be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 嵐songs
CATEGORY ≫ 嵐songs
       次ページ ≫

*待ってました!智voice*

来たよ!来たー!智voice!こんなの待ってました!
久々だよ。聴いた瞬間、こんなに心揺さぶられたのは!
待った甲斐があったよーー(涙)

初回盤は夕方に届く予定だったので、実は午前中に通常盤をレンタルしてきた。
(初回盤しか買わずにごめん(^^;)

そしたら、やっぱりカップリングがいいわ~。(最近、毎度この感想のような(^^;)
正直、今回の『Find The Answer』もさほどはまれず…。「おーおー」は大好きだけど。
『白が舞う』の冒頭のソロも好きだけど、想定外とまではいかず…。

でも、『Circle』も『Bounce Beat』 も好みで、あ~シングルでもこんな曲聴いてみたいな…と。

そして、夕方に初回盤到着。
とりあえず先にメイキング見る(^^)

大野くんの目標「よく寝る」のはにかんだ笑顔に撃沈(*^^*)
久々のニノカメラ発動。リーダーとの距離感!
振り確認する智がMVの100倍色っぽい(〃▽〃)
5人でまったりおしゃべり(こういうの、待ってました!)
翔さんの「あなた」呼び。肩つかんでるし!(「さとしくん」呼びもお願い!)
にのあいの愛、それを優しく見守るメンバーになぜか涙する。
(私の場合、普通な何気ない感じがツボらしい)
そして、大宮のいちゃいちゃ。
(いやいや、それってカップルがやるやつ。こんなに似合う30代男性って(*^^*)
MVはともかく(おいおい)、メイキングはめっちゃ楽しかった~。

そして、『街角の恋人たち』
正直、タイトルからして期待してなかった。(昭和か!)

しかし、裏切られた。とんでもないもの聴かされた…。

しょっぱなの大野さんの歌声にいきなり心わしづかみにされ、
智voiceが聴こえる度に、想定外の更にその上を超えてきて、衝撃走る。

何これ?
こんなに一つの曲の中で、声の色が変わることってあるんだ。
それぞれのフレーズで、全然違う印象を受ける。
とんでもないものを聴いてしまった。
(お陰で『Circle』と『Bounce Beat』の印象がぶっ飛ぶ(^^;)

とりあえず、今は興奮だけお届けしたくて。
できれば、明日にでも詳しい感想はアップしたいと思っているけれど、
うまくまとめられるかな(^^;)
スポンサーサイト

*思考停止させる智voice*

前にも書いたことあるけど、智voiceは時に思考を停止させる。
考え事をしながら聴いていると、突然ある声に心もってかれて、ついついその声に思いを巡らし、
あっそういえば、私何考えてったけ?なんていうこともしばしば。

そんな声をDoors&カップリングからご紹介。
(と言うと聞こえはいいが、要は全部の智voiceについて書く時間がないから(^^;)

『Doors』
指でたどったら

意志を表すかのようなちょい強めの歌声の中に、ふと紛れ込む「たら」に心もってかれる。
ふわっと光が射し込むように明るくなる感じ。
しかも、「ら」なのが響き的にもいいんだと思う。なんとなく(笑)

『Winter days』
あぁ会えない時間さえ恋と呼べるけれ

ウキウキデート感からの男前の「あぁ」の落差に心もってかれる。
会えない寂しさがこの「あぁ」に凝縮されているような。
この「あぁ」だけで、この曲が大好きになった(ゲンキン)
そして、最後の高音の「ど」でふわっと抜けていく感じがたまらない。

『Perfect Night』
飲み干したグラスの温度

ひんやりとした世界にふわっと体温を感じるような歌声。
グラスにズームして、映像が突如クリアになる感じ。いや、浮かび上がる感じかな。
なんともいえない不思議な響きに心もってかれ、もっと聴きたいと思った瞬間、
通り過ぎてしまう儚さ。
ほんとにこの歌声には度肝抜かれた。ここだけ異空間みたい。

移ろう日々を洗い流してい 優しい雨 包み込むよう

ここは語尾萌え連発。ビブラートが心地いい。
特に最後の「にぃ~」がたまらん。
「ni」の子音「n」が抜けて、残された母音「I」だけが揺らいでる感じが好きすぎる。

あぁははぁふぅ~

文字にするとなんか変(笑)
高音のひっそりとした優し気な歌声がたまらなく愛おしい。

『BORDER』
思考停止とまではいかないけど、好きなのが

夜空見上げれば 数千億の嘆きあふれて

なんと山voiceです。
この二人でこんな響き方するんだ…と、果てしなく広がる感じがたまらない。
ライブで歌ってくれないかな。響き渡る二人の歌声聴いてみたいです。

*NOW or NEVER やった!*

『夜の影』の感想は書きかけのまま…。
早く仕上げないと!と思ってたら、そうだ、『Doors』発売だった。
昨日届いて、あわてて開封。

『Doors』はともかく(おいおい)、『NOW or NEVER』のMV&メイキングが良い!
踊ってるよ。カッコいいよ。楽しそうだよ。わちゃわちゃしてるよ。大宮いちゃいちゃしてるよ。
松潤との手の比べっこもあるよ。(もちろん一時停止)
じゃんけんで山が前後とか、あはっ。
振りでも山が腕組んでるし、あははあはは、笑いが止まらーん。

本編はもちろん、リハの映像がたまらん。
センターで前に出てくる智のやる気のなさそうな顔。(やっぱり眠いんか)
しかし、ウェーブがめっちゃ滑らかできれいだし。(ギャップ!)
そして、右サイドから素早くセンターに移動する時の手の振りがこれまた綺麗で。
何!あの滑らかな手の動き。
そして、センターでは右手をくねらせる動きがツボ。
しかーし、なぜか本番ではくねらせていない。よかった、メイキングがあって。

それにしても、ビジュアルがもんのすごくいい(*^^*)
しかも、サスペンダーとか、リハでは一人腕まくりとか、見所満載やないかい。
あ~、楽しか~。

カップリングも全部いいんだよなぁ。
いつもだと、この曲はあんまり好みじゃないなぁっていうのがあるんだけど(^^;)
ずっと聴いてたいわ。仕事行きたくなくなるわ。

じっくり聴き込んで感想書ければいいけど、『untitled』もまだだからなぁ。
できるだけ頑張ります(^^;)

*『この手のひらに』*

またまた出てきてしまった。
午前中にvoice記事をアップしたばかりなのに(^^;)

最近、嵐曲をシャッフルして聴いてるって前に書いたけど、
また発見…というか、素敵な曲だな…と思いながらすっかり忘れていた曲をみっけ。

『この手のひらに』(『青キミ』のカップリング)
以前、感想をちらっとだけ書いてたんだ。(すっかり忘れてた(^^;)

特にサビ部分が切なくて、あったかくて、胸の奥がぎゅーっとなって、思いっきり泣きたくなる。
大野くんの歌声はもちろん、5人それぞれの歌声やユニゾンもたまらなくいい。
全体的にすごくまとまってるというか、私的にとても耳馴染みがよく、心地よい。
曲調も伴奏もめっちゃ私好み。(それなのに、なんで忘れてた)

そこで、あらためて歌詞を見てみたら、尚更好き!ってなる。
過ぎ去っていくもの、取り返しのつかないもの、でも、確実に残っていくもの。
抽象的なようで、でもそこには二人の切なすぎるエピソードが読み取れて、
光景が目に浮かぶよう。

使っている言葉はシンプルなんだけど、一つ一つの言葉のチョイスがとても丁寧に感じられて、
想いがビシバシ伝わってくる。

「手のひら」が含む意味も、手そのものであるのはもちろん、心の在りようそのもので。
それは覚悟だったり、夢だったり、儚さだったり、あふれる想いだったりと
こんな風にいろんな形で訴えかけてくるものなんだなと。
「指」という言葉も誓いともろさの両方を表現していて、切ない。

あ~、でもCDでしか聴けないんだよな…。寂しいけど。
それぞれの声の重なり合いもとっても素敵なのに!

カップリングにもいい曲いっぱいあるし、どんどんライブでも歌ってほしいな~。
今度のツアーで言えば、『Under the radar』とかさ!

*『Round and round』*

たいへん遅くなりましたが(^^;)、『Round and round』の感想です。

アップテンポでノリが良くて、楽くて、
しかも、声の重なり合いがとっても印象的だから、しっかり聞き応えもある。
基本、智・潤と翔・雅・和という組み合わせが妙にしっくり来る。

「当たり障りのない言葉…」
智&潤のハモリがめっちゃ聞き応えある。しかも、序盤からぐいぐい来る!

「笑顔ばっかまいてる」
リズムも好きなんだけど、特に「ばっかば」の音。
「ばっか」で跳ねて、「ばら」になだれ込む感じも。

「でたらめだってさ」
松潤の下ハモがめっちゃ効いてるから、大野くんの高音が際立つ。

「時はまわる」
シンプルな伴奏と歌詞、大野くんの高音がぐっと締める感じで好き。

「最近妙にすれ違って 倦怠気味のYour eyes」
転調することで、ガラッと雰囲気が変わる。
しかも、語尾萌え連発!特に「すれ違ってた」の「た」がツボ。
男くさくて、ゾクゾクする。

「想定外のトラブルがつきまとうなら」
陰から陽へ、ぱっと開ける感じが好き。

「からまわっ 自分でOK 不器用なI LOVE YOU 何度もSAY TO YOU
ガラッと雰囲気変わる。大宮の高音語尾萌え。みぞみぞする。

で、一番好きなのが、「もっ愛さなきゃだね」
しかも、同じメロディーを3回も聞けるなんて!
大好物の「も」からぐっと低くなる「と」、
そして、また上がったかと思うと低くなる「を」の響き。
このプチジェットコースター感がたまらん。しかも、低音の安定感と安心感。
そして、最後は意思を示すように力強く。
「もっ自由二人のままで」
一方、「な」は光が射すような感じで、ふわっと明るくなるのが印象的。

なんかこのフレーズ、雰囲気が違う…と思ったら、
前後は金管がアクセントになって、いい感じに勢いづけてる感じなのに、
ここだけ金管無しで、伴奏もシンプル目になってる。
だから、緩急が感じられて、大野くんの声が際立つ。
大野くんの声もよく響いて聞きごたえがあって、思いっきり堪能できる。
だからかな、私はあんまり歌詞を意識して聞くことはないんだけど、
ここだけ妙に歌詞がすっと入ってくる。

この『Round…』と『Unknown』が好きすぎて、最初はこの2曲ばかりリピート。
でも、最近はちゃんと『I'll be』も『tresure』も聴いてますよ(^^)