FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ひみあら
CATEGORY ≫ ひみあら

*とんだクリスマス智 その1*

皆さーん、大丈夫でしたか~。昨日の『ひみあら』
女性芸人は大好きだけど、嵐とこんな風に絡むのは、
昨日も書いたけど、にも書いたけど、目線が似すぎてて、下世話で嫌なの~。

オープニングはいちゃこらな長男と末っ子に萌え萌えだったのに、
女芸人乱入に二人は引き裂かれ
最後は、とんでもないもん見せられちゃったわね。

特にね、バービーは要注意人物だから…。
『ロンハー』で暴露話聞いた時、この人いつか事件に巻き込まれるんじゃないかと思ったもん。

さて、最初登場した時の長男と末っ子の表情に注目。
二人とも嬉しさが滲み出てるわね。
「やっと会えたね」ってハグする二人にきゃ~!遠距離恋愛の恋人かっ!
譲り合いながらも結局一緒に階段を下りる二人、ずーっといちゃこらを見ていたい。

「クリスマスに一緒なんて、もう嬉し過ぎて」 なぜかカメラガン見。何アピール?
「キャラじゃないっすもん」 見つめ合う二人。二人の世界、フォーエバー。
「思いはひとつです」 なぜかなまってる智。しかし、愛の告白につっこむ余裕すらない松潤。
「思いはひとつなんですね。ありがとうございます」 ここはつっこむ所じゃないのか、松潤!
素直すぎるぞ、松潤。すっかり長男に手玉にとられているご様子。

何だか智が猛獣使いに見えてきた。
松潤ってしっかりしてるけど、不器用で、あんまり人に甘えたりするの得意じゃなさそうなのに、
リーダーの前だと表情が変わっちゃうんだもん。

「別に仕切んなくていいんじゃない」 出た、男前智!しかし、行き当たりばったりともいう。
「いいっすけど…。何かあったらやってね」 あ~やっぱり素直やなぁ~。かわええのぉ~。
最近の松潤、何だかものすごくかわいくない?

席がかぶっちゃう二人。肘掛けに座る大野くん。
あ~、しっくりくるね。ずーっと二人だけでいいんじゃないかい。

で、いつの間にかソファーにリーダー。肘掛けに松潤がすわってるし。
やっぱり気遣いの松潤が譲ったんだろうね。そこ、見たかったよ~。

でも、ゲームの話をしている内に長男のテンションが下がり気味に。
「なんで、俺だったんだろう」 さっきまであんなに楽しそうだったのに?
やっぱり二人っきりがいいんじゃないの~。スタッフ~。

大人数の女芸人に「苦手だわ」って。本音がぽろり。
隅っこで笑ってる分にはいいんだろうけど、番組ともなればそうはいかないからね~。

そして、なだれ込む女芸人。
ここで5人と制限を設ける松潤に従って、一応ドアを閉めようと協力する智。
やっぱり何だかんだ言って、仕切るのは松潤。一気に口数が少なくなる智。

カウンター席に非難する二人。
しかも、二人の後ろにPopcornという絵面が最高~!
ずっとそこにいたらいいのに~。

でも、やっぱりそういうわけにはいかないよね。
まず先に松潤を行かせる智。肘掛けに座って、ソファーをリーダーにすすめる松潤。
素晴らしきメンバー愛(感涙)
そんな2人を引き裂くなんて、言語道断。

だめよ、やっぱり。2人が離れてちゃ、しっくりこないわ~。

グラスを準備してたね、大野くん。
しかも、飲んでたのは、本物のビール?
いや~ん、ビールを飲む智、初めて見たかも~。

そして、松潤の後ろに大島さんといとうあさこ。
あ~、わかるわかる。隣とか正面とか絶対座れないよね。
私も大野くんの襟足で、ビール5杯はいけると思う。

「襟足、伸びてる」「よく見てるな」って、人ごとじゃないですから、智~。
どんだけのサトシックがあなたの襟足に着目してることか…。
どんだけ一喜一憂してると思ってんのよ。

そして、いつの間にか大野くんの隣には春菜と大久保さんが。
まぁまぁ、ここまではよしとしましょう…。
バービーじゃなかっただけ、よしとしましょう。

では、次に続く…。

*追い詰められる智 その2*

あらあら、続きをアップすると言いながら、2日もお休みしてごめんなさい。

では、自分の好きな所を10個発表!の続き。

4つめの「踊りがしなやか」発言で、果たしてひと山越えたのか、智!
口真一文字だけど、目が笑ってるし。
耐えてる?葛藤してる?それとも早く帰りたい?
こんなに動揺してる、追い詰められてる智はなかなか見られないよ。

そこで、すかさず櫻井くんの「いいよ~」の合いの手。智、聞こえてる~?
そして、 「歌声は?」って、櫻井くん、ナイスパス!
そうだよね、ダンスと来たら次は歌だよね。さて、次はどんな好きな所が飛び出すのか、ワクワク。

5つめは、「透き通るような声」
出たよ、出ちゃったよ!!自分で言っちゃったよ。
「よく言った」 確かに!

知ってるけど、百も承知だけど、これまたご本人様から聞ける幸せ。
この単語が咄嗟に出てくるっていうことは、きっと日頃からみんなに言われてるんだろうね。
でも、内心、「バカじゃないの」って思ってたんだ…。
全然バカじゃないよ、感謝カンゲキ雨嵐だよ~。

そして、6つめ。
「えーっと、童顔」
おいおい、急にビジュアルに路線変更だよ。モニター見てたら、気づいちゃったのか。
そして、ちょっと間があいて、自分で笑っちゃってる。
そんなあなたのあどけない表情が好きです!

7つめは「男の人より…、手がきれい」
これまた言っちゃった後、笑っちゃってるし。
比較対象が男の人っていうのが何だか笑える。
本当は、男の人の割には…とか言いたかった?
ただ「手」だけでもよかったのにね。
そういう変に真面目なところ、一生懸命なところ、律儀なところが好きです。

8つめは、「えーっと、何かに夢中になると、ずっとそればっかやるところ」
これは、ほんとに大野くんの言葉って感じがするよね。
「おーっ」って、スタジオ全体が納得してるし。
こんなことでいいのにね。普段の自分のありのままでいいのにね。
絶対自分では言わないようなこと、立て続けに言っちゃったね。

9つめ。つらそうだね。もう限界?本気で困ってるもんね。
こういう時に適当な答えで逃げちゃうことができないんだよね。
頑張れって、掛け声までかかっちゃってるし。
スタジオ全体が大野くんの応援団みたいになってるよ。

「絵がうまいところ」
そうだよ、そうだよ。まだまだあるじゃん!

そして、とうとう10個目。
「ほんっと、やだな、これ」
自分で自分を追い詰めてるのに気がつかない智が愛おし過ぎます。
そんなに自分を追い詰めなくてもね、適当にかわしちゃったっていいんだよ。
それができないあなたが好きなんですけどね。

あかねちゃんかな~。
「こんなに追い詰められてるの、珍しいですよね」って言ってるし。よくご存知で。

「ラスト…、ラスト」って、自分に言い聞かせてるし。
「頑張って。いっぱいあるよ」よっ、妻の鏡。そうだ、そうだ。いっぱいあるよ。
どうせだったら、私が言ってあげたいくらいだよ。
いい加減なことが言えない。ごまかせない。真っ向勝負なところ。ほら、もう3つも出て来た。

ふと笑ってるよ。あれっ、みっけちゃった?と思ったら、
「鼻がきれい」
まさかのラストが鼻(^^;)
これも、日頃から言われてるのかな。鼻筋が通ってて、きれいですね…とか。
それとも、本当に自分で思ってる?
横顔とか斜め顔とか、超きれいだもんね。

好きなとこ10個、いずれも私達が日頃から思っていること。
でも、なかなか自分からアピールしないご本人から、めでたく公式に智認定いただきました!
パチパチパチ~。

でもね、最後に言っちゃったね。
「でも、なんか、自分でも若干思ってるじゃん」「すっごい恥ずかしい」って。

ほっとした安心感からか、聞かれもしないのに本音がまたまたぽろっと出ちゃってる。
日頃から、人に褒められるのって、苦手そうだもんね。何だかとても居心地悪そうだもん。
それなのに、今回は自分で自分を褒めないといけないという大野くんにとっては、まさに苦行の回。
(とは言え、誰も長所を言え…とは言ってないので、自ら課しちゃった苦行なんだけど)

終わった後、階段に足を揃えてちんまりと座るあのお方がね、
シェアハウスであぐらかいてくつろいでた人と同一人物とは思えなかったよ。

スタッフさんも何となくやってみた罰ゲームだとは思うんだけど、
まさか、こんな名作に仕上がろうとはね…。
こんな大野くんを見せてくれて、ありがとうです。

「全ての自信を失っております」なんて言ってたけど、ロウソク吹き消し、超かっこよかったね~。
真剣な眼差し。決してあせることなく、自分の間合いで、きちんとねらいを定めて、一気に。
こういう時に、あせらないのがすごいんだよな~。さっきとは別人みたいにどっしり構えてる。
人と競り合ったり、駆け引きしたり、自分のことを語ったりするのは苦手なのに、
こういう自分一人で勝負する時はきちんと結果を出す男。

あ~やっぱり素敵です(*^^*)

それにしても、きんに君、これで『ひみあら』は出入り禁止でしょうか(笑)
でも、並んで見てる山の画づらがとっても好きだったけどね。

*追い詰められる智 その1*

来たよ、来たよ、ラストミッション!
唐突になわとびが始まっちゃったのには、びっくりだったけどね~(^^;)

でも、見た瞬間、これは櫻井くんね…とピンと来た。(ごめんね、櫻井くん)
案の定、櫻井くんのキス顔!じゃなくて、
その後の大野くんの「見る方も罰ゲームみたいですね」に爆笑。(重ね重ね、櫻井くん、ごめん)
一心同体か!

で、さすがの櫻井くんもキレたと思ったら、
「ふざけん…、ふざけん…」 うん?何何?「な」が聞こえませんけど~。
大野さんにたてつきたいのに、なぜか「ふざけんな!」と言い切れない翔ちゃんがいとラブリーです。

ロープ相撲
自分の好きな所を10個発表。
ふむふむ、なかなかおもしろそうじゃないの~と思ったら、おもろいどころじゃない、
とんでもない名作だったよ。

まずは、大野さん。HIRO相手に秒殺されてるし。全く為す術無しの大野さん。
負けはしたものの、固まるあなたが素敵過ぎて、そのまんま冷凍して永久保存したいくらいです。

で、お次は山対決だよ。
「そうか、こういうことか…」 おいおい、今気づいたんかい。
でも、その割には、やっぱり駆け引きが下手な大野さん。
相手の出方を伺いながら、攻めたり守ったりがうまくできない…ていうか、攻めきれないんだよね。
こういう時にも「優しさ」が出ちゃうのかしら。
腕力はあるんだから、こつさえ掴めば勝てちゃうと思うんだけど。

で、こういうの櫻井くん、得意だよね。
フェンシングの時も、相手の動きを良く見て、動いてたもんね。

対照的に、ロープ相撲にフェンシング、ババ抜きと、相手との駆け引きが必要な対決は
苦手な大野さん。
ま、それが大野くんらしいんだけどね~。

で、本題はこれから!
自分の好きな所を10個発表!

「え~まず、ひとつめ。非常に……優しい」
おいおい、初っぱなからどえらいの放り込んできたよ。
自分で自分を「優しい」と言い切った。こりゃぁ、名作の予感だよ。
しかも、ただ優しいんじゃないんだよ。「非常に優しい」んだよ。
どんだけ優しいんだよ…って言ったら、やっぱり先程のロープ相撲でしょ。
こういう直に相手を負かさなきゃいけない対決で、攻めきれないところに「非常に優しい」が
出てます。

でも、この時の大野くんの表情は、まだ余裕があるのよね。

そして、2つめは「あまり怒らない」
「いいとこ、いいとこ、いいとこよ」 櫻井くんの合いの手がいい感じ。

ここでもまだ、追い詰められた表情は見られません。

そして、3つめが「耳が非常に柔らかいところ」
えっ?ここでまさかの身体的特徴。
しかも、櫻井くんが「それは知らなかったわ」って、言ってるし。
おいおい、じゃぁなんで大野くんは自分の耳が柔らかいって、知ってるの?
だって、普通耳って柔らかいじゃん。
誰かの耳と比較して、俺の耳やわらけ~とかなったわけでしょ。
一体誰と比べっこしたんだよ。そこが気になるだろうが~。

しかも、右耳触って確認してるし。触らせろ~。

「えーっ、ふふっ」
おいおい、何か思いついたのに笑ってるよ。何を思いついたんだ、智!
でも、下向いて、首かしげて葛藤してるよ。
どんな「自分の好きなところ」が出てくるんだよ、ワクワク。

「4つめ」口角がぴくっ。「踊りがしなやか」
出た~っ!!!まさかご本人様の口から、こんな言葉が出てこようとは。
名作になるであろう予感が確信に変わった瞬間!

「踊りが上手い」とかじゃないんだよ。「しなやか」なんだよ。自分で言い切ったよ。
知ってる、知ってる、知ってます!
でも、ご本人様の口から聴けるという幸せ。
自分からは前に出ない、アピールしない智が口にした瞬間。
あ~最初で最後かも~。神様、ありがとう~。

でも、この時私は気づいた。智が縛れていることに…。いつも縛られない智がだよ。
だって、お題は、「自分の好きな所」だから、別に短所でもいいわけよ。
例えば、「いつでもどこでも寝れる自分」とか、「撮影の合間に釣りに行って怒られちゃう自分」
でもいいわけよ。自分が好きだと言い切っちゃえば。
長所を述べなきゃいけないなんていう縛りはないわけよ。
(きっとニノとかだったら、機転を利かせて、おもしろいこと言っちゃいそうな気が
するんだけど)
しかし、彼は縛られてしまった。何が何でも自分の長所、素敵な所を言わなくちゃと。
ひゃ~、縛られてしまった智にバンザイ!

*刺繍智*

初っぱなから、「俺でいいのかな?」「結局行ったし、翔ちゃんの部屋」

カップルの会話にしか聞こえない(*^^*)
交際してるのは、あなたたちじゃありませんか~。

そして、こんな立ち位置のアイドル「聞いたことないよ」の後の「まあね、うん」

この声に、テレビの前でもんどり打った(〃▽〃)
こんなに優しい声って、ある?
ちょっとはにかんだ感じで、つぶやくように、それはそれはソフティな声で…。
これって、テレビですか?
あまりにも普通に自然にしゃべってる感じに、声のトーンに、表情に、魂持ってかれました。
耳元でささやいて欲しい。「まあね、うん」って…。

「しばらくそれでいくの」
「それでいくっていうか、そうだし」
「やめなさいって、もう」

何なの、この二人。もうゲストなんかいらない!二人だけの世界にしてくれ~。
大野くんの気負いのなさ、さらっと出て来てしまう本音に、泣きそうになる~。

それにしても大野くん、ここ最近頼もしさが増してない?
安心感がハンパ無いよね。
メンバーみんなを包み込む包容力があふれまくってる。

しかし、二人の恋路を邪魔するピンポン(ーー;)
あ~~、櫻葉の「俺の千葉」みたいなの、やって下さーい!

さて、やっぱり言動が不可解な智。
なんで、相葉ドリンク3杯入れた?何で、自分も飲んじゃった?

「なんか、よかったね」 えっ、語呂の問題?
語呂も込み込みで、よかったね…っていうことなんだろうけどさ…。
こういう言葉少ないところ、自分の中で納得しちゃってる感じが好き。

結婚したくない理由は、想像できたけど…(^^;)
そんなに一人の時間がいい?
でも、好きな人とはくっつきたい…と思ってるくせに。
照れくさくて離れるとかもったいない…と思ってるくせに。

だって、「二人でゴロゴロしてるみたいな?」て、聞いちゃったね。
リビングの二人=ゴロゴロなの?いいね~、ゴロゴロ。

そして、またまた聞いてるよ。チューの話。
何だかんだ言って、この手の話に興味津々。
しかも、聞き方!
「行ってきますチューとか?」「おやすみチューとか?」

おいおい、間に「の」を入れずに、大野くんの中ではすでにそういう単語が出来上がってるし。
きっとするよね。しちゃうよね。いいよ、いいよ。智が幸せなら。
私はその方が安心かもね…。
大野くんが心を許せる人がずっとそばにいてくれるのなら。
ほら、私じゃ無理だから…(って、マキシマム勘違い(^^;)

刺繍はすごかったね~。感動しちゃった。
下書きの時点で、センスが出ちゃってたね。
フリーハンドでささっと「S」を書いちゃう智に惚れ惚れ~。
櫻井くんのカクカク「S」には笑っちゃったけど(^^;)。

刺繍する手つきが慣れてるね。指がきれいだね。集中している顔が素敵だね。
寝っ転がってる時のVネックの胸元についつい目がいっちゃうよ(〃▽〃)

「ちゃんとやればよかったなぁ」なんて言ってたけど、すんごい出来映え。
一時停止してガン見しちゃった。

刺繍も絵もきっと同じなんだね。
どっちも線の集まりでしょ。絵を描くように刺繍糸で描く人。
優さんが教えてくれたクロスステッチなんて眼中になくて、
自分のイメージのまま自由に描いちゃう人。
ずーっと見てられるよ…。

そう言えば、『ニッポンの嵐』でも刺し子やってたね。
それもオリジナルでさぁ。感動した覚えがある。

それにしても、「蒸しハンバーグ」を連呼する大野くんが子供みたいで可愛かったね。
しかも、あんなにおいしそうに食べてくれたら、作りがいあるよね。
うちのダンナは何作っても、何にも言わないし(あれっ、それっておいしくないからか?)

今度、蒸しハンバーグ挑戦してみようかな~。

「俺、幸せ者だな」 ほんわか智。大野くんにとっての幸せって、こんな感じ?
「結婚しよう」 きりっとなったね。滑舌いいし。
「どうにかならんかね」 エロおやじかと思ったわ。確実に落とす智。


アーガイル柄のカーディガン、私好きだな~。ものすごく似合ってたし。
インナーも私的には無問題。
一緒に歩きたいなぁ~。


しばらく落ち着いていた好き…が、また加速しつつある今日この頃。
あ~、やばいかも…。
髪が伸びてきたから?それとも、twoのせい?

いずれにしろ、これ以上好きになると苦しいので、勘弁してください(笑)

*誰が一番好き? その3*

誘惑智の後は、智伝説「小鳥とお友達になりまして」の巻~。
もうね、この時はクールな智とほんわか智が交互に登場して、
私はてんやわんやの大騒ぎだったよ。

「小鳥とお友達になりまして」 ちょっと自慢げな笑顔が超かわええ~。
「いやあ、すごかったなぁ」「ここにいたとしますよ」
突然、男前智発動にひっくり返りそうになる。ていうか、ここで再現しちゃってくれるんですか。
誰も頼んでないのに、やる気満々な智。

そこで、オモチャの鳥さん登場。米倉さん、ナイス。
斜に構え、小鳥さんをのぞき込むように視線を送る智がめっちゃかっちょええ~。
あんな風に見つめられたらららら~♪
そして、小鳥さんに近づいて、かがんだよ。
あ~セントラルパークの智をこんな所で見られるなんて、超幸せ~。
あの指でちょっかい出してるし。つんつんしてるし。
小鳥さんも智の魅力にメロメロになっちゃったのか、ほ~ら、指に乗っちゃったよ。
小鳥さえも虜にしてしまう、魔法の指、魔法の眼差し(〃▽〃)

その後の「ほほほほほほほ~」の笑顔がまろやかすぎる~と思ったら、
突然再現シーン終わって、素に戻る智がまた男前で参った、参った…。
小鳥と戯れる智に、揺さぶられっぱなしだよ。

ところが、「気づいたらウンコされてた」って。え~っ、その話は初耳!
しかし、 「全然友達になってないじゃん」 ニノ、ナイスつっこみと思ったら、
眉間にしわ寄せながら、あのお方はおっしゃった。

「それも許せたの」

きゃ~!!ウンコさえも「許す」と言い切る男っぷり。かっこええ~!!
皆さん、ここ重要ですよ。今度の試験に出ますから~!(何の?)
これぞ大野智。そうそう、こういうことなんだよ。

小鳥さんに対しても「ウンコしやがって」と決して怒らない。
相手が人間だろうが小鳥さんだろうが関係ない。
心を許しちゃったら、ウンコさえも受け入れる智の器のでかさ。
(ウンコ、ウンコ、すみません…)

こういう所が大好きなんだよ~。
あ~智を好きでよかった。

で、「仲良くなったからね」の櫻井くんのフォローもバッチリ。

さて、そろそろお開きの時間。そそくさとお部屋に帰る3人。
そして、部屋に帰らず無言な二人がやけにリアルで、ドキドキする。
付き合う寸前のカップルか!
特に松潤。乙女感が漂ってるよね~。微妙な距離感がたまんないよね~。

「俺、ここで寝ようかな」 きゃ~、まさかここで~!(何を期待してる?)
「うん、なんで?うん、どうした?」の小芝居感がたまんない。
そして、先に階段を上る長男。その後に上がる松潤。

とりあえずそれぞれの部屋に戻る二人。しかし、それで終わるわけがない。
松潤の部屋に向かおうとすると、邪魔するニノと相葉ちゃん。
もうタイミングがぴったりすぎて、おかしいよ~。
ドアの向こう側で4人がこそこそやってるのか…と思ったら、たまんないよ~。
あ~、向こう側にもカメラ設置して置いたらよかったのにね。

そして、階段の途中で佇む智がべらぼうに男前だと思ったら、突然階段を駆け上がったよ。
ぎゃ~!!!ぶっ倒れる~!!めっちゃ格好いい~!!
手すりを掴む手、肩から腕、背中にかけてがとんでもなく男くさくて、激リピ。
今回の『ひみあら』で一番リピートした。もちろんコマ送りもした。一時停止もした。
これが噂の肉食智か!ねらった獲物は逃がさない猛獣智か!
(ひとかけらも噂になってないけど…)

                  2012_1027縺イ縺ソ縺ゅi繧キ繧ァ繧「繝上え繧ケ0006_convert_20121026214604

しかし、無情にも紫のドアは開かず。「くっそー」
あ~、向こう側でくすくす笑いながらドアを押さえてるメンバーを想像しているだけでも
幸せな気分になれる。(ニノの笑い声が聞こえるよね)

で、結局帰るのはやっぱり妻の元。開けたのはやっぱり赤いドアでした~。
この時もニノの笑い声が聞こえる~。(コロコロしてるからすぐわかるよ)

で、結局、大野さんは誰が一番好きなの?なーんていう野暮な質問は置いといて、
やっぱり何だかんだ言いながら、大野くんはみんなから頼りにされてるし、甘えられてるよね~。
みんな大野くんのことをもてあそびながらも、リーダーに任せとけば大丈夫だって、わかってる。
リーダーは何でも受け止めてくれるってわかってる。
ほら、だって、小鳥さんのウンコすら受け止める男だから(またウンコか!)

あ~、楽しかった。ごちそうさま。
いつもだらだらと長ったらしい記事を読んでいただいて、ありがとうございます(^^)