FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年07月
ARCHIVE ≫ 2011年07月
      

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

*そこは…Beautiful World その4*

『「じゃなくて」』相葉ソロ
曲調としては、意外な感じだったな〜。金管楽器やベースの音がかっこよくて、こじゃれた感じ。
シルクハットかぶってステッキ持って踊るイメージかな〜。どんな衣装になるのか、楽しみ。

歌詞は相葉ちゃんって感じだよね。
でも、老婆心ながら…そういう女子はやめといた方がいいと思うよ、おばさんは…(笑)。

『morning light』
これは前奏からして、来た来た〜って感じだよね。
しかも、いきなり大野くんの明るめの「ナナナ…」だよ。次は抑えた感じの「ウォウウォウ…」だよ。出血大サービスだよ。語尾の抜き方がたまらんわ〜。

「分かっていたんだ いつの日か」の前と、最後の「promise land」の後のフェイクがね、特に絶品だよ。艶っぽくて、切なくて、そしてキラキラ感もハンパないの。聴いていて、めっちゃ気持ちいい〜!

そして、疾走感がワクワクするわ。(私は『Yea?No?』を思い出すなぁ)
テンポのある曲やハードな曲は大野くんと松潤が一緒のパートを歌うことが多いけど、これもぴったりだと思う。

『このままもっと』櫻井ソロ
ソロ曲の中で、実はこれが一番意表をつかれました。全く予想してなかったわ…。漠然と櫻井くんはかっこいい系でいくのかな〜って思ってたもので…。

そしたら、初っぱなから物語感あふれる前奏にびっくり。しかも、壮大で爽やか〜。
本来だと5人で歌う歌…って感じがするだけど、あえて櫻井くんソロっていうのがね、いいと思う。櫻井くんの優しい声にぴったり。

全体的に優しくてかわいらしくて、大好きだな〜。
私大野くん以外のソロ曲って普段はあんまり聴かないんだけど(ごめんよ…)、でもね、これは激リピすると思う。
ていうか、カラオケで歌ってみたい…。カラオケなんてもう何年も行ってないし、普段は自分で歌いたいとか感じることないんだけどね。だって、とーっても気持ちよさそうなんだも〜ん。

でもね、ラップは無理…(^^;)
それにしても、 櫻井くんったら、歌う時とは一変してラップの時はかっこいいんだよねぇ。
だって、歌う時とラップの時の「I love you」が明らかに違うんだもん。おいおい人格変わってるよ…みたいな〜。

『遠くまで』
これはCMの曲ですね。フルで聴くのは初めて。
前奏の出だしがいいですよね。何かが始まる!って感じでワクワクします。

大野くんのソロは「弾むように 飛べるように」
初っぱなの「はぁ」にやられたわよ。

爽やかで伸びやかな曲だけど、正直あまり引っかかりのない曲だな…と思っていたら(^^;)、「両手を広げて」の「てー」が伸びてる伸びてる。これ大野くん?そして、その後すぐ「歌え 声高く」にかぶさった「オーオー」は間違いなく大野くん。あ〜たまんないわ。もうっ油断大敵なんだから〜。


あ〜やっと全部書き終えたよ〜。あわてなくてもいいとはわかってるんだけど、書き出すと止まらなくってね。それに、この気持ちを少しでも早くお届けしたいという気持ちもあって。
それに、週末はまとまった時間もとれそうにないから、とりあえず平日の昼間に書くだけ書いておくか…って。


私にとっては、初めて買った嵐のCD。(去年の9月に嵐にはまった私は、ずっとレンタルだったから)
ということで、発売と同時に聴くことができた初めてのアルバムでもあります。
そして、期待以上の内容にびっくり。大切な思い入れのある記念の一枚となりました。

これからも何度も何度も何度も聴くと思います。(たとえ、家族に白い目で見られようとも…(ーー;)
ありがとう、嵐くん、スタッフの皆さん。

もしコンサートに落選したとしても、私はこのアルバムのおかげで何とか持ちこたえられると思います…って、そんなんでどうする!望みは最後まで捨てないわ!
スポンサーサイト



*そこは…Beautiful World その3*

『Joy』
まず前奏に入っているフェイク。私は最初がニノで、後のが松潤に聞こえるんだけど、どうなんだろう…。(あんま自信ないけどね(^^;)

私ね、合いの手みたいに入る「アン」とかいう声も誰だろうって、ものすごく気になっちゃうんだけど…。
たいていは櫻井くんだと思うんだけど、時々これは大野くんじゃね?っていう時があるんだよねぇ。
例えば、櫻井くんラップの「そのまま話さずにhold my hands」(あれっここ歌詞カード、handzになってるけどhandsだよね…)の後の「アン」が大野くんの声に聞こえるんだよね〜。

是非歌詞カードにフェイク部分も載っけて欲しいな〜。でね、メンバーカラーで字を色分けしてもらって。
あっ、だったら、いっそのこと全部の歌詞そうして欲しいな〜。で、ここは誰と誰のハモりとかね。そしたら、すっきりするのに〜。

さて、DVDでみんなでレコーディングしていたのはこの曲だったんですね。…ということは、あのフェイクは入っているのか〜。超絶気になる!
ニノの顔をチラ見しながら、タイミングをはかっていた大野くんが猛烈にかわいかったなぁ〜。で、「イェー」って歌ってる大野くんが猛烈にかっこよかったなぁ〜。(只今…思い出しニヤけ中)

聴いてみたら、入ってたよ。「イェーエー」
でも、このフェイク音量が小さいので、注意して聴かないと聞き逃しちゃうかも…。

他にもちょいちょい大野くんのフェイクが入ってて、いちいち耳が反応しちゃって色っぽさにドキドキします。
歌詞カードで言ったら、最後から10行目に入るフェイクが特に好き。
大野くんの声、艶っぽさがにますます磨きがかかってるような気がするなぁ〜。

『どこにでもある唄。』ニノソロ
まずタイトル見て、ニノっぽい…ていうのが私の第一印象。
あえて「どこにでも」って言い切っちゃう感じがね。ニノがそう言うんなら、それはたぶんきっと…どこにでもあるんだと思う。でもね、それをきちんと気づいて、感じ取れる人はそうそういないんじゃないかって思う。
だから、そういうことに気付ける5人の唄なのかな…ってね、勝手に思っちゃったわけですよ。

とにかくね、真剣に聴くと泣けますね、この曲は…。だから、車の中では真剣に聴かないようにしないとね。運転中に泣いてたら、危ないでしょ(^^;)。

私は「ナキムシ」のくだりにやられましたよ。
特別な言葉は使っていないけれど、真っ直ぐな思いが伝わってくる素敵な歌だと思います。

『negai』
初めて聴いた時、「くちびるに落ちた言葉を…」って、いきなり大野くんのソロから始まっちゃったんで、びっくりして思わずラジカセの方振り向いちゃったわよ。ちょっとびっくりさせないでよ、さとっぴ〜って感じかしら。

あまり感情を込めすぎずにさらっと歌っている感じなんだけど、「伸ばした」が切なくって、「この手は」のふっと抜く感じが好きだな〜。

自然と情景が浮かぶようなきれいな曲だよね。感想に入るバイオリン?の音色もきれいだし。

それから、歌詞が若干今の私の心境と似てなくもないっていう…。
今の私の「願い」はただ一つ…。そう、メールまだ来ないんだよね。20日までだから、まだまだかな…。奇跡起こるかなぁ。

ところで、どうでもいいことなんだけど、何でローマ字表記なんだろう…ってね。素朴な疑問。
『kagero』とか『maboroshi』とかね。私は漢字の方が好きだし、雰囲気が伝わると思うんだけど…。あえてわかりにくくしてるのかな。


まだまだ長くなりそうなので、続きはその4で。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア