アイドルなのにあんな無防備な体勢の大野くんがたまんないわ~。

とにかく楽しそうなPV。早くフルで観たいわ~。
まずは、今日の『Hey!×3』で歌ってくれるわね。楽しみ~!!

私は初回限定版は予約してないけど、結局通常盤は予約しちゃったよ(^^)v
『ワイハ』もなんだけど、私はカップリングで楽しみで、楽しみで…。

                       


『しやがれ』は、やっぱり「カモ~ン」よね。
花子姉さんの模範演技を見る時は、照れくさそうにしてまともに見れない感じだったのに、瞬時にスイッチ切り替わっちゃうし、完コピだし…っていうか本家を遥かに超えてるし。

とにかく声がエロくて、困った。(ご存知の通りほんとは困ってない…。カモン、カモ~ン!ウェルカムだよ)
『Boys be ambitious』を思い出したなぁ~。(これってお智達が送ってくれたんだけど、家族が一緒の時にこれをカーステレオで聞いたら、若干気まずかった~)

あの吐息っぽい声なんて、ゴールデンで放送していいのか…って感じだったし。
相葉ちゃんの「日焼けサロン」よりこっちにピー入た方がいいんじゃないか…っていうくらいのエロさだったし。(ていうか、ほんとにピー入れたら暴れるけど)
そう言えば、相葉ちゃんの日焼け跡はしっかり隠してあったわね。そこまでやるんなら、見せやがれ!(おばさんの叫び)

それにしても、声のトーンがさ、花子姉さんのトーンにちゃんと合わせてるよね。
アルフィーの桜井さんと歌った時も、長渕さんに「ガーッ」を伝授された時も、咄嗟に声のトーンとか声色を合わせられるのに、毎度びっくりしちゃうんだけど。

しかも、花子姉さんを遥かにしのぐあの色っぽさは一体何?
もう~やるとなったら、みんなの予想以上のものを咄嗟に魅せちゃうんだから。

だから、サトシックはやめられないのよ(*^^*)

*聞かせてください 第2弾の結果*

聞かせてください 第2弾の結果でございます!
今回は8名の方にコメントいただきました。ありがとうございます。

ちなみに嵐の曲に限って集計させていただきました。
選んで頂いた曲は、全部で23曲
皆さん、いろんな曲を着信音に使われてるんですね。
しかも、相手によって曲を使い分けたりして…読んでいて楽しかったです。
中には、過去にこういう曲も設定してました…っていうのもあったんですが、それも一緒に集計しています。

(今回も年代順に並べています。Sはシングル、Cはカップリング、その他はアルバム名ですが、
もしかしたら間違っているかもしれませんので、お気づきの方はお知らせ頂けると助かります。
その場合は随時訂正させて頂きますね)

まず、複数票獲得した曲が4曲ありました。
その内2曲がソロ曲、やっぱり来ましたね~。
着信音ということで、やはり元気が出る曲やアップテンポの曲、盛り上がる曲がが多いですね。
でも、その中でも『静かな夜に』が2票獲得というのが興味深いですね。

<3票>
『曇りのち快晴』('09 S ソロ)
大野くんのソロは大人っぽい曲やクールな曲が多いけど、これはその中ではちょっと異色な感じもしますね。
でも、そんな明るく元気な曲調が着信にぴったりなのかも。
『迷宮ラブソング』('11 S)
やはりタイムリーな曲ということで、着信に使われいる方が多いのかな。
すると、今度は『ワイルド アット ハート』に票が集まりそうな気も…。

<2票>
『僕が僕のすべて』('08 C)
これまた明るく前向きな曲なんだけど、ちょっと切なげな感じもあって、そこがいいですよね。
個人的には、嵐ファンになってから、あ~これも嵐だったんだなぁ~って思った曲の中のひとつです。
auのCMソングって、いい曲多いですよね。
『静かな夜に』('10 僕風景 ソロ)→voice16
大野くんの切ない哀愁を帯びた歌声が1曲まるまる堪能できる貴重な曲ですよね。
でも、ふいにこの歌声が流れてきたら、何も手につかなくなっちゃいそう(^^;)

<1票>
『a Day in our life』('02 S)
『途中下車』('04 いざNow) 
『kissから始めよう』('06 C) 
『ファイトソング』('07 C) 

('07 Time)
『いつまでも』
『Di-Li-Li』
『ROCK YOU』→voice10

('08 A Live)
『Do my best』
『シリウス』

『しんぷるしんぷる』('08 CM ソロ)
『truth』('08 S)
『ふるさと』('10)
『ever』('11 C)
『Lotus』('11 S)

('11 Beautliful)
『morning light』→BW4
『虹のカケラ』→BW2
『negai』→BW3
『Hung up on』(ソロ)→→智ソロ

『ワイルド アット ハート』('12 S)

23曲中、大野くんのソロ曲は4曲(これが多いのか少ないのかはわからないけれど(^^;)
シングル曲は6曲。(これも多いのか少ないのかはわからないけど(^^;)

ちなみに、前回の第1弾とはあんまり曲がかぶってないんですよね。
第1弾のA第1弾のBも、ガッツリ聴きたい曲、あらためて聴きたい曲になるのかもしれませんね。
そして、今回は日常にふいに流れてくるというシチュエーション上、また違う視点での選曲になったのかも。

でも、『途中下車』は唯一どの部門にも入ってるんですよ。これまた興味深いですね~。

私の印象としては、全体的にわかりやすいというか、ぱっと思い浮かべやすい曲っていうのかな…そういうのが多いような気がします。あくまで私の個人的な感想ですけどね。
そのせいなのか…比較的新しい曲が多いんですね。

それから、意外なところでは、『神様のカルテ』のピアノ曲というのもありました。
そういう選曲もありなんだなぁと、目から鱗でしたよ。

嵐以外の曲もけっこうありましたね。
ファンモン、BUMP OF CHICKEN、スカパラ、Perfume、エレクトロニカルパレード、オペラ座の怪人など。
みなさん、嵐に限らずいろんな曲聴いてるんですね。
私も他のミュージシャンの曲聴いてみようかな…と思いつつも、結局嵐しか聴けない私なのでした(^^;)

コメントをいただいた
くろちゃん、teddykunさん、おダンゴさん、ひなさん、cicoさん、yoco**さん、
拍手コメントのBさん、Hさん
ありがとうございました(^^)

また何か思いついたら、企画を立ち上げたいと思いますので、その時はよろしくお願いします(^^)

*お知らせいろいろ*

聞かせてください 第2弾の結果は、明日にはアップするつもりですので、お楽しみに(^^)

それから、先日の受験旅行の様子は別ブログにアップしています。興味のある方はどうぞご覧になってくださいね。

ところで、来週は嵐目白押しですね!
普段はこういうお知らせはあんまりやらないんですが、どうしてもお伝えしたくて。

月曜日 『HEY!×3』
水曜日 『音楽のちから 2012』
木曜日 『VS嵐』
      『ひみつの嵐ちゃん』大野くんの釣り塾再び!ゲストは吉高ちゃん。
金曜日 『ミュージックステーション』
土曜日 『嵐にしやがれ』

※『Mステ』にも出るんですね。追加しました。
ほぼ毎日嵐くんが見れるなんて、幸せ(*^^*)

ナイーブの新CMのオンエアも始まったみたいだし(私はまだ捕獲できてませんが)、
ムーンライトのCMも再来週あたりから流れそうですね。

『鍵のかかった部屋』に向けて、雑誌祭りもまた始まりそうですね。
実は私…今年に入ってから雑誌はまだ一冊も購入していません(^^;)
さて、初買いは一体どの雑誌になるんでしょうか~。

こうなったら、後はライブDVDの発売を待つだけか?早く発表してくれ~。
落ち着かないよ~。

ちなみに昨日の私は、『福嵐』のハンバーグレポートの大野くんと
『ワイルド アット ハート』PV(めざまし)の大野くんに釘付けになっておりました。
あ~たまんない…。

*追記*
今日買い物に行ったら、ナイーブ智を発見!
周りに誰もいなかったので、勇気を出して写メってきました。
(しかし、これって去年の大野くんだよね。トロピカルって去年の限定品だよね。なぜ今頃…)

                         ナイーブ智

とりあえず、買ってきましたよ。
ピーチには、濃密泡洗顔がおまけでついてました~。


                         2012_03030023_convert_20120302155949.jpg

*濃密泡智*

今日は長女の卒業式でした。
とにかく式の間はね、寒いよぉ話が長いよぉという感じで、途中うるっとはしたものの、とにかく早く終わってくれ~と思っていた私(^^;)。

でも、教室に戻って、子供達一人一人の想いを聞いてたら、泣けて来ちゃって。
で、いよいよ我が子の番。親への感謝の気持ちを述べてる子も何人かいたんだけど、うちの子は恥ずかしがって言わないかな…と思ってたの。
そしたら、最後に「お母さんには…」としゃべりだし、涙腺崩壊よ。
もうね、『怪物くん』公開初日の大野くんばりに(見たわけじゃないけどさ…)ひっくひっくなりそうだったのを必死に堪えたわ。

まぁね、いろいろあった3年間。
親も子も泣いたのは1度や2度じゃなかった。
こんな母親でいいのか…と悩んだ日々もあったよ。
でもね、無駄なことなんて何一つないって、大野くんも言ってたもんね。
きっと長女も私も少しずつ成長できたはず…。

さぁ、こんな時は『season』を聴こうかな…。


さてナイーブの新CMがアップされましたね。
(でも、なぜかうちのパソコンだと見れないのよ…。だから、某チューブで見てきた(^^;)
まず濃密泡洗顔の智の声にやられた!ぎょぇ~、うもれる~うもれてやる~。
まさかこんな低めの落ち着いたトーンで来るなんて、全くの想定外。
しかも、やさすぅい~。声そのものが濃密泡だよ。包み込まれたいよ。

中でも、「クリームなのに」「なのに」がツボ~!やっぱりナ行に弱いのか、私は。

「こんなのなかった」で急に声のトーンが変わってるし~。

あ~ブルーと白のシャツがすこぶるお似合いだし、お茶目智が混じってるし、かわいいよぉ~。

肌アミノ理論の智は、コミカルなのにやっぱり動きがきれい。

あ~早く捕獲しなくては!