FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年11月
ARCHIVE ≫ 2011年11月
      

≪ 前月 |  2011年11月  | 翌月 ≫

*あちら側からこちら側へ*

お久しぶり〜と言っても3日ぶりですけどね。
先週、先々週がけっこう怒濤の更新だったんで(1日に2回アップしたりもしたし)、ちょっと疲れちゃったというか。気が抜けちゃったというかね…。

でも、もちろんその間も毎日アラシゴトは欠かしませんよ。
ゆり子お姉さん出演の『嵐ちゃん』はもう何回観たかわからないくらいだし、『迷宮ラブソング』もね、繰り返し観てるし。(私の一番のお気に入りは『HEY!』かなぁ)

でね、『ミヤネ屋』よかったねぇ。
映画の宣伝だから、そこまでは期待してなかったんだけど、ところがどっこいかなり見応えありました。

もうね、映画の取材や宣伝で同じような質問を百万回くらいされて、大野くんもたいへんだと思うんだけど、そこであえて映画と全く関係のない企画で大野くんらしさを引き出しちゃうミヤネ屋チームに乾杯!しかも、怪物くん絡みの罰ゲームも最高だった!

スタジオに現れた大野くんは刈り上げくんで、モノトーンの衣装がすこぶるお似合い。
ジャケットの丈が短いから、登場の時思わずヒップをガン見した。そして、シャツもかわいいし、ドットのネクタイだったっけ?似合ってたよねぇ。

でも、実は私、銀座の大野くんに打ちのめされたわ。
あ〜まだ髪が長い。流れるスタイリングがめっちゃ素敵。
しかも、あのネイビーのニットの上着がさぁ、めっちゃツボ。体のラインがわかるじゃない。ほんと細いんだよね。薄いんだよね。もうね、もう少しで透視できそうよ、私(*^^*)。

一喜一憂する表情や仕草もかわいくて、かわいくて、かわいくて。
ツボがあり過ぎて、今回は割愛…。(ここまで書いて、なんじゃそれ)

実は、他に書きたいことがあって、それをまとめるのにちょっと時間が必要だったんだけど…。

一般ピープルの大野くんに対する「印象が薄い」とか「ほんわりしてる」とか「おもしろい方」とか聞いて、それだけかよ!とつっこむ自分がいる一方で、あ〜そう言えばそうだったわねぇ…って(遠い目)。私も去年の夏までは、そんな風に大野くんを見てたのねぇ…って。

しかし、そんな私も今では立派な(…かどうかはわかんないけど)サトシック。
こんなに印象って変わっちゃうもんなんだねぇって、我ながらびっくりよ。

だって、いつもここで色っぽ〜いだの、かっこい〜だの、キャーキャー言ってるし。
ここにいらっしゃるのはサトシックさんばっかりだから、コメントも盛り上がって、もうそういう大野くんが大野くんでしかないわけよ。

だから、街頭インタビュー見ながら、去年の自分のことは棚に上げて(^^;)、あれっそうだったっけ?的な〜。いやいや、もっとテンション上げて下さいよ…的な〜(笑)。

でも、あっそうなのか、まだまだ世間一般ではそんなもんなのか…っていうね。
翌日、会ったママ友の反応も似たようなもんなんだけど…ハハハ。

で、ふと…私は、去年の秋を境にあちら側からこちら側に来ちゃったんだなぁっていうね、感慨深い思いっていうの?
端から見たら、ただキャーキャー言ってるだけに見えるかもしれないけど、私の中ではいろんなことが変わったなっていう実感があるのよ、実は…。物の見方とか考え方とか、本当にほんの少しずつだけどね…確実に変わってきてる。
家族も誰も気がついてないと思うけど(^^;)…ていうか、大野流に考えれば人にどう思われるかなんてきっと関係ないんだよね。自分の中でが何か感じることができたら、それでいいんだと思う。

こんな風に大野くんの姿に言葉に行動に刺激を受け、支えられてる、救われてる、癒されてると実感することはしょっしゅう。

でね、結局何を言いたいかっていうと、そんな大野くんと出会えた私は幸せっていうことなのよ!
たとえ、あまりの切なさに涙で枕を濡らす日があったとしてもね。(乙女か!)


さて、まだまだ続いている智雑誌祭り
今日は『non-no』の見本誌が置いてあったから、立ち読みしてきた(買わないんかい)。
いやいやなかなかいい写真だったのよ。

モノクロの智とか、ジャンプしてる躍動感あふれる智とかね。あっこれ欲しい…って思ったんだけど、とりあえず今回は我慢した。だってね、『anan』があるでしょ。
いやぁ、実は私、本屋に行く度に『anan』の次号予告を見てます。だって、これだけのために買うわけ行かないでしょ。だから、立ち読みっていうか立ちガン見するしかないわけよ。

結局、私の場合、胸元…なんだよな。これに滅法弱い…。はぁ〜っ。

そう言えば、『Cut』と『キネマ旬報』はまだ入荷してなかった(^^;)
だから、また明日行ってみるつもり。もちろん『anan』も見てくるわよ。

明日は、テレビで大野くんがいっぱい見れるね〜。楽しみ(^^)。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト