FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
      

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

*『怪物くん』オフィシャルブック予約受付中*

『怪物くん』映画公開に先駆け、オフィシャルブックが発売されるようですね。
もう予約が始まってますよ。もちろん、私は予約しました!

【送料無料】映画 怪物くん オフィシャルブック コンプリートBOX

まさか私が『怪物くん』にはまっちゃうなんてねぇ〜。

こちらでは来週から再放送も始まります。
去年放送された時は全く大野くんに興味がなかったので、観てなかったのですが(^^;)、今度はちゃんと録画して保存版にします!



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



*若旦那がワカチコワカチコ*

『嵐ちゃん』のゲストは中谷美紀さん。
にも書いたけど、大野くんとお似合いなんじゃないかと勝手に思っている私。
中谷さんも半径1mに中谷ワールドが広がってますよね。所作がゆっくりできれいでお上品なんだけど、意外とほんわかムードで、ますます好きになっちゃったわ。

そんな中谷さん、初めて舞台に出演するらしく、大野くんに「教えて下さい」って。
そしたら、「やるっきゃないっしょ!」って!まさにその通り!
この単純明快さが素晴らしい。しかも、舞台で切磋琢磨してきた大野さんの言葉だからこそ、説得力がある。
かなりプレッシャーのかかるお芝居だとは思うんだけど、そんな不安を吹き飛ばす力があったんじゃないかしら、この一言には…。

さて、最初の挑戦はなげいれ。ここでは大野さん、絶賛の嵐です。
まず「ひまわりもどき」で、みんなから拍手され褒められ、照れてます。あ〜かわいい…。
ニノなんて「うちの大野」が自慢で仕方ないらしい。(私も言ってみたい)

そして、今度は「1本で」
これまた「すごーい」と中谷さん本気で感心してます。
大野さん、目尻がもうこれ以上下がらないっていうくらい下がりまくってます。顔を隠す手がまたきれいですよ。
ニノも「うちの大野」をさらに推してきます。(私にも言わせて)

今度は器選びで、また褒められてます!
しかし、3度目ともなると、大野さんも負けてません。カメラが近づいた瞬間「映すな!」
もうこの間合いが完璧です。素晴らしい〜。かっこいい〜。

中谷さんが質問に答えている間、花を生けている表情が真剣で、もうっこの人ったら話何にも聞いてないんだろうなぁ〜な感じがステキングです。

中谷さんの作品、素敵でしたね。センスないなんて、とんでもない…。素晴らしい〜!

「マジSUMMER」タイトルは置いといて(^^;)、やっぱりバランスいいですよね。潔いいんですよね。素材をしっかり生かしてます。下手な小細工いたしません。迷いのなさが作品に表れております。

しかし、風のくだりでは、自分の意味不明な発言に「はははは」と大笑いです。あ〜この笑い声ソロではなかなか聞けないので、新鮮です、貴重です。(いつもみんなで爆笑してる感じだもんね)

そして、「ミキ・ナカタニ」
ブラボー!いやぁ、前作とは一転して、かわいらしくとまとめながらも凛とした感じが素晴らしい。色や器にもきちんと意味合いがあるんですね。さすが先生。お見それいたしました。

またまたみんなに絶賛されております。アップになっても「映すな」とは言いません。もう褒められすぎて、どんな表情していいのかわからなくなってる模様。私はそんなあなたをずーっと見ていられます。


次は、お座敷遊び。
和装の大野くんはまさに若旦那ですね。岡田さんが番頭にしか見えません(^^;)。(時代劇もいいですけど、昭和初期、舞台は京都で、ドラマやってもらえませんかね?)
しかし、若干ぼーっとした若旦那です。でも、しっかり者の弟ニノちゃんがついてますからね。
座椅子に力抜いてすわった感じがツボです。

予告で見た謎の動きは、即興の踊りだったんですね。すり足の動きと伸びた背筋がたまりません。
中谷さんの罰杯の時は、手拍子のタイミングがわからず若干挙動不審になってますが、かわいいので無問題です。

おまわりさんゲーム。
回ってる大野くんを見るだけで、なぜかテンションが上がります。でも、なぜか今日の智はジャンケンが強い。中谷さんばっかり回って、なかなか大野くんが回れない〜。中谷さん頑張れ〜の声援もむなしく、大野くんの勝ち〜。
しかし、太鼓をたたく時首をかしげる仕草がかわいかったので、これも無問題。

ところが、勝ったにもかかわらず、大人お茶を飲む羽目に。相手が松潤なら「なんで、俺なんだよ」とキレるところですが、今回は中谷さんの身代わりということで、「僕が…いきます」と男前です。若干複雑な表情してますが、よしとしましょう。

飲む時、お猪口を両手で持つんですね。三十路男が両手で持ってる、それだけで萌えます。

「イライラする」の顔が男前です。大好物です。いくらでもイライラしてもらって、けっこう〜。

中谷さん、あんまりしゃべらずはしゃがない方かと思ってましたけど、気さくで楽しそうな感じがよかったな。最後もきれいにまとめたと思いきや、きちんと落とすところがさすがです。


クイズはですね、もう大野さんがラストっていうのが定番になっちゃいましたね。
しかし、指名されてから立ち上がるかと思いきや、なぜか落ち着いちゃう大野さんにまた惚れちゃいました。

しかも、今回は芸人さんのネタ披露ですよ。ワクワクする〜。

しかし、「そうめん」とはなんぞや?でも、頭の中で連想ゲームしてたんでしょうね。よかったわぁ、無事ラーメンにたどりついて。だって、一問目で間違ったら、それで終わりでしょ。(水泳のメドレーの二の舞にならなくてよかったわ)
「僕、イケメン」でちゃんと自分指さしてるのが、ツボ。

2問目をめくる前の「知らないとかなしだよな」の「だよな」が超絶好きです。あ〜たまんね。
しかし、「ゲッツ」は是非その体勢でフレームアウトして欲しかったな〜。ちょっと心残り。

さて、3問目。来たよ、来たよ、来ましたよ〜!
大野さん、思い出そうとして弾んでますよ!「えーっとね、えーっとね」って、全身で思い出そうとしています。あ〜ん萌える〜。こんなかわいい三十路、放し飼いにして大丈夫ですか。今すぐ天然記念物に指定して下さい!

しかし、思い出した情報がかなり中途半端だったようで、「ワカチコ」の振りが昔のアイドル仕様というか、キュート過ぎやしませんか。しかも「コ」の響きが大好きなんですけど。

「えー行きます」の男前の声からの〜「ワカチコ、ワカチコ。ワカチコ、ワカチコ。」の声!何でかわからないけど、この声が私めっちゃ好きなんですけど。
体ひねりーの顔正面、こんなお茶目な振りでも軸がしっかりしてぶれません。
しかも、最後は「ゆってぃでーす」って、お手振りです。
もう本家はどうでもいいんじゃないですか、こっちの方がすこぶるかわいいし。

しかし、まさかのご本人さん登場ですよ。ほんとこれだけのために来たんですよね(^^;)。
動揺しながらも、額に手を当てて「ないじゃないですか」ってつっこむ余裕があるんですね、大野さん。
「俺の中ではこれなんだよ」でまたあの振りやってます。かわいいから、私はそれで大満足です。もう、大野さんの持ちネタにしちゃって下さい。

「声でかいな」の声がこれまたツボです。後ろ手にドアを閉める手もツボで、ドキドキします。

大人お茶を飲んだ表情が大好物なので、2度見れて、バンザーイ!
いくらでもイライラして下さーい。
でも、「イライラ」っていうより「ムカムカ」っていう気がするけどね(^^;)



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア

*大野智voice その16*

voiceシリーズ その16でございます。今回はちょっと視点を変えて、お届けします。

今までのvoiceシリーズは、自分がツボった声を曲ごとに語るっていう感じだったんですが、今回はちょっと気になるところがあって、ピンポイントツボから派生した芋づる式でお送りします。

私のツボ曲の一つである『over』その12
一昨日久しぶりにこの曲でスイッチが入ってしまい、夕飯の支度しながらずーっとリピートしてたんですね。そしたら、ある音に耳が反応することに気がついたんですよ。

それは「も」

「こ手に 触れたは こんなにも〜 やわらかな風」

う今は 違ってて そう今も〜 こころの中に」

「も」かぁ〜。特に意識したことなかったんですけどね…。この「も」がちょっと力強い感じがいいんです。特に、「こんなにも〜」と「今も〜」がたまらなくいいんです。

しかも、 聴いている内に「の」もいいんじゃないかと。
下線を引いた部分ですが、けっこう「の」が入ってます。

だから、「夢後先の「の」も力強くて好き。

以前、マ行やナ行が好きかも…って思ったことあるんですが、それに母音の「O」が加わると、私はツボるんじゃないかと勝手に分析してみました。

そこで、他にもツボのはまる「も」「の」もしくはマ行・ナ行もしくはラ行を探してみました。

『声』その14

「空を見上げて 何度も〜 思い出せば こころが張り裂けそう」

「何度」の「も」はこれたまビブラートがたまんないわ〜。「も」のビブラートって実は最強なのか…。

「きみには きみのらがあり 僕に見えたのは 僕の空」

マ行やナ行が入ってれば何でもツボるというわけではないっていうのは、音程が関係してるのかな。
最初の「きみには」はさほどツボらないのに、後の「きみの」はツボるんだよなぁ。
そして、マ行もナ行も関係ない「らが」も大好き。

『JAM』その11
「今じゃない どこへでも〜 逃れてやる君と どうしてさ」

この「も」なんてものすごく甘くないか…。たまんねぇだろ〜。

『Crazy Groundの王様』>(その11

「たいせつは 足跡なんかじゃない 歩くれたち足だ そうだろう だから」

「たいせつ」なんてさぁ、「も」がナ行に挟まれて、これまた最強!甘いよ、甘い。しかもその後の「は(わ)〜」の抜き加減が絶妙。
下線の「お」と「の」も大好きなんだけど、これって音程が関係あるのかな。そこまでは検証できない、する気がない…。

『Eyes with Delight』その10

「涼しげ口紅 君に似合ってる ショーウィンドウで 背中羽を隠す仕草」

ここにもあったよ「も」が。これは優しいね〜。
「な」とか「の」のふわっと明るくなる感じも好きなんだけど。

『空高く』にもあったよ。 「何〜言わな〜い」

いやいや、探せばけっこうあるもんですね。

でね、書き出している内に、ふと思い出した!そうだ!『静かな夜に』にもあったような…。いつかvoiceで語ろうと思いながら、ずっと後回しにしていた曲。そこで、早速探してみた。

「届かないこの声も〜

あったよ、あった。伸びる「も」が!

「花濡らして」が私には「花濡らして」に聞こえちゃうんだけど、よく聴いてみたらやっぱり「を」だね。でも、好き。

で、みっけたよ。そうだ、そうだ、このフレーズも大好きなんだよ〜。

「瞳閉じて れる涙はどこへ 眠れぬ長い夜に 星を探す」

れる」「」眠れぬ長い夜に」が大好きなんだよ。
特に「れぬ」とかもうどんだけ〜。これはラ行とナ行の組み合わせ&低音に反応したものと思われます。

結局は「も」だからマ行ナ行ラ行だからと言って何にでも反応するかといううわけでもなく、やっぱり音程も関係してるんでしょうかね〜。私にはそれを分析する知識も気力もないけれど…。

少なくとも「も」で伸ばす音に弱いっていうのはわかったわね〜。
でも、書きながら他の曲もいろいろ聴いてたらね。母音の「O」に反応しているようにも思えてきた。
ま、これは次の課題だね…って、次っていつだろう〜(遠い目)

では、最後にもう一つ。
「も」は入ってないけど、『虹のカケラ』

「僕らの旅は続く それぞれのゴール待ってる」

ここは、ラ行と「の」の組み合わせだけど、「の」の前に小さい「ん」が入ってるでしょ。そこが好きなの。まろやかなの。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア