FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ SP番組
CATEGORY ≫ SP番組

*15年目の告白 その1*

前の記事には(もう消しちゃったけど)、拍手をありがとうございましたm(_ _)m
コメントを入れて頂いた方もありがとうございます。
私は大丈夫です(^^)v

さて、NHKのドキュメント、正直VSと似たような話なんじゃないかと思って、
実はそこまで期待していなかった…(^^;)

でも、やってくれました、NHKさん!
VSとは視点もテイストもガラッと変わることで、違う良さが出ていたし、
手堅い感じでありながら、思いがけない告白が聞けて、やられた~という感じ。

そもそも1人1人何か告白して下さいという企画だったんだろうけど、
まさか大野くんがあそこまでさらけ出すとは…。
今年のこたつDE嵐だったっけ?
隠し事がただの近況報告だったという人とは思えない高レベルをぶっ込んできた(笑)!

よく話してくれたよねぇ…って、思う。ありがとう。

その上、智日記って…。
実は日記公開って聞いた時は、それはいいよ…って思っちゃったんだよ、私的には。
そういうプライベートな部分にまで踏み込みたくないというか、
そっとしてあげたいな…と思って。
でも、ふたを開けてみたら、ほんとにちょろっとだったね。
あの程度なら問題ないか(笑)
私が衝撃だったのは、「頑張る」って書いてあったこと。
勝手に、その日の出来事とかをメモする程度のものだと思っていたので、
そういう具体的な想いとかも書いてたのが意外で…。
ということは、「やめたい」なんて書いてあったのかなぁ。

そして、まさかの5分割画面!!
NHKさん、よくわかってらっしゃる!!
いやいや、これいいよね。同時に5人の表情が見れて。
「演出やってみたいと思わないですか?」と聞かれた時の4人のきょとん顔といったら(笑)

で、服は衣装なのかな?大野さんがおしゃれだったから(^^;)
VSは黄色のTシャツだったけど、どうなんだろう~。
普段は黒ばっかりとか言ってたよね。
『しやがれ』では、赤のポロシャツだったし。背中に刺繍が入ってて、かっこよかったね。
リハの時とかは、シンプルな格好で。あれは私服だな…。
もうねぇ、なんでしょう。白Tのあの肩幅と短パンならではのふくらはぎ露出!
なんてことはない服装なのに、バランスがいいんだよねぇ…とみとれておりました(*^^*)

あ~なかなか、話が前に進まないなぁ…(^^;)
では、順を追っていくとしますか。

「演出やってみたいと思わないですか?」という意外な質問にメンバー固まる(笑)
メンバー的には、演出は松潤と決まり切ってる感じで、
自分たちがやるとか考えてみたこともなかったのかな。
でも、アラフェスでそれぞれのテーマ毎のコーナーがあったのはよかったよねぇ。
全体的な流れや、仕掛け的な部分とかは松潤に任せたとしても
他の4人が参加する方法はいろいろあると思うけどね。
今後に期待したいです。

正直、私的にはセットリストにもうちょい新鮮味が欲しい…と思っているので(^^;)。
だって、にのあいのたたき台セットリスト、見てみたかった~!
私、地味目の歌大好きだし!しみる感じ、たまらんし!
私がアラフェスにリクエストした曲、ことごとく却下されたんで(ずっと根に持ってる・笑)
おっそう来たかっていうような選曲にお目にかかってみたい。
『BW』の『夏の名前』とか、嬉しかったなぁ。
今度のツアー、冬ソングとか入れてくれないかなぁ。
『冬のニオイ』とか、『二人の記念日』とか。

さて、仲がいいと言われ続けてる嵐。
「気まずい空気っていうのはなかった?」
おお~っ、珍しく大野さん自らぶっ込んできた。しかも、かなりデリケートそうな話題。
「俺が悪いのわかってて、言えないこともあった」
お~、そんなことがあったのか!メンバーも興味深そう。
「松潤とね、あったの覚えてんだよ」
へぇ~。聞きたいような聞きたくないような…(^^;)
そしたら、コンサートの智ソロの件で、松潤とぶつかちゃったんだと…。

これ聞いた時、やっぱりな…って思った。
以前お智達と、なんで大野くんのソロはフルじゃないだろう?って話したことがあって。
せっかっくだからフルで歌ってくれよ~って。
でも、大野くん自身がフルは嫌だ…って言いそうだよねって(笑)。やっぱりビンゴ!
だって、あのクオリティーを保つのはフルは厳しいのかな…と。

「俺も頑固だから、これでいい、大丈夫だって言ったんだよね」
「俺、まずいこと言ったかなみたいなのは覚えてる」

まぁ、頑固だよね(笑)。見てればわかる。
でも、松潤の態度を見て、あれってなっちゃったんだ…。

「正直な話、すっげぇむかついた」
松潤には松潤の考えがあって。
演出を担当するものとして、全体の流れを妨げないように考えて提案したのに、
あえなく却下されちゃったんだよね。心中お察しいたします。

大野くんも言葉が足りなかったのかな。
あんまりくどくどと説明する人じゃないだろうし、本人が納得いくクオリティを保つには
時間的にはきつかったんだろうし。
妥協点を模索するっていう方法もあったんだろうけど、
今回は大野くんが意固地になっちゃった?

でも、後の祭りだけど、あの映像を流してから大野くん登場でもよかったんじゃね?
だって、実際会場にいたのに、私はモニターを見る余裕もなく、
かといって、生のお姿はほぼ後ろ姿しか見ることができないという
何とも中途半端な状況だったから。
今後の参考にお願いします。

「ごめんねって、言えなかったんだよね」
ずっと気にしていたのかな…。
でも、一回逃すと、言うきっかけってなかなかないよね。
普段はあんまりしゃべんないのに、あえてこの話題を持ち出して伝えたかったことが
あったんだろうな。

好きですよ。
嫌なことは嫌だとはっきり言っちゃう頑固な大野くんも。
自分の想いが伝わらず、怒っちゃう松潤も。
それぞれがそれぞれの立場で一生懸命、最高のステージを届けようとしていても
何もかもがしっくりいくというわけではないから、ぶつかって当然。
私は逆に安心したなぁ。
そういうことがあった方が人間っぽいというか、親しみを感じるというか。
「ごめんね」って言いたかったんだね。
やっと話せてよかったね(^^)

「日記もあるの?その時の」ナイス、翔さん。
そこに絡んでくる末っ子チームが可愛くて、健気で。
本気で見るつもりなんてないのに、
こうやって場を和ませてくれたり、潤わせてくれたりする末っ子二人のあったかさ。
相葉ちゃんはちょっと出遅れちゃったけど(^^;)
こういう時いつもあったかく見守っている翔さんは母親のようで。

で、あれっ?肝心の日記の中身は?

さて、続きはまた後で。この調子だと、一体いつになったら終わるのやら~。

*アブナイ山*

台風が近づいて来てますので、皆さん、お気を付け下さいね~。
ちなみに、こちらはいたって静かです…。

今朝はPVが流れたとか…。
毎日録画してるんで録れてはいるはずなんですが、まだ見てません…。
早く見たいよ~。

そして、『しやがれ』
要所要所に見所があってリピートしまくりたいけど、家族がいるので見れないよ~。
明日はリピートできるかな…。
私の激萌えポイントは、「松本」呼びでしたけど(*^^*)

さて、では本題。
それは、『アブナイ夜会』の山萌え!!

いやぁ、あれは参ったね。
さんざん待たされた挙げ句、あまりにも短い映像に
最初はそれだけかいっ!!ってキレそうになったんだけど、
おいおい、よくよく見てみたら、山愛があふれすぎて溺れそうです(〃▽〃)

まず、「帰ってきた?」「ちょっと見てくる」といそいそと落ち着かない翔サン。
顔を見たくてたまらなかったのは、お互い様なのね(*^^*)

入ってくる時、智サンと一瞬目が合ってるんだけど、翔サン満面の笑み!
すでに、デレが抑えられない模様。

なぜか首に手を掛ける智サン。目を閉じてます。酔っぱらいだから?
そして、無抵抗の翔サン。

いちゃいちゃな2人とは対照的に、
ちゃんとドアを押さえて、「TBSのTVショー?」と気遣いを忘れない松潤。
智サンには翔サンしか見えてない模様。

「すっげぇいい匂いするぅ」の言い方!めっちゃ可愛いんですけど!!
胸さわさわしてるのが、ドキドキするんですけど!!
でも、その後、顔しかめたりして眠そうだよね。けっこう飲んだのかなぁ~。
素な感じがたまらないよぉ~。

松潤がドアを開けようとして、そのドアを抑えようと翔サンが智サンの背中側に回した手を
ハグと勘違いしたのか?なぜか小首かしげて、あごに手を掛けて、接近しようとしたよね!
おいおい、今にもチューしそうな体勢にドキドキするやろ~(〃▽〃)
無邪気な表情なのに、男っぽい手。これぞデンジャラス!!
腕に手を掛けて、ちょっとやめてよ的な翔サンですが、やっぱり嬉しそう。
やはりデレが止まりません。

それに加わる松潤がしっかり者のお兄ちゃんみたい。
智サンが超甘えん坊の末っ子にしか見えない。
どんだけ幸せなのさ~。

酔っぱらうとあんな風になっちゃうんだねぇ。
蔵之介さんの時も相当可愛かったけど、
相手が翔サンともなると、見る側も萌え度が振り切れちゃうわ。
あ~、翔サンがうらやましいっ!!

最後、「ハワイは最高です」と言い残して去る智サン。ガハハ笑いの翔サン。
ほんと楽しそうだよねぇ。
ほんとによかったねぇ。
「ハワイ」と聞いて、いじけてごめんね。
もう、胸がいっぱいです…。

「飲むと、毎晩大野が泣くんすよ」
「ハワイに今いるってので、泣くんすよ」

それまで茶化してばっかりだった有吉さんが大きくうなずく。
道は違えど、きっと共感できる部分があるんだろうなぁ。

で、私も泣く…(やっぱりな)
大野くん、一体どんだけ泣いたんだろうね。
でも、いっぱい泣けてよかったね。

15年って、過ぎてしまえばあっという間だけど、
その道のりはとても果てしなく、いろんなことがあったんだろうな。
でも、それには全部意味があって、やっとここにたどり着いた。
おめでとう(^^)

さぁ、新たなスタートですね。
紅白も決まったし。
正直もういいんじゃないの…という気持ちもあったけど(^^;)、
5回と15周年ってきりがいいし、今年までやるのかなぁという気はしてた。

どうせなら、嵐の出番をいつもより更に長めにしていただけると、嬉しいな。
とにかくいっぱい歌って、いっぱい踊って欲しい。
さぁ、年末に向けて楽しみがいっぱいだぁ~(^^)/

それから、別ブログを久々に更新。
ドラマの感想などをアップしていますので、興味のある方はご覧下さいね。

*あたらしあらし その2*

『あたらしあらし』後編。 

まずは、櫻井くん。
私は、きっちりしてる櫻井くんより、はじけちゃったりふにゃふにゃグダグダだったりする櫻井くんが
百倍好きなので、単純に楽しかったなぁ~。
「あたらし」ポイントがいっぱい挙げてあった割には、あんまりピンとは来なかったけどね(^^;)

