FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
      

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

*DVD『転世薫風』感想 その4*

『転世薫風』の感想ですが、とうとうラスト…その4ですよ。(たぶん…ラストになるはず(^^;)
その1その2その3



では、お待ちかね(?)萌えポイントをいくつかご紹介。

まずは、転世コートの剣術モード、カンフーモードで暴れ回った後、気を失う薫(大野智)。
その状態で抱き起こされるんですが、激しいアクションの後なので、気を失ったまま肩を上下させながらお口を開けてスーハーしてます…。やだ、かわいい…。
しかも、その後仰向けにされても、お腹が上下してるんです。もうどんだけ〜っ。

あれだけ激しく動き回れば息が上がらない方がおかしいんですけどね…。やっぱり相当きついんだよなぁって、普通に感心しちゃいます。で、目を閉じたまま息が上がってる大野くんを見て、ちょっとの間休んでてね…ってな感じで、ひたすら萌えまくるわけです。(やっぱり重症…)


次は、私が大好きなシーン。おとき(美波)と薫が2人きりになる場面です。ここは特に萌えポイント満載。
おときに「ありがとう」と言われて、照れ笑い&若干どや顔が混じってる表情がかわいいんです。キュンキュンします。

そして、おときに「好きだったのか」と聞く表情&距離感にハートを撃ち抜かれます。真顔な感じなんだけど、とにかく近いっ。
しかも、美波さんとは少し身長差があるため目線が下になっているという身長差萌えもプラスされてます。たまらん…。

それから、おときが自分の気持ちを吐露する向こう側に映り込む薫の表情が超絶男前!
せつない表情でおときをじーっと見つめてるんです。しかも、首もとから胸元にかけてが色っぽーい。Vネックバンザイ!
そして、おときがおもむろに薫に近づいて頬に触れるんです。きゃ〜。
この時の薫の表情にときめく、ときめく、ときめく(しつこい…)。とにかく微妙な目の表情がたまらないんですよ。おときをじっと見つめる目、そしておときが手を離す瞬間の目の動きがね…。私はすっかり魂持ってかれちゃってます。
これはDVDでしかわからない特典ですよねぇ。

それから、転世コートを着て踊り出すおときを後ろから見守る表情も素敵です。
その後、ちょっと目線を下ろして足下確認するような感じで、大野くんも踊り出すんですが、この時の表情も好きです。といっても、実際はおときに隠れてちゃんとは映ってないんだけどねぇ…(^^;)。
そこはそれっ、特技の妄想力を働かせるわけですよ。

それにしても美波さんの二の腕の細いこと細いこと。大野くん、こういう二の腕がお好みなんでしょうか…。私なんか完全に振り袖状態ですから(ーー;)。


それから、女性(おとき)だけじゃなく男性(氷室)と絡んでる場面に萌えポイントが…。(って、もちろん変な意味じゃなく…ね(^^;)
氷室(羽場裕一)と時間の渦の中でもがいている時、薫が後ろから氷室にステッキで首を押さえられるんですが、この時の苦しそうにしている首筋&のど仏にまたまたやられます。色っぽいわ〜。

とにかくね、黒のVネックは無敵です。首筋、のど仏、胸元がきれいだし、したたる汗がね…たまりません。もう滝のような汗流して熱演してましたからね。


それにしても、この舞台では大野くんのいろんな表情が見れましたねぇ。
ベースは眠そうな顔ですが(^^;)、男前な表情、せつない表情、コミカルな表情、鬼のような形相、腑抜けな表情と、今まで見たことのない表情も見れたし、大満足です。

それに、声もよかったですねぇ。
舞台になると(ていうか、役に入ると)滑舌よくなっちゃうしね。普段はたどたどしいのにね。
おっこの声好き!と思った瞬間はいくつかあるんだけど、メモってないので次回?(あれっやっぱり「その5」があるのか。もしかして…)


ところで、に大野くんの演技って「上手い」という言葉があてはまらないような気がする…と書きましたが、どんぴしゃな言葉見つけました。それは「同化」
演じてるとかなりきっているということじゃなく、もうそのものになっちゃってるように見えちゃうんですよ。どっちがどっちみたいな?
これは、私の勝手なイメージですけどね…。


そう言えば、『転世薫風』の中で薫が紛れ込んでしまう芝居の一座。そのお芝居に登場する風助っていうのはプーシリーズ『戦国風』の主人公だったんですね。
とにかく何も知らないので、観た後でネットであれこれ読んでそうだったのか…と思う始末。ま、それはそれで楽しいんですけどね…。

この『転世薫風』はプーシリーズの集大成って感じになるんですかね。
それにしても、この作品が上演されたのは2006年。もう5年前ですよ。私何してたっけ?その頃の私は、大野くんはおろか南朋さんにも松ケンにもはまってなかったな〜(遠い目)。
あ〜ん、もっと早く大野くんの魅力に気づいていれば…。悔やんでも悔やみきれないわ〜。
私、できることなら転世コート着て、過去の智めぐりしたいです。切実に…。

とにかく舞台の大野くんも素晴らしかった!予想以上でした。
また舞台やって欲しいですねぇ。たぶん私は観に行けないと思うけど…。でも、DVDにして頂ければ、繰り返し繰り返し観ること間違い無しです。だって、今の私がそうですから。
ていうか、他の過去の舞台も是非DVD化して欲しいです。
劇場に行った人だけしか観れないって、もったいなさ過ぎです。(ソロコンサートもしかり!)


とりあえず『転世薫風』の感想はこれでおしまいです。と言っても、舌の根も乾かぬうちに「その5」を書く可能性もなきにしもあらず…ですが(^^;)。

とりあえず次はライブDVD『How's it going?』の感想かな〜。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト