be with you 3104

2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
      

≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

*智いろいろ*

今朝の『ZIP』に怪物くんJET出てましたねぇ。
もう、怪物智がかわいいのなんのって〜。枡くんとの距離も少し縮まったみたいだし、よかったね。

それにしても、コックピットに入った途端、「触るな」とやたら注意しまくる怪物くんに笑ったわ。わがまま王子もさすがにあの中でやりたい放題というわけにはいかなかったみたいね。
しかし、何だかんだ言ってはしゃぐ二人。

そして、「Take off」の後の二人の「ウィーーーーーーーン」のエンジン音、息が合い過ぎてて、朝から爆笑したわよ。枡くん、嵐に入れるじゃねっていうくらい、大野くんと息ぴったり。

しかし、カレーのくだりは録画失敗して、ちょっと切れちゃったよぉ〜。


実は、今日スペースシャワーTVで『迷宮ラブソング』PVが流れるから、それも録ろうと思ってて。

で、ダブル録画しようとしたら、もしかしたら録れないかも…みたいなメッセージが出て、あわてて『ZIP』の録画を取り消して録画モードを変更し直してまた録画し直そうとしてたら、次女が忘れ物取りに帰ってくるし、その後も操作を間違ってやり直して…とかあたふたしてたら、いつの間にか怪物くんが出てたのよぉ〜。
でも、私は全然気づかずに録画取り消してまた録画してなんてやってたから、終盤がブツブツ切れちゃってた〜。でも、カレーを食べてる怪物くんは録れてたからよしとするか。

で、『迷宮ラブソング』PVなんだけど、ショートバージョンとあった通り1分45秒で終了〜。(あっという間だったわ〜)
でも、かわいくてかっこいい嵐くん達が堪能できたわ。
自転車こいでたり、剣で戦う松潤を応援する4人とか、その時ニノがわざと大野くんの目の前に拳を出して邪魔して、大野くんの顔色をちょっとうかがってるところとかね(この間『めざまし』でも流れてたわね)

衣装は2パターンあるみたいで、大野くんは黒いジャケットとストライプのジャケットで、どっちもお似合いだったわ。髪型はボリューム抑えめでそれもまた素敵だったなぁ〜。

私はCD予約してないので、後はフルで流れる日を待つばかりなり〜。


ところで、今日は久しぶりに『転世薫風』を観たわ。
というのも、『しやがれ』のコアリズムで腰を回してる大野くんを見たから。
そう言えば、『転世』でぐるぐる腰回してたなぁ〜と思って、超絶見たくなったのよ(もう〜っ胸元とか腰とかそんなんばっかですけど…(*^^*)
あ〜やっぱりあのダンスシーンはすごい、すごすぎる〜!


ところで、話がころころ変わるけど、今日の『TORE』観た〜?
藤原くんと吉高ちゃんが最後にチャレンジしたゲーム。
追い詰められた吉高ちゃんがどんどん藤原くんに寄り添っていくの(こういうの普通にやれちゃう吉高ちゃんがすごい。しかも憎めない)そしたら、藤原くんの手が吉高ちゃんの肩に手をまわす感じになって(実際は出てきたブロックに手を添えてる?)、結局二人一緒に奈落の底に堕ちていくっていうね〜。

私観てて、きゃ〜!ってキュンキュンしちゃったわよ。(大野くん以外の男性にキュンキュンするのなんて、久しぶり〜)
藤原くんには何となく好感持ってたけど(『凍りつく夏』'98で初めて見た時は、若いのにすごい俳優が出てきたと思ったし…)、思わず惚れそうになった(*^^*)。

でもねぇ…、そう!ここに訪れの皆さんならもうおわかりですね。
これがもし大野くんだったら〜っと一人妄想してたら、顔がとんでもなくだらしなくなってた…。あぶない、あぶない。家族がいるのに…。

さて、『TORE』に大野くんは21日に登場ですね。
運動神経抜群だけど、クイズがちょっとというか…かなり心配。
ま、そんなのどうでもいいくらいかっこよくてキュートな大野くんが見れるのは間違いないと思いますけどね。


さて、明日は『STORY』の発売日。あ〜ドキドキする〜。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト

*智雑誌祭り、どんだけ〜*

智雑誌祭り、どんだけ続くんだろうね。(買いたい気持は山々だか、ポイントも使い果たした今、今度は内職で稼いだお金で何とかしのぐか…)

全部買う余裕はないので、なるべく厳選して買ってるつもりなんですが(序盤後半戦まだまだ続く、他のブロガーさんの記事を読んでいたら、あ〜また欲しくなってきたよ〜。どうしよう〜。

今日、TSUTAYAにDVDを返却し、いつもの智表紙在庫チェックをした後、『MORE』の表紙だけ拝見。だって、『WITH』は見本誌があったんだけど、『MORE』はなかったのよぉ〜。がっくり…。
でも、表紙を見てみたならば、センターの大野くんのきりっとした表情でかっこいいのなんのって〜。後ろ髪引かれる思いで帰ってきた…。

                           

で、『Oggi』これまたグラビアも記事もいいんらしんだよ。こっちは全くノーチェックだったわ。仕方ない、明日もTSUTAYAに行くか…。(って、ほんとは今すぐにでも行きたいんだけど、そろそろ夕食の準備しないと〜)

                           



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*『魔王』感想 その1+追記*

私が初めて『魔王』を観たのは、去年の9月の末から始まった再放送。
そうです!私が大野くんにはまるのを待っていたかのように再放送が始まったのでした。
(リアルタイムでは、長女が観ていたのをちら見するくらい。びっくりするくらい興味がわかなかったな。私の目は節穴だったのか…)

さて、その時の私ですが、あまりいい印象を持っていません…(^^;)。何度も書いてますが、私…成瀬にはまれない…というサトシックにあるまじき特異体質なんです。
ビジュアルは大好物なんですけどね!だから、成瀬仕様でバラエティに出てる大野くんとか、コンサートの大野くんは大好き!でも、なぜか『魔王』の大野くんにははまれないという…不思議。

ちなみにその時の感想はこちらですが、ほとんどいいこと書いてません(^^;)。
(他のドラマなどの感想も書いてますが、どれも脚本が私的にはいまいちなものが多くて…。けっこう辛口かも。しかも、この時の私は『怪物くん』には全く興味を示さず…。今となっては、大野くんが出てるドラマで、一番好きなんだけどね〜。ちなみに感想はその1その2その3

ということで、『魔王』せっかく全話録画してたのに、まいっかぁ〜て感じで全部消しちゃったのよね。ほんとにサトシックか!

で、今回観るのは2回目。(次女が借りたいDVDがあるというので、じゃついでに『魔王』リベンジしてみるかぁっていう軽〜いノリで借りてみた)

まだ第1〜2話しか見てないんだけど…。
私はこういう復讐劇とか苦手だし、けっこうつっこみ所満載なので、ストーリー的にはあんまりはまれそうにないんだけど…。(どこが完全犯罪やねん!とかね)あ〜やっぱり辛口になっちゃいそう〜。

ま、この際ストーリーは置いといて(^^;)、最初釘付けになっちゃったのはシャワーシーン。いや〜ん、やっぱここよね。ありゃぁ、反則でしょ〜。なかなか前に進めなくて困る(*^^*)(ほんとは困ってないけど)『魔王』を語る上で決して避けて通ることはできませんよね。(若干観点ずれてますか?)
当時のサトシックさん達の舞い上がりっぷりは相当なものだったんだろうなぁ。

で、次に私がおっと思ったシーンは、成瀬が直人に初めて(正確には再会だけど)会うとこ。
この時の大野くんの目が無機質で、これ大野くんの目じゃない!って瞬間的に思った私。軽い衝撃を受けました。

私はね、正直感情があからさまの時の成瀬にはあんまり惹かれないの。不敵な笑みとかしめしめ顔とか何だか直球過ぎて、あんまり好きじゃないの。

でも、この直人とのシーンは、平静を装いながらも「はじめまして」と言われた時の微妙な表情の変化や、直人が立ち去った後感情を押し殺してる感じとかがね、ものすごく好き。
あからさまに憎しみとか悲しみを出さなくても、しっかりと伝わって来る。

こういう抑えた感じの成瀬の方がどぎまぎする。逆に彼の底知れ無さを感じる。

それから、成瀬がバザーに行く前のシーンだったかな。歩いている成瀬の表情も好き。穏やかなんだけど、何だか底知れない感じがするでしょ。

そして、次におっと思ったシーンは、成瀬がしおりに初めて(これも正確には再会だけど)会うシーン。
図書館に現れた成瀬の横顔を見て、なぜかうるうるして泣きそうになった私。
まるで想定外の自分の感情に動揺した。そして、早っ!と思わず自分につっこんだ。まだ何にも始まってませんけど…。
結末を知っているっていうこともあるんだろうけど、成瀬がね、何だかものすごく無垢な存在に見えちゃうの。もう、このままでいいよ、領…ってね。

何だかんだ言ってもしおりとのシーンはやっぱり好きよね。
特に百合の花を介してのシーンの成瀬のがね、好きなんだわ〜。
台詞は何だか忘れちゃったけど(メモるの忘れた(^^;)、思わず何度もリピートしちゃったりしてね。

他にもいろいろと書きたいことがあったような気がするんだけどなぁ。思い出せないから、まいっかぁ(^^;)

後は、自首のくだりの成瀬がとんでもなくかわいかったこととかね。
魔王をつかまえて、かわいいって何だよ。いやぁ、底知れ無さとかを感じる一方、やっぱりかわいいのよ、成瀬くんは。そういう邪心がついつい働いちゃうから、ストーリー的にいまひとつはまれないのかしらねぇ。

そのせいか、今日せっかくTSUTAYAに行ったのに、次は借りて来なかったyo!

気が向いたら、続きレンタルしてきます。ということで、その2はまた気が向いたらね〜。

*追記*
萌えポイントを思い出したので、思わず追記。
教会で、栞に「百合の花言葉、知ってますか」と聞くシーン。
この時の声がとんでもなくツボです。特に「無垢」の言い方〜
思わずリピートしたのは言うまでもありません。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*ライブな智*

サトシゴト、書きたいこといっぱいあるんですけどねぇ。
雑誌の感想とか、『魔王』(1・2話)の感想とか、キュート過ぎるCMのこととか、でも、全然追いつかないわ…。

さて、今日は『少年倶楽部』で流れた『Beautiful World』の感想。

映像自体は短かったんだけど、
『Believe』のターンの時のキレのある首の動きに見とれ、
『僕が僕のすべて』の「確かなことはひとつだけ〜〜」の力強い声に聴き惚れ、
『虹のカケラ』のリズムの取り方にうっとりしたりと、
萌えポイントがそこかしこにあって、たまりませんでした。

で、『Rock this』の時の黒の衣装が超絶かっこいんですけど〜。しかも、胸元ざっくりなんですけど〜。視線釘付けになっちゃうんですけど〜。めっちゃドキドキするんですけど〜。
でも、ちゃんと振り付けも見たわよ。これがまたかっこいいのよ〜。大野くんのダンスは、力抜いてるんだけど、やっぱり軽くてキレがあるのよねぇ。

                       ライブ智2

『まだ見ぬ世界へ』は、何と大野くんが松潤とかぶってて、見えないよ〜。次女と一緒に観てたんだけど、テレビの前で大野くんが見えない!と一人うるさい私。でも、あ〜もうすぐセンターに来るよ〜。来た来た〜、この後のターンがめっちゃかっこいいんだよぉ〜と前のめりで観てたら、いきなり画面が切り替わった。なぜだ〜!!なぜここで切る!ターンまで見せてくれよ〜。

で、切り替わった先が『always』
いや〜ん、さっきの黒の衣装じゃないの〜。胸元ざっくりだ〜。(やっぱりそこか)
振り付けもかっこいい。何でこんなに軽やかなのかしらね。

きゃ〜大野くんが先頭で花道を歩いて行ってるわよ。颯爽と歩く姿がかっこいいのなんのって〜。で、花道の途中で踊るんだけどね。これがずーっと横からの映像なのよ。なぜ定点?DVDの時はやたらアングル切り替わって、おいおいそこで変えんのかよっていうこともあるんだけど、ずーっと横から。確かに横から見ても、かっこいいの丸わかりですけどね。しかし、正面から見たい、見せてくれ〜。(そうですね。DVDのお楽しみですもんね)

                       ライブ智1

ここで大野くんだけ素早くひざまずくんだけど、これがかっちょええ〜。
そして、立ち上がる時のキレ!もうリピートする手が止まらんだろ〜。

                      ライブ智3

何でこんなに瞬間瞬間の動きがきれいなんですかね。
でも、、本人からしたら、「自己満足なだけだよ」ってことかしら。いやいや、そんなレベルじゃないですから。もう魂持ってかれちゃってますから〜。

アンコール、大雨の中の『5×10』も流れましたね。
大野くんだけ、髪型崩れてませんから〜。大野くんだけ、色黒いですから〜(これは関係ないか(^^;)

「僕ら交わした声が消えないのならば〜」の「ば〜」の時のが好き。思いがこもってる。

私、このライブの模様、毎日観てます。もうたまんらんです。早くDVD出してくれよ〜。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*智雑誌祭りはまだまだ続く*

今日、外出したついでにTSUTAYAに寄ったら、再入荷した黒猫智が残り1冊になってた。なくなっちゃうのも時間の問題かな〜。何だか名残惜しい…って、家にあるだろ。

『ピクトアップ』は3冊くらい残ってたかな。
『FLIX』『SODA』は入荷数が多いから、まだ10冊くらいあったかも。

時々こんな風に大野くん表紙の雑誌の在庫数を確認しに行く私。こうなると親心だよね。もう、智が気に掛かってしょうがない…。
それに、大野くん表紙の雑誌が並んでるのを見ると、それだけで嬉しいもんね。

雑誌祭り序盤では、2〜3日で売り切れちゃって、こうやって眺めることもできなかったしなぁ。

そう言えば、先日智雑誌祭り後半戦って書いちゃったけど、雑誌祭りまだまだ続くみたいですよ。


中でも気になるのが、11月1日発売の『STORY』
だって、「テレビや他誌では見たことのない、大人セクシーな大野さんのショット」だって〜!どうするよ〜!「他誌では見たことない」って、黒猫智越えるのかよ!どんだけ煽るんだよ。
ということで、発売日は朝イチでTSUTAYAに直行だ!(予約せんのかい!)

                       


それから、11月10日発売の『FINEBOYS』
「かつてない大野智from嵐 BOOK in BOOK」

「かつてない」ってどういうことだよ。もう〜っ、どいつもこいつも煽りやがって〜。
でも、これって男性ファッション誌だよね。ていうことは、店頭で買う勇気がないなぁ…。
しかも、20歳前後を対象にしてるのかな?うーん、そういう雑誌に載る大野さんって、どの路線?
予約するか、迷うなぁ〜。

FINEBOYS (ファインボーイズ) 2011年12月号 【表紙】 大野智 (予定) (雑誌) / FINEBOYS編集部 /...


11月26日発売の『SCREEN+vol.30』
映画誌ははずれがないような気もするけど、ちょっとお高いし、テキストはどれも似たり寄ったりで若干飽きてきた今日この頃(^^;)
グラビア次第かな…。ということで、店頭で見てから買うかどうか決めるかな〜。

【送料無料】SCREEN+ vol.30




TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*三谷としやがれ その2*

さて、次はみんなでお芝居!
しかも、三谷先生がその場で台詞を考え演出をつけてくれるという…何たる贅沢!

大野くんの役柄は俳優。一番似合わなそう〜(失礼…)。私は勝手に失業中の役だと思ってたから(^^;)、ちょっと残念。
それは屈折感の似合うニノが抜擢されました。確かに屈折感…一番似合うよね…。いや、これは褒めてるのよ。

三谷さんはけっこうアテ書きすること多いよね。
今回も大野くん以外の4人はアテ書きっぽいな…って思ったんだけど、大野くんの役だけ謎だった。大野くん次第で膨らませるつもりだったのかなぁ。
でも、中継とか彼女役とかやらせるとグイグイ乗ってくるのに、5人だと一歩引いちゃう人だからさぁ。

案の定、相葉ちゃんと松潤がもめているのに、何も言わず腕組みして佇む人約1名。
これって、いつもの大野くんじゃん!全然スイッチが入ってないんですけど…。
まさか会社員Bとびっくり(するはずが、完全に方向性間違えた)演技がトラウマになって、スイッチの入れ方を忘れたか!

そこで、三谷さんがすかさず「何か言ってあげて」って。うーん、大野くん困った感じで笑ってるわよ。
三谷さん、できればもっと具体的にお願いしたい!

俳優としての具体的なキャラ設定もなく、漠然とし過ぎるアドバイスに、さてどうする大野くん!

お芝居を再開するも、間に佇むあの人にスイッチが入っている気配はナッシング。どうした?
きっかけが掴めない大野くんに、松潤が「今日はいいじゃんね?」って肘をついて促してる。
で、出てきた言葉は「行こう」
そんだけかっ!三谷さん思わず笑っちゃってるし。
シンプルな一言でかたづけちゃうところが大野くんらしいと言えば大野くんらしいんだけど、やっぱりいつものキレがない…。

俳優という設定だけじゃどうやっていいのかわからなかったのかな。
芸能人になって調子こいてるヤツとか、クールでキザなヤツとか、具体的なイメージがあれば何かやってくれたかもね。
あっでも、それだとまたまたコメディに走る可能性大!
そうすると、また三谷さんに趣旨と違うとつっこまれていたわね。それはそれで観てる方はおもしろいですけど〜。

そして、やっと来ましたよ。大野くんの出番。
今度はパパラッチに狙われているという具体的な設定を与えてくれました。そうすると、すっと入っていける大野くん。
途端に目に力が入ってます。心なしか男前に見えます。(心なしか…かよ!)
しかも、一切お遊び無しです。三谷先生に忠実です。やっぱりトラウマか?

しかーし、パパラッチのいる方向に逃げる大野さん。テレビの前で、おいおいそっちかよ…と思わずつっこんでしまいました。「こっちじゃない方がいい」って三谷さんにも訂正されてるし…。しかも、逆方向に逃げる姿がなぜか若干怪物くん…。

その後、稽古中のみんなの真剣な表情が印象的だったなぁ。
でも、私が心奪われていたのは、ストライプシャツ、黒の細身のパンツの愛しい人。思わず見とれておりました(*^^*)。

さて、「別れ道」の始まり。

登場した大野くんはさっきの格好にジャケット羽織っていて、かっこいい〜。俳優っぽいんじゃね?
しかも、サングラス掛けて、ポケットに手を入れて、歩く姿がスマートで格好いいのなんのって。
私は出てきた瞬間、笑うどころか、見とれてましたよ。

それよりも、ニノの格好にコントか!とつっこみそうになりましたけど…。
失業中→ジャージ&頭にタオル…っていう発想がすでにコントでしょ!(誰だ!こんな衣装を用意したのは)いくら失業中でも、同窓会にこんな格好で来る人いないわよね。ねらってるとしか思えないわ…。

ところで、松潤が相葉ちゃんに食ってかかった時、大野くんは距離を置いてるでしょ。そんな大野くんにすかさずニノが近寄っていって話しかけ、間を持たせてるのが上手いなぁ〜って。だって、大野くん台詞もなければ、特に動きもないでしょ。何だか手持ち無沙汰に見えちゃうのよね。そういう機転の利かせ方はさすがニノって感じ?(ていうか、いつもの大宮の図?)

そして、やっと大野くんの出番だよ。
サングラスはずして、パパラッチを探すために駆け寄る。こめかみに当てる指がきれい。腰に当てる左手が素敵とか、私は萌えポイントばかり探してましたけどね。
シーンとしては特に何てことないんだけど、一つ一つの仕草がツボで無闇にリピートしてしまいました。サトシックの性。


ニノの「何様だ!」にはドキッとしたなぁ。しかも、その前後が力抜いてるでしょ。この緩急のつけ方がさすがニノって感じ。

それにしても、5人ともやっぱりすごいよね。突然役柄と設定与えられて、どんどん自分の物にしていくのが手に取るようにわかる。だんだん目の色が変わってくる感じ。

とにかく、芝居が出来上がっていく過程がおもしろかった。役者にある程度キャラクターの説明をして、それぞれ台詞を言わせて、それを三谷さんが補足したり訂正しながらどんどんやくがらを膨らませていくって感じ?

でも、その点、大野くんの俳優役はあんまり膨らまなかったけど…(^^;)。
でも、今回の役所は俳優というちょっと特殊な職業ではあるけれど、普通の人の役。(怪物くんでもなく、過剰な演出の必要もない)
そういう意味では、なかなか見ることができない大野くんが見られて貴重だったかも。
だって、これって一応二の線だよね。
特にここぞという見せ場はなかったけれど、俳優キャラということで歩き方や仕草がそれっぽくなってたもんね。(私はそれだけでメロメロでしたけど)

今回、三谷さんが出てきた時点で、コメディだと思い込んでたもんだから、今回のシリアスなお芝居は意表を突かれたけど、いいもの見せて貰いました。

しかし、三谷さん実は相当緊張してたと思うし、気疲れしたんじゃないかな〜。実は帰ってから、いろいろ反省してるんじゃないかとちょっと心配。(余計なお世話…)

今度は是非、三谷作品に嵐くん達を出して下さい!!できれば、大野くんを!(やっぱりそこか!)そこだ!




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*『神様のカルテ』観ました*

『神様のカルテ』観に行かなきゃ…と思いつつ、何だかタイミングが合わなくて。そしたら、金曜日で終わりということだったので、櫻井くん好きの母を誘って行ってきました。

私、櫻井くんが演技をするところを見るのは実は初めて…と言いたいところだけど、その前に『謎解きはディナーの後で』を観たんだったわ。
あっでも、私早々にリタイヤです(^^;)。ごめんね、櫻井くん。私元々…謎解き物とか一話完結物にははまれないんです。『古畑任三郎』すらリタイヤしちゃったしねぇ(^^;)

さて、『神様のカルテ』
原作は以前読んだんだけど、具体的な内容はほとんど忘れてて…。キャラクターや空気感みたいなものは何となく覚えてたけど…。
でも、観ている内に、この人物設定は違うな…とか、ここは省略されてるな…とか、思い出すことはあったけれど、それはそれでありかなと。原作の雰囲気や描きたいことはきちんと表現できていたような気がします。省略、変更されていた部分は、長編小説を2時間に収めるには妥当な判断かな…と。(えらそうだな…)

しかも、「神様のカルテ」というワードが最後にああいう風に使われているとはね。
確か、原作にはなかったですよね。(記憶があやふやで申し訳ない…)
実は、私原作を読んだ時に、このタイトルの壮大な感じと内容の現実的な感じのアンバランスさにとまどっちゃったところもあるんですけど、映画ではうまくバランスとってましたね。

医療現場の実情についても、短い時間の中でけっこう丁寧に描写されていたんじゃないかな。

櫻井くんの一止。原作を読んだ時は、櫻井くんじゃかっこよすぎじゃね?と思ってたんだけど、これがなかなかはまってました。髪型も変えて、あの風変わりなしゃべり方も似合ってたし。そして、繊細な部分もね。

医療の現場って、私たちが非日常だと思っていることが日常でしょ。
葛藤やもどかしさと戦いながら、どうやって現実との折り合いをつけるのか。とっても難しい問題ではあるけれど、決して避けることのできない問題。
それに、真剣に向き合っている一止がね、見ていてたまらなかった…。

私、実は映画館で予告を観た時点で号泣しそうで…。だから、映画館で観るかどうか迷ってたんですよね。
それに、人生も折り返し地点を過ぎると、死とか病気とかが少しずつ現実味を帯びてきて…。だから、この頃はそういうものを扱ったドラマとか小説とか避けてたんです。(未だに『おくりびと』も観れないし…)
でも、思い切って行ってみてよかったですよ。
あったかい気持になれたし。

向き合うことは大事ですよね。向き合わなきゃ前に進めないしね。
それに、いつかは受け入れなくてはいけないことですからね。


それから、景色がきれいでしたねぇ。
私、7〜8年前くらいに長野に家族旅行に行ったんですよ。名古屋から高速道路使って行ったんだけど、遠くに連なる山並みがね、壮大ですごかった。九州じゃあんな景色見れないもんなぁ。

そう言えば、ロケ地に美ヶ原ってありましたねぇ。どのシーンだろ。榛名が写真を撮っていたところかな。家族旅行で行きましたよ。ほんと壮大な景色でね、感動でした。
そうそう、原作には冬の王ヶ頭も出てきたんじゃなかったっけ?ここも行ったよ。もちろん夏だけどね。

原作は『神様のカルテ2』もあるけど、映画はどうなのかなぁ〜。
是非、作って欲しいなぁ。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*三谷としやがれ その1*

『しやがれ』は私の大好きな三谷幸喜さん登場。
嵐の中で、三谷さんとお仕事したことがあるのは松潤だけ。

その話をしてる時、大野くんがニノに「何のドラマで?」って聞いてる!かすかに声が入ってる!大野くん、知らないのか…『わが家の歴史』だよ。(私観たもん)そう言えば大野くん、『ラブレインボー』も観てなかったもんね(^^;)。(これは私も観てない)

コロッケそばのくだり。「たまたまコロッケが入っちゃったんだろうね」独自の持論を披露する大野くんに「どういうこと?」おっ三谷さん食いついてる。しかし、「おっうまいじゃん」の後に映った三谷さん、くすりともしてないし…。若干不安になるわ…。

しかし、映画『大脱走』三谷さんと意気投合だよ。
「僕、大っ好き」珍しく力入ってる。
観たのは小6。前編後編に分かれてた。
この二つの共通点だけで、「じゃ、同じ時に観たんですかね?」って!
三谷さんと世代が違いすぎるでしょうよ〜。
世代とかそんなもんぶっ飛ばして、短絡的に物事をとらえちゃう大野くんの感性がおもしろ過ぎる。
三谷さんも思わず笑ってるわよ。

ところで、松潤の感想に納得がいかない様子の三谷さん。
「うまく逃げた気がするね?」って大野くんに同意求めてるし。距離がどんどん縮んでる!
そして、意気揚々と身振り手振りで好きなシーンを語る大野くん。しかも、三谷さんもツボが一緒だったらしく握手求めてるし。大野くんも嬉しそうに両手でがっつり握手してるし。しかも、その二人の間に映るニノがなぜかめっちゃ嬉しそうだし。

よっしゃぁ〜、これで出足は上々かと思いきや…。

三谷さんは今回は演技の基本、シンプルなところから攻めて来ましたね。
この間『目覚まし』で生野さん(だったかな?)に演技指導?しているところを見たんだけど、これもおもしろかったんだよなぁ。ふざけているようで、ちゃんとツボを押さえているというか(プロだから当たり前なんだけど)演じるっていうことを知り尽くしてるんだなぁっていう気がした。あくまで気がしただけなんだけど。

さて、「いい俳優さんはいい台詞を考えることができる。アドリブが上手。」

これを聞いて、思い出したのが八嶋さん。以前三谷さんがエッセーの中で、褒めてたんだよねぇ。
舞台でハプニングが起こっても、咄嗟に機転を利かせることができる八嶋さんのアドリブのすごさ。
そんな八嶋さんにすごい、天才だ…と言われている大野さん。こりゃぁ見せ場だな…と思っていたんだけどね〜。

まず櫻井くんは60点。落ち込む櫻井くんをすかさず慰める相葉ちゃん。そして、わちゃわちゃと集まってきて櫻井くんを励ます4人に混じって一緒に励ましてる三谷さんが何だか微笑ましい。

ニノの「薬」の台詞を聞いて、三谷さんくすっと笑っちゃてますけど、点数は40点。
厳しいなぁ〜。三谷さん、かなり本気?

松潤は、いいとこいって70点。

そして、期待の大野さん登場。しかも、お相手は松潤。
もう帰りたくてたまらない感を出させたら日本一!ていうか、ほんとに帰りたいんじゃなかろうか…。

「なぁ」って大野くんが話しかけてるのに、松潤返事しないし。ちょっととまどった顔の大野くんがかわいいし。
2回目の「なぁ」はちょっとトーン変えてます。
そして、出た「もう限界だ」思わず素かと思いましたよ。あまりに自然過ぎて、今現在の本心がぽろりと口をついて出てきたのかと思っちゃいましたよ。まんま大野さんって感じ。

三谷さんも完全に笑っちゃってるし〜。
しかし、ある意味0点。でも、ありはあり。台詞としてはおもしろい…という、結果的には褒めて頂いたっていうことでよろしいんでしょうかね、三谷さん。

会社員Aはバリバリ仕事をしているという設定なのに、なぜか超スローでキーボードを操作する大野社員。そうきたか!前の4人がそれぞれ違うパターンで仕事してたんで、自分も何かしなきゃ落とさなきゃって思っちゃったんでしょうねぇ。かろうじて、ニノが拾ってくれたけど、こういう所に小技を効かす大野くんにはさっぱり興味を示してくれない三谷さん。確かに、趣旨とは関係ないですからね。

三谷さんの考えた台詞は「今、何時?」
意外とシンプル。でも、言われてみるとあっそっか〜って。台詞の応酬の中で、こういうぽろっと言うシンプルな言葉がくすっと笑いを誘っちゃうのかなぁ。

さて、次はびっくりする演技。これが一番難しいんだって。

こういうのって大野くん得意なんじゃないか…と思ってたんけど…。
だって、加賀パパが来た時のびっくり演技は秀逸だったじゃん。
静電気でビリッと来て、その上足をぶつけて痛がるっていう演技。しかも、これは声を出さずにジェスチャーだけだったのに、ビックリ加減も痛がってる様子も、イラッとしているところもものすごく伝わってきたのに。

前の4人のパターンを見て、何か違うことやらなくちゃと思っちゃったんだろうねぇ。笑わせなきゃ…と思ったのかなぁ。だって、いつもオチ担当だもんね。

柱に思いっきりぶつかってる。しかも、そのまんまの体勢でまだ文句言ってる。意表突き過ぎ。

確かにおもしろかった。爆笑した。その上、横顔が麗しくてついつい見とれた。しかも、ずっとぶつぶつ言ってるのが、かわいいのなんのって。

でも、確かに趣旨から大きくはずれちゃってたね。そもそもびっくりしてなかったし…。
おもしろかったけど…。今回の課題は「びっくり」ですから。

あ〜また、長くなっちゃった〜。その2に続く。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*マネキンファイブ2011秋 その2*

『しやがれ』『少年倶楽部』に雑誌の感想も書きたいんだけど、あ〜追いつかないよ〜。

では、マネキンファイブの感想の続き。


お次は相葉ちゃん
秋→読書→知的となったら、もう5番しかないでしょ。

店員さんに「相葉くんっぽい」と言われて、「ちょっとやめとこっかな」の言い方と笑顔にやられた。私、なぜか女子とツーショットの相葉ちゃんに滅法弱い。あ〜あんな風に優しく話しかけるんだね、笑いかけるんだね…と妄想に陥りそうになる。

そう言えば、相葉ちゃん、櫻井くんセレクト上着も試着したのかなぁ。店員さんがハンガーに掛けて戻してるんだよねぇ。ここで同じの選んでたら、おもしろかったのにねぇ。

そして、マントを脱いだ相葉ちゃん。
いや〜ん、かわいい!ものすごく似合ってる。髪色とも合ってる。
マネキンの時とはだいぶ印象が変わるわね。これなら、5番でもよかったかも。


次は松潤
「攻めてますね」でもうわかっちゃったわよ。やっぱり1番だったのね。

お目当てのギラギラがなかなか見つからず、お茶タイムしようとしたら、なんとカレーを食べてる大野くんと遭遇。
この時の松潤の「何やってんだよ」って言った後の「聞いて、聞いて、大変なんだよ」に超絶萌えた。あ〜ツンデレ過ぎる。かわいすぎる。まさに長男と末っ子の図。「聞いて、聞いて」が脳内でこだまするする。
そして、思いの丈を長男にぶつけてみたものの、返ってきた答えは「そこはもう変えちゃえばいいのに」って〜。あっけなさ過ぎます、大野さん。松潤、相談する相手間違っちゃったかもね…。

そして、マントを脱いだ松潤、けっこう似合ってるんだよ。でも、やっぱり何かが変なんだよ。半袖だから?パンツまでピンクにしちゃったから?


お次はニノ
とりあえず最初は場を荒らしてみる。こういうところがやっぱりニノっぽい。
しかし、ここで事件は起こった。皆さん、見た見た〜?
場を荒らされそうになった大野さん、口止めしようと思ったんでしょうね。、店員さんに耳打ちしてますよ〜!!!いや〜ん、ダメダメ〜!!みんなの智よ。特定の人にしかも素人に耳打ちなんてもってのほかよ、大野くん!

あ〜あの店員さんにインタビューしに行きたい。何て言ったの?どんな声だった?どんな匂い?って、質問攻めにしやるわよ〜。

おっとニノの番だったわね(^^;)。ネット上での映りを意識するあたり、やっぱりニノは賢い。しかし、まさかのモアレ!…ていうか、モアレって何だよ!モアレを連呼すればするほど気になる。笑えないもどかしさにテレビの前で悶々とした。説明、おそいよ…。

でさぁ、ニノが選んだアイテムの中に大野くんのモアレジャケットがあったよね。
しかし、値段に目がくらみ、モアレを見抜けなかった大野くん、この時点で負けです。

しかし、ニノの説明回りくどいですから!結局自分で選んだんかい!
うーん、パンツがね、私はム〜リ〜。あれを着こなせる人はなかなかいないでしょ。ていうか、サルエルって何がかっこいいのか、おばさんにはさっぱりわかんなーい。


で、結果発表。(やっとかよ)

1位は予想通り、櫻井くん。
ソファに倒れ込む櫻井くんがかわいかったわ。

2位は、相葉ちゃんだと思ったのに、ニノ。
私的に、ニノは私の予想より上位にランクされることが多いという謎…。

そして、3位が相葉ちゃん。結局一番おしゃれだと思うんだけど、この位置からなかなか脱出できないわねぇ。

さて、残ったのは長男と末っ子。この絵面がまたいい。(前回の山に続いて)
大野さん、「38万円」に全く覇気がないですけど…。まぁ逆に、何で最初あんなに自信満々だったのか、そっちの方が不思議ですけどね…。

もうね、実は私この時点でビリは是非大野くんに…と願っていました。(ごめんよ)
ここまで来たら、4位なんて中途半端なところにいないで、ビリになって、ラッピングトレーラーになってもらいたい!と。

しかし、残念ながらビリは松潤でした。

さて、次回は次女の好感度が下がらないよう、自力でお願いしますよ、大野さん。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*マネキンファイブ2011秋 その1*

昨日やっと、翔くん好きな母と一緒に『神様のカルテ』観てきました。映画館だったからなんとか涙ぽろり程度で耐えたけど、家で一人で観てたら、号泣確実!
でも、感想は後日ね(^^)v。

で、観た後にショッピングモールをうろうろしていたら、なんとこんなものを発見!
ショーウィンドウに櫻井くんと相葉ちゃんがディスプレイしてありました。

                  マネキン.jpg

全部のアイテムがテレビそのままというわけではないみたいだけど、何だか妙にテンション上がっちゃったよ〜。


では、マネキンファイブの感想をば!

まずオープニングトークの5人がかわいくて、楽しくて…。久しぶりの5人の嵐ちゃんということで、メンバーも心なしかテンション高かったような…。あ〜やっぱり5人がいいよね、いいよね、TBSさん。
わちゃわちゃしている嵐くん達をずーーっと見ていたかったわ。

横浜に来て「ただいま」な櫻井くんとか、
思わず座り込んで語ろうとする相葉ちゃんとか、
前回のマネキンはパクったんじゃなく「かぶちゃった」なニノとか、
「マネキンパクって1位になった方がスッキリする」な大野くんとか、
「みんなちょっとずつギラギラしようよ」の松潤とか。

こんな5人がかわいすぎて愛おしい…。


で、肝心のマネキンファイブですが、それぞれの作戦の明暗がはっきり分かれましたねぇ。

ネット票の重要さを認識し、パソコン上での映りを意識した櫻井くん&ニノが見事に1位&2位。
(やっぱり賢いわ)

相葉らしさを上手くカモフラージュしながらも、やっぱりどこか相葉らしさが出てしまった相葉ちゃんが3位。(映りとか値段を意識しなくても、あれだけのコーディネートができるっていうことは、やっぱり上級者?)

で、我らが大野さん。高けりゃおしゃれ…という短絡的すぎる作戦で自滅。しかし、何とか4位で持ちこたえる。(私はビリかと思ってた…というか、もはや願ってた(^^;)

「ギラギラで行く」という約束を何が何でも守り通そうとする生真面目さが裏目に出たか、松潤。なんとまたまたビリ。
(リーダーのゆる〜いアドバイスを聞いていたら、どうなってたんだろうね〜)


では、まず櫻井くん
マント脱いだ時の、松嶋さんの「秋やね〜」の一言に、私はえっもしかして3番?
え〜っ大野くんじゃないのか!大野くんに着て欲しかったのに。いや櫻井くんも似合うとは思うけど…とテレビの前で動揺する私。

パソコン上での映りを考慮に入れるあたり、やっぱり賢いな櫻井くん…と思いきや、序盤は完全に方向性間違ってましたね。
でも、結局「守に戻る」櫻井くん。いやぁ、私は元々櫻井くんセレクトの服、けっこう好きですけどね。

で、マント脱いだら、やっぱり3番だった〜。
しかも、ブーツが怪物くん仕様という、若干大野偽装服が入ってるという事実が発覚!。くぅ〜っやられた〜!!ブーツには全く気がつかなかったけど(^^;)、大野くんに絶対お似合い、大野くんに是非着て欲しいと思って、私1票入れちゃったし。


そして、お次は大野くん
マントを脱いだ後のモザイクの丸窓の大野くんがかわいすぎて、ニヤニヤしちゃったわ。

さて、今回の彼はどうもとんでもない作戦を思いついたらしい。何だろう〜、若干嫌な予感がする。
それが、なんと店の中で一番高い物をセレクトするという荒技。そんなん、ありかよ〜。
しかも、靴が14万って〜。帽子が11万って〜。

実は、この作戦、うちの次女には大不評。
「これって、お金はテレビ局が払うの?」「そりゃそうだろうねぇ」大野くんがそんな大金払ううわけないでしょうよ…。
そして、テレビ局のお金を湯水のように使いまくる大野くんを見ていた次女が一言
「リーダーのこと、何だか嫌になってきた」
げげっ!たいへんです、大野さん!勝負に徹するあまり、次女の好感度ダダ下がりです。しかも、その作戦、まるで説得力ありませんから〜。

私もこの作戦を毛頭指示する気はありませんが、要はこの人面倒くさいんだろうなぁ…と。元々洋服にこだわりない人だし、あれこれ悩んで選ぶのが面倒なんだろうねぇ。一番高いのって決めちゃえば、楽だもんねぇ。

でも、前回の自分でイメージを描いてコーディネートした桜シャツ、めっちゃよかったのにねぇ。私、大好きだったよ(投票してないけど(^^;)
でも、やっぱり自力で4位だったのが、よほどショックだったのかしらね。

しかし、高い洋服の目安が3万より上っていうのは、何だか好感持てるわよね。
(私は1万越えたら高い服という認識ですけど、それが何か?)

大野くんセレクト(ていうか、ただ単に高いというだけ)のジャケット、おしゃれでかわいいよね。裏地も凝ってるし。しかし、実はこれがモアレジャケットだった!!だって、このジャケット確かニノが選んでモアレしてるって言ってたやつでしょ。

白Tの上に試着してたけど、インナーは白シャツでもよかったんじゃね?あのTシャツの色はないでしょ。いっそのこと、インナーも黒にしちゃうとかね、がっつりモノトーンがよかったかも。
後は、上質な質感で勝負みたいなね。あっでもパソコン上では、なかなか質感まではわかんないわよね。やっぱり大野くん、作戦の方向性間違ってたみたいよ。

でも、私の第一印象の謎がこれで解けたわ。
そもそも値段最優先で、コーディネートする気がないから、あんな微妙な感じになっちゃったのね。あ〜謎が解けてスッキリした(そこか)

その後も凝りもせず3万円以上のパンツを探し続ける大野くん。やっぱり方向性完全に間違ってますよ。

でも、マントを脱いだ瞬間。あれっパソコンで見たときと印象が違う!もっとのぺっとした印象だったのよ。(やっぱりモアレ起こしてた)しかも、私Tシャツはオレンジだと思ってたんだけど、ピンク?それにしても、このTシャツいくらだったのかしらね?何で一番気になるTシャツ選びのくだりがカットなのかしら…。あの色合いは、少なくとも高級感はないわよね。シルクのシャツとか合わせてもよかったかもね。

しかし、帽子をかぶる仕草やターンがめっちゃかっこよくて、そっちに惚れ惚れしちゃったわ。でも、Tシャツに汗が滲んでまっせ。
しかも、意気揚々と値段を紹介する大野くん。なぜそんなに自信満々なんだ。この人の感覚、謎過ぎる〜!

ま、洋服のセレクトは置いといて、靴を履かせて貰っている大野くんとか(私もやりて〜)、エスカレーターを降りてくる大野くんとか(腰に手を当てるだけでかっちょええ〜)、横顔とか後ろ姿とかあらゆるアングルから見れる大野くんとか(触りてぇ〜)、ニノに強気な口をきく大野くんとか(私も言って欲しい〜)、萌えポイント満載で楽しかったわ。
私はあの白Tとジャージでも十分に萌えられたけどね〜。

しかし、「両方で14万」は反則です、大野さん!
天然過ぎます。30歳の発言とは思えません。もうっ恋心半分、親心半分の私は笑っていいのか、泣いていいのか…。いや大爆笑させてもらいましたけどね…。 

まったく、どんだけ長いのよ…ということで、その2に続く。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*怪物くんSP*

今日久しぶりにTSUTAYAに行ってみたら、なんと黒猫智発見!増刷された分が店頭に並んでたの。思わずお持ち帰りしたい衝動に駆られたけど、我慢したわ!でも、とりあえず何冊あるか数えてみたら、5冊。あ〜ん、黒猫智の動向が気になって、またTSUTAYA通いをしそうな予感…(ーー;)。

でも、パソコンの背景は今日黒猫智から『ZOOM』智に変えちゃったんだけどね…(^^;)。
手作りのベンチと一緒に映ってる大野くん。腕筋がぁ、手がぁ、Vネック白Tがぁ、首筋がぁ、笑顔がぁ、もうったまらんのよ。

『ピクトアップ』は、まだこっちは入荷してないみたい。
私は楽天に予約注文してるんだけど、また手元には届いてないのよねぇ。昨日発送したみたいだから、明日か明後日には届くかな。


さて、遅ればせながら『怪物くんSP』の感想ですが、実は、今回私はストーリー的にはあんまりはまれなかったの。何でだろうねぇ。

一つは眠かった…っていうのがあるんだけど…(^^;)。(何とか耐えてたのに、最後の1〜2分は睡魔に負けて寝ちゃったし。で、ふと目を開けたら、嵐くんが5人並んでて、そしたら眠気なんかふっとんじゃったよぉ〜!)

連ドラは文句なしにはまっちゃったのにね。ヒロシとウタコがいなかったからかなぁ。

そして、もう一つは私の煩悩かもね(^^;)。何だかね、ついついね、萌えポイント探しちゃうのよ。
あ〜写真を持つ手がきれいだぁとか、この声のトーンがいいわぁとか…ね。
自分でも怪物くんが見たいのか大野くんが見たいのか、わかんなくなっちゃってきて、困ったもんです…。

バーチャルの世界から戻ってくるくだりの目を閉じてる怪物くん、そして「パパ」とつぶやく怪物くんなんて、麗しすぎて見とれちゃったし。怪物くんなのに男前過ぎでしょ

しかも、怪子ちゃんの「一緒に暮らすっていうことは…」(とか言う台詞があったでしょ)では、無駄にドキドキして、妄想が先走りそうになるし。いかん、いかん。これはよい子も観てるのよ。

なぜかストーリー的にはあんまりはまれなかったんだけど、でもやっぱりコミカルな演技させると天下一品よね。

デモキン達におだてられてその気になっちゃう怪物くんとか、怪子ちゃんと家出するくだりのわざとらしさとか(ほんとは止めて欲しかったのかな)、アックマーのことをすっかり忘れちゃってる怪物くんとか、「好き」を体全体で表現する怪物くんとか、何なんだろうねぇ、あのかわいさは…。

実は、リアルタイムで観たときは5分ほど遅れて見始めたんだけど、追っかけ再生するのが面倒で途中から観ちゃったのね。で、後で最初の方を観てみたら、やだぁ、コミカル怪物くんが素敵過ぎて、思わず何回もリピートしちゃったわ。
ターンがきれいだし、キメポーズも様になってるし。雑誌に紹介されてたのは、この場面だったのね。このシーンを撮るためにいろんなポーズととってみせたんだよね。

ところで、この番宣のために怪物くんいろんな情報番組に出てたでしょ。それが、ちゃんと怪物くんキャラで出てるのよね。でも、『ZIP』だったかな、去年の番宣の時の怪物くんの映像がちょっと出て、なぜかそっちの怪物くんの方がかわいく見えて…、私はちょっと困った…。

そうそう思い出したよ。
去年の番宣の時は、ビジュアルは怪物くんなのに普通に癒しオーラ満開で素でしゃべってたもんね。
私は連ドラはリアルタイムでは観てなくて(後でDVDでみたんだけど)、その前にお智達のご厚意で『怪物くん』番宣のために『ズームイン』や『ミヤネ屋』に出てる大野くんを見れたのね。そして、そのビジュアルと話し方のギャップにやられちゃったのよ。

でも、今年の怪物くんは番宣でもちゃんと怪物くんしてたね。何だか、おばさんはちょっと寂しかった…。これが成長したっていうことなのかしら…。
ビジュアルは怪物くんで、話し方はまんま大野くんの怪物くんがまた見てみたい…という結局ドラマの感想とは全く関係のない話になっちゃったわね。

何だか、あんまりドラマの感想になってないわね。また見返したら、違う印象を持つかもしれないけど。(睡魔と戦いなら、観てたし(^^;)




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*抜いているのは手じゃないんだよ*

嵐くん達、また今年の紅白の司会に決定だそうですよ。おめでとう〜!
そっかぁ、もうそういう時期なんだね。(ちなみに去年の感想はこちら→その1その2その3

大野くんファンになりたてだった私は、この紅白で新たな魅力を再発見したんだよなぁ〜。

実は今日、偶然にも去年の年末から年始にかけての嵐くん出演の番組を観ながら、内職してたの。
紅白で進行する大野くんの声は、とても男前で安心感もあって頼もしくて…。そうだ、これで大野くんの話す声の魅力にはまっちゃったんだよなぁ〜って、懐かしく思ったりして。

年明けのコンサートも控えている中の大役、たいへんだとは思うけど、きっと嵐くん達は乗り切っちゃうよね。だから、私は心配してないよ。がっつり応援するのみ!


さて、今日の話題は遅ればせながら『しやがれ』

北村一輝さんが言ってたでしょ。「5人の時の大野くんは手を抜いてる

私、何だかこれ聞いて切なくってね。必死に弁解してる大野くんを見てるのも切なくってね。
普段はね、大野くんのことを多少誤解されたとしても、それはそれでおもしろければいいんじゃないの…とか、私たちアラシックがわかってればいいんじゃないの…とか思えるのに、今回ばかりは、そうじゃないんだよ!と言いたかった。

でも、実はね…、私もファンになりたての頃はそう思ってたんだよ。ソロの時はすんごいのに、5人だとあれ?って感じ…(^^;)。

でもね、じーーっと大野くんだけ見続けてたら、気づいた。抜いてるのは手じゃなくてなの。無駄な力を抜いて、さらっと軽くこなしちゃってる感じなの。そうなの、彼は上級者なの。

だって、腕や足の位置とか角度がきちんとベストポジションに収まってるから、一時停止やコマ送りしてもきれいだし。
縦軸はもちろん横軸もぶれないから、ターンはもちろんステップとかも安定感があってきれいだしね。
それに重心のかけ方とか移動の仕方も無理なく自然でしょ。
指先、足先もきれいだもん。

そう言えば、一人違うことやってる時あるよね。
首をくいってしたり、肩をくいっくいってやったり、ターン回り過ぎちゃったり、ジャケットを払ってたり、他の4人よりためがあるから0コンマ何秒か動きが遅れてたり。それに、手で弧を描く時とかその拍数を存分に使って表現してるもんね。決して近道しないよね。一つ一つの動きが流れないよね。

そうだ!ファンになりたての頃(けっこう序盤に)私はすでに大野くんになりたい…って思ってた。
理由はいっぱいあるんだけど、その一つにね、ダンスがあるのよ。
大野くんのダンス見てると、ものすごく心地いいの。あんな風に踊れたら、気持ちいいだろうなぁって。あの感覚を味わってみたいなぁって。私もあんな風に踊ってみたい…って(私、ピンクレディと運動会のダンスしか踊ったことないですけどね…)

絶妙な力加減なんだよね。きっと大野くんにしかできない。もうね、彼はネクストステージに行ってるんだよ。

『How's it going?』の頃とか観てみると、けっこう気合い入れて踊ってるもんね。でも、全然うざったくないよ。他の4人とのバランスも全然崩れてないよ。
でも、十数年踊り続けている内に、いろんな物が削ぎ落とされていっちゃったのかなぁ。

大野くんのことを好きになってまだ1年の私。その過程をリアルタイムで見れなかったのが何とも残念ではあるけれど…。

そうなんだ!大野くんの魅力は「わかりづらい」だった。
でも、わかる人にはわかる
そして、はまっちゃうと抜け出せない。

何だかえらく語っちゃったけど、言わずにはいられなかったの。
大野くんは手を抜いてないってね。

ちょっと重かったかな〜、ごめんね、さとっぴ。


さて、この話題はこのへんにして、水兵さん5人がかわいかったねぇ。
特にもやい結びのくだりの大宮!

指名されて、ニノががっつり大野くんの肩を抱いてるところとか、大野くんを盾にしてるのもほんとはただ密着したいだけじゃないかとか、1回目のをなかったことにして、また密着しちゃうニノとか。
もううらやましすぎるわよぉ〜。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*インストラクター智*

昨日、長女とテレビを観ていて、つい口をすべらせてしまった…。
手のきれいな男の人がいい…っていう話になって、「大野くんの手、きれかよ」ここで止めとけばよかった…けど、つい「色っぽいし」と言ったら、引かれた…(^^;)。
「色っぽい」このワードはブログだけにしておこうと思ってたのに、気づいたら口から飛び出てじゃじゃじゃじゃーん。しょうがない、中毒なんだもん。


さて、気を取り直して、遅ればせながら土曜の嵐の感想。

特番はね、私…大野くんはVTR出演だと勝手に思い込んでて…。だから、最初の方は夕飯の準備で観てなかったの。で、夕飯ができてやっと観始めて、でも大野くん全然出てこないし…。あ〜やっぱりVTR出演かぁ…って。夕飯のかたづけにとりかかったら、ちらっと今の大野くん?っていう映像が流れて。長女が「大野くん!」だって。

で、洗い物しながら見てたんだけど、時折映る大野くんが遠目に(キッチンのカウンター越しに)見ても麗しくて…。もう〜っ、映る度にドキッとするのよ。
もうね、さんざん見慣れてるはずなのに、何でこんなにドキッとするんだろう〜って、自分でも不思議なくらい。それくらいこの時の大野さんは麗しかった。

でも、リアルタイムはこんな感じでゆっくり見れなかったんで、『しやがれ』が終わってから、一人堪能しました。うっとり…

そしたら、オープニングでちゃんと『怪物くん』チームとして紹介されてたのね。
しかも、ちゃんと主役らしく映画の宣伝もきっちりこなしてたし。あ〜声がいいわ〜。もちろんビジュアルも…。最後の笑顔なんて、とろけちゃいそう。

そして、もじもじくんコーナーだよ。
あらあら全身が映ったら、このコーディネートがすこぶる素敵。だって、上半身黒に下はワインレッドって〜。大人〜な感じ、秋深し〜な感じじゃない。

『怪物くん』チームのリーダーはもちろん大野くん。一応仕切ってる?
「食欲」の「欲」って〜。ヤッシーにつっこまれてるし。私はどちらでも無問題だけどね。
このくだりの、ヤッシーのつっこみにも動じず、一応リーダーとしてしゃべってる大野くんが色っぽいのに癒しオーラ出まくりで、たまんないんだわ。

しかも、ゲームが始まる直前にちらっと映る大野くんが素敵過ぎて、あわてて巻き戻して一時停止。海荷ちゃんと何か話しながら、右手を挙げるそれだけの仕草が素敵で。ここは海荷ちゃんとの身長差萌えっていうのもプラスされてるわね。

ゲームが始まったら、一応リーダーらしく指示出してるでしょ。その後ろ姿がかっちょええ〜。
しかも、「食」という字を宙に書きながら確認してる大野くんなんて、どんだけ麗しいのよ。

そして、最後の払いの部分になる大野くんの苦しそうな顔!しかも、背中ちら見えだし。いや〜ん。

あ〜、もうここまででお腹いっぱいになりそうよ〜。

でも、その後も怪物くんとして登場。
是非、ここでは大野くんの高音がどこまで出るのか、聴かせていただきたかったわね。
じゃなかったら、今度は大野くんの声の1/f揺らぎについても検証してみてね、日テレさん!


『しやがれ』では、ブルース・リーのものまねやってくれたね〜。
最初、みんなが櫻井くんにふるもんだから、私はテレビの前で「大野くんだろう〜」ってつっこんでたのよ。残念、また見れないのか…と思ったら、櫻井くん、ふってくれてありがとう〜。
私、初めて見たよ。大野くんのブルース・リーのものまね。
あの軽やかでキレのある動きにみとれてたら、最後の顔に爆笑した!

そして、修造さんの妻役に抜擢される大野くん。これまた櫻井くん、ありがとう〜。
後ろに気配を感じてちょっと不安そうな大野くん。そしたら、本当に修造さんが蹴っちゃったよ。そんなに勢いつけてたわけじゃないのに、大野さん飛び起きてるし。いやいや、大爆笑よ。

その後のド緊張でロールケーキを巻く大野くんも、胸元セクシー、ネックレスゆらゆらの大野くんも素敵だったけど、私の今回の最大のツボは、バランスボールのインストラクター智
あのスポーツウェアがめっちゃ似合ってるし…。胸元セクシーじゃなくても全然問題なくってよ。あの格好めっちゃ大好き。

いやぁ、あんな風にすぐそばで指導していただけたら、何だってできちゃゃいそうよ。
しかもね、声がいいのよ、低音の声が。そして、お顔に添えられたもね。
あ〜でも、あんな間近で、あの声で指導されたら、全身の力が抜けてトレーニングどころじゃないわね。心拍数上がり過ぎて、倒れちゃうわね。是非、レスキューしていただきたい!

そして、何、何〜!と思ったら、まさかのマイナスイオンエール?!
そこで、咄嗟に「マイナスイオン」と反応するニノはさすがだわ。私、全然わかんなかったもん。
しかも、顔!顔!まさか、マイナスイオンにここまで全力を注ぎ込むとは予想だにしなかったわ。この瞬発力は何なのかしら。やっぱ天才?

で、櫻井くんがバランス崩した瞬間、背中を支える大野くんの左手が頼もしい〜。かっちょええ〜。お願いだから、櫻井くん代わってくれ〜。

ところで、円陣で大野くんが掛け声するくだりは、実際は一番最初にやってるよね。なのに、編集では大野くんが失敗した後になってるんだけど、何か意図はあるのかしら…。
珍しく2回もミスっちゃったしね。やっちゃった…な感じの表情が見ていてちょっと切なくなっちゃったけど。だから、編集で勢いづけてみたのかしら。


さて、今度の金曜日の『ヒルナンデス』は大野くんご出演よ。
ついでに、『ZIP』『スッキリ』『ミヤネ屋』『ズムサタ』も予約しておいたわ。
(でも、『ZIP』は先週出たし、『ミヤネ屋』は先々週出たみたいだし、出る可能性は低いけど…。とりあえずね。)



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*『映画navi』と『ZOOM』の智*

『日本映画navi』
これは、『怪物くん』撮影の舞台裏エピソードがみっちりと詳しく書かれていて、なかなか興味深いのです。撮影の合間にこれこれこういうミニコントを繰り広げていた…とか、そういう細かいとこもね。そういうのが嬉しい…。

書きたいことはいっぱいあるんだけど、その中でも私が特に印象に残った部分を抜粋。

1m強の柵を跳び越える練習を黙々とする大野くん。
監督の提案をすぐさま受け入れ、バンザイジャンプを決める大野くん。

「黙々と」っていうのがいいでしょ。しかも、、監督の提案通りにさらっとやってしまう大野くんもね。


何も言わなくても準備を怠らないし、油断しないから隙もない。かといって、必要以上に前のめりに演じているわけでもなく、その「普通」のあり方が素晴らしかったです。

台詞をきちんと覚えてくるとか、仕事に真面目に取り組むとかそういうことは、そうなんです、「普通」のことなんです。当たり前なんです。でも、その「あり方」が素晴らしい…って、最高の褒め言葉じゃないですか。
要は、姿勢なんですよね。普段は猫背だけど(^^;)、気持の上での姿勢はいつも真剣、真っ直ぐ、でも決して前のめりにはならない絶妙なバランス感覚。


本番OKとなった大野が表情は変えずに一人パチリパチリと指を鳴らす姿に「静かな昂ぶり」を感じさせた。

この「静かな」っていうのいいでしょ。
私の大野くんのイメージってまさに「静」なの。どんなに激しいダンスを踊っていても、そこには「静」があるの。怪物くんにもね、そういうのを感じる…。


短い時間の中でも静かに取捨選択を繰り返すその構築法は、素早さから天才肌と見られがちだろうが、実際は努力の職人型のように感じた。

私も最初はね、大野くんが「努力の人」だっていうのがぴんと来なかった…。
でも、知れば知るほど、ほんとに努力で積み上げてきた人なんだな…っていうのがよくわかる。

他にもいろんな細かいエピソードが載っているので、映画やスペシャルドラマを見終わった後に、また読み返すと、違った見方ができておもしろそうだなぁ。


『ザテレビジョン ZOOM』
これも大野くんの印象に残った言葉を抜粋。

メンバーもいまだに「Oneが好き」って言ってたりするし。僕自身もテーマもしっかりしていて、バランス的にもよかったツアーだったと思います。

なら、DVD出してくれよ〜。もちろん、ソロコンもな!


楽曲面で嵐にしか作れないもの。
『COOL&SOUL』翔くんっていうラッパーがいて、他の4人もあれだけのラップをしてるのは強いと思う。

ぱっと思いついたのがこの曲っていうのが、へぇそうなんだぁって。確かに、5人でこれだけのラップをこなせるグループって他にいないんじゃない?
特に大野くんのラップは大好き。ラップになると滑舌よくなるしね。声のトーンもその時その時で違ってて、どれも好き。


震災の3日後とかにもうレギュラー番組の収録をしてたんだけど、すぐに気持は切り替えられた。

今後も普通でいるのが一番っていうスタンスは変わらない。見た目は普通でも、気持はずっと入ってますから。

震災の後ってさ、直接被害に遭っていない私でもやっぱりきつかったもんなぁ。
でも、すぐに気持を切り替えられたんだ…すごいね。
自分のやるべきことが明確なんだね。あえて、 「普通」を届ける。でも、「普通」の中にこそ気持が入ってるのかも。


大野くんの言葉って安心するよね、落ち着く。一生ついて行こうって思えるもん。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*『+act』智の感想*

雑誌祭りと妄想企画でいっぱいいっぱいで、テキストの感想を書く暇がなかったけど、特に印象に残った部分だけ…。

まずは『+act』から。

このインタビューの空気感、『FREESTYLE』の時と似てるな…と思ったら、同じインタビュアーの方だったんだねぇ。米川里代さん。
この大野くんとの距離感、ものすごくうらやましいです。
少し離れた所からずっと大野くんを見ていて、時々こんな風に話を聞いて、思いを確かめたりして…。文字なんだけど、二人の間のゆったりした空気感や信頼感が感じられるんです。


「キメて」と言われても、俺は出来ない…と思っている大野くん。
実は、程よくやっている…と言う大野くん。

マジでか〜!程よく…で、あんだけか!本気出したらどうなる!是非、今度は全力で!


しかも、「こういうのとか、こういうのとか…俺はできないの」とキメのポーズをする大野くんを見た米川さんの「できてますけどねぇ(笑)」を読みながら、 「ですよね!」と力強くうなずく私。
あ〜ここ、是非映像で見てみたい!でも、しょうがない。得意の妄想でがんばる!


中村監督の「彼は努力する天才」という言葉を聞いて、 「どうだろう?努力なのかなぁ?」の大野くん

この答え方が好き。
「いやぁ努力なんてしてないよ」とか「当たり前のことやってるだけだよ」じゃなくて、
「努力なのかなぁ…」っていうそういうね、うすぼんやりした感じ(失礼…)が好き。


大野くんの描く絵のジャンルは「スーパーリアリズム」…というド素人が聞いてもこりゃすごいぞ!な情報を聞いても、 「そうなんだ(笑)。おもしろかったよ、水彩」シンプル回答な大野くん、どこまでもフラットな大野くんがまたまた好き。
 
大野くんの前では、そういうことは大して意味をなさないんだよね。
好きだから描いてる。描かずにいられないから描いてるだけなんだよね、きっと。


そして、実は絵を描いてる時は「俺、今イケてる!」と思っている大野くん。

ふふふ、そうなんだねぇ。是非見てみたいよ、大野くんが太鼓判を押すイケてる大野くん。
確かに『FREESTYLE』の製作している大野くんも『ZOOM』のベンチを作っている大野くんもイケてた!(ま、何をしてる時でもイケてるんだけど…)ずーっと見てられるもんなぁ。


テキストの中に、時々「ばつが悪そうに」とか「ニッコリ」とか書いてあるでしょ。もう、それだけでたまんない…。字面だけで萌える私って一体…。


奈良美智さんの話も中村義洋監督の話もものすごく興味深かったな。
でも、特に印象に残ったところだけ。

奈良美智さんは実は大野くんのことをよく知らない時に、すでに『FREESTYLE』を手にとっていて、そこからいろいろ感じていたということを知って、まずびっくり!

そして、「ひとりでコツコツ…というよりもコソコソ作ってるような」っていう表現が好き。

私はアートとか全然わからないけど、大野くんの絵を見てると、ものすごく没頭してるイメージが沸くの。ぐいぐいのめり込んでる感じ。ほんとに好きだから、描きたいから描いてるんだなっていうのは感じる。そして、コソコソ感も…ね。


そして、中村義洋監督の「努力し続ける天才」これはもう言いえて妙!って感じだけど、私がツボだったのは、ちょっと時間があるとすぐ楽屋に帰っちゃう大野くん。そして、4人でしゃべってる大野くん。もしくは、照明技師さんと釣りの話をしてる大野くん。

このゆるーい感じがね、頑張り過ぎてない感じがね、好き。
ほんとは、ものすごく努力して真面目に取り組んでるのに、そういうゆるーい感じについついだまされちゃうんだよね。

でも、わかる人にはわかるのだ…。
そして、わかる人にだけわかればいいのかな…って思うよ、最近は。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*智雑誌祭り 後半戦*

大野くん雑誌祭り、何とかついていってます…。ゼーゼー。
結局TSUTAYAには10日連続で通ったなぁ〜(よくやるよ)。車で5分もかからない距離だから何とかなったんだけどね…。

でも、10日目の今日は大野くん目当てではなく、次女が欲しい本があるというので行ったみただけなんだけど…。それにね、もう大野くん表紙の雑誌は1冊もないのよぉ。(でも、ないとわかっていても、一応確認してみるサトシック)
こんな田舎でも2〜3日で売り切れちゃうのよ。おそるべし!(と言っても、他の俳優さんも載ってるんだから、購入した方がみんなサトシックというわけじゃないんだろうけど(^^;)

さて、そんな雑誌祭りも今はちょっと休憩…って感じかな。
後は後半戦?がありますね。
とりあえず私がチェックしてみた雑誌を挙げてみました。(他にもあるみたいなんですけど、私はこれでいっぱいいっぱいかな)


『ピクトアップ』12月号 10月18日発売


                                
『Cut』10月19日発売



【送料無料】FLIX (フリックス) 2011年 12月号 [雑誌]10月21日発売



『SODA』12月号 10月22日発売



『ピクトアップ』『Cut』『FLIX』はもう予約しちゃいました。(これで楽天のポイント使い切っちゃったyo!)

前半戦は『+act』だけ予約して、他は店頭で内容を見てからでいいや…と思っていたら、あたふたしちゃったので。それに、一度手に取ると、二度と棚に戻すことができない…ということにやっと気がついた私(^^;)。
だから、今度はあたふたしないように予約!


ところで、昨日の特番の大野くん、かっこよかったねぇ。(うっとり、ドキドキ)
『しやがれ』の大野くん、かわいかったねぇ。(ニヤニヤ、ヘラヘラ)
書きたいことはいっぱいあるんだけど、それはまたね。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*サトシック1周年妄想企画 その3*

今日はめでたく『acteur』をゲットした私。
柔らかい空気をまとった優しいまなざしの大野くんに見つめられたら、連れて帰らずにはいられなかったの。

さて、ディナーショーもとうとう大詰め!
まずは衣装替えです。
どんな衣装にしようかなぁ…と考えている時に、ふと気づきました!
まだ大野くんにノースリーブを着せてないわ!
私としたことが…、せっかくあの腕を間近で見れるチャンスなのに、うかつだったわ!ということで、私の候補に挙がったのはこの2パターン。

まず『How's it going?』'03のブルーの衣装。顔はあどけないのに、腕筋がぁ〜。しかも、胸元危うし!

                         ノースリーブブルー

そして、『ARASHI AROUND ASIA』'08の衣装。上着を脱いだら、もうたまらん…。

                  ノースリーブ1 ノースリーブ2

もうどっちかになんて選べないので、各自好きな方を選んじゃって下さい。もしくは、お好みの衣装をどんどん着せちゃって〜。

では、曲は『Eyes with delight』voiceその10参照
この曲ってコンサートDVDに入ってるけど、(私の記憶が確かならば)「胸にしまったあの悲しみが カタリ音をたてる でももう気づかないね」が入ってないのよね。私、もんのすごく好きなのに!
だから、ここで空に解き放たれる伸びやかな歌声をガッツリ披露してもらいましょう。
そして、皆さん「Oh love you love you your eyes…」一緒に踊っちゃって下さい。みんな総立ち!(ディナーショーで総立ちってありなのか?この際、そんなの関係にゃーい!)但し、ドレスが乱れない程度にね。

次は『Oh!Yeah!』
この振り付け、大好きなの。しかも、生で聴く「じでんしゃ」
大野くんが煽ってるわよぉ〜。みんなブンブン手を振っちゃって〜!どんどん盛り上がってちょうだい!
ドレスを着たレディ達がぶんぶん手を振る光景。想像しただけでも圧巻だわ。

そして、ラストは『僕が僕のすべて』
歌詞をじっくり聴いちゃうと、また泣いちゃいそうだな〜。
いっそのこと、もうみんなで合唱しちゃう?この際、何でもありよね。会場がひとつになる瞬間。

そして、「ありがとう」を連呼する大野くん。あんまり「ありがとう」って言われると、最後が近づいていることを実感して寂しくなるよ…。

でも、アンコールだよ。(ディナーショーにアンコールってあるのか?それに、ドレスアップしたレディたちが「アラシ」コールっていうのはいかがなものか…とも思ったけど、この際妄想だから突っ走りましょう)

そして、アンコールは思い切って黒猫智で登場して頂きます!(妄想だから、何でもありです!)
皆さん、大丈夫?気は確かかしら。もちろん素足ですから…。ディナーショーなのに素足ですから。(すでにディナーショーなんて、どうでもよくなってきている模様)

そして、曲目は『手つなごぉ』voiceその18参照)です。
大野くんととおそろいの黒の上下を着て、お家で智とまったりデート!を妄想しながら聴くもよし。「手つなごぉ」って言われただけで、失神しますけどね。

そして、最後は大野くんがお見送りしてくれます。一人一人とご挨拶です。
さぁ皆さん、並んで並んで〜。あらっ皆さん何をしてらっしゃるの?そっか、お化粧直しね。
間近で大野くんを見れるっていうことは、すなわち見られるっていうことだから、皆さんお化粧直しに余念がないわね。さすがだわ。

さぁ、これが最後の妄想ですよ。皆さん、心残りのないよう全てを出し切って下さい!
ハグしてもらうもよし、耳元で愛を囁いてもらうもよし、お姫様だっこなんていうのもありよ。さぁ、心おきなく妄想してちょうだい。

私はねぇ、こんだけ妄想!妄想!と大騒ぎしている割には小心者なので、手の大きさ比べっこしてもらうだけで十分です。ドキドキマックスです。
そして、帰ろうとする私の手首をそっと引き寄せて、「また来てね」って言ってもらえたら、それだけで十分です(*^^*)。

あ〜神様、妄想ごときでこんなに時間を費やして、暴走する私をお許し下さい…とまでは言いません。せめて、大目に見てやって下さい。

さて、超個人的な自己満企画に妄想参加された皆さん、楽しんでいただけたでしょうか。
(この企画のために夜な夜なパソコンの前で、内職をしながら、夕飯を作りながら妄想し続ける私って一体…。)

それにしても「妄想力」ってすごいですよね。(ていうか、あんたがすごいんだよ…ていうか、もはや変なんだよ)何だか、不思議と元気になれる。(私だけか?)
前に『悩む力』(だっけ?)っていう本がベストセラーになったけど、『妄想する力』で誰か本出してくれないかしら。妄想って、けっこうすごいパワーを持っているんじゃないかしら。(これで発電とかできたら、ノーベル賞もんよね)
是非、茂木先生に妄想の持つ力について一度分析していただきたいわ。

さて、本当にこんなやたらと長い自己満企画におつきあい頂いて、ありがとうございました。(深々とお辞儀)

いよいよ、明日は『日テレ系人気番組が大集合!秋の番組対抗スペシャル』『嵐にしやがれ90分拡大スペシャル!!』がありますよ〜。みんな録画予約してるかな?久々だよねぇ。超絶楽しみ!

『ZIP』の嵐くん達も楽しかったねぇ。個人的には、相葉ちゃんのあさりのまねがヒットでした!




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*サトシック1周年妄想企画 その2*

最近の私は、智雑誌祭りと妄想で頭がいっぱいいっぱい(妄想はいつもか?)。
おかげで、今日は失敗の連続!(書き出したら、またまた長文になりそうなので、割愛)
自分でもあきれた!失敗と言っても小さなものなんだけど、こんだけ続くと、私大丈夫か?と若干不安になってきた。ぼけてなきゃいいけど…。

智祭りと妄想が一段落したら(するのか…)、あちこち整理してみよう〜っと。なんかやり残してること、忘れてることがいっぱいありそうな気がする。超心配…。

よぉし、こうなったら、妄想で脳を活発化するぞ!(だから、そこが違うって…)

さて、世界一どうでもいい情報はこのくらいにしておいて、妄想企画その2の始まりですよ〜。

お次は、スペシャルコーナー。
嵐のじゃない歌、歌っちゃえ〜のコーナー。
(タイトル、もうちょっとどうにかならなかったのか(^^;)

皆さんもいろいろリクエストがあるでしょうが、私が大野くんに歌って欲しいのは、ケミストリーの『PIECES OF A DREAM』 
この間Mステで聴いた時、これを歌う大野くんが猛烈に見たい、聴きたーいってなったのよね…。
この曲は、大野くんの声にぴったりだと思うんだよなぁ。

さぁ皆さん、目を閉じて妄想して下さい…。

ピンクのスーツを着て、スツールにスマートに腰掛け、右手でマイクを持ち、左手で右肘を触りながら、ちょっと恥ずかしそうな表情で、曲紹介をする大野くんを…。
そして、「ピーシズオブアドリーム」の言い方が若干たどたどしい大野くんを…。
客席のレディ達がくすっと笑ったら、おでこに手を当てて何で笑うの?っていう表情をする大野くんを…。(それは、あなたが歌ってる時としゃべってる時のギャップがすごすぎるからに決まってるでしょうがっ!)

そうです、歌い出したら一転、あの安心感と包容力でできた声で、智ワールドへと誘ってくれますよ。
「ハンパな夢のひとかけらが不意に誰かを傷つけていく」
あ〜いかん、妄想で泣きたくなってきた…。(やっぱり重症だな(^^;)

実はねぇ、他にも候補はあったのよ。
例えば、この間テレビでジュリーが『時の過ぎゆくままに』を歌っている映像を見たら、こっちも智voiceで聴きたくなってきたし。
しまむらに行ったら、80年代の洋楽がインストルメンタルでずっとかかってて、デビッド・ボウイの『Let's Dance』を聴いた途端、あ〜大野くんに歌って欲しい、踊って欲しいって熱烈に思ったり。

そうなの、私の日常はbe with you, 妄想と共に…。

『The Bubble』sexy voice参照)
これは入れようか入れまいか、けっこう迷ったのよね。だって、やっぱり櫻井くんがいないとねぇ。でも、櫻井くんだけ呼ぶと、他の3人がやきもち焼きそうなので、櫻井くんのラップはやっぱり録音でね。

実は、黒猫智を見てから、この曲をどーしても入れたくなってしまったの。
だって、色っぽい智を無性に間近で見たくて、聴きたくて。
一体、あの声やこの声はどんな表情で出すんだろう〜っていうのは常々思ってて、それが妄想とは言え、叶ったら感無量。時折目を閉じたり、足でリズムをとったり…するのかしらね。
あ〜でも、あのsexy voice生で聴いて、耐えられるかしら〜。


さて、ここからは各テーブルの間を歩きながら歌ってもらいましょう〜。
皆さん、至近距離の大野さんにドキドキがマックスになるやもしれませんが、決して気を失ってはいけません!かといって、むやみに触ったり、抱きついたりしてもいけません。私たちは曲がりなりにもレディなんですから。自制心だけは忘れずに!

やだ〜目が合っちゃった、きゃ〜握手してくれた、いやーん頭をぽんぽんしてくれた…等々、各自妄想全開でお楽しみ下さい。

私はね…、あれがいいです!
泣いている私を指さして、泣く仕草をして見せて、「君のことだよ」って感じでまた指さす。
『君僕』ライブDVDでやってましたよね…。この時の手の動きとまなざしが超絶好きなの!

                  ラッキーマン1  ラッキーマン2


歌ってくれる曲目はというと、『シルバーリング』
大人っぽくて男前な歌声が大好き。この声を聴くと、胸がざわざわしてくるんだな…。
大野くんの歌声って、これみよがしに前に出てこないでしょ。でもね、いるべき場所にひっそりとたたずんでる感じなの。そして、確実にハートをわしづかみにされる。
こういうシンプルでストレートなラブソングって大好き。最近あんまりないよね。聴きたいな〜。

『とまどいながら』voiceその8参照
もう何度も書いてるけど、私が大野くんの歌声に墜ちたのがこの曲。まさにサトシックへの入り口。ということで、やっぱり私のベストソングかなぁ。だから、絶対はずせない。
この歌声は力強さもありつつ、優しくてしかも艶もあってパーフェクト。
是非、間近で聴きたいわ〜。でも、ずっと泣き通しで化粧が落ちてると思うから、あまり近くに来られると困るかも〜。

落ち着いた感じの歌が続いたので、次は明るめの曲で!と行きたいところですが、今日はここまで。
そうです、まだまだ続きます。あきれずについてきてね〜。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*サトシック1周年妄想企画 その1*

妄想大好き、智大好きのみなさん、お待たせ〜!
準備編から6日目にして、やっとディナーショー開催にこぎ着けました。

このセットリスト考えるのに結局10日くらいかかっちゃったからなぁ。(どんだけ力入れてるんだ)

コンサートDVDに入っていない曲を選ぼうと思いながらも、やっぱりあの曲ははずせないな…とか、
全体のバランスを考えるとこの曲はどうなの?とか、
ディナーショーはコンサートとは違うから、他の曲がいいかな?とか、
この曲はやっぱり5人そろってる時がいいよねとか、
あーあの曲もこの曲も入れたいよぉ〜とか。
ほんと妄想ごときで悩み過ぎ〜。

でも、何とか完成致しました!

では、妄想参加の皆さーん、ドレスアップして来ましたか?いよいよですよ。

私は(前のコメントにもちょっと書きましたが)、ブルーのドレス(背中のぱっくりあいた)で、ビジュアルは中谷美紀嬢からレンタルしてまいりました!(クレームは一切受け付けませんよ〜。妄想なんですから、皆さんもやりたい放題やっちゃって下さい)



さて、オープニング曲は『LOVE PARADE』 voice9参照
実は、最後まで悩んだのが、オープニング曲。
でも、この曲だったら、華やかで晴れやかでワクワク感もあるし、おしゃれだし、いいでしょ。

金管楽器の音に乗って、颯爽と大野くんの登場。
衣装は、これに短めジャケットをプラスしてみて下さい。

                  ベスト智 後ろ智

颯爽と登場する背筋が伸びた大野くん。誇らしげな大野くん。目がきらきらしてます。嬉しそうに会場を見渡してますよ。もしかして目が合っちゃうかも…。皆さん、お気を確かに〜。
そして、歌だけでなくタップダンスも披露してもらいます。
皆さん、ここはまばたき禁止!どんなに眼球が乾こうとも、一瞬たりとも目を閉じてはいけませーん。そのくらい大野くんのタップは、軽やかで高速で素敵なんですから〜。もう、夢見心地になること間違いなし。

で、歌い終わった後、ジャケットを脱いで客席にぶん投げてもらいます。
皆さん、しっかりキャッチしてね〜。遠慮なんかいりませんよ。妄想なんですから、各自思い思いのやり方でゲットして下さい!
もちろんジャケットはお持ち帰り可!(妄想だから、何でもあり!)大野くんの匂いつきです、うふっ。

『Walking in the rain』
今回ソロ曲はあえてはずしてみたんだけど、大野くん振り付けの曲を是非入れたくて選んだのがこれ。ソロコンの時の振り付けが超絶好きなの!
余裕かました感じでさらっと軽く踊っちゃう大野くんからオラオラオーラ(ややこしい)が発せられてて、かなりツボの逸品。
ジュニア達とのコンビネーションもステキング。でも、今回はディナーショーだから、プロのダンサーにお願いしましょう。
それから、イントロのフェイクはセクシー過ぎるので、皆さん倒れないように。

『テ・アゲロ』
『How's it going?』の「セクシーにゥオ〜ッ」の超絶色っぺぇ〜智アゲイン!
流し目攻撃に要注意。恥ずかしいからって、決して目を逸らしちゃダメよ。全力で受け止めるべし!

この頃の大野くんはダンスも力強い感じで、これまた好きだったなぁ。
ディナーショーでもぐいぐい、おらおら、がんがんやって欲しい。(他に表現方法が思いつかない。ボキャブラリーカモーン)

あれっ、そういえばラップがありますけど…。ということで、聴いてみたら、けっこうすごいことになってるのね、櫻井くんの低音のラップが(*^^*)。やればできる男。よし、ラップも全部大野くんでお願い!

こういう感じの女性に翻弄される歌って、昔はけっこう歌ってたんだよね。その点、最近はちょっと行儀のいい歌詞が多いというか(それも好きなんだけど)、こういうエロい歌も聴いてみたいよね〜。

『Move your body』
やっぱりあの腰でしょ。(『少年倶楽部』超絶セクシーだったよね。ビジュアルが成瀬、しかもあの衣装、かっこよかったなぁ〜)
ディナーショーでもガシガシ踊って、思いっきり挑発してほしい〜。だからと言って、腰ばかり見ちゃいけませんよ(って、それは私か…)
そして、「ダ、ダ、ダ、ダ、ダ〜ンス!」が生で聴ける幸せ。

そういえば、これもサクラップが入ってるじゃん。でも、大野くんなら大丈夫。任せたよ!


さて、ここで衣装替えですよ。
『5×10』で着ていたピンクのスーツ。もんのすごく好きなの。しかも、シャツのボタンをはずした胸元が超セクシー。

                 ピンク智 2011_1003衣装智0001.JPG

さて、今度はスツールに腰掛けて(ここではがに股厳禁!スマートにね)、只今私がはまりにはまっているソフティvoiceを披露してもらいます。

『夏の終わりに想うこと』voiceその17参照)
アップテンポの曲から一転、優しいまなざし、両手で包み込むようなソフティvoiceに思う存分包み込まれちゃって下さい。そして、体も心も思いきっりゆだねちゃって下さい。きっと心身共に浄化されちゃうこと、間違いなし。

では、今日はここまで。続きはその2でね〜。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*素材だな…*

今日で6日連続TSUTAYA通いの私。(しかも、明日も行く気満々…。だって、『acture』まだ入荷してなかったんだもん)。めでたく『CINEMA SQUARE』をゲットして参りました。(レジは、いつものお姉さんじゃなかったわ。ちょっと安心(^^;)

中を見てから、買うかどうか決めよう…と思っていたんだけど、これまた即決でした!
やっぱり大野くんの魅力にはどうにもこうにもあらがえない!

いやぁ、何でしょうねぇ、特に今回は全ての写真がツボなんです。しかも、甲乙つけがたいとはこのこと!大野くんの素材や空気感そのものが生かされた素敵な写真ばかり。

『+act』は黒猫というキャラクター設定が大野くんの隠れていた魅力を引き出してくれていたし、『テレビジョンZOOM』は物作りをするというシチュエーションが素の大野くんの魅力&意外とたくましい体のパーツの魅力を引き出してれていたし、 『cinema★cinema』ではゴージャスな椅子と共演することで大野くんの品のある魅力を引き出していたけれど。

『SQUARE』は特にそういう演出はなく、ただそこにいる大野くんなの。服もラフな感じだしね。
あっでも、よく見るとねぇ、なぜかバスタブに入ってるのよ!何で服着てる?(そこか!)だってぇ、服着てお風呂入る人いないでしょ…。(しつこい!)

黒猫智は想像を遙かに超えた大野くんだったし、これを超えるものはないな…って思ってたの。でも、これはねぇ、なんて言うのかな。特にキャラクターやシチュエーションを与えなくても、大野くんってやっぱり素材そのものが素敵なのね…っていうことを、超絶再確認させてくれる逸品。

顔の美しさとか、目線の使い方とか、微妙な表情とか、手の美しさとか、それにね、前の日記では「椅子と智」の組み合わせについて語ったけど、この人はただ立ってるだけでも絵になるんだなぁって、これまた再確認。
しかも、カーディガンを広げる仕草とか、ストールを引っ張る仕草とか、いちいちツボにはまるんだよ。手そのものがきれいな人はいるけど、こういう一つ一つの仕草が様になる人はそんなにいないと思う(と、私は勝手に思っている)

それにさぁ、やっぱりスタイルいいんだよね。身長は高くないけど、ものすごくバランスがいいんだと思う。

しかしね、一つだけ物申したい!!
なんで額のほくろがないんだよ!これがね、たまたまか…と思ったら、全部消してある!
ほくろも込みで大野くんだろうが〜っ!!(あらっ、ごめんあそばせ)

でも、そのことを差し引いても余りある大野くんの魅力に私は完全にノックアウトです。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*椅子と白シャツと智*

「椅子と白シャツと智」この組み合わせっていいよねぇ。
というのも、今日もTSUTAYAに行ったならば(5日連続!)、いました、いました、『Cinema★Cinema』の大野くんが(*^^*)(やっぱり田舎は入荷日が遅れるのね…)

でね、購入しようとレジに向かったならば、いつものお姉さんはレンタルコーナーの方だったので、一安心。(だって、この5日間で4冊目よ。さすがに恥ずかしい…)
で、本売り場のレジの方に並んでいたならば、レンタルの方のお客さんがはけてしまい、「お客様、こちらにどうぞ〜」って、いつものお姉さんに呼ばれちゃったわ。オーマイガッ!やだぁ、今日もまた大野くんお買いあげなの。超恥ずかしい…。ていうか、明日も行く予定なんだけどね(^^;)

表紙の微笑む大野くんが〜。なんて優しいまなざしなの…。(しかし、ストールは必要かしら(^^;)
癒しオーラの大野くんだけかと思いきや、セクシー智!(これ見て、購入を決心!)
これ最初見た時は、ジャケットを羽織ろうとしてるのかと思ったけど、カーテンなのね(^^;)
しかし、カーテンという小道具さえもこんな風に雰囲気たっぷりに使いこなす大野くんがあっぱれ。
なんたって、持つ手がきれい。なんであんなお上品に持てるのかしら。
そして、シャツのボタンが開いてるもんだから、ドキドキする〜。
若干額にしわがよってるのもたまらん。

そして、出た「椅子と白シャツと智」
ゴージャスな椅子にも全然負けてない。ていうか、馴染み過ぎ。さすがプリンス!
しかも、手がぁ指がぁ、ほんとに所作がきれいなんだよね。すわり方が絵になってる。
手や足をどんな角度にしたらきれいに見えるか、わかってるんだね、この人は。

やっぱり白シャツ似合うなぁ〜。しかも、ベストがパッチワークっぽいデザインでかわいいし、パンツも切り替えがあっておしゃれ〜。

もう〜っ、「椅子と智」っていうタイトルで写真集出して欲しいくらいだわ。
だって、一人掛けソファで丸くなる黒猫智も素敵だったし、
『嵐ちゃん』で、L字型ソファーでガチ寝する大野くんもよかったし、
『しやがれ』で、スツールに腰掛ける大野くんもツボだし、
どんな椅子とでも相性ばっちり。絵になるんだもん。

それから、バックショットも好き(*^^*)。でも、ちっちゃいよね…。

それにしても、雑誌の感想…ほとんどビジュアル面にしかふれてませんね…。だって、次から次に発売されるから、テキストの感想まで書く時間がないのよぉ〜。

さぁ、サトシック1周年妄想企画ですが、何とかまとまってきました。
明日にはアップできるかなぁ。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*智雑誌祭り 序盤*

朝っぱらから、『ZIP』のドSな大野くんに大爆笑。思わず何度もリピートしてしまったわ。

さて、智雑誌祭りはまだまだ序盤ですが、皆さんついてってますか〜。

私は4日連続でTSUTAYA通いです。しかも、朝9時台に…。だって、『+act』しか予約してなかったんだもん…。(詰めが甘い!)だから、他の雑誌は店頭買いのため、時間との勝負だ!

そして、4日間の内3日間は、めでたく智表紙雑誌購入。
ところが、なぜかレジのお姉さんが毎回同じ人。毎日のように智雑誌を購入する私、名物おばさんになってないか、ちょっと心配だ…。でも、そんなの気にしてたら、サトシックとは言えなくってよ!

今日は、『+act』『日本映画navi』に続き、『ザ・テレビジョン ZOOM』をめでたくゲット!
ちなみに『Cinema★Cinema』は残念ながら手に入れられず。(最寄りのTSUYAYAにはなかった。売り切れなのか、未入荷なのかはわからず…。聞けよ(^^;)

それにしても、次から次に発売されるので(しかも、ここは入荷日が遅れることも多い)、ちょっと混乱しながらもがんばってます。

さて、内職主婦の私がなぜ雑誌祭りについていっているのか…というと、智雑誌祭りに向けて温存していたポイントがあるから!
楽天とお財布.comとwaonのポイントをかき集めたら、なんと『+act』が7冊買えそうなくらい集まりました。ポイントとて、あなどるべからず!

ちなみにお財布ドットコムのポイントはwaonに移行。といっても、waonで直接本を買うのではなく、食料品とかを購入して浮いた分を雑誌代にまわしてます。
あっそういえば、数日前によく行くディスカウントストアのポイントがたまり、500円ゲットしたんだった!もちろんこれも智代にまわします。

主婦って、お小遣い確保するのはなかなか難しいですからねぇ。こういう手段でも使わないと…。

さて、今日購入した『ザ・テレビジョン ZOOM』ですが、中身を見てから買おうかなぁ…なんてのんきに構えてたんですが、実際見たら、即決!でした。

だって〜、物作り智!
しかも、ジーンズに白のVネックTシャツという私の大好物智が。(でも、このジーンズってつなぎになってるのかな…。ウエスト部分で縛ってるんだよね。それがまたかっこいいんだけど、うふっ)

作業中は白Tシャツ(半袖)をまくってノースリーブ状態!これまた大好物!
もうねぇ、作業する腕っ節がたまらんですよ。血管や筋が〜。
作業に集中する表情やお茶目な表情など、写真の一枚一枚がよくって、ずーっと見てられるわ。

しかも、たまらんのは作業中の大野くんだけではなかった…。

それは休憩中にお茶を飲む智
しかも、あえてこの写真を見開きにどーん!しかも、斜め後ろからというアングルがこれまた大野くんの麗しさを引き立てている!(カメラマンさん、サトシックのツボをご存知?)

それから、出来上がったベンチの後ろに立つ大野くんの表情がものすごく柔らいのに、腕や手がたくましてく、ギャップ萌え〜
次のページの談笑している大野くんの表情もまたよくて。しかも、鎖骨あたりが白い!いい色に焼けてるよねぇ。今ぐらいがちょうどいいかも…。これ以上焼けると心配(ーー;)

それにしても、テレビ誌だと思って油断していたならば、こんなに素敵な大野くんがずらりで、もうびっくり〜。

しかも、他の4人の写真もいいのぉ〜。

櫻井くんの穏やかな表情好きなんだよ〜。

相葉ちゃんの真剣な表情がかっちょええ〜。

ニノの癒しオーラ発散しまくりの写真もいい。

松潤はパープルがお似合いだ〜。

そういえば、『シネマスクエア』はなかったな。また明日も朝からTSUTAYAだ〜と思ったら、9時に歯医者入れてた(^^;)。ま、その後に行けばいいんだけどさ…。

ところで、昨日の『Mラバ』録れてなかった〜。次女に録画予約頼んだんだけど、なぜかスポーツニュース録ってた(がーん)。でも、南朋さんの競輪のCMが録れてたから、結果オーライ!次の『Mラバ』は録るぞ〜。
それに、auのCMは他の番組で偶然にも1本捕獲できてたわ!



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*嵐au新CMの威力*

今日、何気なくテレビを観ていたならば、出た〜!!auの新CM!
思わず「あ〜っ!」と叫ぶ私。家族も何事かとテレビに見入る(もう人騒がせな母でごめんね)。すると、そこにはチャーミングな嵐くん達。
うふっ、そう、私が観れたのは着せ替えバージョンの嵐くんでした。しかも、2回観れたの、別バージョンが。「あ〜かわいい…」とつぶやきながら、ガン見しました。(あ〜でも、まだ捕獲はできてないんだけどね…)

特に好きなのは、Vネックの智(やっぱりVネックは最強だよねぇ。あっでも、黒猫のUネックもたまらんかった)

ハットをかぶった智(大野くんってキャップのイメージが強いけど、ハットが似合いすぎてラブリー。そういえば『FREESTYLE』のニット帽もかわいかったなぁ。帽子ものすごく似合うのにね。もっとかぶって欲しい)

相葉ちゃんに飲み物を横取りされる智(この時の表情がツボ)

フードをかぶった智(やっぱりかぶり物が似合うんだよ。スタイリストさん、かぶり物をもっとお願い!)

いろんなアングルから見れる智(回転してるのは大野くんだけだよね?サトシックが斜め顔や横顔や後ろ髪が大好物だって言うのを知ってるのかしら…)。 

でも、とにかくどの大野くんもかわいくてかっこよくて、あんなパラパラ漫画みたいに一瞬しか見れないのがもどかしくなってくる〜。結局一時停止したりして、ガン見してるんだけど…。

これで嵐の写真集作って欲しいくらいの出来映えだよぉ〜。それともauのカタログでやっちゃう?(あっでも私、docomoだし、カタログもらうためだけにauに行けない小心者なの)


ROCKな嵐は、まだテレビではお目にかかってないけど、これまた超絶かっこいいよねぇ〜。
だって、私パソコンの前で叫びそうだったもん…。
あんなにアグレッシブに攻めてくる大野くん、見たことないわ。

シャウトする智(マイクをつかむ手、眉間のしわがたまらん。あ〜声が聴きてぇ〜)

ソファにダイブする智(いくらソファとは言え、思い切りも必要だろうし、衝撃もけっこうあると思うんだけど、終始男前!バウンドする瞬間のちょっときつそうな表情からのバウンドした後のキメ顔がステキング〜)

ジャンプする智(すごいジャンプ力ですけど。ハンドボールのシュートする時みたいで、かっこいいよ〜)

もうかなり激しめな大野くんが見れるんだから〜。
なかなかテレビではお目にかかれない表情、仕草の大野くん。
いや〜ん、これでまたサトシックが増殖するんじゃないかしら…。(嬉しいけど、ちょっと複雑)

そして、メイキング
実は私、一番最初にメイキング見ちゃったんだけど、初っぱなからのけぞりそうになったわ。
だって、スイッチオンの大野くんがいきなり登場。そして、まわってる、叫んでる〜。

そして、そして、ここ〜っ!!
マイクつかんでシャウトする大野くんの右手!自分で自分の襟元をがーってがーって(落ち着け…)はだけてる…。もう、こんなん見せられたら、昇天しそうなんですけど…。

そして、何がびっくりって、大野くんってこういうことするんだね…。やっちゃうんだね…。
どういう経緯でこうなったのかはわからないけど…。そういう演出があったのか、それとも自分で考えたのか。もしかして、無意識の内にやっちゃったとか。いや〜ん。

でも、CMでは使われてないの。ガーン…。

さて、今日の『Mラバ』は録画予約しました。楽しみ〜。

そういえば、明日から『ZIP』は毎日嵐くんが登場ですね。皆さん、録画予約したかなぁ〜。


そうそう、サトシック1周年妄想企画だけど、セットリスト作成が思いの外行き詰まってる…。いや、一度はこれでOKと思ったんだけどね、やっぱりなんだか納得いかなくて…。(私は一体何を目指しているんだ…。かれこれ1週間考えてるじゃないか…。)

だから、もう少しお待ちを〜。(でも、巡り巡って、また最初の案に戻ってきそうな気もするなぁ(^^;)




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*サトシック注意報 auの巻*

昨日は黒猫智に魂持ってかれ、今日は『日本映画navi』の智をお持ち帰り。
もうっ、こんなんじゃ心臓が持たないわよ〜な今日この頃。
皆さん、いかがお過ごし?

ここで、また衝撃的な智が登場よ。みんな、大丈夫?心の準備はできてる?

それはauの新CMのROCKな嵐!モノクロの嵐!

みんなかっこいい、みんなかっこいい、みんなかっこいい。
でも、智は格別〜〜!!

特にメイキングに私はやられた…。

あえて詳しいことは書きません。

今すぐauのHPに飛んじゃって下さい!


TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア