be with you 3104

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 嵐songs
CATEGORY ≫ 嵐songs
       次ページ ≫

*『Round and round』*

たいへん遅くなりましたが(^^;)、『Round and round』の感想です。

アップテンポでノリが良くて、楽くて、
しかも、声の重なり合いがとっても印象的だから、しっかり聞き応えもある。
基本、智・潤と翔・雅・和という組み合わせが妙にしっくり来る。

「当たり障りのない言葉…」
智&潤のハモリがめっちゃ聞き応えある。しかも、序盤からぐいぐい来る!

「笑顔ばっかまいてる」
リズムも好きなんだけど、特に「ばっかば」の音。
「ばっか」で跳ねて、「ばら」になだれ込む感じも。

「でたらめだってさ」
松潤の下ハモがめっちゃ効いてるから、大野くんの高音が際立つ。

「時はまわる」
シンプルな伴奏と歌詞、大野くんの高音がぐっと締める感じで好き。

「最近妙にすれ違って 倦怠気味のYour eyes」
転調することで、ガラッと雰囲気が変わる。
しかも、語尾萌え連発!特に「すれ違ってた」の「た」がツボ。
男くさくて、ゾクゾクする。

「想定外のトラブルがつきまとうなら」
陰から陽へ、ぱっと開ける感じが好き。

「からまわっ 自分でOK 不器用なI LOVE YOU 何度もSAY TO YOU
ガラッと雰囲気変わる。大宮の高音語尾萌え。みぞみぞする。

で、一番好きなのが、「もっ愛さなきゃだね」
しかも、同じメロディーを3回も聞けるなんて!
大好物の「も」からぐっと低くなる「と」、
そして、また上がったかと思うと低くなる「を」の響き。
このプチジェットコースター感がたまらん。しかも、低音の安定感と安心感。
そして、最後は意思を示すように力強く。
「もっ自由二人のままで」
一方、「な」は光が射すような感じで、ふわっと明るくなるのが印象的。

なんかこのフレーズ、雰囲気が違う…と思ったら、
前後は金管がアクセントになって、いい感じに勢いづけてる感じなのに、
ここだけ金管無しで、伴奏もシンプル目になってる。
だから、緩急が感じられて、大野くんの声が際立つ。
大野くんの声もよく響いて聞きごたえがあって、思いっきり堪能できる。
だからかな、私はあんまり歌詞を意識して聞くことはないんだけど、
ここだけ妙に歌詞がすっと入ってくる。

この『Round…』と『Unknown』が好きすぎて、最初はこの2曲ばかりリピート。
でも、最近はちゃんと『I'll be』も『tresure』も聴いてますよ(^^)
スポンサーサイト

*有限+追記*

最近の私、「有限」が裏テーマで。
何事にも限りや限界がある。
あれも出来ない、これも出来なかったとネガティブにとらえるより、
ある程度割り切ってやらなきゃな…と思っているところ。

これは翔さんのラップに影響された部分も少なからずあって。
『二人の記念日』のラップ、大好きなんだよね。
これを聴くと、なんとしても翔さんに素敵な伴侶を~と願わずにはいられない(*^^*)
(もちろん他の4人もね)
って、それはさておき(^^;)、私のツボはここ!
「雪がやむことだけが決まってるなら」
これを聴くと、毎回泣きそうになる。

そうなんだよ。
何事にも「終わり」が来ることだけは決まってる。
いいことも悪いことも。
「終わり」だけは誰にも平等に与えられている
そんな中で出来ることなんて本当に限られていて。
そんな限られた時間の中でどうしたらいいかなって。

実は私、休日の朝(平日の場合)はやりたいことややらなきゃいけないことを
片っ端からチラシの裏に書き出す。(いつもじゃないけど)
でも、たいていの場合、半分以上できない。
で、結局あ~あ…ってなっちゃう。

でも、最近は「これだけはやる」とか「これはやらない」とか
ある程度スパッと決めちゃうことにしてる。
そうすると、気分的にも楽だしね。
それに優先順位をつけることで、何が大事なのか見えてきたりするし。

でも、今日は朝から超やる気がなくて。
あ~どうしようかなぁ…、気が向いたら何かやろうかな…と思いながら、
たまってる録画番組消化してたら、午前も午後も寝落ちするという。
一体どんだけ寝るんや。
新学期始まってから、朝の弁当作りで5時過ぎに起きてたりするもんで…。

気が向いたら『Round…』の感想を書こうと思っていたのに、
ということでまだ全くの手付かずです。
って、ただの長い言い訳やないかーい。

ということで、『Round…』の感想はまた後日(^^;)

4月28日
一昨日はぼーっと過ごしてしまったので、
昨日は朝から勝手口の日よけ代わりのカーテンもどきを作ったりしてました。
(古くなったシーツをリメイク)

そして、久しぶりにハンドメイドのブログも更新してみましたので、よろしかったらもどうぞ。

さて、「有限」ということについて書いてみたけど、
いろいろ取捨選択することが必要だなと思う今日この頃。
そこで、スマホのお気に入り登録からYOHOOをはずしてみた。

というのも、YOHOOニュースって必要な情報もあるんだけど、
正直井戸端会議や噂レベルの話もまことしやかに書かれていることもあって。
でも、タイトルにつられて、ついつい見ちゃうんだよね~。
しかも、コメントとかまで見出すと止まらなくなっちゃって。

でも、だんだん何が真実なのか、自分がどう感じてるのか、わかんなくなっちゃって。
あ~いかんなぁ…と。
これって無駄な時間じゃね?と。

そこで、すっぱり見ないことにした。
そしたら、見ないなら見ないで、全然平気。
もちろん大野くんとかの情報は信頼のおけるサイトで確認。

さて、今日は予定が狂ってしまって昼前からお仕事。
ということで、『Round…』の感想は明日になりそうです。
では、もうしばらくお待ちを~(^^)

*unknown*

どうしても書きたかったカップリングの感想。
私が激リピしているのは『unknown』と『Round…』なんですが、まず『unknown』について。

これはまさに私好みの曲!前奏でまずぐっと引き込まれ、好きになる予感しかない。
全体的に受ける印象が『三日月』と似ていて、どちらも印象的な前奏、幻想的な世界観。
シンプルに静寂と暗闇と星々の瞬きを思い起こさせてくれるような
私にとってとても居心地のよい空間。

でも、『三日月は』は夜空を見上げる感じで、あくまで地に足が着いているイメージなのに対して
『unknown』は宇宙を漂っているような不思議な浮遊感に満ちている。
無重力な世界をくるくる舞っているようなイメージ。
それがものすごく心地よくて、ずっとずっと漂っていたくなる。
そして、メロディーやハーモニーが美しくて、描いている世界がとても切なくて、泣けてくる。
ずっとずっと身をゆだねていたいよ。

まず最初のソロの流れがものすごくいい。
一番手はニノで。ささやくような抑え目の感じがいいよね。
「想い」「もぉい」の響きが好き。
松潤の歌声も柔らかでムーディーなんだけど、芯もあって。
「しないさ」「さぁ」の抜け方が好き。

そして、相葉ちゃんの「静かに打つ…」の一連のソロがものすごく好き。泣ける。
追いかけてくる「鼓動、鼓動」の美しい響きとか、
「二人だけわかる色づき始めた合図」なんて、なぜか異常に胸がしめつけられる。

そして、来ました。大野くんソロ!
暗闇と星のきらめきだけの世界だったのに、急に色を感じる不思議な歌声。
(前出の「色づき始めた」って、このことか?って思うくらい)
うーん、色というより温度なのかな?
「どこにどり着くだろう「こに」「どり」に何とも言えない色と温かみを感じる。
一つのフレーズの中で、こんなにも声の色って変わるものなんだね。
そして、語尾の「ろう」のささやかな揺らぎが刹那的で。
追いかけてくる「だろう」が夜空に解き放たれていくようで。
「形を無くして」は真っすぐに。
「ずっとぉ向こうでぇ」の力強さが切実で。
なのに、「囁いている愛へ」は、柔らかく、ふわっと抜けていく。
下ハモは松潤かな。いいよね。

「決して叶わぬ夢…」からは、伴奏の低音の響きとリズムがステップ踏んでるみたいで、好き。
歌声とものすごくかみあっていて、心地よい揺らぎと宇宙感を醸し出してる。
大野くんが振り付けたら、どんな風になるんだろう…。
でも、私がツボった曲はなかなかライブで披露される機会が少ないからな(^^;)

「触れてるだ 崩れそうなタイム語尾のかすれた感じが色っぽい。
「描いてくだの響き。
「oh~n」がこれまた色っぽくて、たまらん。

サクラップの遠くに大野くんの声。
「見えないままで イエーエー」ここは、少年っぽさが増してるような感じがする。

「あからさまなサガ はなからかなわないの我儘」
伴奏が一瞬消えて、静寂の中櫻井くんの声だけが響いてるのが時が止まったみたいで。
そして、ドラムが入ってきて、再び動き出すという流れがたまらん。
これが時の隙間?

あんまり普段は歌詞は気にしないんだけど、記事を書くのに確認してみたら、
ますます好きになった。
言葉の使い方がものすごくツボ。

「まるで世界中に忘れられている今夜だけの鍵を探そう」
「なくさないで今日の匂いを」
「時の隙間」とか、「見えないもの、見えないままで」とかね。

特に具体的な描写はないし、シンプルなんだけど、言葉の使い方がものすごくツボで、
いちいち響いてくる。
それから、書き出していて気づいたんだけど、五感の内の4つが入ってるんだ。(味覚以外)
理屈とか抜きにして、感覚を研ぎ澄ますとこんな感じなのかな。
永遠と刹那の世界が共存しているような不思議な世界。

さぁ、まだまだリピしますよ~。

*アルバムJaponism*

なかなか更新できなくて、すみません…。
あ~、もっと時間が欲しいよ~。
とはいえ、仕事も家事もしながら、ブログをまめにアップされている方もいらっしゃるので、
私の要領が悪いのか、はたまたやる気の問題なのか。(根本!)

それに、最近へこむこともあって…。
原因は自分にあり。(要は、自分に甘い(ーー,)
それなのに、迷走したままなかなか浮上できず。
こんな自分が情けなーい。

でも、もうすぐ智会だからね。
元気出さなくちゃ!

さて、気が付けば、書きかけのまま1ヶ月も放置していたJaponismの感想。
やっとこさアップしたいと思います。(遅っ)

最初このアルバムを聴いた時、パソコンしながら流し聴きしてたんですが、
思わずタイトルを確認したのは、
『三日月』『イン・ザ・ルーム』『Japanesque』の3曲。
(『暁』は、事前にチェック済み)
タイプの違う3曲ですが、私のツボにドンピシャ。

そして、通常盤はレンタル。(ごめん…)
最初、『the Deep end』にやられ、聴き込む内に『僕らがつないでいく』にも聴き惚れる。

では、それぞれの感想をば!

『心の空』
まず、『ZIP』でいきなりMVに遭遇し、度肝抜かれる。
(ラグビーにうつつを抜かし、嵐情報のチェックが後手後手にまわる)
布袋さん出ててるし~!(ほんと、何も知らなくてごめん)
そして、踊る5人がかっこいい~!!特に大野さん(もちろん)!
しかし、歌詞がなぁ…。布袋さんに作ってもらったらよかったのに~と思ったら、
まさかの布袋さんやった!(『PRIDE』書いた人とは思えん・笑)
後から、タイトル知って、えっ???て思う。(何もかも後手後手ですまん)
でも、聴き込む内にだんだん癖になる曲(^^)

MVもかっこいいよね。とにかくダンスがいい!!
相変わらず美しい大野さんの振り。
間奏が大野さんの振りって!かっちょえ~!全編やったらよかったのに~。
でも、今回の振り付け全般的に好き。
特に大野さんセンターの日本舞踊のような振り。美しい~!!

メイキングは、何だろう、あの5人の並ばされた感(笑)
ああいうのも好きだけど、『ZERO-G』の何となく5人でしゃべってる感じが好き。
あの時の大野さんはちょっとオラオラ入ってて、ドキドキした(*^^*)
今回は、ニノカメラないんだぁ~。大好きなんだけどな。
翼第一案を再現する大野さんが綺麗過ぎる(*^^*)
そのまま採用して欲しかった~。

メイキングで、一人踊る大野さんの足の動きに釘付け。
軽やかで、ひっそりとしていて、猫みたい。
膝とつま先の向きが完璧。

『君への想い』
前奏で「和」が前面に出て来て、結婚式かと思う(^^;)
歌が始まったら、意外と普通で、肩すかし食らう。(おいおい)
でも、サクラップから「確かめ合い…」「坂道の…」のハモりへの流れが好きです。

『miyabi-night』
嵐の曲って、時々不思議だよねぇ~って思う。
何でここでアルファベット?とか、ここでカタカナ?とかね。
まぁでも、確かにmiyabi感満載で(和と歌謡曲の融合みたいな)、
あれっ関ジャニか?って思ったけど(笑)。(次女も同じ事、思ったらしい)
タリラリラ~とか耳に残るし、「二人の影法師…」とか畳みかける感じが好きです。

『三日月』
この曲は完全に一聴き惚れです。超好み!一番好きかもな。
しかも、大野くんも好き…と聴いて、小躍りしたくなる。

情景が自然と浮かんで来るような幻想的なメロディーが好きです。
ひんやりとした静寂の世界の中にぬくもりも感じられて、とても居心地が良いのです。
余計なこと考えずに、ずーっと浸っていたくなる。
しかーし、こんな美しい曲なのに、声を加工してるのが残念超!!
なんでだよ~!!

『Bolero!』
疾走感。そして、なぜにサンバ感?でも、ノリが良くて、いいと思います。
「つまずいても…」の大野さんの伸び伸びボイスもいいです。

『イン・ザ・ルーム』
これも一聴き惚れです(*^^*)
大野さんのセクシーボイス「見た~い」「近づきた~い」に腰抜けにされます。
中でも私の一押しボイスはここ!
「見え隠れしていたって~「て」のちょっとざらついた感じにゾクゾク。
これが聴きたくて、何度もリピート。
最後の「ウォーオーーイエー」が超気持ちいい。

『マスカレード』
ザ・ジャニーズという感じ。
「Shall we dance」って何だかこっぱずかしいしと思ってたら、
不意打ちの「もう」にやられる。智のマ行は危険!
「閉じ込めるの「よ」もたまらんし。

『伝えたいこと』
あ~、嵐だなぁ…っていう標準的?な曲。
実は、前向き感や元気になれよ的な歌がちょっと苦手だったりする私(^^;)
(ネガティブ人間なので、自分と歌との温度差に辛くなる時がある)
「一人で悩んで…」は、今の私にはストーレート過ぎて…。
でも、「ウォーイェーィエー」の伸び伸びボイスは、気持ちいい。

『Japonesque』
陰と陽で言ったら、断然「陰」な曲が好きな私。
ところが、この曲はツボった。リズム?ノリ?
踊りたくなる。(絶対踊らないけどな!)
「幕が開いていくよ~のビブラートがたまらん。

『Rolling days』
ごめーん。単純に楽曲としては、『暁』より好きなんです。ツボ過ぎて、困るんです。
極限というか刹那的というか、破滅的な覚悟が感じられてたまらんのです。
しかも、曲調も壮大で、ドラマティック。ツボ満載やし!
『suger and salt』もめっちゃツボだったし、
私と櫻井くんはやっぱり趣味が合うと思うわ、むふっ。
で、やっぱり…大野くんにも歌って欲しいと思う。(結局、そこ)

『暁』
お~っ、そう来たか~!!
アルバムのコンセプトど真ん中で、びっくりいたしました。意外だったな~。

大野くんの綺麗な歌声が響いて、素敵だな…とは思うけど、
不思議とこの曲だけをリピートするということはあまりないんです。
真っ直ぐな歌声。意識してなのか、声色や歌い方が一貫してる感じ。
おいおい、そんな声出すんかい?!みたいな
意外性やギャップがいつもほど感じられないからかな。

でも、ふと光が差し込むような歌声だったり、「も」の威力だったりと、
ツボもいろいろあるんですが。
毎度のことながら、ハモる声やコーラスがツボ。
もっと聴き込めば、いろんな発見があるかもしれませんね。

『僕らがつないでいく』
大野くんの力強く、真っ直ぐな歌声。『GIFT』を思い出すなぁ。
包容力満載で、安心します。
「追いかけても」の大野くんの高音が響いていて、たまらん。

『the Deep End』
これまたツボにはまった一曲。
「深く」の「か」の力強さが好き。
「siiker~ハハー「切り裂いてぇ~の語尾が対照的な感じで好き。
「涙の粒…」は、思わず頬ずりしたくなるようなまさに真珠のような歌声。
そして、「ア~~」の高音!

『Make a wish』
私的には、特に惹かれるものはないんだけれど、今からかな(おいおい)

『摩訶不思議』
これは、とにかく5人それぞれのラップが聴けたのが嬉しい。(曲の感想じゃないんかい)
こんなに個性が出ちゃうんだね(^^)

大野くん、明るめの声の表情豊かなラップ。
そして、リズムの刻み方は、かなり正確だと感じました。
「ぶんぶく茶がまが…」とか、惚れ惚れしちゃうし。

今回のアルバム、5人の歌声をいつもより優しく感じるのは、気のせいかな。
それぞれの個性がいい感じに響いて、しかも、馴染んでる感じがします。

*お久しぶりです*

あらっ、長いこと放置しまくってたら、広告出ちゃってました(^^;)
おまけに年も一つとって、五十路一歩手前まで来た(ひーっ)

ということで、近況報告など…。(と言っても、特に何もないけどな!)

あ~、やっと夏休み終わったね。ほぼサトシゴトできなかったわ。
空いた時間は、録画したドラマとかバラエティを消費するのでいっぱいいっぱいだったし
(おいおい)
『ど根性ガエル』はゴリラいもがツボで(*^^*)(でも、『しゃべくり』みたら、超めんどくさいヤツだった(^^;)
『探偵の探偵』は思っていたよりも普通で(ていうか、アクションとか傷つけたりするのが苦手)、
『民王』が思いの外おもしろくて、はまってます!(遠憲さん&菅田くん、芸達者過ぎ)
そうそう!『小暮写真館』 1話は取り損ねてしまったんだけど、2~4話を一気見!泣ける!

で、今日は久しぶり~に誰もいないお休みで(むふっ)、
さぁサトシゴトやミシンゴトやるぞぉ~と意気込んでたんだけれども…。

午前中は買い物行ったり、長女に宅配便送ったりしてたら、あっという間で。
で、ふと…時間がある時にやろう~と思っていた、iPhoneに音楽を入れるのに挑戦!

実はスマホにした後、MD-WALKMANが充電できなくなっちゃって…。
(バッテリーがダメになっちゃったかな…)
で、毎日バタバタと過ごしていたら、嵐ソングもぱったり聴かなくなっちゃって…。
あ~、意外と智ボイス無しでも生きていけるのね、私って…、
なーんてのんきに考えていたんだけれども。(それでもサトシックか)

そこで、せっかくのiPhone。使わにゃ損損ということで、チャレンジしてみたのはいいが、
もう手間取る手間取る。
ネットで調べながらやってたんだけど、勘違いしてたり、思い込みでやっちゃったりで、
全然上手くいか~ん!(一体何時間かかったんだか)

でも、何とかこれだけ入れました(^^)v

helpless/All or nothing/とまどいながら/冬のニオイ/君がいいんだ/手つなごぉ/
二人の記念日/夏の終わりに想うこと/How to fly/忘れられない/もう一歩/
スパイラル/マダ上ヲ/let me down/むかえに行くよ/静かな夜に/over/
STORY/時計じかけのアンブレラ/maboroshi/Boom Boom/Rock this/
まだ見ぬ世界へ/always/negai/morning night/Hung up on/消えぬ想い/
two/full of love/Hit the floor/Imazing crazy/TRAP

私、アルバムは『君僕』からしか持ってなくて、
シングルはカップリング聴きたさにあれこれ購入したのがあるんだけど…。
他はレンタル一辺倒(あはっ)
しかも、パソコンに入れてるのは一部で、後はMDとかカセットテープの中なんだよなぁ。
(完全に時代の波に乗り遅れているぞ~)

とりあえず自分の好きな曲をピックアップして入れてみました。
で、聴き始めたら、あ~~ってなって。
そうそう、この感覚!って、懐かしくなった。

若い頃の大野くんの声の持つ魔力はいかんともし難く、やっぱり泣きそうになる。
特別なんだよね。私にとって…。

『とまどいながら』声堕ちの私としては、この声聴くだけで胸がいっぱいになっちゃう。
この頃の甘くて、ちょっと癖のある歌い方。
艶っぽくて、でも少年っぽくて。
忘れていた感覚を思い出させてくれるような。
永遠にくるまっていたくなる。

それから、『二人の記念日』のサクラップにもついつい涙腺がゆるむ。(めっちゃ好き)

私の場合、よく聴くのは、やっぱり昔の歌が多くて。
しかも、シングル曲はほぼ聴かないという。

『POPCORN』以降は特に、新譜で出た時に聴き込んで、
その後はあんまり聴かなくなっちゃう傾向にある。
結局、昔の曲を引っ張り出して、聴いてます。
『DEGITALIAN』の時もコンサート迫ってるのに、なぜかウラ嵐聴いたりしてたな(^^;)
何か安心するんだよね。ほっとする。
ずーっとくるまっていたくなる。

昔の曲は、自然と情景が浮かんでくるものが多くて…。
それは具体的な物の時もあれば、
ぬくもりだったり、風だったり、光だったり、闇だったり。
切なさだったり、美しさだったり。
どんどんイメージがふくらんでいく感じ。

ほんと、単なる私の好みですけど。

『JAPONIZM』どうなんだろう。
実は、正直、不安はある。タイトルのセンスも(おいおい)
ソロに関しては、全然心配してないけど(絶大なる信頼)

胸の奥がきゅーっとなって、
体中の神経を研ぎ澄まして、
目を閉じて、どっぷり世界に浸る。
数えきれないくらいリピートしたくなる。
智voiceで語りたくて、うずうずしてくる。
そんな曲に出会えるかな。

それにしても、今回3パターンだったね。
マジかよ~!と思いながら、2パターンは予約しましたけれど。

とにかく大野くんの声が聴けて、踊っている大野くんが見れて、
笑っていてくれればいいです。