FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年11月
ARCHIVE ≫ 2011年11月
      

≪ 前月 |  2011年11月  | 翌月 ≫

*おめでとう&ありがとう 大野くん*

今日は大野くんの誕生日&『怪物くん』の公開日。

何かしたいなぁと思いつつも家族の手前…ケーキとか買ってくるのも恥ずかしいので、昼食にセブンイレブンの伝説のバターチキンカレーを食べるというとーってもささやかなお祝い?をしました。(ていうか、ただ黙々と食べただけなんだけどね…)

ほんとは映画の初日観客動員数アップに協力したかったけど、とりあえず今日はカレーの売り上げに貢献。

あっそうそう、『月刊ザテレビジョン』の売上にも貢献してきたよ〜。
もうね、前髪パッツン智がかわいくってさ〜。
しかも、バラと一緒の智が全然バラに負けてないっていうか、バラさえも味方につけちゃうっていうのかしら。でも、次女は気持ち悪い…って言ってた。くっそ〜、まだ小学生にはわからないのか…。

                   カレー

画像は(よく考えずに逆光で撮ってしまったんだけど)anan智とカレーとカレーパン(*^^*)。

片手にanan、片手にデジカメを持って1人で悪戦苦闘してたら、次女がananを持ってくれました。
優しいのぉ〜。そして、毎日毎日大野くん大野くんとうるさい…こんな浮かれた母ですまんのぉ。

カレーは思いの外(失礼…)、とーってもおいしかった。私好みの味だわ。
これは、また買いに行かねば。

今日は内職している間も、舞台挨拶はもう終わったのかなぁとか、今頃何してるんだろうなぁとか、誕生日パーティーを開いてもらうのかなぁとか、なぜだか私がそわそわしちゃって。

で、舞台挨拶は、共演者だけでなく原作者の藤子先生もいらしたんですねぇ。
かなりの大盛況だったみたいで…。

何だかね、突然ふと私…寂しくなりました。もはや国民的キャラになりつつある怪物太郎くん。
今日一日、たくさんの方達からお祝いしてもらって、映画も大盛況で…。
そんなキラキラした世界にいる大野くんが何だか急に遠く感じられて(って、何を今さらな感じなんだけどね)、胸が苦しくなるっていうのかしら…。

いつかこんな感情を抱く日が来るだろうなぁ…とは思ってたんだけどね。
みんなに大野くんのすごさ、魅力を知って欲しいと思う一方で、そうなったらそうで複雑な気持ちになるのかなぁ〜って。
それにしても、そのタイミングが今日ってどういうことよ…っていうね。自分でもびっくりしてるんだけど。
でも、ジュニアの頃から大野くんのことを応援してる人たちは、そういう思いを何回もしてきたのかなぁとか思ったりして。
でも、大野くんを好きという気持ちに変わりはないから、どんどん応援していきますよ!

何だか思いつくままだらだらと書いてしまったけど、お祝いメッセージをあらためて書こうと思っても何を書いていいんだか。書きたいことは山ほどあるはずなのにね。

ということで、今日は『深イイ話』のお話を。

月曜の智では、大野くんがらみの深イイ話がなかったって怒ってた私だけど(^^;)、後で見返したら、最後にとーっても印象的な話をしてるのよね。

怪物くんを演じた大野くん。

「やっぱ、最初は勇気いる…もん、なんすよ」とちょっと言いにくそうにちょっと恥ずかしそうに本音を語る大野くん。(この時、有吉さんがうんうん…とうなずいているのがね、印象的だった)

藤子先生に「大野くん流で」と言われて、救われ、吹っ切きることができた大野くん。

いつもあんま考えてない…とか言って、淡々とこなしているように見える大野くん。
実は、いろんなことを乗り越えてきたんだね。
「勇気」なんていう言葉、大野くんから初めて聞いたような気がする。
実は、ものすごく努力家で与えられた仕事に対して決して手を抜かない大野くん。
でも、時には大丈夫かなって不安に思うこともあるよね。
それでも、勇気を持って、覚悟して臨んだ怪物くん。
それはそれはとーってもチャーミングな、大野くん以外誰も演じることのできないとっても魅力的な怪物太郎くんが出来上がりました。私、以前に大野くんは役柄と同化してるんじゃないか…って書いたことがあるけど、まさにそんな感じ。
そして、そんな怪物くんは、大野くんが演じる役柄の中で私が一番大好きで愛おしく思えるキャラクターとなりました。
出会えてよかったよ…。

また一つ、大野くんから教えて貰っちゃたな。
大野くんの言葉はシンプルで当たり前のことのようだけど、それはそれはとっても深い意味と説得力を持っています。だって、彼が自分自身で経験して出てきた言葉だから。
普段は、自分からアピールしようとしない彼がふと語る言葉は心に響きます。

そして、そんな彼を見てると、泣けてきます。どこまでもついて行こうって思えます。

31歳のバースディ、おめでとう…そして、ありがとう。ずーっとずーっと好きだよ。






ということで、いつものテンションと違うぞ、萌えポイントは今日はないのか…と思ったあなた。
これで終わるはずないじゃあーりませんか!

ほれほれ、日に焼けた手と白い胸元のコントラスト。萌えますねぇ。
実は胸元のほくろの写真も撮ったんだけど、映りが悪くてねぇ。だから、各自テレビで確認してちょ。

                       深い2

他にも私の個人的萌えポイントいろいろ〜。各自好き勝手に萌えちゃって下さーい。

            深い1  深い5 深い4


そうそう、私…実は今はまりにはまっている嵐冬ソングがあるんです。今激リピ中なんですけど、近いうちにvoiceで語るつもりです。
皆さんの好きな嵐冬ソングは何ですか?




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト