FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ POPコン
CATEGORY ≫ POPコン

*POPコンレポ その4*

POPコンレポなんてできない、記憶がない…とか言っておきながら、
掘り起こせばいろいろ出て来て、気がつけばその4(^^;)

もしかして常連さんは気づいてたかしら。
そんなこと言いながら、yonkoさん、また長々と書いちゃうんじゃないの~って。
そんなあなた大正解!私より私のことわかってらっしゃる!
だって、コン直後は、今度のレポばかりは「その1」で終わりそう…って、本気で思ってたんだから。
私の脳みそもまだまだ使えるわ(笑)

さて、気球に乗って嵐くん登場。大野くんが最後。
チャンスよ、チャンス!スタンド席、断然有利!
ここでファンサもらわずして、どうする!

気球はけっこうゆっくり進んでて、途中止まったりするもんだから、なかなか智が来ない~。
そして、やっと来たよ来た!
私達の周りにも何人か大野くんのうちわ持っていた人がいたから、
きっとこっちにも注目してくれるはず!

そしたら、こっちを指さして釣ったよ、釣った!!!
あのリール回す仕草やってくれたよ!やった~!!!
…ていうか、えっ誰を釣ったの(ーー;)?
私達のうちわには「キメて智」って書いてあるよね。明らかに私達じゃないよね。
いいのよ、いいの。そんなことはどうでもいいの~!!
こっちを向いてくれただけでもいいのよ。大勘違いでもいいの~。
確かにこっち見てたもん。
この辺り一帯、みんな歓声あげてたし。
いいのよ、みんなで幸せになっちゃえば~!

帰ってから、次女に話したら、「お母さん、釣ってって書けばよかったね」って。
それは言わないで…。私だって、思ってたんだから~。

あれっ、歌の感想は…。すまん、全く記憶にない(^^;)

Luckey Man
伸び伸びボイスが気持ちよさそうだったよ。

We wanna funk,we need a funk
スクリーンに映し出される松潤。うん?疲れてる?ポップコーンのかぶり物取って何するの?
と思ったら、そうだった、生着替えだよ!
智は一生やらないんだろうな…いじいじ。でも、そんな智が好きなんだけどさ(〃▽〃)

しかし、やっぱり松潤はいろんなことをやりたくてしょうがないんだろうね。
見せたくってしょうがないんだろうね。そういうのビシバシ感じちゃうわよ。

それはやっぱり君でした
ピアノの弾き語り、シンプルなセット。世界観がいいよね。
生歌感がハンパ無い。
音程のずれも雰囲気と気迫で押し切るニノ。
でもね、あれだけの表現力を持っているんだから、やっぱり音程のずれはもったいない…
と思ったよ、ニノ。ごめんね~。

ウォタースクリーンの演出が素晴らしい。スクリーンに映し出される顔すら超絶男前な智。

(しかし、他の方のレポを読むと、このスクリーン演出のために設置された鉄骨のお陰で、
客席によっては、せっかくの嵐くんが見えないという状況もあったらしく…。
たくさんの方に見てもらうためにできる限り客席の数を増やしたいという気持ちも
あるんだろうけど、なかなか難しいですね。
場所によっては、ニノソロが全く見えないという所もあったらしいですし…。
その点、私は全体が見渡せるいい席でした。)

さて、最初に大野くんがメインステージ横1塁側のミニステージに現れるとはつゆ知らず…。
あれ、誰か踊ってる?もしかしてもしかして、大野くーん!!状態。しかも、遠いよ~。
ここ、予習不足なり~。

その後、移動し、5人並び。ここでまた智探し。
端から順番に確認。どうも動きから左から二番目が大野くん?
双眼鏡で確認すると、やっぱり大野くん。
やっぱりメインステージだと、遠いよ、わかりづらいよ~。

何となく格好いいのはわかった。すごいんだろうな~っていうのはわかった。

DVDで確認しよう~っと。
なるべく早く出してね~。

*POPコンレポ その3+追記*

そうそう、コンサートに行った後、嬉しいことがあった!
家に帰り着いてお風呂に入る前、体重計に乗ったら1キロ減ってた!
いやぁ、この日はあんまり食べなかったからね~。いっぱい歩いたからね~。
私緊張すると、食べれないのよ。お腹の調子も悪くなっちゃうし(^^;)
あっでも、体重は徐々に戻りつつあります。食欲も翌日には元通りだしね~。
あら、すみません…、どうでもいい情報でしたね(^^;)

そう言えば、MCでは大野くんの振り付けについては話さなかったね。
もう他の会場でさんざん話しちゃったからかな?
私はコンサートの翌日にパンフレットに目を通したんだけど、
読んでから観てみるのもよかったかなぁ~って。

松潤が大野智と打合せするのが楽しかった…って。
松潤主導でコンサートって作ってるっていう印象が強かったけど、
ちょっとちょっと松潤ソロ長いよ~って思うこともあったけど(^^;)、
やっぱりみんなで作り上げたいっていう気持ちは大きいんだろうね。
自分でいろいろ考えるのは楽しい分、きっとプレッシャーも大きいと思う…。
きっと他の4人は、松潤がやりたいなら…っていう感じで任せてる部分が大きいのかなって、
これはあくまで私の想像だけど。

振り付け師、大野智。もっともっと見せて欲しいね。
ついでにソロコンもやっちゃうとか。何だか一生言ってそうな気がするなぁ。
おばちゃんが元気な内にやっとくれ~。

では、コンの感想の続き。

ついておいで
これも大野くんの振り付け。
細かいこと何も覚えてないけど、好きだなぁって思ったのは覚えてる。
「ネクタイぎゅっと締め直して」の振りが好きだ…っていうのをブロガーさんのレポで
読んた覚えがあって、私も好きだなぁって思ったよ。
やっぱりさ、細かいよね。
5人で踊るから細かさ控えめにしてるとは思うんだけど、やっぱり独特の細かさ、動きがあると思う。

君がいるから
途中で智がはけた!あ~、来るよ、来るよ。
大野くんのソロパート、ニノが歌ってたね。
大野くんに歌わせてくれ~。順番どうにかしてくれ~。

two
とうとう来たよ。これまたあんまり覚えてないの。
センターだったから、双眼鏡で見たり、肉眼で見たり。
一生懸命見なきゃ聴かなきゃと思って、神経集中してたんだけど、あっという間だった。

1番は踊らない…とレポで読んでたけど、双眼鏡で見てたら、いやいや足が細かい動きしてたよ。
振りとまではいかないかもしれないけど、足の動きに釘付けだった。
間奏はね、あ~智のダンスだ…って。
2番は踊ってたね。確かに踊ってた。
大野くんの独特の振り付けだった。でも、細かいこと何も覚えてないんだよ。
ジュニアを引き連れて歌って踊る大野くんは堂々としていて、頼もしかった。

そして、「震えるほど~~~」伸びてたね。抜群の安定感。
生で聴いちゃったよ。あっという間だったよ。そして、いなくなっちゃった。
もう終わりかよ~って。
あ~早く、DVD出してくれ~。

そしたら、スクリーンにはかわいいアニメの映像
いやぁ、それぞれのキャラも声もかわいくて、想像以上の出来にびっくり。
あっごめん、あんまり期待してなかった…(^^;)
これで一本アニメ作っちゃう?
アラサーとは思えないかわいさだったよ。みんな声優できるよ。
(あっそう言えば、『しやがれ』の感想書いてない。そんな余裕なかったわ…)
本物の智がだめならポップコーン智でいいから、持ち帰らせて~。

1塁側のスタンドからきゃ~という歓声が上がる。
気球に乗って1塁側から、嵐くん達がゾクゾク登場。ニノが先頭で、大野くんが最後。
来るよ、来るよ、とうとう来るよ!

さて気球に乗った智から、ファンサはもらえたのか!?
続く…。(ここでか~(笑)

*追記*
肝心のtwoなんですが、一つだけ残念なことが…。

voice34voice35にも書いたんだけど、
止まることはできない いつからだろうかのフレーズが私は好きで、特に「なああい」がね。

でも、ここは「いつからだろうか」が食い気味に入ってくるから、
どっちかがCD音源で、どっちかが生になるんだろうな…って思ってたの。
そしたら、まさかの「止まることはできない」が加工された音になってるとは!
あ~、もう何でそんな余計なことするよのよ~って、思っちゃったわ。
残念でならない…。

で、もう一つ思い出した。
So don't ever go, ever go,ever go,go awayの振り付けが好きだ…って思ったこと。
どんな振りだったかは覚えてないけどね(^^;)
いろいろ中途半端ですみませーん。

*POPコンレポ その2*

昨日の福岡、超絶寒かったみたいですね…。吹雪いたとか~!
福岡に行かれた方、大丈夫でしたか?体調崩さないにようにして下さいね。

とか言ってる私も実は…のどがイガイガ。
コンが終わってほっとした隙にウィルスが忍び込んできたんでしょうか。
ということで、昨日は風邪薬飲んで、10時に就寝。
まだのどはイガイガするけど、後はいたって快調な私です(^^)

さて、やっと本編の感想!

Up to you
せっかくの大野くんの振り付けなのに、具体的なこと何も覚えてない。何たる不覚…。
何となく大野くんっぽい…と思った瞬間があったような気もするけど(^^;)
DVD観たら、思い出すかな~。

あ~、高音のフェイクはしっかり集中して聴いたよ。
伸びやかで、綺麗な声。全くぶれがない安定した歌声に安心した。
でも、一瞬だったな。あっという間だったな。
家で聴く時みたいに、リピート!というわけにはいかない貴重な瞬間。

Welcome to our party
「はにかみ ほらあなたに会えた」のスクリーンの大野くん、ガッツリ見た。
やっと会えたよ!智~~!

Troublemaker
バックステージにやってきた!
表情まではわからないけど、肉眼で見える距離だよ。
ひたすら大野くんをガン見!

途中で大野くんがはける。そしたら、上着脱いで、フロートに乗る準備してたのね。
掛け声、あんまり覚えてない(^^;) ていうか、最初大野くんがどこにいるかわからず、探してた。
大丈夫か、私…。
ポップコーン祭りだい!って言ってたような気がするんだけど…。

大宮がフロートに乗って、まわってきた。しかし、あんまり覚えてないんだよな~。
一生懸命ペンライト振ってアピールしたような気がするけど。
その後、フロートを降りて、メインステージへ。

迷宮ラブソング
ええ~っ、踊らないのかよ…と思ったら、2番は?踊ってたね、メインステージで。
ひざまずく嵐!遠くてよく確認できなかったけど(^^;)
ということは、この時点ではまだ双眼鏡使いこなせてなかったんだな~。

cosmos
この振り付け、大好き。バレエっぽい、ジャズダンスっぽい要素あり?
優雅で綺麗な中に壮大な感じもあった…と思う、たぶんね(^^;)
ターンがものすごく綺麗で、大野くんの神経の行き届いた繊細な振り付けだったと思う。


風の向こうへ
あ~歌ってたなあ…っていう記憶くらいしかない。すみません…。

楽園
楽しいね。かわいいね。相葉ちゃんってやっぱり相葉ちゃんなんだよ(意味不明…)
欲を言えば、衣装にもっとアイドル感、キラキラ感が欲しかっなたぁ。

Fly on Friday
みんなで盛り上がれる曲。
櫻井くんが楽しそうでさ、思わず口ずさみたくなるね。
ムービングステージってあんなに揺れるんだ…って、そこにびっくりした(^^;)

スーパーフレッシュ
これも大野くんの振り付け。
cosmosとはまた違った感じで、おもしろい振り付けだったよね。
よく覚えてないけど…(やっぱり?)
ジュニアも込みのフォーメーションとかもよかったと思う(たぶんね)

予習では、a Dayで一番近いタワーに大野くんが乗るはず…と期待して見てた。
実際はどうだったっけ?きっと大丈夫で乗ったのかな~?
あ~、やっぱりよく覚えてないな…。
ひたすらガン見していた気がする。
『大丈夫』のソロの音程、珍しくはずしてなかった?
音量も小さかったようなが気がするんだけど、この記憶もおぼろげ…。
(誰か覚えてる方、ヘルプ!)

駆け抜けろ
あ~、これも確か踊ってたよね。メインステージだったのかな。
何か格好いい振り付けだったような気がするんだけど、覚えてないよ~。 

で、あっという間にMC。えっもうMCなの?って感じで、ここまであっという間。

これがまた覚えてないんだよな~。
相葉ちゃんの「伝説のレジェンド」の印象が強すぎて(^^;)。
後、何しゃべったっけ? 
そうそう、『Troublemaker』で相葉ちゃんが立ち位置間違ったって。
私、大野くんしか見てなかったから、気がつかなかった。

それから、NHKの番組の話して。
大宮はまだ収録してないため、必然的に2-3に分かれちゃう。
端っこで二人で何か話してる大宮。松潤が真面目に話してるのに、全然聞いてなかっただろー。
(…て、かく言う私も大宮にロックオンし過ぎて、あんまり聞いてなかった(^^;)
その後、大野くんも感想聞かれて。
ボキャブラリーが少ないのはいつものことで、だからこそ笑えちゃうのもこの人の特権。

ずっと3塁側歩きながら、メインステージに移動。ひたすら目で追う。

交代でお着替え。
4人は来年に向けて個人のお仕事でお知らせがあるのに、智だけないってどういうことよ!
いやいや、きっと何かどでかい仕事が待っているに違いない。
ドラマか?映画か?舞台か?ソロコンか!(うんなわけないか…)
大野くんの来年のゆる~い目標。それでこそ智!

何とか記憶を掘り起こしてみました。
まだまだ続く~(^^)

*POPコンレポ その1+追記*

今朝、起きたら、腕と太ももが筋肉痛でした。日頃の運動不足が~。

さぁ~、急げ、急げ。どんどん脳みそから記憶がこぼれ落ちていくよ。
たいして記憶してないのに~。

このノート。セットリストと大野くんがどの辺りに来るかを記載した紙を貼って、
少しでも余裕があったら、メモろうと思って持っていたんだけど、結局一文字もメモせず。
そんな余裕あるわけなかった……。

              2012_1210pop0001_convert_20121209154517.jpg

何だかね、会場にいてもいまいち現実感がなくて、どこかテレビ見てるみたいで、
夢の中みたいで、生身の嵐くんなのに信じられないような…不思議な感覚。
遠かったから…っていうのもあるんだろうけどね。

でもね、今朝、やっぱりあれは生の嵐くんだったんだ…と認識した瞬間があった。

朝ご飯を食べながら、昨夜の『しやがれ』を観たんだけど、テレビ画面の嵐くんを目にした途端、
あ~!!テレビの中に嵐くんがいる!やっぱり昨日見たのは、生身の嵐くんだったんだ…と
なぜかその時に実感した。

何が違うのかな?四角に切り取られた画面のせい?あまりにもはっきりくっきりしているから?
そうか、いつも見ているテレビの嵐くんは、見やすく編集されている嵐くん。

昨日の嵐くん達は、近くに来れば肉眼で表情も確認できるけど、遠くにいると、双眼鏡無しでは
確認できない。どこか靄がかかったように、ぼんやりしていて。
目をこらして、必死に見続けた3時間。
一つ一つの表情や動きを追うのに必死で、もちろん巻き戻しや一時停止、コマ送りなんてできない。
一瞬一瞬が貴重で、どんどん過ぎ去っていく。

生だからこそ、テレビみたいに詳細に見えないことをもどかしく感じたり、
一瞬一瞬を切実に感じたりするんだね。生だからこそ遠い。生だからこそ貴重。
それが生の醍醐味なんだよね。

あ~、そういうことなんだなぁって、何となくわかったような気がする…って、
おいおいレポはどうした~!

座席は、3塁側 16通路から少し降りたところ。

思ったよ…。これでうちわ認識できるのか?シュシュなんて絶対認識できないだろ~。
ま、こんなのは自己満足だからいいんだけどさ(^^;)

始まる前、耳を澄ますと「あらし」コールが聞こえる。私達も大きな声で言いたかったけど、
なかなか勇気が出ず。思ったほど、盛り上がらなかったね~。こんなもんなんでしょうか(^^;)

アリーナの方できゃ~という声が上がる。
たぶん、円陣の掛け声が聞こえたのかな?

照明が落ちる。ふと周りを見渡すと、ペンライトの海。これがものすごく綺麗でね。
ここで泣きそうになる…。
みんなの思いがここに詰まってる。そんな景色を嵐くん達も見てるんだよ。

スクリーンに映像が流れる。どんな映像だったか、全く記憶に無し。
こんな調子で序盤はほとんど具体的な記憶がない…。

それにね、私って元々一度に2つのことができない人なんだけど、今回も痛感した。

ダンスに集中すると、声が聴けない。声に集中すると、動きが見れない。
ガン見し過ぎると、ペンライト振る余裕がない。

双眼鏡は、最初うまく使いこなせず。上手に大野くんを見つけることができず、悪戦苦闘。
だから、最初の方は遠くても頑張って肉眼で見たり、スクリーンを見たり。
でも、だんだん要領をつかんできて、双眼鏡も使いこなせるようになってきた。
だけど、肉眼が双眼鏡が超絶迷うんだよね。スクリーンもあるし。

そんな感じで、初参戦は、どうしようどうしよう…、あれも見たいこれも聴きたい。
ここは肉眼?ここは双眼鏡?智はどこ?とあたふたしてたような気がします。

あらあら、すみません。
コンレポのはずが本編にたどり着けなかった。続きはまた後で!


*追記*
他の方のレポを読んでいて、思い出した!
オープニングの映像って、お菓子工場のやつね!

そうそう、大野くんが男前だったよね、確か…。
他のメンバーはけっこう笑えたよね、確か…。

ははは、やっぱりあんまり覚えてないかも~(^^;)

*タイムスケジュール*

POPコン当日のタイムスケジュール。
私の覚え書きのため(今度行く時の参考にね。来年も行く気満々!)、おもしろいことなど
何も書いてません(^^;)

朝、6時前に起床。
子供を送っていったり、洗濯や身支度などしていたら、あっという間に9時近くに。

途中でガソリンを入れるため、予定を早めて9時前に家を出る。
11時前に熊本駅、新幹線口に到着。しかし、駐車場が満車!
他の駐車場に行ってみるも、また満車!
でも、しばらく待っていたら一台出て行ったので、無事止められました。
あ~ひやひやしたよ。

夏休みの時も受験の時も、駐車場けっこう空いてたのにね。
早めに家を出ていて、よかったよ。
年末だから?福岡では嵐だけでなく、ゆずのコンサートもあったらしいしね。

待ち合わせしていたお智達と合流し、ファミマで昼ご飯調達して、新幹線に乗り込む。
12時6分発、博多駅12時55分着。

ビックリツバメには1500円分の商品券がついているので、それでママ友へのお土産を購入。
コインロッカーを探すも、1階も地下もいっぱい。
お智達が2階にもあるというので、行ってみると空いてた!

もう一人のお智達と合流するはずが、出てくる改札口を間違え右往左往。
その後、何とか無事合流。

お智達が泊まるホテルへ荷物をあずけに。

また駅へ引き返し、カフェでお茶。
どこも並んでますが、並んでいる時間もおしゃべりしているとあっという間。
席にすわり、食べたりしゃべったりしていたら、あっという間に3時半。

トイレを済ませて、地下鉄でドームへ向かう。人でいっぱい。
唐人町駅に着き、そこで帰りの切符を買っておく。駅を出たのが4時10分。

ドームへ歩いて向かう。風が冷たい。時間は確認してないけど、15分くらいで着いたのかな。
しゃべりながらだから、歩くのも全然苦にならない。

ところどころ「チケット譲って下さい」のボードを持って立っている若い女の子を数人みかける。
すごいよね…。

ドーム内へは、特に並ばずにすんなり入れる。4番ゲート。
着いたのは4時半くらいかな(確認してないけど)

まずは座席を確認。16番通路から入り、36列。
思っていたよりも広さを感じない。DVDで観た時の方が広く感じる。
座席からの眺めは、思っていたよりも近いような遠いような。
メインステージはやっぱり遠い。バックステージは横から見るような感じ。

トイレに行っておく。長蛇の列だけど、たぶん並んだのは15~20分くらいかな。
後は席で待機。
他のお智達とも会って、頼んでいたグッズを受け取ったり、お話ししたり。

そうこうしている間にだんだん時間が近づいてきたので、シュシュを手首にはめ、
双眼鏡とペンライトを首から下げて、上着を脱ぎ、うちわを持ってスタンバイ。

照明が落ち、スタート。時間確認してないけど、予定通り?

終わったら、車いす席とスタンド席はそのまま退場。
とにかく人が多いので、はぐれないように歩く。
ドームの外に出て、時計を確認したら8時59分だった。えっまだ9時になってない…。

唐人町駅まで歩き、地下鉄もそんなに待たずに乗れました。
博多駅に着いたのは、9時40分くらい?これも確認してないけど。
思ったより早く着いたので、新幹線の予約の時間を2本早めてもらうつもりが満席。
1本だけ早めてもらう。

コインロッカーに荷物を取りに行く。
マクドナルドで腹ごしらえ。この頃が疲労のピーク。足が痛い。
おしゃべりに夢中になり、結局乗ったのは最終だった…というのは笑い話。

11時8分発 熊本駅11時57分着

車で帰り、家に着いたのが1時40分頃。

すぐお風呂に入り、ほっと一息。
その後、パソコンの前にすわり、セットリストを参考に覚えていることを箇条書きで打ち込む。
ブログも更新。
4時近くになり、睡魔に襲われ就寝。

長い一日だった~。