FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2011年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
      

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

*大野智voice その11*

大野くんの歌声って、せつなかったり、色っぽかったり、やんちゃっだったり、優しかったり…とここには書き尽くせないくらいのいろん〜な色を持ってるんだけど、私がどの声にも共通して感じるのは少年っぽさ。
セクシーな声でも力強い声でもどこか少年っぽさがあって、それがたまらなくて、キュンキュンしちゃうんです。それが彼独特の甘さ…になるんでしょうかね〜。

私にとって、この少年っぽさ(甘さ)が智voiceの一番の魅力かもしれませんね〜。

曲によっては、それが前面に出てくることもあれば、ひっそりと顔をのぞかせていることもあるんです。(ま、いつものごとく私の主観の世界の話なんですけどね(^^;)

中でも、私が少年っぽさ100%だと感じるのが『JAM』
最初に聴いたのはコンサートDVDだったんですけど、ちょっとあどけない感じの大野くんから発せられた歌声。ええ〜っ、こんな甘い歌声も〜って、驚いちゃいましたよ。

「今じゃない どこへでも 逃れてやる君と どうしてさ」

歌い方はさらっとしてるのに、声色がとてつもなく甘く感じるんですよね〜。
で、この歌声から私の頭に思い浮かんだのはキャンディ。そう…甘いからキャンディvoice。単純(^^;)。

「明日も明後日も いつになっても 君は言うのか 今じゃない 今はダメだと」

で、2番のこのフレーズも前のフレーズほどじゃないけど甘さ感じます。
「今は」の「い」は特に好きですねぇ。何か色っぽくて…。


それから、少年っぽさと色っぽさがフィフティ・フィフティという絶妙なバランスでブレンドされているのが
『Crazy Groundの王様』
この歌声については前にも書いたんですけど、また書きたくなるくらいとんでもなく好きなんですよねぇ。(でも、今のところ、この曲の歌声について触れている記事って私は目にしたことないので、私特有のツボvoiceなんですかねぇ(^^;)

「たいせものは 足跡なんかじゃない 歩くたちの足だ そうだろう だから」

最初の入りの「たい」は男前voiceなのに、下線部分が甘いんですよ。少年なんですよ。しかも艶っぽいんですよ。
でも、「じゃない」は質感がちょっとざらっとしていて、それがまたいいんですよねぇ。
で、「そうだろう」からだんだん明るくなって、「だから」が春風voiceでふわっと軽くなってるんです。

こうして見ると、短いフレーズの中にいろんな要素がてんこ盛りですねぇ。
だから、私はこんなに惹かれるのか…。

「愛されるために 愛するようじゃだめで」

ここはさほど少年率もさほど高くなく、どっちかというと抑えめのトーンな男前voiceなんですけど、「ために」の「に」の抜き加減が絶妙で、「だめで」の「で」からどうしようもなく色気が滲み出てます。


あ〜大野くんの歌声、いくら語っても語り足りきれませんねぇ。
もう魅力があり過ぎて、何から書いていいのやら…って感じなんですが、私は「書かずにいられない」スイッチが入ったら、書くことにしてます。
さて、次の「書かずにいられない」スイッチが入るのはどの歌声でしょう〜。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト