FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
      

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

*DVD『転世薫風』感想 その1*

某チューブで観てしまった殺陣やダンスのシーンの破壊力が半端なくて、いてもたってもいられず思わず注文しちゃった大野くん主演の舞台DVD『転世薫風』観ました。



実際全編通して観てみたら、思っていた以上にすごかった!
去年の秋に大野くんに墜ちて以来、いろんな顔の大野くんを見てきたけれど、舞台の彼にはまた別のすさまじい魅力が隠されていました。

実は私、『魔王』の成瀬領にはときめかないという特異体質なんだけど(^^;)、体全体で表現したり、感情をむき出しにしたりする大野くんが好きなのかもね。『怪物くん』も大好きだし…。
薫も怪物くんも動きや表情に釘付けで圧倒されちゃいました。

実はねぇ、前から思ってたことなんだけど…。
大野くんの演技って「上手い」とかいう言葉があてはまらないような気がして…。だからと言って、他に表現する言葉も見つからなかったんだけど…。

でも、このDVDを見終わった後、布団の中で思い返している内にふとある言葉が頭に思い浮かんじゃいました。それは「嘘がない」 大野くんが役に入ってる時はまるごとそのまんまで存在していて、「嘘がない」って感じがするんですよね。
私の印象だと、こう見せようとか理屈でどうのとか小手先なものが一切見えないんです。(と言っても、本人はいろいろ考えたり試したりしている内に行き着いたとは思うんだけど…)

以前、大野くんのことを「迷いがない」って書いたけど、とにかくいったんスイッチが入っちゃうと、迷いとか理屈とかが全然見えないんですよねぇ〜。この人には何か特殊な入り口があるんじゃないかと思っちゃいます。

とにかく…何なんだ、この人は!って感じで感動するより感心しちゃうんですよ(そっちか(^^;)。動きにも表情にも全てに迷いがなくて、しっくりし過ぎるくらいしっくりしてるんだもん。

でも、最後の表情にはやられたなぁ〜。それまでのいろんなことが全部こみ上げて来ちゃったって感じでね。もうその顔見ただけで、私は涙腺崩壊…。
しかも、その後のカーテンコール見て、また泣けた。
カーテンコールの大野くんはちょっと役柄の余韻を残しつつも、でもそこにはいつもの大野くんがいて、何だかほっとするというか、あ〜頑張ったねぇ、よかったねぇって素直に思えるんです。

カーテンコールのおまけもついてるんだけど(DVD収録とは別日なのかな?)、お客さんに「ありがとうございました」って言った後、自分で「よく頑張りました」って言っちゃうの。もう智オーラ満開よ。
思わずそこでお客さんもキャストの方達(うなずいている人もいる)も笑っちゃうんだけど、私はそれを見て泣き笑いよ。ほんと頑張ったんだね〜、大野くんって。もうね、全力でよしよししてあげたいくらいよ(余計なお世話(^^;)

そして、一生懸命客席に手を振ったり、客席を指さして笑ったりしている大野くんはいつもの大野くん。最後緞帳が下りてきたら、しゃがんでまた手を振ってる大野くんがかわいいのなんのって〜。

まだ他にもダンスのことや立ち回り、数々の萌えポイントなど書きたいことはいっぱいあるんだけど、きりがないので、今日はこの辺で…。続きはまた後でね〜。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト