be with you 3104

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ デジコン
CATEGORY ≫ デジコン
      

*デジコン その3+訂正*

歴代ジャケ写映像の後、気球で登場。大野くんは1塁側から3人目。
かなり高い位置まで上がっていて、天井席のファンライトが揺れているのが印象的でした。
少しでもそばに行きたいという嵐くんの気持ち、
来てくれてありがとうという明かりのやりとりがね。

『A・RA・SHI』では、大野くんの声を堪能し、後はどんどん遠ざかる一方。
何の曲の時だったろう…。ふと花道を見たら、健気に一生懸命踊るジュニアの姿が見えた。
キレキレで生き生きとしていて、何より楽しそう!
ここに来る人達はほぼ嵐くんを見に来ているのに、
ひたむきに一生懸命に盛り上げようと頑張っている子たちを見たら、
みんなこんな風に頑張ってきたんだなぁ、嵐くんもこういう子達に支えられているんだなぁと
思わずうるうる。(まさかのジュニアに泣かされそうになる…)

『言葉よりも大切なもの』では、「あるから~!」大合唱。
何の曲だったかな~。
智ソロの時、語尾がちょっと音がはずれちゃって、あはっそういうこともあるのね…と、
なぜか得した気分になる(笑)
『Happiness』で、ジュニアとの小芝居あったのかな?
あんまりよく見えなかったけど(^^;)

『One Love』
前方の両脇のタワーには松潤とニノなのに、ガッツリ後ろ向く私達。
だって、そこには大野くんがいるから~!でも、後ろ姿だけどな。
こっちを向いてくれと念を送ってみたけど、ダメだった…。
青いハートのひらひらが降り注ぐ。
そのひらひらを持って、客席に向かって何かアピールしてたみたいだけど、
後ろ姿なので残念ながら表情は見えず。
その後も、かがんで足下のひらひらを拾って、まいてたよね?
ずっと後ろ姿だったけど、背中からも楽しそうなのが伝わって来たよ(^^)

出た! 『Monster』
しかも、大野さんが花道をこっちに向かって歩いて来るよ~!きゃ~!!
ソロを丁寧に歌い上げながら通り過ぎていく大野さん。
うちわアピールしたいもそれどころじゃない。
とりえあずガン見するっきゃない!
ところが、まさかのここでも正面からライト直撃、真っ白で大野さんが見えない。オーマイガッ!
でも、『Monster』歌う大野さんが間近で見れて、よかったよ(^^)

この後は、メインステージで、『迷宮ラブソング』と『ワイルド アット ハート』だったのかな?
でも、『Calling』はバックステージだったような。
あれっ?じゃぁ、『誰も知らない』はどこだ? 『GUTS!』はメインだった。
あ~、記憶がごっちゃになってる。
そして、『GUTS!』の途中でテープが降ってきた。
とりあえず目の前に落ちてきたのを2本取ったけど、物欲無いのでお智達にあげちゃった。
(去年も1本取れたんだけど、チョキチョキして何人かのお智達にあげちゃった)

〈挨拶〉
大野くんは、福岡に来れるのはみんなのお陰だと。
ラーメン食べれるし、お土産に明太子持ち帰れるし…みたいなこと言ってて。
来年も福岡でラーメン食べられるようによろしく…みたいなこと言ってたような…。
福岡と言わず、熊本まで来てもらっていいんだけどねぇ(^^)
そう言えば、熊本ロケの約束から1年以上経っちゃったね。もう、ダメかな…。

相葉ちゃんのサプリメント発言にまさにそうだよねぇ~と納得。
その後、それにつっこむニノ。にのあいのわちゃわちゃが可愛い。

ニノからは、ファンに向かって「おめでとうございます」の言葉をいただきました。
ファンになって3年しかたってないとか、先週ファンになりましただっていい。
みんなも祝ってもらう権利がある…みたいなことを言ってて、思わずうるうる。

『キミの夢を見ていた』
ここで、心拍数の表示を初めて認識。
一度見つけると、嵐くんよりついついそっちに目が行ってしまう…(^^;)
翔さん、あいかわらず低くて、80~90台。
大野くんは110台。
他の3人はもう少し高くて、松潤がけっこう高かったようなような気がするなぁ。

大野くんの視線がこっち方面に来た時は、わざとファンライトを左右にゆっくり動かしてみる。
人間違う動きをするものについつい目が行くんじゃないかと思って、ささやかなアピール。
気が付いたかどうかはわからないけど(無数のファンライトがあるもんね)
私ここにいるよ!の自己満メッセージですから(^^)/

みんなで「嵐~!」 消えていく5人。
翔さんかなぁ、ピースの手が最後まで見えていたのは…。
なぜか大野くんの記憶がさっぱりない…。

あっという間の3時間弱。
夢のような空間が終わっちゃった…。
初アリーナで、大野くんを見失ったりして、けっこうあたふたしたけど(^^;)。
あんな近くで大野くんを見れることなんて、もうないだろうな…。
みんなキラキラして、楽しそうで、汗だくで。
会えてよかった。
ありがとう(^^)

*訂正*
すみません…。
私、1塁側と3塁側を逆に認識していて、間違って書いてました。
今は訂正したので、大丈夫だと思います。
こんな調子で、あちこち勘違いや思い込み等あるかもしれませんので、
もし他にも何かおかしいよ…という所があれば指摘していただければと思います。
指摘していただいたお智達、ありがとうございました!
スポンサーサイト

*デジコン その2*

昨日、記事を挙げるつもりが遅くなって、すみません!
日中はパソコンの前にゆっくりすわる時間もなかなかとれなくて、
夜は睡魔に負けて寝ちゃいました(^^;)
では、続き行きまーす!

『Tell me why』
大野くんを探してたら、お智達が指さす方向に…。
そうだ、そうだ、ソロ終わったばかりだから、メインにいるんでした(^^;)
タワーで上がる大野くん。好きな曲なので、とにかく歌声に集中してました。
優しく包み込む歌声、素敵だったなぁ(*^^*)
しかし、タワーが下りてくる途中、ライトが正面から直撃して真っ白で見えない…。
オーマイガッ!

『TRAP』
これが大野くんの振り付けだったのかぁ。あ~予習不足が悔やまれる…。
でも、メインステージでガッツリ踊る姿が格好良かったのは、覚えてる(*^^*)
そして、大野くんのソロ部分の足さばきが尋常じゃなかったことも!!
ムーンウォークみたいななめらかさと軽やかさ。惚れ惚れした(〃▽〃) 感動した!

『Oh Yeah!』
大野くん、どこにいたっけ?覚えてないよ~。3塁側に行ったのかな…。

『ハダシの未来』
大野くんが花道に来てくれたのは、この時かな~。
うちわアピールしてみたけど、あんまりファンサしてなかったような…。
肉眼でガッツリ見える距離だったのに、とにかく記憶がおぼろげ。
めっちゃガン見してたつもりなのに~。(もったいない)

『Love Wonderland』
セットリストでタイトル見た時、こんな曲あったっけ?と思ったのは私です(しっかりしろー)
そうだ、カップリングだった。この曲聴いた時、ライブでやりそうだなぁと思ったんだよな。
とういことは、「You're beyond my imagination」の高音voiceが聴ける!!
とにかくここに神経を集中し、モニターで歌い上げる大野くんを確認。素敵過ぎる!

〈MC〉
他の方のレポを手がかりに思い出してみた。
(すんごいよね、詳細なレポ。
私、ノートとペンは持って行ったけど、結局バッグから一度も出さず…)
「デジデジ」「タリタリ」をニノからいじられる相葉ちゃん。
意味不明過ぎて、福岡で封印の危機?いやいや、他の所でもやってよ~。
絶対、楽しいから!
大野くんも、やり続けたら馴染むんじゃないか…みたいなこと言ってたよね。

モニターに表示されていた数字がメンバーの心拍数だったという説明があったけど、
私、その数字にさえ気づいてませんでしたけど(^^;)
翔さんが80~90台で低かったという衝撃の事実。
大野くんが一番低いのかと思ってた。

翔くんが『Asterisk』の振りを間違えていたと、珍しく大野さんが指摘する。
再現する大野さん、間違えてるのにキレキレ。かっこええ~。
(そう言えば、去年は『サヨナラ』の振りを相葉ちゃんが間違えて、
大野くんがこうだよ…って踊ってくれたんだよね)

ところで、何の話の時だったんだろう?
翔さんの「智くん」呼びが聞けて、悶えそうでした(*^^*)

今度は、翔さんが「でいっ」で構える時の大野さんが内股だと再現。
(お返しか!仲良しか!いちゃいちゃか!)
大野くんが再現しようとするも、
後ろにいた松潤が大野くんの衣装についているクリーニングタグ発見!
おいおい、そんなことあるんかーい。大野くんのだけ取り忘れてたみたい(^^;)
ある意味持ってるよね(笑)
クリーニングタグで盛り上がって、内股疑惑はそのままうやむやに…。

相葉ちゃんの映画の話になり、映画館に全く行く気なさそうな大野さん。
松潤に行きなよ…と言われ、結局5人みんなで行こうという話になる。
深夜だったらいいんじゃないか?みたいなね。
おいおい、深夜の映画館に5人いたら、びっくりなんですけど~。

そうそう、26日はベストアーティスト。
大野くんは誕生日だから、休んでいいみたいな流れになっちゃって(笑)
いやいや、是非テレビの前で一緒にお祝いさせて下さーい(*^^*)

ファンライトの説明があり、次は周りの人に合わせて同じ色にしてみようということになって。
メンバーカラーに関係なくみたいなこと言ってたけど、私はもちろん青(^^)
『Beautiful days』
スタンド見てみたら、心なしか青が多いような…。
そしたら、徐々に青が増えて、ほぼ真っ青。綺麗だったなぁ。
曲のイメージからして、青っぽいかもね。

『Disco Star』
すごいすごいとは聞いてたけど、これは本当に度肝抜かれました。
最初の登場の仕方、正直コントかと思う(笑)。Disco Starの方向性!相葉ちゃーん!
しかも、振り付けがエロ路線なんだけど、ぶっ飛び過ぎて笑うしかない(^^;)
エロいのに愉快ってどういうこと?
めっちゃ楽しかったけど、お陰でそれまでの記憶が全てぶっ飛びそうになる(笑)

『メリークリスマス』
ニノはこういう歌の方が好きだなぁ。安心して聴ける(^^)

『Hey Yeah!』
翔さん、言い間違えたよね?変な間があったよね?
ちょっと動揺する翔さんが可愛かった(*^^*)
でも、すぐ立て直すのがさすが。

『One Step』
大野さん、この時も1塁側?
安定の歌声に聞き惚れる。安心感(^^)
メンバーが声を重ねていくところは、音程がちょっとはずれちゃって(^^;)。
でも、楽しそうだったから、まいっか。これも生の醍醐味(^^)
確かスタンド沿いをずっと移動してきて、1塁側で「ウ~イェ~ッ」に思わずのけぞる。たまらん!
ここは、モニターに抜かれなかったような…。

『Troublemaker』
あんまり記憶にないんだよなぁ。
山のハートはなかったね…。

『Lucky Man』
智ソロ。私の大好きな伸び伸びvoiceだ~と期待していたら、まさかのエフェクトにのけぞるorz
おいおい、そこはデジデジしないで~!
そして、メインステージからはける智。
えっ、次は何?と思ったら…。

〈アクセントダンス〉
大野くんがどこにいるかわからずモニター見てたら、
お智達が目の前のメインステージ(向かって右側)にいると教えてくれる。
気づかんかった…。こんな感じでちょいちょい智を見失う(^^;)
前の人の隙間から何とか見ることができたけど、前の人が動くと、視界から消え、
また探すという感じ…。

体の動きと音が連動してるんだね。
大野くんの腕の動きに合わせてピアノの音が鳴る。
腕から指先までしなやかで細やかな動きをしていて、綺麗だったなぁ。
そして、次から次にメンバーが現れ、いろんな音を奏でていく。
細かい振り付けはなく、動き自体は単調なので、
ダンスというより体を使って演奏しているという感じ。(ハンドベル思い出した)
そのまま『Hope in the darkness』へ。
演奏しながら、歌う。
幻想的で、綺麗だったなぁ。

『Zero-G』
器具をはずして、床に落とす。そして、それを足でどける大野くんがかっこええ。
ところが、ステージが高かったので、大野くんが向こう側に行くと上半身しか見えず、
腰の動きが見えないよ~。
でも、後半はこちら側に来たので、ここぞとばかりに回す腰をガン見!
テレビでは見えなかった縦に並んで踊る時の大野くんの動きも見えて、嬉しかったな~。

さて、これで1部終了…とすわって休憩。

*デジコン その1*

昨日、セットリストや他の方のレポを手がかりに思い出しながら、
見たこと、感じたことを片っ端から打ち込んでいたんですが、気が付いたら全部消えていた!!
なんで~!!!!
で、また一から書きましたよ(ー。ー;)

それにしても他の方のレポ読んでると、びっくりするくらい私の記憶があやふやで、
何見てたんだろうっていうくらい覚えてない…。
自分の記憶力のポンコツさ加減にびっくりします(^^;)
ということで、勘違いや思い込み等多々あると思います。
もしかしてこれからのライブの参考にしたいという方、
違うじゃん…ということになっても怒らないでね(^^;)

ところで、今回、私の中で準備不足の部分もあり。
アルバムが手元に届いてから、1ヶ月も経たない間にライブ。聴き込むには短すぎた。
(しかも、途中なぜかウラ嵐聴いてた時期もあったな←おいおい)
今までは、ちゃんと曲とタイトルが一致して、脳内のそれぞれの引き出しに収納して、
この曲は最初に大野くんソロとか、終盤にフェイクがあるとか、
だいたい頭に入ってたんだけどなぁ。今回はそれがあやふや…。
そのせいか、タイトルを手がかりにライブを思い出すという作業が今一つ上手くいかない。
で、あれこれ検索したり、曲を聴いたりしながら、確認するという感じ。

しかも、セットリストも何となくしか頭に入ってなかったしなぁ。
今までだと、絶対に見逃しちゃいけない聞き逃しちゃいけないポイントを
ある程度頭に入れてたんだけど、それも不十分で…。

でも、ふとした瞬間に思い出すこととかもあるんだけど、
書き留めとかないとどんどん忘れちゃうよね。
とにかくつべこべ言ってる間にさっさと感想書け…って感じですね(^^;)
すみません(^^;)

まずは会場には普通のモニターがあったんだけど、横や後ろを向かないと見れない位置で、
ところが始まったら、なんとメインステージの巨大で不思議な形のセットの両側が
縦長のモニターになっていて、びっくり!

そして、そこに流れたオープニング映像が鼻血もの!!
だって、『しやがれ』で胸にヘアバンドまでして頑なだったあの人が上半身裸(〃▽〃)
いや~ん、細い~。ポーズがかっこいい~。表情がぁ~(*^^*)
初っぱなからぶっ倒れそうでした(〃▽〃)
しかも、体につけていたのは心拍数を計る装置だったんだ。
モニターにそれぞれの心拍数が表示されていたらしいけど、
私、その数字の存在にさえ気づいてませんでした。
MCで、そのことを知る…。早めに教えて~。

そして、5人登場で『Asterisk』
とりあえず会えたことにうるうるして、どんなダンスだったか、さっぱり覚えてない。
でも、大野くん最初センターだったよね。
斜めから見る感じだったので、縦移動とかがよく見えたような気がする…。

『Take Off!!!!!』
アリーナからだとよくわからなかったんだけど、後ろへと移動したV字型のムービングステージが
バックステージと合体する仕組み?
でも、移動してる時の大野くんの記憶がない(^^;)
そして、何が何でも聞き逃すまいと思っていた「And you~~」聴けたよ!!
でも、後ろ姿だったから、そのタイミングでモニター見てたら、ちゃんと抜いてくれた。

『Wonderful』
バックステージでガッツリ踊ってくれたね。
この時はバックステージの位置が高かったから、遠くてもかろうじて見えたんだよね。
思っていたイメージとは違って、けっこう腰を動かしていたような(*^^*)
腰ばっかり見てたような気がするなぁ~。

『Welcome to our party』
なかなか思い出せないな…と思ったら、確かスタンド沿いを二手に分かれて、
メインに向かって移動してたんだ。(あの乗り物の名前がわからない(^^;)
で、スタンド最前列の人達との近さに感嘆したのでした。うらやましい…と。(欲は限りない)
大野くんは3塁側だったのかな…。

『Bittersweet』
メインステージで。
ハワイでは踊らなかったから、とにかく集中して見てた。
そしたら、間奏の半円になるところ。
私はちょうど大野くんを正面から見るような感じだったんだけど、
腰の動きがエロくてびっくり(〃▽〃)
(テレビでは全体を正面から撮ってたから、このアングルは見れなかった)
まさかこんな動きをしてたなんて~。思いがけない発見!
この腰を近くで正面から見れる翔さんがうらやましい(*^^*)

〈挨拶〉
とにかく相葉ちゃんの「デジデジしようぜ!」「タリタリしようぜ!」
最初何言ってるんだろう?って感じで(^^;)。
MCでニノが言ってたみたいに、1回目うん?と思って2回目あっそうかぁみたいなね(笑)

大野くんは、また一緒に「でいっ」ができて、嬉しいよ~(^^)

『STAY GOLD』は、次が大野くんだと思うと、ドキドキしてなかなか集中できない…。
でも、頑張ってファンライト振ったよ。

『Imaging Crazy』
バックスステージの方を向いたら、あれっステージが低い…。まさかの大野くんどこ?状態。
ちょうど照明のライトと大野くんがかぶって見え隠れ状態。しかも、後ろ姿だし…。
とりあえずモニター見るも、あ~生智が見たいと葛藤。
そしたら、いつの間にかこっち向いてるし。
ムービングが動いて、きゃ~!!こっちに向かって来る~!!と思ったら、
一番近くに来たとき、ムービングの翼部分が邪魔で大野くんが全然見えないという現実。
オーマイガッ!!こんなん想定外だわ。
翼の先端部分に立ってくれたら、見えたんだろうけど。
アリーナでもスタンド寄りだと見えるんだろうけど、真ん中寄りだと残念ながら見えません。
そして、メインステージで、あっという間に終了。
いかん…。ほぼ覚えてない(ーー;)。あたふたしてる間に終わってしまった。
足パカパカ(ZERO-Gでもやってた高速で足を閉じたり開いたり)しか覚えてないとは、
どういうことだぁ~。でも、かっこよかった(*^^*)
待ってた「Ah stop」も後ろ姿で…。モニターにも映ってた記憶がない…。
「over you」の発音が心なしか良くなっていたような気がするけど、気のせいかな(^^;)

で、声がね、なんかいつもと違う感じがしたんだけど…、
(声の輪郭がちょっとガサガサしてるように聞こえて)
それが音響のせいなのか、私の思い過ごしなのかはわからないけど(^^;)。
とにかく、DVDになるのを待つとしますか。(その前にハワイがあるけどな!)

さて、今日はこのへんで。
続きはまた明日~(^^)

*行ってきました+追記*

デジコン、行ってきました!
履き慣れないヒールの靴を履き、足パンパンになり(実は初アリーナだった。ぼそっ)、
夜中12時半頃家に帰り着き、さっさと風呂に入り、ブログアップしようと思ったら、
旦那が書斎(とっいっても超狭いんだけど、そこにパソコン置いてる)で仕事してたんで、
あきらめて、寝ることに…。
でも、体はくたくただけど全然眠くなくて、興奮して眠れないかも~と思ったら、
あっという間に眠りの淵に落ちてました。(いらぬ心配)

で、朝からたまった内職をある程度かたづけ(土日できなかったから、めっちゃたまっとる)
やっと今パソコンの前に。(早く吐き出さないと、どんどん忘れる)

さて、デジコンは、デジデジ、タリタリしてたよ!(相葉ちゃん直伝!)
正直、アルバムについては私のあまり好みではない分野だったんだけど、
ファンライトとかいろんな仕掛けもあって(特に今回のアルバムについては)、
こうやってコンサートで披露することで完成するんだな…と感じました。

しかし、すでに夢の中の出来事のように、記憶はおぼろげで…。(おーい)
あんまり細かい感想は書けないと思うんですけど、記憶に残っているあれこれを
ほじくり出したいと思います。

さて、最初にちょろっと触れたとおり、今回はなんと初アリーナ(C9)でした!
そこで、背が小さいので埋もれたらどうしようと思い、ヒールのある靴を履いていったんですが、
花道から2ブロック目の通路側だったので、そこはなんとか大丈夫でした。
しかも、花道までは10数メートル?という感じで、近い!肉眼で見える!!
と着いた途端、大興奮(〃▽〃)
(正直こんなに恵まれてていいのかと…不安になるくらい)

しかし、花道は近いし、メインステージも肉眼で見える感じだったんだけど、
バックステージは遠くて、智ソロはあんまり堪能できず
ムービングも見上げる感じなので、場所次第では当の嵐が見えないとか、
肝心の時に照明がガッツリ正面から当たって、まぶしくて見えなかったりとか、
全体を見渡せないので、私の視界から大野くんが行方不明になること数回(^^;)
やはり場所によって、それぞれ一長一短ありますね。

今まで2回がスタンド席だったので、
(バックステージのほぼ真横&センターステージのほぼ真横)
また違った景色が見れてよかったな…と。
それぞれの席でどれだけ楽しめるかっていうことなのかな。

おもしろいのが、近くに嵐が来た時はみんな超テンション上がりまくるんだけど、
バックステージにメンバー全員が行ったりすると、比較的大人しくなって、
遠くの後ろ姿をそっと見守るというその温度差…。
(スタンドでは、ここまでの温度差はなかったような)

大野くんの歌声はあいかわらず安定感抜群でしたが、
序盤はちょっと調子悪いのかな…という感じもあり。
澄み渡る感じがいつもより不足していたような…。
それが音響のせいなのか、はたまた気のせいなのかはわかりませんが…(^^;)

ダンスは、ほぼ腰見てたような気がする(〃▽〃) もちろん足さばきも素敵だったけどね。
(ここでこんな動きしてたんだ!という発見もあったり)

今まで2回は、けっこう予習してから行ったんだけど、
今回は福岡が最初ということもあって、ほぼわけのわからない状態で行ったため、
どれが大野くんの振り付けかも全然知らず…。
後でパンフレット見たら、『TRAP』だったんだね。でも、ほぼ覚えてない(おいおい)
セットリスト見た時に、『Tell me why』が大野くんの振り付けじゃないか?と思ったんだけど、
あれっ、踊ってなかった?

とにかくまたまた新しい世界を見せてくれてありがとう…という感じです。
特に相葉ちゃん!
相葉ソロ最強説。いやいやそんなことないでしょう~と思っていたら、
とんでもないものぶっ込んでくれました!
デジタルどころか何もかもを超越していて、一体どこに向かっているの~と叫びたくなるど(笑)

さて、細かいツボについては、忘れないうちに少しずつアップしていきますね。

<追記>
アリーナでのヒールは禁止だというご指摘をいただきました。
国立は天然芝なので禁止だということは聞いたことはあったのですが、
ドームは人工芝だからと思い、安易にヒールで行ってしまいました。
(ヒールも細いものではなく、5cm程度のものだったんですが)
会場でも特に注意されなかったので、そのまま参加してしまい、
認識が甘かったな…と反省しています。
これから参加される方は、ご注意下さい。