be with you 3104

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 忍びの国
CATEGORY ≫ 忍びの国
       次ページ ≫

*『忍び』今度は…*

昨日は、無門殿にしばしのお別れをしてきました。(DVD発売、いつかな)

実は昨日は、睡魔(新学期始まってからの早起き生活に体が慣れてないのか)と
頭痛の予感で(私の場合、睡魔と頭痛がセットで来ることが多い)、
ちゃんと見れるか心配だったんですが、案の定ちょいちょい寝てもうた。
(無門殿が出てない隙を狙って。ごめんなさい!)
最後の逢瀬がこんなんでいいのか…。

でも、無門殿の泣き顔を見ている内に、全身全霊な大野くんと重なって、涙あふれる。
今までは無門殿として見てたのに、最後の最後にあ~大野くんよく頑張ったね、
ありがとね、でも、これで最後なんだよ、スクリーンではもう会えないんだよと
いろんな想いが渦巻いて、泣けてくる。

私も頑張って通ったよ。
でも、大野くんが出ているからという理由だけで、こんなには通えない。
(『怪物くん』は一回しか見てない(^^;)
作品自体が好きだし、無門殿も大好きだし、それぞれの登場人物も魅力的だし、
監督のバランス感覚も好きだし、何よりあの世界に身を置くことができる時間は
ほんとに幸せだった。(だったら、寝るなよ)

また上映なんていうことは無理なんだろうな。
…で、ふと思い出した。

私、若い頃薬師丸ひろ子が大好きで、新作が公開される度に映画館に行ってて。
あの頃は入れ替え式じゃなかったから、
2回見たいばかりに1日映画館の中にいたこともあったりして。

で、言いたいのはそういうことじゃなくって。
『セーラー服と機関銃』は、後日カットシーン込みの完璧版っていうのが公開されて、
それも見に行った記憶があるんだけど。
今は、ノーカット版とかディレクターズカット版とかいうのかな。
そういうのやってくれないかなぁ~。
カットされたシーンもDVDとかではなく、是非スクリーンで見てみたい!
そしたら、また無門殿に会えるし。
是非是非お願いしたい。

とはいえ、なんか張り合いがなくなっちゃって。
何しようかな~。(やるべきことは、いろいろあるんですけど)

無印でファイルを買って来たんで、忍び関連の雑誌の整理をしないとな。
アルバム発売までは1カ月以上あるしなぁ。
新しい試みは楽しみでもあり、ちょいと不安でもあり。ソロ曲はないのかな?
ソロコン・ソロアルバムも我慢してる上にソロ曲までなくなっちゃったら、
一体どうしたらいいのか。途方に暮れるわ(T_T)

でも、ユニット曲はおもしろそう。
個人的には山でやってほしいところだけど。(むふっ)
この二人がわちゃわちゃしているのを見たいというのもあるが
私自身、曲の好みがこの二人ととても合うので、是非。
(会報に載ってたコンピとか、これこれー!とめっちゃテンション上がった)

でも、4曲っていうことは、どうなるんだろ。
二人ずつが2曲で、三人ずつが2曲とか?
あ~、とにかく早く聴きたい。

あっそうだそうだ、思い出した。『アユハピ』と『ジャポアリ』見ないと。(今頃!)
ついつい好きな曲のつまみ食い視聴やってしまうので、実はまだ全編通して見ていない。
6月はラグビー月間、7月は忍び月間、8月はアユハピ月間の予定だったんだけど、
忍びの上映期間が伸びて、嬉しい誤算(〃▽〃)

ということで、今日は午前中に見てみたよ。
そしたら、白い衣装の大野くんが妖精かと思うくらいの儚さ、美しさで、なぜか泣けてきた。

かと思えば、『VS』の大野くんが男臭くて(〃▽〃)
たまたまテレビつけた時が「ベタ嵐」で、後ろの席のセンターにすわるボス感が半端なくて、
ぶっ倒れそうになった。
一見華奢そうで、あの肩幅って何?あのどっしり感は何?

タケコプターは、そうだろうな…と思った。天然らしい答え(^^)
私もタケコプターに一票!

話があちこち飛んじゃったな。
無門殿に会えないんだ…と思うと、泣きそうになるけど、
今は会えたことを喜ぼう。

ありがとう!
そして、今度はノーカット版でー!
スポンサーサイト

『忍び』いよいよお別れ

県内の映画館、ことごとくひいておりまするー(T_T)

始まりがあれば、終わりがある。
そんなことはわかっていたけれど、
今週の金曜で、県内の映画館は上映終了の模様。

そろそろかな…と思ってはいたけれど、
やっぱり「上映終了」の文字を目にすると、ショックがでかい。
(本当は諒くんと大野くんの絡みを書くつもりだったけど、それどころじゃない)

でも、今週はありがたいことに、日中に上映していただける映画館が!
たまたま金曜がお休みということもあり、お友達と一緒に行く予定にしていて、よかった。
(残念ながら応援には行けないけれど…。行かれる方は、愛をいっぱい届けてきて下さいませ)

ところが、実は昨日も仕事がお休みで…。
往復4時間近くかかるし、家のこともしたいし、どうしようか…迷ったのですが
(と言いながら、迷ってる時点で9割行く気になってるのは、毎度のこと)
結局、見とかないと後できっと後悔する!と思い、結局また一人で行ってまいりました!

観客は10人ほど。正直もう2カ月も経ってるし、日中はお仕事もあるだろうし、
もっと少ないんじゃないかと思っていたので、びっくり。
しかも、全員女性でした。ほんと、みんな好きなんだから~(*^^*)

でも、11回目ともなると、ストーリーはわかりきってるし、正直もう泣けない(^^;)
ネットをぶらぶらしてると、他の方はいろいろ発見したり、深読みされたり、
映画館ごとに見方聞こえ方を比較されたりしているけれど、
(私は読んで、ただただ感心するのみ)
私は『忍び』に関しては、そういうのがほとんどなくて。
(印象とか見方とかは微妙に変わってきてるかな)
なのに、なぜそこまでして見に行くのか。

それは、やっぱり、無門殿に会いたいから…(*^^*)
それしかないんですけどね。結局。

声が聞きたかったり、ちょっとした立ち姿だったり、立ち回りの時のターンだったり。
だいたい注目するポイントはいつも似たり寄ったりで。
それなのに、なぜにここまで通うのか。

飽きないから…というより、ずーっと感じていたいから。
普段も、家のテレビで大野くんを感じてはいるんですが、それとはまた別の感覚。
映画館という何も邪魔するもののない非日常な空間で、
大きなスクリーンや音響で、思う存分堪能できる。
ただただ「忍びの世界」に浸れる贅沢な空間。
ライブだと、当落や座席などで悲喜こもごも、
一度きりの大切な時間もポンコツな脳みそには限界があるわけで。
でも、映画だと、何とかやりくりすれば、会いたい時に会える。
それはそれは、本当に特別な時間でした。

ありがとう~!

あ~、でも、もう終わっちゃうのか。寂しいなぁ~。
またいつか映画に出てくれるかな。
今度は、全編シリアスっていうのも見てみたいな(^^)

*『忍び』と共に過ごした3カ月*

気が付けば、もう無門殿と2週間も会ってない(;_;)
生しやがれの智で、禁断症状をなんとか紛らわしてはいるものの
やっぱりまだまだ無門殿に会いたいっ!!

そしたら、戻ってまいりました!!
ほぼあきらめかけていた日中の上映が!!
ありがとうございます。イオンシネマ様~!

ということで、久々に来週参集します。
ということは、雑誌祭りから始まった『忍び』生活も4か月目に突入ですYO!

思い返してみれば、『忍びの国』上映でいろんな夢が叶いました。
念願の忍び役に見事な殺陣、立ち回り、様々な表情を大スクリーンで見ることができ、
いろんな声色も堪能できました。
主題歌は、正直智ソロを期待していたけど(^^;)、
結果的に嵐の歌声が後押ししてくれているような素敵なエンディングで、感無量。

それに、舞台挨拶の生中継や応援上映という初めての体験もできました。
(50過ぎても、知らないことは世の中に山ほどある)
同じ映画を10回も見るなんていうのも、もちろん初めて。
(『ハゲタカ』も『外事警察』も2回だった)

雑誌も今までにないくらい購入したな。結果、35~6冊?
でも、セリアにマガジン用のA4ファイルを買いに行ったら、なぜかなかった。
もしかして廃盤か?
ということで、切り抜きがただ山積みされている状況。早くどうにかしなくては。

それにしても、『忍び』でまた大野くんファンが増えちゃったかなあ。
(嬉しいけど、FC会員数がとんでもないことになってるらしいw( ̄o ̄)w
私の周りはいまひとつだったけど(^^;)、ネット上では性別問わずいろんな年代の方々や
大野くんに興味のなかった方にも好評だったようで、嬉しい限り(^^)
『セカムズ』は、意外にもママ友の旦那様たちに好評で、妙に嬉しかった記憶があるんだよな。
でも、いろいろ感想を聞きたかったのに、智愛があふれ出すと抑えが利かなそうだったので、
思わず自粛した(^^;)

そんなこんなで、この3カ月存分に楽しませてもらいました。
まだまだ足りないけど(貪欲)

でも、心残りなことが2つ。

それはレッドカーペットを歩く大野くんが見られなかったこと!
海外でもちらほら上映されてるみたいけ、そういう機会はないのかな?
タキシードで颯爽と、時には照れながら歩く大野くんを見たかったなぁ~。

それから、残念ながらカットされてしまったシーン。
予告でも流れていた「よくもわが女房を…」の台詞が聞きたかった。
是非是非、DVDに収録していただきたーーい。

さーて、『忍び』生活はまだまだ!4か月目も楽しむぞー!!

『忍び』やってもうた

やってもうた。

普段は、私、極力智推しは控えるようにしてる。
というのも、今までに家族や友達をどんだけドン引きさせてきたか。
いくら言葉で伝えようとしても伝わらないものは伝わらず、未だ布教作戦に成功した試し無し。
だから、自分自身が楽しむことに専念しようと。

ところが、やってもうた。

『忍びの国』をどうしても見てほしい人がいて。
元々好きな芸能人とか音楽とか、作家とかが似ててね。
(最近は私が嵐一筋なんで、あれなんだけどー(ーー;)
何かきっかけがあれば、わかってくれるんじゃないか、
いや、わかって欲しーと思ってたんだけど。

ちょいとしつこいくらいに見に行ってみて!って推してたら、逆に気まずくなった(ノ_<)

まぁ、私自身も自分の興味ないものを薦められたとしても、
実際に見たり聞いたりすることってほとんどないので…、あ~やっちまったなぁって。

こういうのって、人から言われてどうかなるっていうものじゃないって、学習してたはずなのに。
あー、めっちゃへこんだ。反省。

いかんいかん、大野くんと真逆の方向に進んでるわ、私。
評価なんて気にしない、相手に何かを求めない。

それなのに、大野くんの良さを知って!褒めて!私と一緒に語って!
という欲望を抑えきれず、やってしまいました。

でも、まぁ私はそんな大野くんに出会えたのだから。
毎日、大野くんの声を聞いたり、姿を見ることで、幸せを感じているのだから(^^)

でも、無門殿にもう一週間会ってませーん。
会える予定もありません。
毎週水・木は上映時間をドキドキしながらチェックしてますが、
もう日中の上映は無理かな。

いよいよ…となったら、その時は家族にお願い(というか、行ってくる!と勝手に宣言)して、
最後の逢瀬を~!

*『忍び』と『ヒストリア』と『外事』*

『歴史秘話ヒストリア』見ましたよ~。
『忍びの国』がなければ、絶対見なかったであろう番組。
元々歴史が苦手な私だけど、おもしろかった!
大野くんのおかげで、いろんな出会いがあるわ。(若冲とかもね)

和田先生、いろいろ勉強されたんだなぁと思った(えらそー)
その上で、自分なりのオリジナリティーを織り交ぜて、ワクワクやドキドキを増幅させ、
こんな私でもわかりやすく馴染みやすい作品を作り上げてくださった。
それを中村監督の演出で、生き生きとした魅力あふれる素敵な作品に仕上げてくださった。

ほんとこの作品に出会えてよかったと思う。
大野くんはじめ、あのキャストで形にしてくれて、ありがとう~!!
でも、もっと見たいけど、夜の上映ばかりで行けない…。どうにかしてくれ~。
(どさくさ紛れにお願い)

で、この番組を見ていて思ったのは、「忍び」ってまさに『外事警察』やん!
(これ、前にもちらっと思ったんだけど、今回確信した)

ちなみに『外事警察』というのは、NHKのドラマで、
渡部篤郎さん、尾野真千子さん、石田ゆり子さんらが出演された私のお気に入りドラマ。
映画もおもしろかった~。BDもサントラも買った。

この「外事警察」っていうのが、目的のためなら手段を選ばないって感じで、
渡部さんがほんと残酷すぎるくらいに徹底してる。
もちろん自分の職業も家族には秘密。

尾野さん演じる刑事が外事に配属され、
情報を得るために石田さん演じる訳あり主婦に近づくんだけれど、
その過程がまさにこの番組で説明されてた通りで、びっくり。
まさに「感情や欲望を利用して、心の中に忍び込む」っていう感じ。
尾野さんが徐々に変わっていく感じや石田さんの徐々にあらわになる感情にもゾクゾクしたな。

ほんとおもしろいので、見てほしい!(何の宣伝だ?)

でも、映画の無門はお国と出会った後なので、諜報活動とかはやってなかったみたいだけど、
それまでは、コミュニケーション能力を生かして情報を得ていたんだろうか…と思うと、
俄然見たくなる。
だって、社交的な無門見てみたい!
でも、あくまでも任務だから、相手に心を許させても自分の感情は絶対入れちゃいけない
という非情な世界。どんな思いで生き抜いてきたのか、見てみたいなぁ~。
そこで、お国に出会っちゃったんだもんね。

そして、映画で度々出てくる「虎狼の族」という言葉。
あらためて考えてみると、わかんなくなる。
織田軍の忍びの家族にまで刃を向けるというやり方。
時代が時代なのでしょうがないんだろうけど、どっちもどっちやんと思ったりもする。

結局、今の時代よりも生きること、つなぐことに必死だったんだよなあ。
「虎狼の族」と呼ばれた「忍び」も家族を守るために策を練って、最後まであきらめなかった。
生きるために貪欲で、
忍術という生きるための術を駆使し、
必死に生きてつないでいった。

そして、私は無門に出会えた!(着地点)
つないでくれて、ありがとう~\(^o^)/