be with you 3104

2011年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年12月
ARCHIVE ≫ 2011年12月
      

≪ 前月 |  2011年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

*年の瀬に太郎ちゃん*

バタバタと忙しい日々を過ごし、5日間もブログから遠ざかっておりました。
(もっと遠ざかっていたような気がしたけど、そんなもんなのね〜)

忙しさのあまり、相葉ちゃんへのお誕生日メッセージも忘れてしまったという…。
とりあえず、相葉ちゃんおめでとう〜!(こんな付け焼刃的なコメントでほんとごめん)
ずーっとずーっと好きだからね〜。

とにかく内職が忙しく、そして夜はここ数日あることに熱中しておりまして。
この年の瀬にやることか…と思いつつ、どうしても年内にやりたーいという私の熱い思いがありまして…やっと昨夜完成。
詳しいことは後日アップしたいと思います…って、そんなもったいぶるほどのことでもないんですけどね〜。

結局、『怪物くん』は行こう行こうと思いつつもレディースデイの月曜日に次女が発熱したり、次女のマラソン大会が延期で月曜になってしまったりと、タイミングを逃しまくり。
その内、内職の方が時期的にどんどん忙しくなってしまって…。
おいおい、太郎ちゃんにはいつ会えるんだよ〜と思っていたところ、内職も何とか28日に終了。
というこどで、今日行ってまいりましたよ。
年賀状も手つかず、大掃除もまだちょっとしかやってないし大丈夫なのか…という一抹の不安を抱きつつ。

さて、肝心の『怪物くん』ですが……、申し訳ない、太郎ちゃん!
私…途中ものすごーい睡魔に襲われて、必死で戦っておりました。オーマイガッ!!
やっぱりここ数日の夜更かしがいけなかったようです。しかも、長女の弁当作りもあって、朝は6時過ぎには起きないといけないし。

でもね、いい声してたよ。
手にみとれたよ。
ふとした仕草や表情にドキッとしたよ。

そういえば、この間『スッキリ』で、言ってたでしょ。

公開初日の日、大野くん泣いちゃったんだってね。ひっくひっくって…。
(一体どのタイミングでしゃくりあげるほど泣いたのかが私はひじょーに気になるんだけど)
いつも表は飄々としていて、さらっとやっている風に見えちゃうけど、きっといろんな思いを抱えながらやり遂げたんだねぇ。
頑張ったんだねぇ、大野くん。

そういうこと考えながらクレジットを見てたら、うるうるしたよ。
(でも、ダンナも次女もいたから、泣かなかったよ。そんなタイミングで泣いたら、ドン引きされちゃうしねぇ)

しかし、睡魔との戦いのせいで、いまひとつ印象がね…。ほんとにごめんね、太郎ちゃん。
体調を万全に整えて行くべきだったわね。反省…。

でも、DVDでしっかり観るから〜。(おいおい気が早いな…)

では、今年の日記もこれで最後になりそうなので、ちょっと1年を振り返ってみますか。

実は私…今年の初めは精神的にきつい時期がありまして、でも嵐くん達がいてくれたおかげで乗り切りました。(話すのも向き合うのもつらかったので、とにかく嵐歌を聴いたり、DVDを観たりすることで、気分転換したり笑ったり…時には泣いたりすることで、いい具合にバランスがとれたんだと思います)

それからも、何かあると、思い出すのは嵐くんのこと。
3月のどうしようもなく気持ちがふさぎこんでしまった時は、『風見鶏』に癒されたしなぁ。
とにかく嵐くん達なしでは成り立たなかったこの1年。嵐くん、ありがとう…。

そして、そんな嵐くん達を通じて、たくさんの出会いがありました。
会ったことも直接話したこともないのに、嵐が好き、大野くんが好きという思いでつながることができた人たち。
皆さんから頂く言葉や気遣いはとてもあたたかく、時には励ましてもらったり助けてもらったり、キャーキャー騒いだりと、それはとてもとても楽しくて。
出会えたことに感謝です。ありがとう…。

そして、こんな私ですが、来年もよろしくです。

さて、明日は紅白ですねぇ。
結婚してから初めて自宅での年越しなので、バタバタしそうですが、しっかり応援してるからねぇ!

では、皆さん、よいお年を〜(^^)



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

*Mステ・ライブな智+訂正*

オープニングの衣装、赤いチェックがかわいかったわねぇ。(しかし、歌う時にあんなジャケットを羽織ってくるなんてさ、この時の私は思いもしなかったyo!)

で、大野くんったら、松潤の後ろにいるもんだから、なかなか見えないの〜。正面からのアングルだとすっぽり隠れちゃってる。ていうか、意図的に隠れてる?
でも、カメラのアングル次第ではかろうじて大野くんが映るんだけど、ここぞとばかりに私は大野くんをガン見よ。すると、時々カメラ目線になるのよ〜。

きゃ〜!!カメラ越しに目が合って、ドキドキする〜。

もしかして私…まんまとはめられてる?あんな風にこそっとカメラに目線を送ってくる智にメロメロ〜。

そして、いよいよ嵐くん達の出番。
ジャケットを見て、おいおいこれは海苔か?と思わずつっこんでしまった私(^^;)。
神様、どうかお許しを〜。
それにしても、あの黒いピラピラは何ざんしょ?コンセプトは一体何?
今ままでの歌番組はどれもこれも素敵な衣装のキラキラ王子だったのに、今回の衣装はうーん…どうしても笑っちゃうぜ。

できれば、私『HEY!×3』の軍服チックな衣装でお願いしたかったわ、神様…。

さて、テレビ番組欄には確か「スペシャルメドレー」とか書いてなかったっけ?
ま、スペシャルって言ったって、『Monster』と『迷宮』とあと1曲何か挟んでくるだけでしょ…と過剰な期待をしないように自粛していた私(^^;)。

そしたら、しょっぱな『Lotus』来た〜!!
そうだった。『バーテンダー』はテレ朝だった。肝心なこと忘れてたわ!
おお〜っ、久しぶりじゃん。

後ろを横移動する大野くんの動きがきれいだわ。
とにかく今回は足の動きにくぎ付けよ。黒のスリムなパンツで、ジャケットも短めだからかしら…。もうほとんど足しか見てなかったかも、私。
だって、細いんだもん、ひとつひとつの動きがきれいなんだもん。実は足長いでしょ。ていうか、足を長く見せる技を知っているのか?もう何でもいいわ、とにかく足よ、足!

そして、大野くんのフェイク、来た〜!!素敵〜!!と興奮していたならば…

ぎゃ〜!!豪快に足上げちゃってる〜!

Mステ足1



何よ、何?が起きたの〜!こんな大野くん初めて見たわ。いや〜ん、男前!かっこいい!
テンション上がってる?Mステだから?しかも、このアングルがたまらん。

で、『迷宮ラブソング』でも、後ろ向きの体勢から前を向く時に、足をまた上げてるのよ。
何?大野くんのマイブーム?

                         Mステ足2

で、クライマックスやってまいりましたよ。ひざまずく嵐!

その前に…テレビ誌で、この間のMステで大野くんが無理やりカメラに映り込んだ件にふれてたわよね(立ち読みだったから、何の雑誌か忘れたけど(^^;)
松潤にぶつかって怒られちゃったんだって〜。いやーん、そんな長男と末っ子が見てみたい。

だからかしら、今回はひざまずく位置をずらさずに(松潤とぶつからないため?)カメラに映り込もうとした結果、思いっきりのけぞる智
やだぁ〜、笑えるんだけど、手の動きが色っぽいのよ〜。

                       M

そして、少しずつ進化を遂げてきたニノ・櫻井・大野のスリーショット。
私はここでも大野くんの足にばかり注目してたんだけど(この時も足を上げてるのよね)、たった今画像を見ていて、気がついた。

今回は櫻井くんが大野くんの肩に手を掛けてるじゃないの〜。

すみません…。↑間違ってました。
さっき、Mステ編集してたら、普通に大野くんんが櫻井くんの肩に手を掛けていたわ(^^;)
画質が悪いから、細かい部分がわからなくて…。ちゃんと確認しないとダメね…。

                         Mステ足3

あれっ……そういえば、『Happiness』もあったわねぇ(遠い目)。
何か特筆すべきことはあったかしら…。ごめんなさい、私よく覚えてないわ。
そうね、これが今の嵐のスペシャルな選曲…ということで、了解しておくことにします。(何様だ?)

ここに『忘れられない』とか『とまどいながら』とか『be with you』とか『ギフト』とかを挟み込まれた日にゃぁ〜私は狂喜乱舞なんだけど、そんなことはあり得ないわね。流れ的にも無理があるか?

しかし、個人的には大きな声じゃ言えないけど、メドレーである必要があるのか…っていうのがあってね。
この尺で3曲はきついでしょ。しかも、1曲はぐるっと会場をまわらないといけないみたいだしね。

私はね、前にも書いたけど、1曲フルでガッツリ歌って踊る嵐くん達を見たいわけよ。 『まだ見ぬ世界へ』の時みたいに。

でも、やっぱりテレビじゃなかなか見れないわね。やっぱりコンサートでしか、見れないのかな。(ていうか、私はDVDでしか見れないけど…)
そういえば、紅白もメドレーらしいしね。
ま、いろんな人が観るから、メジャーな歌でぐいぐい行った方がいいんだろうけどね。
それはそれで楽しませてもらいますよ(だから、何様だ?)




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*智雑誌の買い納めは?*

実は、一昨日…初めて夢に大野くんが出てきました!(今までも出てきたような気がするんだけど、距離感がテレビを見ているような感じだったから、カウントしてないの)

しかし、いまひとつ現実味がないといいますか(夢だし!)
ストーリーはあってないようなものなんで、端折りますが、実は手をつないでたんです。きゃ〜!!

しかし、周りに家族もいたような…。(状況的には、みんなでクイズとか解きながら進んでいくゲーム、もしくは「逃走中」みたいな感じ?)
そしたら、ダンナが近づいてきて、気まずいから手を離そうかと思ったんだけど、大野くんからつないできてくれたから(そういうことになってるらしい(*^^*)、結局そのまんま。

でも、気がついたら、大野くんはいなくなっていて、家族4人でホームセンターで探し物をしていた。な〜ぜ〜?

確かに嬉しかった。ドキドキしたような気もする。
でも、身長が私とあんまり変わらないわけよ。大野くんは私より10cm以上背が高いはずなのに…。しかも、肝心の声を聴いてないわ…。

ということで、起きてすぐは大野くんがやっと出てきてくれた〜と喜んでたんだけど、冷静になればなるほどほんとにあれは大野くんだったのか…という疑問が〜。
たかが夢ごときで揺れすぎです、私(^^;)。

では、本題…。
前回の日記で、『non-no』で雑誌も買い納めか…と書きましたが、まだまだありましたよ〜。
で、今日本屋さんに行って見て来たんだけど。

『オリスタ』はねぇ、櫻井くんと大野くんのツーショットの写真が好きで、どうしようか迷ったけど、結局置いてきた。

                          

『SODA』はね、ドラマの撮影風景…なんだけど、これが写真がいいのよ〜!!
でも、置いてきた…。

                         

『GQ JAPAN』はまだ入荷してなかった…。
ということで『GQ JAPAN』を見てから、この中から1冊だけ買おうかな…。
今のところ、『SODA』が買いだとは思ってるんだけど、どうかな〜。

                         

『女性セブン』の、目を閉じてリンゴに唇を寄せる大野くん(いや〜ん)には惹かれたけど、この1ページのために買うかといったら、残念ながらNOだわね。

ところで、『Mステ』はダンナにテレビをとられちゃったから、リアルタイムで観れず…。
でも、ダンナが寝た隙に(いつもリビングの電気とテレビをつけたまんま寝るんだよ。いい加減にしてくれよ)、追っかけ再生で観てきました!

私の第一印象は……海苔?(いいんでしょうか、こんな感想で(^^;)
今回のツボは大野くんの足!詳しい感想はまた明日〜。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*non・noの智*

怒涛の智雑誌祭りが一段落(MORE)してからは、雑誌も時々立ち読みする程度。
でも、この間は久しぶりに『ザ・テレビジョン』を買っちゃったけどねぇ…。

そして、昨日は『non・no』をお買い上げ〜。(これが今年の買い納めになるのかな?)

だって、表紙をめくったら振り向く前髪智にきゃ〜!!って、なっちゃったから。
だってかわいいんだもん。しかも、襟足長いし。(ということは、だいぶ前に撮ったのね)

赤いチェックのジャケットで甘めの智かと思いきや、蝶ネクタイでさらに甘さをプラスし、黒シャツで甘さ抑えてクールな感じをプラスするという絶妙なコーディネート。

撮影風景の写真がまたよくって。
密着してる5人の表情を見てると、あ〜やっぱり5人だよね…ってしみじみ思う。楽しそうな雰囲気伝わってくるもんね。

それにしても、大野くんはどの写真を見ても自然体。他の4人が意識してキメてたりするのに、なんでこんなに力入れずにカメラの前に立てるのか…。不思議な人です。

では、記事は私の特に気になったところだけ抜粋。

<最近ぐっとする女子の冬服は?>

肌を出してると「頑張っとるな」って思う。

大野くん、好きでしょ。前から思ってたよ。
今はうなじだけど、前は二の腕が好きだって言ってたし。(うなじも二の腕もある意味露出だよねぇ。おばさんはどっちも出せないし…)
マネキンでペアコーディネートした時も女子マネキンには確かショートパンツをはかせてたよね。
砂羽さんにはミニスカートのドレス、すすめてたし。

そうか、そうか、智は露出した方が好きか…(ため息)。おばさんは冬場は顔と手しか出てないよ。着こまなきゃ、冬乗り切れないし。
ま、私の場合は寒い云々言う前に、出したくても出せないっていうね(^^;)。

<最近、気になる女子行動は?>

群れずに一人で行動してる子を見ると気になる。

これって、ゆり子さんのことかしらね。それとも美紀さんかしら。
気になるって、どういうことかなんだろうねぇ…。
ついつい目で追っちゃうとか?妄想しちゃうとか?何かしてあげたくなっちゃうとか?

<座談会>

リーダーがツンデレ好きだっていうの、かなり意外だったなぁ。

身近で見ている松潤がそんな風に感じてるなんてね。
ていうか、大野くん自身が相当なツンデレだと思うけど…。本人にはそういう意識ないのかしら。

さんざん冷たい態度をとっといて、最後にポロッと優しい言葉をかけるのとか、悪くないなって。

もしかして、妄想したりするのか?

でも、実際はそんな女子には出会えなかった…らしいよ。おばさんは、ほっとした。

<メンバーの新しい魅力について聞かれた時>

リーダーはシャープになったよね。『怪物くん』の公開前、よく雑誌に載ってるのを見て思った。
きりっとした雰囲気が伝わってきて「変わったな」って。

けっこうメンバーの載ってる雑誌とかチェックするのかしらねぁ。
これって黒猫智のことかしら?もしくは『STORY』かしら。『anan』もあるわねぇ。
でも、「きりっとした雰囲気」とは違うわよねぇ。
あれは、色気だだもれだったし。でも、目が挑発的だったり、誘ってたり、素っ気なかったり、あの振り幅にどんだけ振り回されたことか…。

自分では全くわかんないけど。

大野くん自身は、そんな感じなのねぇ。
私は、大野君の新たな一面を見せられるたびに何回ノックアウトされたことか。やっぱり罪作りだよ、さとっぴ。

最後のページは、5人でピースを作って星の形に。

他の4人の手は全然わからなかったけど…、大野君の手はすぐわかったよ。


あ〜今年ももう少しで終わっちゃうよ。私は今年何したんだろう〜。アラシゴトしか思い出せないな(^^;)。
それにしても、年末って何だか落ち着かないよね。年明けは長女のセンター試験も控えてるし、春までは何かとたいへんかも…。

でも、今日はね、久しぶりに『be with you』を激リピしてた。
歌詞も曲も大好き。そして、大野くんのソロが日だまりみたいで、ものすごく落ち着くんだな。ぬくもりのある歌声、ずっと包まれていたいよ。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*大野智voice その21*

智voice その21は、冬ソング『忘れられない』

…ですが、今回の記事はいつもにも増して前置きが長ーーいです(ていうか、前置きの方が長いかも(^^;)。ので、適当に読み飛ばしちゃって下さいね。(自分の覚え書きも兼ねてるので、思い出したこと、気になったことを片っ端から書いてます)

これは『Beautiful days』のカップリング曲。ということで、3年前の曲になりますね。

【送料無料】Beautiful days

実は私…『流星の絆』が大好きで、はまって観てました。笑ったなぁ、泣いたなぁ…。毎週楽しみだったなぁ。それなのに、なぜか前クールの『魔王』は観てなかった…という(^^;)。

『Beautiful days』は何となくいい曲だなぁとは思ってたけど、特にはまることもなく…。(大野くんのソロもないしね) しかし、当時…もし、このカップリング曲を聴いていたならば、私は智堕ちしていたんでしょうか。今となっては、考えてもどうしようもないことですけど…。時々こういうこと考えちゃうんです。(私の傾向として、カップリング曲の方にはまっちゃうんですよね)

私、この曲を聴いた時、瞬間的に『神様のカルテ』の映像が浮かびました。といっても、一止(櫻井くん)が浮かんだわけではなく(^^;)、青く澄み渡った空を背景に延々と連なる雪山の頂の映像なんですけど…。
映画のエンディング、確かこんな感じの空撮の映像が流れてませんでしたっけ?(私、記憶力あんまりよくないんで、自信ないんだけど…。何かと記憶がすり替わっている可能性もなきにしもあらず(^^;)

曲調が壮大でスケール感があって、真っ直ぐで、切なくて…。ものすごく私好みの曲。

もちろん歌部分も好きですが、間奏もいいんですよね。
ピアノの音が切なくて心に染みいる感じ。
そして、あの切ない笛の音は何ていう楽器なんでしょうねぇ。ちょっと尺八っぽいんだけど、アンデスっぽくもある。『コンドルは飛んでいく』を思い出します。

そしたら、『FNS歌謡祭』でゆずが出ていた時に小太りのおじさん(失礼…)が奏でる笛の音色を聴いて、これよ!これ〜!と。
調べてみたら、この方は瀬木貴将さん。(有名な方らしいですね)楽器の名前はサンポーニャとケーナだそうです。
しかし、嵐のCDには演奏者等々については一切記載されていないので、どなたが演奏しているのかはわからず…でしたが、調べてみたら、どうもこれも瀬木貴将さんの演奏みたいですね。
思わぬ出会いに一人興奮する私でした。

では、肝心の智voice、ここからですよ〜。

さて、『忘れられない』も『冬のニオイ』同様、ソロは大野くんのみ。フレーズ自体は長くないけれど、かなりインパクトのある歌声です。

初っぱな大野くんのソロから始まります…。

長い夢の終わりのその向こうに ひとつひとつ(息継ぎ)僕らは離れてく

雲間から光が差し込んでくるような前奏、そこへ飾り気のない素直な歌声が真っ直ぐに響いてきます。感情を込めるわけでもなく、ただ淡々と真っ直ぐに響いてくる歌声。なのにね、ここで心をガッツリつかまれちゃいます。
歌い方はフラットなのに、なぜここまで心をつかまれちゃうのか。フラットだからこそなのかな、何でも受け止めてくれそうじゃありませんか、この歌声。安心して身を任せられる歌声なんです。

そして、この歌声、空を吹き渡る風のようじゃないですか。

そう言えば、この部分、山びこのように歌声が追いかけてくるんですが、これも大野くんの声なのかな…。

それから、「ひとつ」の後に息継ぎの音が入ってますねぇ。ほんと一瞬ですけど…「ふっ」って息吸ってます。あんなに瞬間的に息継ぎできちゃうもんなんですねぇ。

あきれるど君を〜 

「ほど」の「ほ」が大野くん独特の裏返りそうで裏返らないハ行の音。

「君を〜」のビブラートがとんでもなく好きなんですけど、こんなに力強くて切ないビブラートがあるんですね。力強さと切なさって、こんなに絶妙なバランスで表現できるもんなんですね。
でも、あっという間に終わっちゃいます。もっと聴きたいのに…。でも、聴いていると、胸が締め付けられるんですよね。でも、やめられない…。
眉間のしわの大野くんが目に浮かぶわ。

大野くんのビブラートって、押しつけがましくないでしょ。
このビブラートも力強いけど、ビブラート効かせてやったぜ感は全然ないでしょ。
でも、不思議だよね。心にはしっかりと響く。

この胸 突き刺さる

力強く真っ直ぐな歌声。短いフレーズだけど存在感たっぷり。

あ〜この曲、是非コンサートで聴きたいね。会場に響き渡る智voice。想像しただけで泣きそうだよ。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*『帰れまテン』の智*

『帰れまテン』の大野くん、かわいかったねぇ。手がいっぱい映ってたねぇ。おもしろかったねぇ。

でも、誕生日の収録だったのね。ほんとに働きづめの誕生日だったんだね。お疲れ様…。

一つ一つのコメントも智ワールド全開で、おもしろかったなぁ。
芸人さんのつっこみもふわっと受け止めちゃうしね。

それにさ、芸人さん達みんな大野くんのこと好きでしょ。特に有吉さん!大野くんのことが相当好きとみた。『深イイ話』といい、大野くんを見る目が優しくない?それは、スーパーアイドルだからじゃなく、きっと大野智っていう人間が好きなんだね。

あさこさんは…あれっ、松潤が好きなんじゃなかったっけ?ま、それは置いといて(^^;)。
でもさ、なかなかいい質問してたんじゃない。(えらそうだな)

「年下と年上の女性どっち」って聞かれた時、無難に「どっちでもいいっすよ」って言うのかと思ったら、大野くん「年上」ってはっきり言ってたもんねぇ。バンザーイ!(って、あんたじゃないし…)

それに、あさこさんと同じ年頃の人にも「ときめく」って言ってたでしょ。(あっ私、あさこさんよりもちょーっとだけ年上だけど、大丈夫、きっと許容範囲よ…と無理矢理納得させてみる。だから、あんたじゃないし〜)
それにしても、「ときめく」って〜。大野くんから初めて聞いたよ、「ときめく」って。
おいおい、一体誰にときめいたんだよ〜。やっぱりゆり子さんか?それなら許すけど(何様だ)
あ〜でも女友達も40代以上のかっこいい人たちばっかり…って言ってたもんねぇ。

しかも、「最初に女性のどこを見る?」っていう質問、私はテレビの前で「目!」って即答したんだけど…。(前に言ってたよね)
まさかの「うなじ」回答。質問の答えになってないけど…。まいっか、大野くんだから(^^;)。

去年の今頃の『しやがれ』でも言ってたよねぇ。よく覚えてる。だって、私…動揺しまくったもん。
だってさ、うなじってそんなに頻繁に目にしないでしょ。お相手がかなり限定されてくるわけよ。あ〜気になるぅ。

髪をきゅっと結んで颯爽と働くスタッフのお姉さん。それをちょっと離れたところから、目で追う大野くんなんて、どう?あ〜こういう妄想もいいわね。新しい形だわ。

でも、「プロポーズ」についての質問、聞くのが遅かったわね。
大野くん、もう面倒くさくなってきて、バッサリだったわ。あ〜答えが聞きたかった。
ああでも、「そんなん、わかんないよ」で終わりそうだけどね…。

他にもツボポイントはいっぱいあったはずなんだけど、今のところ思い出せるのはこれくらいかな。

実は、この番組…正直そこまで期待してなかったの、ハハハ。
だって、ただ料理注文して食べるだけでしょ。大野くん、小食だし、口数少ないし。
でも、芸人さん達が一生懸命大野くんに気を使ってるのがね、またおもしろくて。
スーパーアイドルだから持ち上げよう…っていうよりも、どうにかしてあげたい、ほっとけない…って思わせちゃうキャラなのかしらね。
それに、大野くん、楽しそうだったしね。竜兵さんにはもんのすごいドSだったし。
最後は疲れて、面倒くさくなってたみたいだけど(^^;)。それすらかわいいし。

これで、怪物くんの宣伝は終了。
今はドラマの撮影で忙しくしてるのかな。まだまだ忙しい日々が続くんだね〜。
一体連休をもらえるのはいつかな?
その日まで頑張れ、大野くん!連休はいつかやってくるよ。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*『嵐ちゃん』長男と末っ子の巻*

遅ればせながら、『ひみつの嵐ちゃん』長男と末っ子の巻の感想。

仕切る長男と嬉しそうな末っ子。久しぶりと握手をする二人。いや、しょっちゅう会ってるでしょうに。そうか、そうか、いちゃつきたいだけか…。

大野さん、一応仕切ってますよ。若干危なっかしいけど…。
めくらずに「62人」って答え言っちゃってるし。松潤から「めくれや」ってつっこまれてるし。でも、手がきれいだからいいよね(って、結局そこに落ち着く私)

                     手

そうそう、このネックレス私物なのかな。この後のマネキンでもしてるし、今日の『帰れまテン』でもしてたし。あ〜欲しいなぁ。サンタさん、持ってきてくれないかなぁ〜。

                     ネックレス

それにしても、普通のテンションで「大将、どっちですか?」って言う大野くんが好き過ぎるわ。
そして、頭を小突く松潤。「どっちも何もないよ」って…。言い出したのは確かあなただったはず。
どこまでも自然体な長男と生真面目な末っ子の図。

それにしても、突然半袖であぐらかいてる大野くんが出てきて、びっくり…。
いやぁ、まさか師走に半袖智が見られるなんてね〜。それだけで幸せいっぱい夢いっぱい。
しかも、体が若干鬼奴さんの方を向いているというね。(だから、何だって話ですが…)

                     あぐら

ランニングしている女性を見て「あれは本物だ」って、私最初何言ってるかわかんなかったんだけど、そういうことか。やっぱり大野さん、仕切りが危なっかしいです。

犬の幼稚園では、「人間もやってるんですか?」って、出た〜ぼけの天才!
と思ったら、やだぁ〜また半袖だし(*^^*)。どうしましょ。しかも、このアングル、どんだけサービスするのって感じでしょ。
うなじ、うなじって言いますけどね、大野さん。あなたのうなじがどんだけ世の女性を悩ましていることか、ちょっとは自覚なさーい。

                       うなじ

「お前、バーガーじゃないよな」とバッサリ切り捨てる松潤とは対照的に「お前、何だ?名前」にやられた〜。声がやさすぃ〜。
松潤、犬に好かれない理由はここにあるとみたyo!

橋の欄干にもたれる二人が彼氏と彼女に見えて仕方ない。ちなみにここでは、大野くんが彼氏でお願いしたい。

さて、ここで…最初に登場した時の大野くんを思い出してみて下さい。
最初登場した時の大野くんは仕切りますよオーラが出ていて、声も高めでしたね(遠い目)。

しかし、気がつけば徐々に松潤がリードするようになり、このしめに至っては、声のトーンも低め…ていうか、若干けだるそうというか面倒くさそうに進行しています。テンションもかなり微妙です。でも、逆に私はそこが男くさくて好きなんだけどさぁ〜。
そして、最後の「オーケーでーす」がかわいくて、またいいのよ。


マネキンの大野くんはめっちゃかっこよかったよねぇ。似合ってたよねぇ〜。
みんなの評価もすこぶるよくって…。ジャケット脱ぐ様も脱いだ後のポーズも素敵だったわ〜。あ〜うっとり…。

                       レザー

しかし、私は松潤が一抜けした瞬間に危ない…って感じたわ。これは、売れ残りは大野くんか斗真くんじゃないかと…。似たテイストだとどっちかが最後まで残るよね。しかも奇抜な二人がいるとね、何となく印象を持ってかれちゃうのよ。

最近のマネキン、最後に嵐くんと奇抜な格好のゲストさんが残って、なぜか嵐くんが売れ残るというパターンが多いような。(相葉ちゃんの時もそうだったし)

私的には売れ残りは斗真くんだと思ってたんだけど(失礼)、あ〜やっぱり大野くんかぁ〜。
これはもうタイミングとか運としか言いようがないよね。
だって、西川先生、大野くんのジャケット褒めてたじゃん。ユカイさんのは全然褒めてなかったし。番組的にこっちがおもしろいと思ったのかしら?

でも、最後の「はめられた」「もう二度と奴とは仕事しない」の声が男前でかっこよかったから、いいけど〜。映画のワンシーンみたいじゃない?意外とハードボイルド系なんて行けるかもよ〜。


ところで、最近、嵐くんの番組観ていて思うのは、嵐ファン以外が観ておもしろいのか…という素朴な疑問。(もしかして、今更な質問ですか?)
今回の街中をぶらぶらして、食べて、犬とじゃれあってっていうのは、私的にはかなり萌えたんだけど(二人で延々歩いているだけでも大丈夫)、嵐くんが出てなかったら正直観ない企画だもんね〜。

それに、『しやがれ』の料理対決も正直おもしろくない…ハハハ。
私的には、櫻井くんが料理している後ろに映っている大野くんをガン見したり、なで肩サポートする大野くんをガン見したり、「無」でとろみに集中する大野くんをガン見したり、それぞれのメンバーの声掛けやサポートを観察したりと、それなりに楽しめはするんだけど。他に見どころは…と聞かれると、正直ないわね…。

だって、これってけっこう詳細なレシピの元、料理してるでしょ。だから、そこそこの物が作れて失敗しない。正直、見ていてもおもしろみがないのよ。

これに比べたら、暗中模索状態でメレンゲ作ってた大野くんがどんだけスリル満点でおもしろかったことか。大野くん、また何か作ってね。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*大野智voice その20*

智voiceも気がつけば、「その20」
よく続いたな…ていうか、まだまだ続けるつもりですけどね。

今回は、冬ソングです。
そう言えば、その17その18は、『夏の終わりに想うこと』と『手つなごぉ』と夏ソングだったんですね。

実は今回の冬ソング、偶然ネット上で嵐冬ソングに関するコメントを読む機会があって、そこで見つけたもの。

『冬のニオイ』『忘れられない』

私、アルバムは全部制覇したんだけど(と言っても、レンタルですけど(^^;)、それが何か…?)、シングルまではなかなか。比較的新しいものしかレンタルしてないしね。

この2曲は、『とまどいながら』『Beautliful days』のカップリング曲ということで(レンタルしようにも置いてないし)、早速楽天で注文。(ちょうどポイントも貯まってたので、半値以下で手に入れることができたyo!)

【送料無料】とまどいながら 

【送料無料】Beautiful days

『迷宮』は買わなかった私ですが(^^;)、こんな風に過去CDでぼちぼちと売上に協力してますから!

早速聴いてみたら、これが予想以上に私のツボにはまる曲&歌声だったんです。やっぱり智voiceの威力は底知れない…ということで、リピートの嵐。

では、まず今回は『冬のニオイ』について。

これは『とまどいながら』のカップリングということなので、8年前くらいの曲になるんですね。
だから、声が若くて少年っぽくて甘いんですよ。でも、時折混じる大人な感じの声がまた色っぽくて、ただもんじゃない感を漂わせてます。さすがだな…。

ちなみに、このシングルCD『とまどいながら』は他のカップリング曲も含めて、ソロパートを歌っているのは大野くんだけなんですね。
今はけっこうソロも平等に割り振ってあって、ここぞという時は大野くんみたいな感じになってることが多いと思うんですけど、これはガッツリとソロは大野くんのみで、後はユニゾンだっと思います(ハモりはなかったような…。自信ないけど…(^^;)
この頃はメインボーカルとして大野くんを推していたのかなぁ〜。

しかも、その大野くんのソロ部分が充実しているので、サトシックとしてはかなり贅沢なCDになってます。

では、やっと本題…。(いつも前置き長いです…)

『冬のニオイ』
よく詞を聴いてみると、みれんたらたらの男子の歌です(^^;)。どんだけひきずってんだよ…っていうね。でも、好き…。(結局そうなるいつものこと)

曲調は冬独特の澄み切った透明感のある空気が感じられて、好き。
そして、情景が目に浮かびます。ちなみに私のイメージでは、ダッフルコートを着た10代の猫背な大野くん(*^^*)

次の電車は17分 しゃがみ込んでいても寒い

遠くに見えてるあの街の灯り やけころかれるよう

仲間達かメールが入る みんなも集まっている

かじかんだ指で返信打ってたら 変な(息継ぎ)日本語になってた


語尾(水色部分)のふっと抜ける感じが好きなんです。
特に「後」の思わず震えちゃったような感じや「ころ」の響き方が色っぽくて好き。

「いても」「かれる」は切くて、しかも色っぽい。

そして、私が最もツボにはまったのが、「寒い」
前の「いても」のちょっと力の入った切ない声からの、大人っぽい抑えた感じの「寒い」のギャップにやられます。ほんとに寒そうだし…。
そしたら、「ている」や下の「まれる」も同じ声だということを発見。実は、全部同じメロディーなんですね。

最初は声が若くて甘いな…と思って聴いてたんですが、こんな感じでギャップにやられます。油断大敵、智voice!

それから、「変な」と「日本語」の間の息継ぎ!
息継ぎの音って、意識してないとあまり耳に入ってこないんだけど、ここは明らかに「ハァッ」って息を吸う音が聞こえてきて、ドキッとします。

もう大丈、そう思ったら その油断につけ込まれる

治りかけたのに またぶり返した風邪の症状みたいにね

「またぶり返した風邪の」までは強めできたよ、どうする気?と思ったら、「症状」がね、言葉の意味とは裏腹に色っぽくて困ります。その後は何事もなかったかのようにふわっと抜けていきます。おいおい、どうしてくれるんだよ…って感じ(^^;)

it's my life

みんなの声を追いかけるように聞こえてくるこの声がこれたま好きなんです。
控えめでありながら、しっかりと後ろで響いてます。

あ〜ほんとにいい歌だよ。いい声だよ。
では、次は『忘れられない』についてアップしたいと思います…って、
『嵐ちゃん』の感想もまだだったな(^^;)。
さて、明日はアップできるでしょうか…。




TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*わちゃわちゃなVS*

前の日記では、あたたかいコメントありがとうございました。

まさかこんな形で、自分の弱さや幼稚さ、独りよがりな部分が露呈するとは思わず…反省しきりな私ですが、いい勉強になりました。

そして、あたたかいコメントに時折涙ぐんだり、思わず笑ってしまったりと、それぞれの優しさに触れることができました。皆さんと出会えたことが嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんとにありがとうございます(^^)


では、昨日の『VS嵐』の感想を〜。

今回は、被災された東北3県の方々を招待しての収録。
被災地のために何かしたいと思っても、なかなか難しいけれど、こういう風に楽しいひとときを提供するという方法もあるんだなぁと。嵐くん達の思いのあふれた楽しい1時間でした。

それにプラスワンゲストがいないから、5人のわちゃわちゃ感が思う存分堪能できたのもよかったなぁ〜。いっそのこと、これからもずーっと5人でいいんじゃないか…と思ったけど、そっかぁ、コロコロバイキングは5人じゃ過酷過ぎるわね(^^;)

それにしても、あそこでこけちゃう相葉ちゃん、やっぱりミラクル?!

相葉ちゃんは、そもそも初っぱなからかなりテンション上がってたしねぇ。
そんな相葉ちゃんの「ゴールデン!ゴールデン!」を真似する櫻井くんがまた楽しそうで。
私はこの二人を見てると、兄弟に見えちゃうのよね。
相葉ちゃんの「翔ちゃん」呼びが「お兄ちゃん」に聞こえてくるし。
また二人で千葉に行けたらいいのにねぇ…ていうか、今度は是非5人で!

ピンボールランナーでは、まさかの仕切る大野智が登場!
何だかいつにも増して、いい声してるよね。うっとり…。

「5ということで…みたいな」
「6に行きましたけれども」

あ〜どんだけいい声なんだよ〜。こんなんじゃ声に聴き惚れて、走れないわ(って、私は観てるだけですから)

しかも、マイクを握る様がかっちょよくて、これから歌うのか…って感じだったし。

                      マイク手

とってもいい仕切りしてたと思うんだけど、「もういいでしょう」って…。まだ途中ですけどね(^^;)。そこを櫻井くんにつっこまれて、先生はピンクを2つ捕って満足…とすかさずフォローするニノがいいよね。大野さんの考えてることは丸わかりなのかしらね。
ここはね、ほんと文字起こししたいくらいね、いいのよ。けっこうおもしろいこと言ってる。なかなか全部は聞き取れないんだけど(^^;)。
櫻井くん、よく笑いながら走れたわよね。さすが!

伊達さんの「全員かかってこい」の真似をしてる大野くんの表情がね、とんでもなくかわいいのよね。
目尻がこれでもか〜って感じで下がってるでしょ。

それにしても、相葉ちゃんの「エンターテイメント性のある目覚まし」(どんだけ前向き、相葉雅紀)に対する櫻井くんの「そのワクワク感、朝からいらないわ」にはベストつっこみ賞をあげたいわ。大野くん、爆笑だし。楽屋でもこんな感じなのかしらね…。のぞき見してみたいわ。
しかし、それに対してクールなニノと松潤という対比がおもしろいわ。
やっぱり絶妙なコンビネーションよね。

久しぶりに「お兄さんチーム」と「おじさんチーム」も聞けたし、
相葉ちゃんがカメラマンになって、ニノの助手に指図してるミニコントもあり、
もう自由過ぎるし、楽しすぎる。

5人だと、いつもにも増してほんと楽しそうなんだから。観ている私も楽しくてたまんない。

そして、ローリングコインタワーでは、またまた仕切る大野智。

今までにないビジョンを提唱する大野くん。やっぱり声がいいわ〜。
しかも、櫻井くんと松潤に挟まれてる画がたまらない〜。

そして、「どっちがいい?」の松潤の目線と聞き方〜!恋人同士か!
「オッケーでーす」はかわいいし。

最後は、お客さんと握手会。

みんなの表情がものすごくあったかくて、胸が熱くなった。

嵐くん達って、いつも両手で包み込むように握手するでしょ。そういうところが好き。

                       握手

嵐ちゃんの感想も書こうと思ったけど、おそいので、また明日〜(^^)



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*ごめんね、嵐くん*

やっぱり避けては通れないこの話題。『FNS歌謡祭』

次女と二人で観てたんだけど、『迷宮ラブソング』が始まった途端、何かがおかしい…。
隣室にいた長女も異変を感じ取って、とんで来るし。
私は「おかしい、おかしい」ともう軽いパニック状態。(だから、どんな衣装着てたか全然覚えてないし、「その手を強く引くよ」も1回目しか記憶にない…)
長女も「いつもは声が一つにまとまって聞こえるのにバラバラ」って言ってるし。
私は、生歌だとこんなになっちゃうのか…とショックが大きくて。

とにかく観終わった後、ネットで調べまくったんだけど、どれもこれも結局は憶測に過ぎないわけで…。(音響に問題があったのは確からしいけど)

で、観なきゃいいのに、朝からまた録画したのを見返して、さらに落ち込む。

気持ちがどんどんネガティブになっていって、いつもは嵐のDVDを観たり、曲を聴いたりしながら内職するのに、なぜだか嵐くんを避けてしまう私。嵐くん達が悪いわけじゃないのにね…。どうしても向き合えない…。

とにかくいろんなことが納得いかず、思考はどんどんどんどんマイナス方向へ行ってしまい、一人迷走状態。正直、嵐くん達に対する八つ当たり的なことまで考えてました…。情けない…。

でもね、夕方アラシックのブロガーさんの記事をあちこちのぞき見してたならば、皆さん、とっても大人です。ポジティブです。
誰かを恨んだり非難するわけではなく、今回の出来事を冷静に受け止め、あのトラブルの中、最後まで歌い上げた嵐くん達に賞賛の声を送ったりととても前向き。

うわべの出来事ばかり見て、現状をしっかりと受け止めることができず、一人勝手に落ち込んで、挙げ句の果てに嵐くん達さえ避けてしまった私。
結局、自分が納得したかっただけなんです。自分のことしか考えてなかった。

でも、あの状況で歌うこと、本人達が一番たいへんでつらかったはずなのに。それなのに、笑顔で最後まで歌いきったんだよね。

あ〜器が小さい、視野も心も狭い私。ほんと情けないです…。

これでアラシックだサトシックだと大騒ぎしていた自分が恥ずかしい…。
穴があったら入りたい。

ごめんね、嵐くん。私、一から出直します!


ところで、『FNS歌謡祭』ってすごいですよね。いろんな意味で…(^^;)。
正直、私途中ついていけなかったし(^^;)。

でも、薬師丸ひろ子さん(私の青春時代…)と平井堅さんのコラボ、
久保田利伸さんの『流星のサドル』(若かりし頃、初めて聴いた時は衝撃だったなぁ)、
ケミストリーと布施明さんのコラボ(私が大野くんに歌って欲しいと妄想した曲)
はよかったなぁ。これは消さずに嵐くん達と共に残しておくつもり。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*福嵐*

昨日の夕方、パソコンやってたら、明日の『めざまし』に嵐くんが出るという情報をゲット!

これは録画予約しなくては…と操作していたならば、おっと小窓に嵐くんが映っている!
なんたる偶然!『スーパーニュース』に嵐くんが出てらっしゃるじゃないの〜ということで、途中から録画したんだけど、最初のショットがこれ!

                     福嵐1

絵馬に文字をしたためる大野くんが床にカエルのようにはいつくばっております。
お〜ギリギリこの映像が入っているなんて、なんたるミラクル!
かわいすぎます。後ろ姿だけで萌えます。

しかし、翌朝の『めざまし』はというと…

                       福嵐2

映っていたのはここまで。惜しくも床にはいつくばる大野くんは映っておりませんでした。

書いたのは…「みんなに福が来ますように」

                     福嵐3

来年、私にも福が来ますように…。すなわち嵐のコンサートに行けますように…ていうか、その前に長女の大学受験を祈願しなさいよ。

そう言えば、今年の『しやがれ』では、こんな書をしたためてましたね。達筆だわ〜。

                      しやがれ書

そう言えば、大野くんとニノの筆跡って似てるよねぇ。これ見て、びっくりしちゃった〜。
仲がいいと、筆跡まで似ちゃうのかしら。

                  筆跡

さて、今日はこの辺で。
いつになく文字数の少ないさらっとした記事でしょ、今日は。

だって、この後『FNS歌謡祭』が控えてるから〜。
早く夕飯の支度しないと!




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*MOREな智*

『MORE』のインタビュー記事に感動して、この気持ちを何とか表したいと思ったんだけど、ところがなかなか言葉が出てこなかった…。どこから切り込んでいったらいいのかわからないし、どう表現していいのかわからなかった。それがもどかしかったよ。

でも、何とか書き上げましたよ!例のごとく長いけどね〜。


とにかく最初思ったのは、私はたかだか1年大野くんを見てきただけで彼のことを知った気になってたけど、まだまだ何もわかってなかったんだな…っていうこと。

そうなんだよね、大野くんも最初はどこにでもいる普通の男の子だったんだよね。

だって普通そうでしょ。「はい、演じてみて」って言われたら嫌でしょ?

嫌です。

僕も一緒(笑)

私ね、このやりとりがものすごく好き…。
普通の男の子が突然放り込まれた世界。そりゃぁ、いやだよね…。プレッシャーもあっただろうし。
でも、そういうのをさらっとね、言っちゃうでしょ。
字面だけでも、大野くんの空気感が伝わってくるし、笑顔が目に浮かびそうでしょ。

そんな大野少年は、稽古場で大きな声を出すことすらできず、毎日家で延々練習して、ある瞬間ふと思い切ってやれるようになったんだって。必死で練習している内に思いきれたんだって。

不安をぬぐい去るのは努力しかないって、本能的にわかってたのかな…。

周りや人のせいにしたり、愚痴ったり、言い訳したり、当たったり、逃げ出したりするわけではなく(あっ、ちなみにこれは壁にぶち当たった時の私ね(^^;) 、彼はとにかく努力したんだよね。

そして、やがて経験や努力は自信につながったけど、だからと言って天狗になったり、勘違いすることは決してない。

それは、自分は特別な存在でも何でもない、自分には特別な才能なんて備わっていないという自覚があるから。自分は元々ゼロで何もできなかったということをちゃんと覚えてる。自覚してる。だからこそ努力するんだよね。

よく「初心忘るべからず」って言うけど、大野くんはいつも「初心」なのかもしれないね。
そういう感覚をずっと忘れられずにいる人。

芳麗さんは、そんな大野くんの行為を「才能」でも「努力」でもなく、「欲求」っていう言葉で表してるでしょ。

なるほど〜って思ったよ。
彼はシンプルなのよね。変な理屈をこねくり回したり、言い訳したりしない。やりたいからやる。好きだからやる。
最初嫌だった演じるという仕事も、求められたことに対してきっちり応えたい、中途半端に終わらせたくないという欲求があったから乗り越えられたんじゃないかな…と私は勝手に考えてるんだけど…。

そして、そうなりたいと思ったら、理想・目標に向かってひたすら突き進む。

そう言えば、何かで言ってたよね。
「失敗」も「成功」するまでやり続ければ、「失敗」じゃなくなるって。

あきらめずにやり続けてきた大野くんの言葉だからこそ、重みがあるんだよ。


それぞれのメンバーに対するコメントもおもしろいんだけど、私が一番印象的だった部分を一カ所だけね。

完璧主義の松潤が完璧に徹しきれなかった…時の話。

そこがとてもね、人間くさくて好き

そういうことをさらっと言っちゃうのよね。こんな愛の告白ってある?
だって、顔をパンパンにして仕事場に来た松潤を見て、何で前の晩にそんなに飲んじゃうんだよ…とか思わない。好き…って思っちゃうんだよ。これって、どうよ〜。
これを読んだ松潤は、ますますリーダーのことが好きになっちゃうわよね。私もますます好きになっちゃったし〜。

こんな風に大野くんって、人のやっちゃった的なところを愛おしんじゃうでしょ。

みんながリーダーのことを好きでたまらなくなるわけだわ。


ちょっと横道に逸れちゃうけど、
『VS嵐』で怪物くんチームが出た時の空気感がおもしろくて。
ホームであるはずの嵐チーム、楽しそうではあるんだけど、どこか歯車がかみ合わなくて空回り…。
一方、アウェーのはずの怪物くんチームの方が調子よくって余裕もあって楽しそうなの。

これって、もしかして大野くんの存在自体がホームなんじゃないかって、私思ったわよ。

だって、嵐くん達どことなく心細そうに見えなかった?私だけか?
末っ子は、怪物くんチームがいい!って言ってたし。(どんだけリーダーが好きなんだよ)

でも、敵味方に分かれてるはずなのに、何だかね境目がよく見えないの。
だって、嵐チームが0点だった後、敵チームの大野くんのテンションが若干下がってるっていうね。複雑そうな表情の大野くんがいいなぁって。

で、20%オフをはずしてもいいよ…ってね、大野くんが相葉ちゃんに言ってあげるでしょ。何だかリーダーっぽくない?そこまで言うんなら…ってすんなり受け入れる相葉ちゃんなんて、お兄ちゃんに甘えてる弟に見えてくるし。
私はそんなことして大丈夫かよ、怪物くんチーム負けないで〜って思ってたんだけど、大野くん、20%オフつけてもガンガンボールとってたよね(^^;)。
結局、容赦ないじゃ〜ん。ま、そこが大野くんのいいところ〜。

そして、最後なぜかMDAに選ばれちゃう大野くん。

これはきっと嵐くん達が最後に花を持たせてくれたんだよね。
嵐くん達は、こんな無茶ぶりしても大野くんは受け入れてくれるって知ってる。
それとも、敵チームで活躍しまくる大野くんが、ちょっと憎らしかった?

でも、MDAになったおかげで、大野くんおいしかったし、最後までコメントできたもんね。
結局みんなの想いをきちんと受け止めているんだと思う。

でも、そんな大野くんも

嵐の活動を心から楽しめるようになったのは、ぶっちゃけデビュー10周年の頃。

これは意外だったね〜。ほんとつい最近じゃんって。

経験も自信も何もないし、俺を応援してくれる人なんてほんとにいるのかなって。
いつも、心のどこかで逃げたかった。

ここはね、読んでいて切なかったよ。
私が大野智の存在をほとんど認識していなかった頃、そういう想いを抱えて活動してたんだって思ったら、泣きそうになったわ。

でも、求められるならやるしかないと思って、目の前のことをやっている内に、少しずつ変わった。

大野くんって、何事も受け入れる力があるんだよね。
そんなはずない、なんでそうなんだよってはねのけるんじゃなくて、丸ごと受け入れて応える力。
これはすごいと思う。

そして、
結局、普通のまんまで大丈夫だったんだよね。それなら、流れに任せちゃえって思えたのもある。

結局、彼の行き着いた先は「普通」だった。
大野くんの言ってる「普通」って「ありのまま」っていうことだと私は解釈してるんだけど…。
それを普通に出しちゃう大野智、おそるべし!

普通はね、ありのままの自分なんてなかなか出せないんだよ。
ありままの自分を出しちゃうと、恥ずかしかったり、反省したり、落ち込んだり。だから、かっこつけたり、言い訳したり、人や周りのせいにしたりしちゃうの(って、これは私のことか…)
しかも、あんな職業で現場で、それができちゃう大野くんはやっぱり普通じゃないと思うんだ、私は。
普通な自分、ありのままの自分、超自然体で、芸能界を生き抜いちゃう大野くんはやっぱり非凡だと思う。


最後の方は、おいおい大野くん突然嵐やめるとか言わないでよ…って思ったけど、5人で嵐だもんね。ずーっと応援してるよ(^^)。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*ベストアーティストの智*

『ベストアーティスト』楽しかったなぁ。

怪物くんがやりたい放題で、「櫻井!」って呼ばれてデレデレな櫻井くんとか。
衣装替えして大野智に戻ったはずなのに、まだ怪物くんキャラが抜けないのか、「櫻井!」って、また呼び捨てだし。で、櫻井くん、また嬉しそうだし。

さて、テレビの番組欄には「最強の3曲」って書いてあって、最強って何ぞや?と思ってしまった私。と言っても、深く考えることはなく見始めたんだけど。

1曲目は『Monster』
ま、これは時期的にも妥当なところよね。最初のソロは何度聴いても聴き惚れるわ。

で、私的ツボポイントは、最後に大野くんが前に出てきて、右足をシュッシュッてしてターンするところ。

   モンスター1  モンスター2   モンスター3   モンスター5

前に出てくる時のスマートな歩き方、右足をシュッシュッって出すときのキレもだけど、足・手・顔の角度も完璧でしょ。で、ターンの入りの姿勢のきれいなこと。で、回り終わりの左手が大好物。

そして、2曲目が『Love Rainbow』
私、テレビの前でえっ?って固まっちゃった。いやぁ、『Love Rainbow』には何の罪もないけど、最強って書いてあったから。えっそうだったの?って。
ま、これは好みの問題ですからねぇ。私的には最強じゃないだけで…(^^;)

しかも、この後唐突にCMに入っちゃったでしょ。テレビの前で家族全員唖然としちゃったわよ。
えっ、何でこのタイミング?この間嵐何してんの?メインステージに移動するんじゃないの?まさか着替えまではしないでしょ…とかね。

そしたら、『Happiness』歌ったらしいじゃない。何だよ、それ!じゃ、そこも放送してくれよ。
何かよくわからない構成だったわね。

3曲目は、『迷宮ラブソング』
ま、これは今歌わずしていつ歌う…っていう感じだけど、さらに短いバージョンになってたわね。

私、また大野くんだけ違う動きしてるとこ見つけちゃった。これは前奏なんだけど、1人だけ両手で弧を描いてるの。

                       迷宮2

Mステに続き、櫻井くんとニノが気合い入りまくってて、笑ったわ。
だって、櫻井くん、クレーンカメラを一瞬目で探してるでしょ。

1回目の「その手を強く引くよ」なんだけど、ひざまずいた時に大野くんがちらっと櫻井くんを見てるのよね。で、振り返る時に今度は櫻井くんが大野くんの方を見て、立ち上がった2人は顔を見合わせて笑っているように見えるんだけど(大野くんが映ってないんで、よくわからないんだけど)

私の妄想では、大野くん曰く、Mステでは翔くんのワンショットに割り込んじゃったけど、今日は邪魔しないからね、翔くん…的な〜。
でも、櫻井くんとしては、あれっ智くん今日は映り込まないの?俺、急接近する智くんを期待してたのに…的な〜。
あ〜妄想って楽しい!

ここはどこだっけ。(「その手を強く引くよ」の前なんだけど)
大野くんの手の動きがきれいなの。右端にいる時とセンターの時も同じ振り付けがあって、大野くんだけこの手の形してるの。

                        迷宮1

ニノ&櫻井&大野のスリーショットは、ノリノリでほんと楽しそうよね。心なしか櫻井くんの顔がデレデレしているように見えるし。

大野くんのソロ来た〜!!って思ったら、最初思いっきり引きの画だったわね。
何考えてたんだよ〜。ま、その後アップに切り替わったからいいけど、なぜあのタイミングであそこまで引いた?

ソロの後のターンが軽くこなしてる感じなんだけど、きれいよね。ターンする時の手の位置にまたツボっちゃうんだけど。

                  迷宮3  迷宮4
 
しかし、短いバージョンだったから、最後大野くんがセンターから後ろに下がってターンのところ、1人だけまわれてなかった…という珍しいミス。

3曲も披露するとなると、あちこち端折らなきゃいけないから、たいへんよね。
こうなると、1曲まるまるガッチリフルでやってもいいような気もするけどねぇ。
もしくは『Love Rainbow』もCMも無しで、ガッツリ2曲披露しちゃうとか。

1曲だけでも十分魅せることのできる5人だと思うので(『まだ見ぬ世界へ』みたいに)、つまみ食い的な感じは、ちょっと残念な気もするなぁ。それはそれで楽しいんだけど…。
いっそのこと『迷宮ラブソング』だけにして、フルでやっちゃえば、他の4人のソロも聴けちゃうのにね。何だかもったいない気がするなぁ。

そう言えば、長女が「その手を強く引くよ」で会場がキャ〜ってなってるのを見て、「ここってそういうもんなの?」って聞くから、「きゃ〜、王子が5人!みたいな〜」って答えたけど、ピンと来てない模様。アラシックじゃない人からしたら不思議みたいね。
私からしたら、ここでキャ〜じゃなかったら、一体どこで叫ぶって感じだけど。

それにしても、客席は見事に20代のお姉さんばかりよね。アラフォーとかそれ以上って絵面がよくなっていうことかしらね。し、し、失礼な!
でもさ、時々尋常じゃない悲鳴が入ってるでしょ。この人壊れちゃったんじゃないかしら…っていうくらい、すごいの。
あれで歌聞こえるんだろうかとか、周りの人に迷惑じゃないのかしら…とか余計な心配しちゃったわ。

あれっ今日は『MORE』の感想アップするはずじゃなかったっけ?
それは明日ね〜。
じゃぁ今から『しやがれ』観まーす!



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*ママ友としゃべくり*

『MORE』のインタビュー記事の内容がものすごく濃くて感動したので、感想を書きたいんだけど、まとまらない。いつもは書くぞ!って思ったら、勢いでがーってキーボードたたきまくるんだけど、今回はね、感じたことをどうやって言葉にしたらいいのかわかんない。
だから、まとまったら書くわね。って、結局そのまんまだったりして(^^;)


さて、昨日の『ベストアーティスト』よかったねぇ。
やりたい放題の怪物くん、合間に映る嵐くん達はものすごく楽しそうで、騎馬戦だけかと思いきやまさかのキメポーズもよかったわ。
それを見て、笑っちゃってどうしていいかわかんない櫻井くんがまたいいのよね。

でも、詳しい感想はまた後で…っていうことで。(えっ、今日はその話題じゃないのか)


ということで、今日の日記は、サトシックネタであってサトシックネタでないような〜。(どっちだよ…)

今日の午後は、授業参観で学校に行ったんだけど、

私のサトシックぶりを一番間近で見ているママ友1号が「大野くん、忙しそうだね」
「そうそう、お正月ドラマも決まったし、年末年始まで休みなしだよ。あ〜忙しすぎて心配。」
一芸能人の心配までする私を見て、ママ友若干あきれてる…ていうか、引いてる(^^;)?

そこで、「いやぁ。もう親心だよ。」って一応…取り繕っておいた。
ほんとは恋心9割、親心1割なんだけど、ほら、それはここだけの話だから。

で、ママ友1号は、昨日の『ベストアーティスト』で、初めてまじまじと大野くんが歌って踊ってるとこ見たんだって〜。これも地道なサトシック布教活動の成果かしらね。(ていうか、彼女は福山ファンだから、ついでだったとは思うんだけど(^^;)

「ほんとに歌うまいね。踊りもキレてるし」でしょ、でしょ〜。テンション上がるわ。
(そんな彼女は大昔ヒガシのファンだった)

ところが、「大野くん、首短くない?」と来たよ。
おいおい、持ち上げておいて、それかよ。
「それって、衣装のせいじゃないの〜」て言っておいたけどね。
くっそ〜、あの喉仏、胸元の威力を知らないんだな。ていうか、そうやすやすとは見せられないな。

ママ友1号の失礼極まりない質問はそれだけかと思いきや
「大野くんって、老けてない?いくつ?」とまたまた来たよ!
大野くんのどこが老けてるんだよ。どこ見とんねん!
あんなにいつまでも少年ぽさの抜けない奇跡のラサーに向かって何を言う〜!

「31歳。26日に31になったよ。私、セブンイレブンで怪物くんカレー買ってきてお祝いしたもん」
私、こんなことまでしゃべって大丈夫かしら。(芸能人の誕生祝いをするおばさんって…)
そこで、すぐそばにいたママ友1号の娘ちゃん(年長)に「セブンイレブンにね、怪物くんカレーが売ってるんだよ」と宣伝しておいたyo!

その後、ママ友2号に今日の午前中(車で)後ろ走ってたね…って言われて。(私は全然気がつかなかったんだけど)

「どこ行ったの?」
「ツタヤ」
「えっ何しに?」(その友達は私が大野くんにはまっていることはつゆ知らず)
「大野くんに会いに!」(大野くんが載っている雑誌を見に…じゃなく、会い…にと表現することで、サトシックぶりをさりげなくアピール)
「えっ?」
「大野くんの雑誌祭りで、私連日ツタヤ通い」
「えっ?大乃国?」
「嵐の大野くんだよ〜」
おいおい、いくら何でも大乃国にははまらないだろ。もう超絶マニアック過ぎて、サトシックもお手上げだよ。

そしたら、ママ友1号が
「内職で稼いだお金、大野くんにつぎこんでるんだよ」って
「いやいや、ほんの一部だし。私のささやかな幸せだし」

ていうか、ほんとはささやかじゃなくて、大〜きな幸せなんだけどねぇ。それはここだけの秘密だから。

で、ママ友2号「あ〜、ほのぼのとしてていいよね」
来た来た。そうなんだよ、たいていの人の印象はそんなとこなんだよなぁ。

「でも、歌も踊りも上手なんだよ〜」
「あ〜いい声してるよね」
マジでか!知ってんのか。ママ友2号って、芸能人とかに興味なさそうなのにな。

「でしょ、でしょ〜。私歌声に惚れてたんだもん。」
(ママ友1号と目を合わせて、「めっちゃ力入るわ」)

「魔王にも出てたし、いろんな才能持ってるよね」って、おいおいママ友2号、意外に知ってるじゃん。

しかし、話はそれ以上発展することなく。ま、そんなもんですよね。

そんなたわいもない主婦の会話でしたとさ。

その後も、しょうもないことで盛り上がったりして、楽しかったな。
次女の幼稚園からのおつきあいのママ友たち。
子供が小学校に上がってからはたまにしか会えないけど、やっぱりおしゃべり最高〜!!
さて、次は忘年会ランチかな〜。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。