FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 鍵のかかった部屋
CATEGORY ≫ 鍵のかかった部屋

*『鍵のかかった部屋』最終話 その3*

もうずーっと『鍵部屋』のことが頭から離れません。榎本のことばっかり考えてしまいます。
こうなったら、気が済むまで!の精神で行けるところまで行っちゃいます!

最終話については、他の人の感想はまだ読んでいないんだけど(読みに行く余裕もないし…)
でも、いただいたコメントを読みながら、それぞれいろんな感じ方があるんだな…と。
特に原作を読んでいるかいないかで、感じ方も変わってくるみたいですね。

私も原作を読んだら、また見方が変わってくるのか…。
でも、まだ読めるような状態じゃないので、落ち着いたら読もうかな~。

さて、そもそも番宣で「正体が明らかになる」と聞かされ、それを鵜呑みにしてしまったのが
混乱の始まり…だったような気がします。
「正体が明らかになる」って言い切るもんだから、こんなに含みを持たせたもったいぶったラストに
なるとは全然予想せず、けっこう軽い気持ちで見ちゃったからなぁ。

でも、今思えば大野くんも戸田ちゃんも「あっ、あぁ~」という何とも微妙な反応でしたもんね。
「えーっ」でも「なるほど~」でもない。
泥棒というのはある程度伏線が張ってあったので、「えーっ」まではいかない。
かといって、あのラストに「なるほどぉ」と納得はいかない。
あっあぁ~そう来たか…っていう微妙というか複雑な反応になっちゃいますよね。

うーむ、『めざまし』で大野くんの反応を見た時点で、そこらへんを読み取るべきだったのか…。
でも、そりゃ無理でしょっ!
「おーのです」とか言って榎本ゼ~ロ~なプリティ智を朝っぱらから見せられたら、
そんなこと考えられるわけない。ただただデレデレして見るしかない。

しかし、ほんとここまでもったいぶるとは正直予想していませんでした。
第9話まで観る限り、ドラマ全体のトーンとしてはそこまで深いとは思ってなかったし。
でも、第10話で雰囲気が変わっちゃったんですよね。
何だか急に大がかり感が出てきたし、榎本のダーク感が増した。
正直とまどいましたもん。

で、最終話での榎本は、ほんとに凄みがあって、ダークで、ものすごく見応えがあった。
密室の謎を解く時の声の響きにはいつもにも増してゾクゾクしたし。
特に後半は、榎本をじっくり堪能させていただきました。

それにしても、あの何とも消化不良なラストの不敵な笑みなんですが…。
榎本の笑いって、2種類あるんですよね。(ていうか、2種類しかない)
鍵を開けた時と甘い物を食べた時。(漬け物ポリポリの時は無表情だったから、
甘い物の時にだけ反応するとみた)

ラストの笑みは明らかに前者でしたね。
いつもよりオーバーになっただけで、笑い方は一緒でした。
あの錠を開けた時のうっすらとした不敵な笑みがバージョンアップした感じ。
ということは、この笑いは成し遂げた行為の大きさに比例するのかと。
そうすると、今回は相当な大仕事を成し遂げたわけだから、あんなあからさまに
笑っちゃたのかな…と。
あれこれ考えてしまったけれど、実はそんなに深い意味はないのかも…と。
結局、彼はお金や宝石が目的ではなく(結果、ついてくることはあっても)、
密室を破ったり警備システムを欺くという行為に喜びを感じている純粋な防犯オタクという
シンプルなキャラクターなんじゃないかと。(ただ、通常のオタクとはかなり規模が違うけど)

意外にも、今の私にとってこれが一番納得しやすい理由なんです。
何だかふりだしに戻っちゃった気もするけど…。
また時間が経ったら、感じ方も変わるかもしれませんけどね。

例えば、ニュースとかで、犯罪とか法に触れることにものすごい労力を費やしてる事件を
見たりすると、ついついテレビの前で、その労力もっと他のためになることに使えよ…って、
つぶやいちゃうことがあるんだけど、本人にとっては、正しいとか正しくないとか、
ためになるとかならないとかいう一般的な判断基準って関係ないんですよね。

榎本のことを考えてたら、ふとそういうことを思い出しました。
一般的な常識で彼を計ろうとしても、それは無駄なことなんじゃないかと。

結局、榎本は自分の欲望のままにやりたいことをやっているだけなんじゃないかと。

だから、自分のやったことについて芹沢や青砥がどう思うとか、どんな風に影響するということには
そもそも興味がないんじゃないかと。
でも、電話をかけたということは、どこか後ろ髪をひかれるところがあったのかもしれません。
しかし、そこでも彼は重要なことは何一つ口にしない。

こういうところを見ると、人との関わり方とか距離のとり方がわからないんじゃないかという気も
します。
生身の人間と関わると、想定外のことがよく起こります。
鍵や防犯のようにこうすればこうなる的なことが通用しない。

特に青砥は、榎本にとって不可解な存在だったのかもしれません。
榎本みたいな変わり者に対して、特に偏見も持たず普通に接してくるということ自体
もしかして榎本にとっては想定外だったのかもしれないし。
そして、普通に喜んだり、笑ったり、怒ったり、落ち込んだり、愚痴ったりする青砥を
目の当たりにすることは、榎本にとって新鮮な出来事だったのかもしれない。
そんな青砥の率直さ、素直さと接していると、つい彼も動揺してしまったり、とまどったり、
ぬか喜びしたり、すねてみたりする。

きっと、彼自身、青砥に対して無関心ではいられない何かを感じ取っていたんだと思います。

だから、将棋の回の時も、ちょくちょく青砥の表情を伺ってしまったり、
「彼女いますか」に過剰に反応してしまったり、
「彼氏いますか」と言って元気づけようとしたり、
青砥に興味を持っていることは確か。
だけど、なんともやり方が不器用なんだけどね…。

私は原作を読んでいないので、二人の関係についてどう描かれているのかわからないけれど、
わざわざこういう榎本をドラマの中に挟み込んできたということは、何か意味があるはずだと
思ってます。

しかし、最終話ではそういう部分には全く触れておらず。
最後に電話をかけてきてくれたのが、せめてのもの救いですが。

あ~あ、またまた長くなってしまいましたね…。
とにかく自分の思ったこと感じたことをなるべく正直に丁寧に言葉にして残して置きたいので、
いつ終わるかわかんないけど…まだまだ続きますよ。

*『鍵のかかった部屋』最終話 その2*

今日は内職や雑事をこなしながら、『鍵部屋』を第1話からずっと流しっぱなしにしてました。
(全部は観れなかったんだけど…)
でね、最終話は、ちゃんと内職を終えてから観ましたよ。
まだね、ながら見できる段階じゃないから…、きちんと向き合いたかったの。

私はだいたい2回目を観る時に感じたことや疑問に思ったこととかをメモって、
それを元にパソコンにどんどん打ち込んでいくんだけど…。
でも、今日は一通りメモった後、それだけじゃ物足りなくって、自分の中にわき上がってきた想いや
疑問、納得いかないことをどんどん文字にしていったのね。
そしたら、涙があふれてきちゃって…。
だって、わかんないことだらけなんだもん。
私が今まで見ていた榎本は何なの?って…。

でね、結果行き着いたのが、受け入れるのに時間がかかりそうだな…っていうこと。

やっぱりね、私にはまだ受け入れられない…。(特にラストね)
別に否定するつもりもないし、あれが全ての答えじゃないっていうこともわかってる。
でもね、私の中でひっかかる所が多すぎて、時間をかけて消化するしかないのかな…って。
でも、正直あんまり自信ないんだよな~。

もしスペシャルや映画があるのだとしたら。それを前提にした今回の結末なのだとしたら。
私はその時まで引きずるしかないのかな…って。
でも、正直それでいいんですか?っていう気持ちもある。
やっぱり連ドラは連ドラの中できちんと落とし前をつけて欲しいっていう思いがものすごくあるの。
(これについて書き出したら長くなりそうなので、割愛するけど…)
私がとやかく言ってもしょうがないんだけどね…。

結局、榎本の求めていた物って何だったんだろう?

私は、榎本は防犯や鍵がひたすら好きで、密室の謎を解くことには興味があっても
肝心なことには興味がないというちょっと風変わりで純粋な防犯オタクだと思ってたのに。
それさえ満たされれば、金とかそういう欲とは無関係な人だと思ってたのに。

そんな彼がダイヤを盗んで、とんずらした、たぶん…。
これがものすごく意外だった。

彼が欲している物って何?

しかも、今回榎本が手に入れたであろうダイヤは、自分一人の力では絶対手に入れることは
できなかった代物。
芹沢が鴻野と取り引きをして佐藤の本籍地を聞き出し、青砥が佐藤の正体をあばき、
芹沢がロボットを利用するためのヒントを導き出した。
榎本チームあってこその謎解きだった。お見事だったよ。

なのに、彼は芹沢や青砥との接触を一切断って、一人で佐藤と対峙し、一人遠くへ行ってしまった。

空港から青砥に電話はしてきたけど、あまりにもそっけなかったしね。
別に「ありがとう」とか「ごめん」とかいう言葉を期待していたわけじゃない。
そんなこと言われても逆に興ざめだし…。
彼にとっては、電話をかけることが最善の義理立てだったのかもしれないけど…。

それなら、最後のあのあからさまな笑みは何?って、問いかけたくなる。
仲間を裏切って(芹沢や青砥はそうは思ってないみたいだけど)ダイヤを手に入れ、
一人海外へ行く。
そんなことが、あんな笑みがこぼれちゃうくらい喜ばしいことなの?
それが彼が望んでいたことなのだとしたら、私が今まで見ていた榎本って何なんだろうって。

一体その先には何があるの?って問いかけたくなる。

彼の欲しい物が貴金属や金だとは考えづらいし、結びつかない。
じゃ、それらは榎本が何かを実現するための手段なの?
例えば、こちら側から向こう側へ行く。
でも、彼にとって向こう側に行くことがさほど重要にも思えない。
彼にとって、大切なのは「自由」じゃないの?

でも、そもそもこの「自由」の定義がわからないんだよね。

社長との事件を振り返ってみると。
彼は傷つけられたことが嫌だったんじゃなくて、
ガラスの箱に閉じ込められそうになったのが嫌だったんじゃないのかなって。
周りの人の視線、評価、そんなものにがんじがらめになって身動きがとれなくなる自分。
だから、彼はそんなしがらみを断ち切って倉庫室にこもり、彼なりの自由を手に入れたのかなって。

でも、彼は本当に一人になりたかったわけじゃないよね。
だって、来客があればすすめる椅子もあるし、マグカップだって用意してある。

そんな彼が垣間見せる不器用な優しさや人間っぽさが好きだったのに。
青砥に見せるぎこちない優しさが好きだったのに。
チーム榎本の誘いを断らない彼が好きだったのに。
子供とどう接していいかわからない不器用さが好きだったのに。

そんな榎本がなぜ?っていう思いが止まらない。
あのままじゃいけなかったのかな…。
それともずっと前から計画していた?
今までの窃盗が彼の仕業だとしたら、相当額手にしているわけだしね。
まさかネズミ小僧みたいに貧しい人に配ったわけでもないでしょ。

やっぱりね、裏切られたような気持ちがあるわけよ、私的には…。
信じてたのにね。
勝手に期待しちゃった私が悪いのか。
騙されちゃった私が悪いのか。

確かに伏線はあったかもしれない。会田との関係とか調査書の存在とか。
でも、私は榎本は白だって信じ込んでたから。

でも、黒だったとしてもよ、何か納得できる理由があればいいんだけど、
どうしてもそれまでの榎本とうまく結びつかないの。
どうにもこうにも理解できない。

そもそも、彼はあの生活に不満があったのか?


実は、この間観た『外事警察』も私すっかり騙されちゃったんだよ。
でもね、彼はそういう男なんだよ。私が忘れてただけで…。
だから、納得がいったの。

でも、今回はどうにもこうにも納得がいかない…。

考えれば考えるほど、わからなくなってしまう。
置いてけぼりくらって、どうしていいかわかんなくなる…。
私が見ていた榎本って何者?
私が信じていた榎本って、もういないの?

少し距離を置いた方がいいのかな…。


とりあえず思いの丈をぶちまけてみました。
長ったらしい文章を読んでいただいて、ありがとうございました(^^)

*『鍵のかかった部屋』最終話 その1*

今、私相当混乱してますから、まともな感想書けないと思います…。
でも、感じたことを残しておきたいので、とにかくぶちまけてみます。

最後の榎本の笑みを見て、なぜか爆笑した。
きっと受け入れられなかったんだと思う。あんな榎本が、こんな唐突な終わり方が…。
もしかして、不敵な笑みで全部をちゃらにしようとしているのか~。
次女と二人、「榎本の正体、明らかになっとらんやーん!」とテレビの前で叫んだ。

倉庫室から榎本の私物が消えているのを見て、切ない気持ちになって…。
それなのにそれなのに~。
ど、ど、泥棒っていうことでいいんですか?
ダイヤ盗って、海外逃亡ですか?バカンスですか?

そもそも、最後の謎解きは芹沢も青砥ものけ者で、佐藤と二人っきりで、そっけないじゃないか~。
確かに、見せ場としては、二人の方がよかったかもしれない。
でも、やっぱりチーム榎本じゃなかったの…?
何だか、寂しいぜ…。

冒頭、あっけなく釈放されて、ほっとしたのも束の間。
榎本くんの出番がほとんどなくて…。
挙げ句の果てに、芹沢が何だか重要なことに気づいた模様。

テレビの前で、「榎本出せ~、榎本~」と叫んでました。
まだまだ時間はあるから大丈夫だとはわかっていても、
今日は最終話なんだよ、主役なんだよ、もっと映してくれ~という切なる願い。

やっと「密室が破れました」が聞けたと思ったら、「明日」だと~。
思わず、芹沢がしゃべる前に「出たよ、出ちゃったよ」とつぶやいてしまったじゃないか。

『めざまし』でも出てきた、「ガラスの箱」がなんたら…っていう台詞。
ごめん、私榎本の言いたいことがわかるようで、わかんない。

「ガラス」とは自分自身が作り上げた殻と解釈していいんでしょうか。
佐藤は、その殻の中に閉じこもっていると?

でも、榎本は違うの?
彼は決してガラスの箱に閉じこもっているわけじゃないってこと?
こちら側にはいるけど、彼はガラスの中に閉じ込められているわけじゃない。

ガラスって、何ですか?先入観ですか?人の評価ですか?自分自身の思い込みですか?

「自由でいたいだけなんです」
榎本にとっての自由って何?人とのしがらみがないってこと?
自由って、そんなに簡単に手に入らないよね。

そして、最後CMだらけだったねぇ~。
次女と二人、「CMばっかり~。もう時間がない~」とまた叫んでた。
(いつも大人しく観てるのに、今日はちょいちょい叫んだりつぶやいたりしてしまった)

臨時収入?
「さぁ」ばっかり言ってないで、榎本くん、説明してよ。
勝手に一人で遠くに行かないでよ…。

こんな気持ちのまま置いてけぼりにされて、私はどうしていいかわかんない…。
私、もしかしてもてあそばれちゃった?

結局、榎本の過去も正体も明らかになってないよね。
地下の倉庫室にこもっちゃった本当の理由は何だろう。(私はあの理由じゃ納得できない…)
「自由」になりたかったから?
あの事件は、そういう意味でいいきっかけだったの?

第10話~最終話の榎本はいつもにも増してクールで、凄みがあって、
寄せ付けないオーラを放ってて、正直怖かったよ。

最後、青砥ちゃんと何かあるかと思ったのに…。
第3話で、心配そうに青砥ちゃんの表情を伺う榎本くんが好きだったのに。
「彼女いますか」に動揺しまくる榎本ちゃんが好きだったのに。
「彼氏いますか」って、青砥ちゃんを元気づけようとする榎本が好きだったのに。
そんな、えのもっちゃんはどこにもいなかったね…。
ちょっぴり寂しかった。

でも、いつも電話するのは青砥ちゃんなんだね。
芹沢には電話しないんだね。これって、何か意味あるの?

結局、第10話でいろいろ考えてたこと、
当たったのは、角砂糖に睡眠薬で仕込まれてたこと、これだけだった。

榎本が渋滞で20分遅れたのは、特に意味はなかったみたいだね。

すみません、思いつくままに書き連ねてみましたが、
またリピート鑑賞して、感想書きたいと思います。
今日はこのへんで~。

*『鍵のかかった部屋』第10話 その4*

『鍵部屋』とも明日でいよいよお別れだね~。
その前に、第10話の感想をとっとと書き上げちゃいます。

まず、倉庫室にいる榎本と青砥。

最初は冷静に事件を分析していた榎本。
でも、パソコンの画像をのぞき込む青砥の近さに動揺してたね。
視線が一瞬青砥の方に動いてるし、「はい」の声がぎこちなくてかわいいよ。
さっきまで、平然と説明していたのにね。
そんな榎本がかわいくってしょうがない。

で、榎本くんったらどうする、どうする…と思ったら、いたたまれず立ち上がっちゃったよ。
おいおい、もう終わりかよ(何を期待してた?)

そして、「行きましょう」×5回
照れくさかったのかな。早くあの空間から逃げ出したかった?
私はもうちょっと味わいたかったけどなぁ…。

それにしても、青砥ちゃん鈍すぎます…。
榎本くんにあんなに接近しちゃって、彼の動揺っぷりに全然気がつかないなんてね~。

屋上からおもり?を投げる青砥。
しかし、あの衝撃で目を閉じない榎本はやっぱりただ者じゃないわね。
第3話でも、ドアが迫ってくるのにまばたき一つしなかったし。

そして、指すりすりが始まったよ~。えっもう?
これって来週に続くから、まだ謎は解けないはずでしょ…と思ったら、
「密室は破れました」じゃなくって、
「えばらさんに連絡とってもらえますか?」だったよ。

配線を終えて、コードを持って移動する姿が超絶スマートだったね。
説明する声も、一つ一つの動作もたまらなく好きなんだよ。
歩く横からのアングルがきれいだったね。

そして、副社長の「何が言いたいんです?」の後の榎本の後ろ姿に釘付けになったよ。
何かを暗示しているかのような後ろ姿。背中が何だか切ない…。
私がもうすぐ榎本と会えなくなると思っているから、そんな風に感じちゃうのかな。
こんなに哀しげな後ろ姿、見たことないよ。

結局、狙撃と殺人事件は別の人の仕業。
社長が警備強化のために自作自演。ていうことは、社長はねらわれているという自覚が
あったんだねぇ。

「それはおそらく…」
おいおいいい所で刑事さん登場だ。
久しぶりです、鴻野さん。
五年前まで遡り、過去を暴露される榎本。
社長との一件がきっかけで、交流を一切断って倉庫室にこもってしまったんだって…。

どうでしょう、この榎本の過去。
きっと事実なんだろうけど、彼が倉庫室にこもってしまった理由が私的には何だかしっくりこない。
私は、別の理由があるような気がしてしょうがないんですけど。
考えすぎかなぁ~。

それに、過去の出来事を未だに根に持っていて、それで犯行に及んだ…というのも動機としては
あまりにも弱いよね。
そもそも彼は逆恨みするようなタイプじゃないと思うし、人の評価があてにならないことも知ってる。
(それは、第2話を観ればわかるしね)

でも、結果として、これまでの彼の言動が結局自分の首を絞めてしまうことになるんだけど。
と言っても、あくまでも鴻野のこじつけでしかないんだけど…。
あれで任意同行できるんですね。結局、動機だけで、状況証拠も何もないのに。

「ご同行願えますね」
止めに入る芹沢。そうだよ、芹沢!と思ったのも束の間、
「わかりました」と榎本。
私もテレビの前で、唖然だよ。
だって、何の証拠もないし、鴻野の言い分は言いがかり以外の何物でもないのに。
それをあえて否定せずに、承諾してしまった榎本の気持ちがわからない。
なんでだよ~。

でも、歩く足下のアップがきれいだったねぇ。
一本の線の上を綺麗に歩くんだよ。踵から着地してつま先で蹴る当たり前の動作なのに
彼の気品というか、彼の揺るぎないものが感じられる。

すると、窓の外に浮かび上がってくる佐藤の姿。
めっちゃ見てるし、薄ら笑いしてるし、イケメンなのに不気味だよ。

榎本は知ってるのか?彼のことを。しっかりと見据えてるよね。

エレベーターの中の榎本くんは、無表情なんだけど、厳しい顔してた。
何もかも受け入れているようにも見えるし、逆に全てを拒絶しているようにも見える。

ところで、第5話で鴻野が見てた調査書はどうなったんでしょう~。
最終話で明らかになるんだろうけど…。

明日は、大野くん『めざまし』と『いいとも』に出るらしいですね。
ということは、榎本智は本当に明日が見納めかも~。

*もうすぐ榎本くんともお別れ…*

『鍵部屋』第10話の感想の続きを書かないといけないんだけど、
何だかそれどころじゃなくって…。

というのも、大野くん、もうクランクアップしたらしいよ。
『オリスタ』にその時の様子が載っているらしく、その記事を紹介しているのを
ネットでちらっと見たんだけど…。

ダメです…。花束持ってる大野くん見ただけで泣きそう…。
(顔は隠してあったから表情はわからないんだけど、全身から喜びが伝わって来るよ。
そんな嬉しそうな大野くんがちょっと恨めしい…)
記事の内容も紹介してあったんだけど、読めなかった…。
だって、泣くのはまだ早いっ!

最近、雑誌を買うのは控えてたんだけど(anan以外は…)、やっぱりこの『オリスタ』は
買いですよね。
でも、買っても、最終回が終わるまで読まずにとっとく?
最終回が終わってから、開いてみる?
それまで我慢できるかなぁ~。
やっぱり見ちゃうか…(^^;)

そして、ちょっと長めの黒髪の大野くんともこれでお別れですよ~。
また刈り上げちゃうのかな~。あ~寂しいよぉ~。

【送料無料】オリ☆スタ 2012年 ...

【送料無料】オリ☆スタ 2012年 ...
価格:420円(税込、送料別)



何でこんなに寂しい気持ちになっちゃうんだ…と思ったら、
榎本くんと一緒に私も走ってきたからなんだよ。
(あくまで私もそういう気分だった…ということで(^^;)

だって、大野くんの連ドラをリアルタイムで観るの、初めてだったから。

最初に月9が決まった…と知った時は、嬉しさと同時に不安な気持ちもあっって、
でも、予告の短い映像に大興奮して、初回放送日を心待ちにして。
期待値MAXでも全然裏切られなくて…。
声や仕草にドキドキして、最初はなかなか内容が頭に入ってこなくて。
でも、毎週毎週楽しみで、何回も何回もリピートして。
そして、感じたこと全てを言葉にして残しておきたくて、思いの丈をブログにぶちまけ続けた日々。

そんな生活も来週でおしまいです。
こんなに切ない気持ちになるなんて、思いもしなかったよ。
来週に向けて、心の準備もしておかないといけないな…。

ということで、『鍵部屋』第10話の感想の続きはおあずけ(^^;)
明日もアップできるかどうか…。

実は、明日は早起きして『外事警察』を観に行ってきます!(田舎だから、映画館が遠い(ーー;)

だから、今日はもう寝ます…。
いい加減、榎本くん夢に出てきてくれないかな~。