FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年12月
ARCHIVE ≫ 2011年12月
      

≪ 前月 |  2011年12月  | 翌月 ≫

*大野智voice その21*

智voice その21は、冬ソング『忘れられない』

…ですが、今回の記事はいつもにも増して前置きが長ーーいです(ていうか、前置きの方が長いかも(^^;)。ので、適当に読み飛ばしちゃって下さいね。(自分の覚え書きも兼ねてるので、思い出したこと、気になったことを片っ端から書いてます)

これは『Beautiful days』のカップリング曲。ということで、3年前の曲になりますね。

【送料無料】Beautiful days

実は私…『流星の絆』が大好きで、はまって観てました。笑ったなぁ、泣いたなぁ…。毎週楽しみだったなぁ。それなのに、なぜか前クールの『魔王』は観てなかった…という(^^;)。

『Beautiful days』は何となくいい曲だなぁとは思ってたけど、特にはまることもなく…。(大野くんのソロもないしね) しかし、当時…もし、このカップリング曲を聴いていたならば、私は智堕ちしていたんでしょうか。今となっては、考えてもどうしようもないことですけど…。時々こういうこと考えちゃうんです。(私の傾向として、カップリング曲の方にはまっちゃうんですよね)

私、この曲を聴いた時、瞬間的に『神様のカルテ』の映像が浮かびました。といっても、一止(櫻井くん)が浮かんだわけではなく(^^;)、青く澄み渡った空を背景に延々と連なる雪山の頂の映像なんですけど…。
映画のエンディング、確かこんな感じの空撮の映像が流れてませんでしたっけ?(私、記憶力あんまりよくないんで、自信ないんだけど…。何かと記憶がすり替わっている可能性もなきにしもあらず(^^;)

曲調が壮大でスケール感があって、真っ直ぐで、切なくて…。ものすごく私好みの曲。

もちろん歌部分も好きですが、間奏もいいんですよね。
ピアノの音が切なくて心に染みいる感じ。
そして、あの切ない笛の音は何ていう楽器なんでしょうねぇ。ちょっと尺八っぽいんだけど、アンデスっぽくもある。『コンドルは飛んでいく』を思い出します。

そしたら、『FNS歌謡祭』でゆずが出ていた時に小太りのおじさん(失礼…)が奏でる笛の音色を聴いて、これよ!これ〜!と。
調べてみたら、この方は瀬木貴将さん。(有名な方らしいですね)楽器の名前はサンポーニャとケーナだそうです。
しかし、嵐のCDには演奏者等々については一切記載されていないので、どなたが演奏しているのかはわからず…でしたが、調べてみたら、どうもこれも瀬木貴将さんの演奏みたいですね。
思わぬ出会いに一人興奮する私でした。

では、肝心の智voice、ここからですよ〜。

さて、『忘れられない』も『冬のニオイ』同様、ソロは大野くんのみ。フレーズ自体は長くないけれど、かなりインパクトのある歌声です。

初っぱな大野くんのソロから始まります…。

長い夢の終わりのその向こうに ひとつひとつ(息継ぎ)僕らは離れてく

雲間から光が差し込んでくるような前奏、そこへ飾り気のない素直な歌声が真っ直ぐに響いてきます。感情を込めるわけでもなく、ただ淡々と真っ直ぐに響いてくる歌声。なのにね、ここで心をガッツリつかまれちゃいます。
歌い方はフラットなのに、なぜここまで心をつかまれちゃうのか。フラットだからこそなのかな、何でも受け止めてくれそうじゃありませんか、この歌声。安心して身を任せられる歌声なんです。

そして、この歌声、空を吹き渡る風のようじゃないですか。

そう言えば、この部分、山びこのように歌声が追いかけてくるんですが、これも大野くんの声なのかな…。

それから、「ひとつ」の後に息継ぎの音が入ってますねぇ。ほんと一瞬ですけど…「ふっ」って息吸ってます。あんなに瞬間的に息継ぎできちゃうもんなんですねぇ。

あきれるど君を〜 

「ほど」の「ほ」が大野くん独特の裏返りそうで裏返らないハ行の音。

「君を〜」のビブラートがとんでもなく好きなんですけど、こんなに力強くて切ないビブラートがあるんですね。力強さと切なさって、こんなに絶妙なバランスで表現できるもんなんですね。
でも、あっという間に終わっちゃいます。もっと聴きたいのに…。でも、聴いていると、胸が締め付けられるんですよね。でも、やめられない…。
眉間のしわの大野くんが目に浮かぶわ。

大野くんのビブラートって、押しつけがましくないでしょ。
このビブラートも力強いけど、ビブラート効かせてやったぜ感は全然ないでしょ。
でも、不思議だよね。心にはしっかりと響く。

この胸 突き刺さる

力強く真っ直ぐな歌声。短いフレーズだけど存在感たっぷり。

あ〜この曲、是非コンサートで聴きたいね。会場に響き渡る智voice。想像しただけで泣きそうだよ。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト