be with you 3104

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Hawaii LV
CATEGORY ≫ Hawaii LV
      

*ハワイ LV その3*

さて、今日はハワイから生中継ですね(^^) 楽しみだなぁ。
毎日5人で、ハワイを満喫してるのかな…。
でも、お仕事もあったりで、あんまりゆっくりできない?
1日くらい、の~んびりできるといいのにね。

では、ライブビューイングの感想、書き上げちゃいます。

ライブビューイングで確認できただけでも、ファンサービスはちょいちょいやってました。
何の曲だったか、床にたまった水をファンにひっかけて遊ぶ智(〃▽〃)
私も浴びたーーーい!!と心の中で叫んだことは、言うまでもありません。

それから、トロッコで移動してる時、ファンの方へ手を伸ばしてたんだよ。
ひぇ~っ!!なんで?なんで?そこだけ?誰かいた?
実際ファンの子の手に触れることができたかどうかはわからないけど…、
うらやまし過ぎるやろ~。ほんとに、罪作りなんだから~。


それから、スクリーンってテレビ画面で見るよりも動きのしなやかさやキレが
ダイレクトにクリアにこちらに伝わって来るような気がするんだけど、
どちらにも共通しているのが、
瞬間的に映像が網膜に焼き付けられるような不思議な感覚。
1枚の絵の様に脳にインプットされる感じ(わかるかな~(^^;)

そこで、思い出したよ。LOVEの感想で書こうと思ってたこと。
(おいおい、まだ書き上げてないのか(^^;)
ちなみに、『Calling』(1.45.16の足を振り上げるところを見て、書こうと思ってたんだけど)
大野くんの場合、例えば足や手を上げたりした時、
最も綺麗に見えるポジションでその体勢をキープする時間が他のメンバーよりも長い。
0コンマ何秒というほんの短い時間なんだけど…。
瞬間的に、一番美しくみえるベストポジションに持っていって、
ほんの短い時間なんだけど、その美しい状態をきっちりキープして、
また次の動きへと移っていく。

大野くんのダンスって、ためがあるから遅れているように見える時があるんだけど、
そういうことも影響しているのかな?
でも、決して遅れているわけじゃなくて…。
例えば、ある拍数の中で、手で弧を描かなきゃいけない時に、
その拍数の中の時間を端から端まで余すところなく使って、丁寧に踊っている。

それがとても効果的で、残像が残る感じで、
その瞬間をまた見たくなって、ずぶずぶとはまっていっちゃう。


それに、大野くんのダンスって、ぱっと見軽く踊ってる感じなんだけど、
本当に筋力とか体幹とかを必要とする動きなんだよね。
あの軽やかさも、キレも、力強さも、滑らかさもそれがあってこそ。
踊ることそのものがトレーニングなんだろうなぁ…と思う。


さて、MCとかに関しては、何をしゃべったかほとんど思い出せないけど(^^;)
(他の方のレポを見て、思い出そう…っと)
わちゃわちゃな5人ががとにかく可愛かったなぁ。

インタビュー映像もなかなか興味深いものでした。
でも、かなり編集してあったので、じっくり1人ずつ見てみたいね。
どこまでDVDに収録されるのかな?
楽しみだなぁ。

さて、これで書きたいことは全部書いたかな…。

最後に
貴重な時間に立ち会わせてくれて、ありがとう。
幸せをありがとう。
5人に出会えてよかった。

そして、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

続きは、VSの感想をちょっとだけ(^^;)
スポンサーサイト

*ハワイ LV  その2*

では、LVの感想の続き。
実は会場に到着してから、ノートも筆記具も何も持ってきていないことに気づいて。(おいおい)
どっちみち見ながら書くなんていう神業は、私には到底できないんだけどね(^^;)。
MCくらいは、メモってもよかったかもなぁって。(だって、ほとんど覚えてない…)
でも、LOVEの時にチャレンジして、単語をいくつかメモしただけで終わっちゃったという
実績あり(^^;)

とりあえず覚えているところを中心にどんどん行っちゃいます(^^)

『Believe』の時だったかな?翔さん、途中で滑った?
私、大野くんにロックオンし過ぎて、見てなかったyo!
周りがみんな笑ってるから、何事かと思った(^^;)
でも、翔さんは前日の『Believe』でジャンプするとこ、振り付け師さんに褒められたらしい。
そうなんだぁ。振り付け師の方も同行していてちゃんと見てくれて、
よかったところとか言ってくれるんだね。
はりきっちゃう櫻井くんも可愛いよねぇ(*^^*)

『5×10』 やっぱりこの曲はぐっと来ます。
でも、早くね?と思ったのも事実(笑)。だって、終盤とかアンコールのイメージが強いので。
最初、翔くんが音がとれず不安定で心配したけど、後は持ち直して来たね。
大野くんは、柔らかく包み込むようなあったかい歌声でした。

この後、交代でお着替え&MC。
どうしよう…思い出せない(青ざめる)。レモンのくだりしか。天然コンビが可愛かった。
そして、大野くんのブルーのアロハっぽい衣装がよく似合ってた。

そして、別ステージへてくてく移動する5人。
歩きながら、何か普通に話してたよねぇ。
何を話していたかは覚えてないけど…。(大野くん、景色が綺麗だ…とか言ってた?)
私は、このてくてくする5人の風景が何だか好きでした。

ハワイアンにアレンジしたのは、『マイガール』と『Everything』
これがまたいい感じで、大野くんの声も伸びやかで、よかったよ。
DVDで、またじっくり聴いてみたいです。

『Summer splash!』だったのかな~?水を噴射してたのは…。
大野くんが水を出したり止めたりしてたのは、覚えてる。(それだけかよ)

そして、いよいよ来た!『CARNIVAL NIGHT part2』
大野くんがどのタイミングでバク転するのか全く知らなかったので、
とにかく気が気じゃない…。
間奏でバク転か…と思ったらしないし、早くしないともうすぐ終わっちゃうよ~と思ったら、
最後の方に5人がわちゃわちゃと集まってきて、何か始まりそうな予感…っていうか、
バク転しかないっしょ~!
大野くん、けっこう余裕そうに見えたけど、どうだったのかな?
松潤が衣装で床をゴシゴシしてくれて(衣装黒くなっちゃったね。ありがとう、松潤!)、
4人もワクワクだったんじゃない?

もうね、素晴らしかったよ、バク転!!
一瞬だったけど、それはそれはとても綺麗な弧を描いてたよ。
とても軽やかで美しかったよ。
(『怪物くん』のメイキングで、スタントマンさんより綺麗なバク転やってたもんね。
足と手を着く位置が近いから、綺麗なんだよね)
何だよ、まだまだ現役じゃん!まだまだ行けるよ、智!って思ったら、泣きそうになった。

そして、5人でアクセントダンス?
とにかく格好良かったことだけは、覚えてる。詳細はぶっとんじゃったけど…。(やっぱりな)
そしたら、『Monster』 『誰も知らない』来た~!!!
情報番組の映像見てみたら、ほんとに綺麗に踊ってるね。
何回もリピートしちゃったよ。

『P・A・R・A・D・O・X』は、『誰も知らない』のすぐ後だったから、
いつもとフォーメーションが違って、大野くんが一番前の立ち位置からの「イエ~~ッ」で、
ちょいとびっくりした。

そう言えば、雨が降り出したのはいつだったっけ?
『P・A・R・A・D・O・X』がとにかく土砂降りだったのは覚えてるけど…。
カメラや照明の位置次第では、もやがかかったみたいにメンバーの表情が見えないくらいだった(^^;)
でも、たいへんそうだけど、楽しそうなの。
やっぱり嵐はこうでなくっちゃ(笑)

そして、10周年ではなかなか崩れ落ちなかった智の髪があえなくぺちゃんこ。かわええ。
終盤、お着替えして白い衣装に着替えてきた智はさらさらヘアーで、まるで天使(〃▽〃)
あんな生き物、実在してるんだね。

そして、次は『Your Eyes』 実は私的には一番びっくりした選曲。
あんまり日の目を見ることがなかったこの曲。よかったね。
『とまどいながら』は歌ってくれなかったけど(いじいじ…)
いつか歌ってねぇ~!

『迷宮ラブソング』の智ソロは、抜群の安定感。
『troublemaker』は、山のハートが見られなかったのがちょっと残念だったけど…。
『感謝カンゲキ雨嵐』のソロもよかったなぁ。

それから、5人それぞれの挨拶…。
櫻井くんのなかなか聞けない心の内にぐっと来る。
大野くんは前日に泣いたらしいと聞いていたので、今日は泣かないんだろうなぁ…と。
目は真っ赤だったけどね。でも、迷いのない清々しい表情でした。
その代わり、相葉ちゃんが号泣。やっぱりそうでなくっちゃ(笑)
ニノのはね、いい感じでリラックスしてるなぁ、楽しんでるなあと。
松潤は、どこまでも真っ直ぐで熱い人だな…と。
5人のそれぞれの想いに泣けました…。

その流れで『season』でしみじみして、『Bittersweet』で一気に楽しい気分になって、
大野くんの「お手を拝借」も聴いて、最後はまた『A・RA・SHI』

終わりかと思ったら、舞台裏にはけていく5人が映って、きゃ~っ!!
カメラに向かってアピールしてくれたり、いつまでもどこまでも幸せそうな5人。
そして、またヘリに乗って空へ飛び立って行っちゃいました。
何とも壮大な演出。でも、5人はいつものごとく楽しそうで、いやいつも以上に!

さて、これで終わり…と言いたいところですが、もう少し続きます。
続きは、また後で。よろしければ最後までお付き合いを~(^^)

それから、コメントありがとうございますm(_ _)m
とりあえずLVの記事を書き上げてから、お返事するつもりですので、
それまでお待ち下さいね(^^)

*ハワイ LV その1*

ライブビューイングの感想を思い出せる限り書き出したい…とは思ってるんですが、
いかんせん、すでに記憶がぼや~っとしている。(おーい、急げ~)

とりあえずセットリストだけチェックして、情報番組の映像を見たくらいで、
他の方のレポは読んでいないので、私の記憶違いや思い込みなどあるかもしれませんが、
そこは感じたままを綴って行きたいと思いますので、ご了承下さい。

さて、初めてのライブビューイング。
とりあえずチケットだけは絶対に忘れないように!とそれだけは気をつけて…。
ペンライトは正直恥ずかしくて持てないよ~と思って(本人が目の前にいないのに…)、
持って行かなかったんだけど、けっこう皆さん持ってきていてびっくり。
ビューイングのテンションの高さが全く予想できず、甘く見ていたわ。
本物のライブ同様けっこう盛り上がるものなのね(^^;)
私は、けっこう静かに見てました。あはっ。

今回は全くのネタバレ無しで行こうと思っていたので、全く予習せず。
(でも、大野くんがバク転するらしいという情報だけはゲットしていたので、ワクワク)
15周年だしハワイだし、たぶん定番曲を歌うんだろうなぁというのは予想していたけど、
でも、何も知らなかった分、前奏が始まる度におお~っ!と感激。
ところが、『Oh yeah!』と『season』だけ、曲名を思い出すのに時間がかかっちゃった(^^;)

それにしても、スクリーン越しとはいえ、臨場感たっぷり。
表情の一つ一つも流れる汗もよく見えて、ダンスのキレや美しさの伝わり方がハンパない。
生では、実際あんな近くでは拝めないしね。
かといって、DVDやブルーレイでも到底伝わりきらない。
画質が綺麗だったというのもあるんだけど、動きが鮮やかでダイレクトに伝わって来る感じ。
あ~、こんな動きしてたんだぁって。
スクリーンの威力、おそるべし。
手元にリモコンがあったら!と思う瞬間がいっぱい。
ここは巻き戻したい、コマ送りしたい、一時停止したい、リピートしたいという瞬間が目白押し。

これからもどんどんやって欲しい、ライブビューイング!
このハワイの映像を1ヶ月くらい映画館でずーっと流して欲しいくらい。
そしたら、もっとたくさんの人が見れるのにね。

さて、全くのネタバレ無しで臨んだので、
ヘリ登場になんでみんながテンション上がってるのかが理解できない鈍感な私(^^;)
おいおい、ヘリで登場って『ハゲタカ』か!(しかも、つっこみがマニアック…)
やることがデカ過ぎて、度肝抜かれる。

グラサンが似合いすぎて、すでにこの時点でメロメロ(*^^*)
そして、ヘリから降りて来る王子5人。
大野くんったら、相葉ちゃんの隣に立ってるのにいつもより身長差を感じないのはどうして?
ハワイに来ると、背が伸びるのか(笑)
衣装も似合っていて、キラキラしていて、すでに男前度が最高潮!
確かこの時、1人ずつキメ顔で抜かれてたよね。
大野くんは例のごとく若干コメディ感漂っちゃってたような。でも、かっこいいよ~。
あ~、ワクワクドキドキ。

まずは、『A・RA・SHI』から始まり、大野くんのキレキレな動き、伸びやかな声にうっとり。
情報番組で映像が流れてたけど、そうそう!高速ターンが格好良すぎた。
キレキレに踊る大野くんにひたすら感動。

でも、情報番組で流れた3人の(ニノ、大野、相葉)の片手側転。
私全く記憶にないんですけど…(^^;)
映ってなかった?アングルが違ってた?どうなんだろう?
『Luckey Man』では、大野くんのソロ終わりに4人がやってたよね。
昔は、大野くんもやってたのにね。バク転のために温存してた(笑)?

『Pika☆nchi』だったと思うけど、
イントロのダンスがキレキレでものすごく格好良くて見入ってたら、
途中で急に引きの映像になっちゃったんだよね。なぜここで(^^;)?

『Love so sweet』の伸び伸びフェイク。
『Oh yeah!』の「じでんしゃ」のフレーズで大野くんが抜かれてたのは覚えてるんだけど、
後はあんまり覚えてなくて…。

そして、来ましたよ!『Step and go』
『LOVE』では上半身しか映らず、見えなかった腰の動き。
後ろ姿だったんだけど、あんなに力強かったのかとびっくりした。
あれは相当筋力が強くないとできないんじゃないか…って、素人ながらに思う。

後で、ふと習字を思い出した。とめ、はね、はらいが大事だって言うけど、
まさにそんな感じ。力を入れるポイント、抜くポイントや滑らかさがね。
そうそう、よくゲームとかであるじゃん。お尻で文字書くみたいなの。
あれをやらせたいって思った。あれっ、完全にどうかしてるな、私(笑)

さて、続きはまた後で~。

*ハワイから届けてくれたもの*

今日、無事ライブビューイングに行ってきました(^^)
いやぁもう、いろんなことが予想以上でね…。
初めての経験にとまどうこともあったけど(^^;)、全てがいい意味で予想以上!

大野くんは、とにかくかっこよくて、可愛くて、笑顔がキラキラしていて、
ダンスもキレキレで、声も伸び伸びしていて…。
そして、5人が最高に輝いてた!!

実はね、最初ハワイでコンサートって聞いた時は、
どうして?近くに来てくれるんじゃなかったの?って、若干すね気味だった…。
そのことについて、櫻井くんが雑誌で語ったという内容を読んでも、
その時の私には正直理解できなかった。

でも、ハワイで歌って踊って、本当に嬉しそうにしている5人
それぞれの想いを真っ直ぐに語ってくれる5人

そんな彼らを見ていたら、あ~こういうことなんだ…って、素直に思えたよ。
まだ10代だった彼らの人生がガラッと変わってしまった瞬間。
ここが始まりだった。

仲がいいと言われる僕らだけど、寄りかかり支え合わないと立っていられなかったのかも…。
そんな風なことを櫻井くんが言ってました。(かなりうろ覚えだけど(^^;)
私の想像も及ばないようないろんな重圧や葛藤があったんだろうな。
それを乗り越えてきた5人。

2003年?いつの話だったっけ(笑)?
相葉ちゃんは、病気でハワイに行けるかどうかというたいへんな状況だったそうで…。
そのことを悔やんでいて…。
でも、今5人でこのステージに立てることに涙があふれ、言葉に詰まり、
みんなに背中を向けてしまう相葉ちゃん。
それでこそ相葉ちゃん!(泣き笑い)

大野くんは、ホテルのベランダで海を見つめ、15年前に想いを馳せていたそうな。
わけもわからずハワイに連れて来られた18歳の智。
きっととまどいや不安、いろんなものが渦巻いていたんだろうな。
でも、15年経ち、こうやってハワイにいる。
これって、すごいことだよね。
一歩ずつ階段を上がって、やっとたどり着いたんだよ、ここに。
しかも、今の大野くんに迷いはなく、それはとても清々しく、頼もしい。

ニノの相葉ちゃんに対するしつこいくらいの(笑)「素直だよね」にめっちゃ愛を感じる。
嵐が好きでしょうがないニノのちょっとひねくれた愛情表現に安心する。

松潤の真っ直ぐ過ぎる想い。
誤解されやすい彼だけど、その想いはあまりにも真っ直ぐでまぶしいくらいです。

そして、ニノと松潤は、ハワイにもライブビューイングにも来れず、
でも、そっと成功を願っているであろうファンについても感謝の気持ちを語ってくれました。
こうやって、ファンの一人1人にちゃんと想いを馳せてくれている。
それは、きっと櫻井くんも相葉ちゃんも大野くんも一緒。
大好きだよ~。

もうね、5人の言葉には、涙と鼻水じゅるじゅるでした。(おいおい)

そして、『Bittersweet』来た~!!!
もうっ、なかなか歌わないから、どうしようと思ってたよ。
ここにとっておいたのね、大野くんの振り付け曲を!と思ったら、踊らなかった…。
えっ、涙止まる(笑)。でも、鼻水止まらない。(何の話だ)

とにかく、ハワイはね、5人の並々ならぬ想いが詰まっている場所なんだということが
ビシバシ伝わってきました。
そこで、ファンの子と一緒に盛り上がりたかったんだね。

若干ひねくれてる私は、大人の事情だとか…いろいろ考えちゃってたわけで。
今や嵐が及ぼす経済効果や社会現象には、桁外れな部分があって…。
彼らにとってそれがある時は足かせになったり、思い通りにいかなかったり、
言い方は悪いですか利用されてる部分とかもあるんじゃないかとか、
いろいろ考えちゃうわけですよ。

でも、あの5人の絆を見ていたら、
このどでかいイベントをやり遂げる彼らを見ていたら、
あ~、もうそんなもの超越しちゃってるんだなぁ…って。

だって、あれだけの莫大なスタッフやお金を動かす…って、すごいよね。
ただ単に、売れている国民的アイドルだからできる…というレベルを超えてる気がする。
長年かかって培ってきた絆や信頼があるからこそ、
それが大きな土台となって出来上がったイベントなのかなと。
そんな風に思ったのでした。

5人の揺るぎない想い、パワーを感じたのでした。

とりあえず今日はここまで。
コンサートの内容とかいろいろ書きたいことはいっぱいあるんだけど、
すでにどんどん記憶が薄らいでる気がするよ~。
少しでも言葉にして残しておきたいけど、どこまでできるかなぁ~(^^;)