一番意外というかびっくりしたのは、井上さんの料理に勝手に手を出しちゃう櫻井くん。
いやぁ、嵐のメンバーとか親しい間柄ならまだしも、そんなに親しくないと思われる井上さん。
(この日で親しくなったとしてもだよ)
食べていい?とか声をも掛けずに、当たり前のように無言で手伸ばして食べてたのがびっくり。
(お酒入ってたっていうのもあるのかな…)
普段の櫻井くんってあんな感じなの? 心許してる感じ、くつろいでる感じが新鮮だった。
(そう言えば、『ひみあら』のフッキーの時もくつろいでたね)
…で、思った。これって女子だったら、キュンキュンするパターンだよねって。
いや~ん、私の料理に勝手に口つけてる~って。
(あ、相手にもよるけどね。櫻井くんなら間違いなくキュンキュンする)
なんだか妙なところに食いついちゃったけど、私はこの翔さんのあたらしポイントが
お気に入りでした(*^^*)

大野くんのこと、テレビで語ってくれたのは嬉しかった。
でも、ジャンケンで決めた…って、ざっくり説明なのは気になったけど(ーー;)。
多数決では、圧倒的に大野くんだったじゃん。
結局、勝っても負けてもあの人がリーダーになってたでしょ。
そこは、ずーっとそのスタンスで行くんだね…(^^;)

大野くんのことを認めて、尊敬もしてくれて。
もっともっと語って欲しかったなぁ。
ずーっずーっと語って欲しかった。
いいとこもそうでないとこも。諸々全部。


大野くんのあたらしい面は、「発想力」
いやいや、そりゃそうでしょ。今更何言ってんのよ…とのんきに構えていた。
日村さんの似顔絵。クラゲを黒で塗りぶつしてしまって、おいおい原型が見えないよ…と
つっこんだ。(次女も同じ所でつっこんだ)
『接近中』の落書きがおもしろかっただけに、ハードルがかなり上がってしまっているけど、
大丈夫か…と思ったりもしていた。

しかし、やられた!!魚に食べられてる芭蕉に度肝を抜かれた。
こういうことか…と思った。「発想力」ってこういうことなのねと。
完全に智の「発想力」をなめてました。すみません…。
他の絵も独特の感性で、しかも細かいところまでこだわっていて(ホッピングのひらひらとか)。
描きながら、彼の頭の中では想像力がぐんぐん広がって、楽しくてたまらなくなってる感じが
絵から伝わってきた。
私、芸術のことはさっぱりわからないけど、大野くんの絵を見ていつも思うのは、
ほんとに本人が集中して楽しんで描いてるよね…っていうこと。
そういうのがビシバシ伝わってくる。

リズムさんも大野くんとアプローチの仕方は違えど、すごかったよね。
(ネタがいつも独特で、すんごい人だとは思っていたけど)
そういう遊び心を持たない頭の固い私は(教科書にあんな落書きした覚えすらない)、
まさに驚きの連続でした。
日村さんの発想さえ、私にはないからね~(^^;)

それをね、プロの方が評価するというのは、最初どうかな…と思った。
『フリスタ』も最初はそういう企画が上がったらしいけど、大野くんがそういうのはいい…と
言うので、無しになったらしいけど…。
日頃からあんまり人の評価を気にしない(でも、ファンの子には見て欲しいんだよね。
喜んで欲しいんだよね)、自分が納得すればいいみたいな人だから。

でもさ、照れくさそうにしながらも嬉しそうだったね。
認めてもらえると、やっぱり嬉しいもんだよね。
見ている私も嬉しさの余り顔がデレデレになっちゃって、ふと我に返ってそんな自分が
気持ち悪かった(笑)

でも、ああいうの見せつけられちゃうと、あ~やっぱりこの人はただ者じゃないな…。
やっぱりとんでもなくすごい人なんだな…とか思っちゃって、ちょっと寂しくなる。
(ほんとにめんどくさいおばちゃんだな)


ニノのあたらしい面。
「うざい」「熟女好き」と単なるコントのキャラクター説明になっていて、
思わずディレクターのセンスを疑ってしまいました。
(発想力のかけらもないくせに、ダメ出しだけはいっちょ前ですまん)

はりせんぼんのダメ出しの方がよっぽどおもしろかったなぁ。
(テレビつけたら、偶然『スーパーニュース』で『あたらしあらし』の番宣やってて、
あわてて録画)
けん玉の練習ばかりして、ほっとかれたとすねるおっさんじゃなくて、春菜さん。
台詞の練習じゃなくてけん玉の練習に夢中になっていたというがニノらしいと言えば
ニノらしいんだけど、コント初挑戦の割に切羽詰まった感もなく、
けん玉に夢中になっちゃうところがね、やっぱりニノなのかなぁって思う。

コントはね、おもしろかったよ。やっぱり間の取り方とか、表情とかがうまいんだよね、きっと。
でも、ネタ的には新鮮味がいまひとつ(^^;)。
今回は、ニノが演じるということが新鮮味なんだろうけど。
ネタ作り、実際どうやってやったんだろうね~。(そこが見たかった)
私は、ニノのちょっと人と違った視点や独特の発想力が好きなので、今度は(って、あるのか?)
そういうニノ的なエッセンスがもっと入っているといいなと思った。
今回はコント初挑戦ということもあって、とってもわかりやすいネタだったけど、
思い切ってとってもシュールな、わかるやつだけわかればいい…的な深夜なノリみたいなのとか
やって欲しい。


それぞれおもしろかったけど、「あたらしさ」という視点では、ちょっと疑問が残っちゃう。
いっそのこと、企画を募集した方がよっぽどおもしろいんじゃないか…と思う。
ものすごく意外で、奇想天外でおもしろいものとか出て来そう。「あたらし」感が出てくると思う。
私はそういう発想力が乏しい人なので、そこは皆さんに是非頑張ってもらいたい!(何様?)
ていうか、募集するなんて誰も言ってないし(^^;)

私的には、大野くんにカポエラみたいな企画やって欲しいなぁ~。

*あたらしあらし その1*

今頃ですが…、『あたらしあらし』の感想。
いきなり伊藤アナの仕切りで始まったのには、ちょっとびっくりしちゃったけど…。
勝手にNHKの『明日に架ける旅』みたいなのを想像してたもので(^^;)

「夏にねぇ、3枚着るとは何事だ」
ダメ出しなのにゆるい!でも、ちゃんとカメラ目線。
エレベーターで思わずぼやいちゃったことを、番組内で持ち出されちゃったもんだから、
とりあえずダメ出ししとくか…みたいな、ゆる~いテンションが好きです。

でも、「あたらしいよ」 「あたらしい?」
ただそれだけのことで納得してしまう、受け入れてしまう
満足顔の大野くんの表情が爆裂にかわいい。

相葉ちゃんの企画は、正直「マナブ」?って思いました。
どこがあたらしいの?って思いました。
でも、熊本と聞いて、ちょっとテンション上がっちゃいました。(単純)

ハチミツかぁ。既視感…(^^;)
見所は、もしかしてジャンプして移動するところ?(違うだろ)
無理して移動しなくてもいいのにね。(予算がいっぱいあった?)
マナブのタケノコ掘りは、近場でも超おもしろかったよ~。

で、朝はヨーグルト(あんなこじゃれた名前、覚えきれません)で、昼食はスイカって~。
熊本にもおいしい食べ物いっぱいあるのに。もっといっぱい食べさせてあげて~。
あんな粗食じゃ、またやせちゃう(笑)

スイカはつるを切っただけだったね(^^;)
夕食に備えて、体力を温存していたのか。
スイカ割りは、楽しそうだったけど…。
とにかく時間に追われて、弾丸感は伝わったけど…。

そして、お次は長﨑!と、またまたちょっとだけテンション上がる。
(でも、どこも私には馴染みのない土地ばっかりだったな…)
ギャラリー、すごかったね。

夕食はクロダイということで、小窓のあのお方が若干引き込まれているご様子。
クロダイが映った途端、あ~っという感じで静かにテンション上がってます。
思わぬトラブルでは心配そうな表情だったり、「いた?」とか「クロダイ?」とかつぶやいていたり、
残り10分で、スタッフさんの「相葉ちゃん、お願いします」では、
なぜか小窓の智がうなずいていたりとしっかり入り込んでいるご様子。

あ~、大野くんも来たらよかったのに~。ウェットスーツで海に潜る智。見たかった…。

VTRあけの相葉ちゃん、着地のタイミング合ってたけどね。
でも、そこで「間違っちゃった」で、自らぐだぐだにしてしまうのが相葉ちゃん(^^;)

企画としてはうーんって感じだったけど、相葉ちゃんが楽しそうだったし、
小窓の大野くんも爆裂にかわいかったので、よしとしますか(何様?)


次は、ニノのコント。
ちゃんとコントしてるところは見たことがないから、一応あたらしいのかな…。
でも、うざい二宮って、あたらしい?私、たまに思うもん(ごめんよ~、ニノ)

合コンネタは、私的にはいまひとつだった。
でも、大野くんが楽しそうだったから、まいっか~。
一番うけてたのは、大久保さんのくだりだった?

「小舟を編む」私、こういうの好きなんだよなぁ。合コンやめにして、これを延々やって欲しかった。

まず、「ニノ、これ?」 「うん」 「えーっ」
の何気ないやりとりが普通過ぎて、好き。(私も最初、ニノだってわからなかった)

それにしても、春菜おっさんのキャラが強過ぎる。
大野くんも爆笑してるし。

はるかさんとニノのちょっと不気味な雰囲気、
ひねくれたものの見方も鋭いとこついていて、こういうの大好き。
でも、あっという間に終わっちゃったね。
他にもコントあったよね。まさかのカット?みんなの感想は聞かないの?と思ったら、
次回もやるの?
そこをちゃんと説明してもらわないと!(何のための伊藤アナ?)
あんだけ頑張ってカットかよ~と憤慨してたんだから。

松潤のは、パーフェクト感の煽りがちょっとね…。
私の松潤に対するイメージは、不器用だけどとっても真面目。
悩み苦悩しながらも、ついつい熱くなってしまう男という感じなので。
やたら何でも出来る人みたいに言われると、ちょっと違和感。
(本人もどうなんだろう…。逆に燃えちゃう感じなのかな)

私、勘違いしてたけど、稽古日数が一日なのね。そりゃぁ、一日じゃ覚えられないよね。
それにしても 「バラエティ番組でやるレベルじゃない」
「確かに」 大野くんの表情もガラッと変わってるし。

でも、水着美女に囲まれて、リフティングは「何、これ?」だったね。
確かにおもしろかったけど、この企画の趣旨と「急に深夜番組」な感じがちぐはぐしていて、
何をしたいのか、いまいちわからなかった。
大野くん、水着美女を見て、開いた口がふさがらない状態だったけどね(〃▽〃)

でも、稽古する松潤を見ている大野くんは、また真剣な表情に変わってた。
舞台とかいっぱい経験してるから、たいへんさが身に染みてわかるんだろうなぁ。
人ごとじゃない感じ?

場内アナウンスの途中で「えっ」「マジか」と気づく智。
私、全然わかんなかったです。(『七つの会議』絶賛放送中~)
櫻井くんも名前を聞いて、驚いてたね。
やっぱり東山先輩にはいっぱいかわいがってもらってるから、声ですぐわかっちゃうのかな。
「マジ、これ、すごいね」笑うしかない智。

とにかく松潤の熱演もさることながら、ついつい小窓の大野くんに目がいってしまう。
だって、ものすごく真剣な男前な顔してるんだもん(〃▽〃)

しかし、ナレーションがちょっとうるさかったかな。
最後も、観ている側の緊張感が途切れちゃう感じだった…。

VTRあけて、ちょっと照れくさそうな松潤が印象的だった。

伊藤アナに質問されて、「東山さん、出て来たじゃん」って、そこなの?って(笑)。
ていうか、部長だったんだね…。最後の最後に気が付いた(^^;)

松潤の企画は賛否両論あるみたいで、実は私も多少の違和感はあった。
でもね、見ている4人の表情は本当に真剣だったし、
松潤も短期間の間にほんとに頑張ったと思うし、よかったんじゃないかな~。(だから、何様?)


ま、欲を言えば、「あたらし」感をもっと感じたかったな…とは思うけどね。全体的に。
私が勝手に期待し過ぎちゃったのかなぁ~。
企画をシャッフルしたら、もっと意外な面とかが見れて、もっと楽しかっただろうにね。

*『あたらしあらし』めざまし*

『めざまし』でも『あたらしあらし』の会見の様子が少し流れましたね。
(ちなみに『スーパーニュース』の模様は、前の記事で紹介しています。
ところで、昨日も会見の様子が少し流れてたのね。私が録画し始めた時は、
すでに5時まわってたからなぁ~)

まずはやっぱり、つなぎの大野くんに釘付け。そして、山の距離感に萌え萌え。
秘書櫻井、見参!って感じですかねぇ。(去年の『24時間TV』の会見を思い出すわ)

さて、昨日、『スーパーニュース』で観て、気になっていた映像。わかりました!

最初、看板?には「あ らしあらし」ってしか、書いてなかったんですね。
そしたら、会場の片隅に用意された長机で、フラッシュを浴びながらもちんまりと淡々と
習字で「た」をしたためる智、発見。
ていうか、、片隅過ぎて、最初気が付かなかったし…(^^;)
おいおい、もっと目立つところでお願い!でも、大野くんとしては、この方が落ち着く?
カメラさんもそこは是非寄って下さ~い。

で、「た」を無事貼り終えた後、いそいそとステージに上がり、
何の前置きも無しに響き渡る智の「た」
字の達筆さ潔さとは裏腹に、このぬるっと入ってくる「た」のギャップ!
ちょっと自然体過ぎやしませんか…。

思わず立ち上がる4人(相葉ちゃんは、ちょっと遅れて立ってたんだね)
ニノが珍しくつっこまずに爆笑。
「全部、言って下さい」
「全部、行こう」
ここ、イヤホンで聴いてみたら、
「俺、書いた『た』だから」って、言ってる?一応、弁解がましいこと、言ってる?

で、またぬるっと出た。「あたらしあらし」

それにしても、「た」の達筆ぶりに見とれていたならば、「た」の一言で爆笑の渦に巻き込む智。
感動と笑いを同時にお届けする智。1人で、完全に持ってっちゃってます。
やっぱ、最強だな、この男は。


そして、生野さんのインタビュー。

ニノの衣装、何度見ても衝撃的(〃▽〃)
そりゃぁ、見入っちゃうわな。へらへらしちゃうわな。

ニノがよくつまずくっていう話題で、まさかの「O型ですか?」 どんな基準だよ。
「A型」の後の、にのあいのシンクロっぷりがかわいい。表情まで一緒だし。
思わずリピートしちゃったよ。

「まだ出てない僕らの魅力ですか」 隣でガン見する秘書櫻井。視線で同意を求める智。さすが山。
すぐ受け止める櫻井。「なるほど」
「自分で言うのも何ですけどね」 さすが秘書櫻井。フォローを忘れない。
「まだまだあると思うんですよ」 またまた隣で智をガン見する秘書櫻井。
「そこを絞り出して」 で、また櫻井くんにちらっと視線を送る智。
それが画面に伝わったら、僕はもう幸せです」 私もですっ!!
「絞り出せそうですか」 もうっ、智専属のMC化しとるやん。
「いやぁ、どうでしょう」 いやん、カメラ目線だし(*^^*) ドキドキするわ~。

音無しで流れる映像も、いちいち楽しそうやないかい。
編集せずに全部流してくれ~。