FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP24時間テレビ ’12 ≫ *松潤に完敗*

*松潤に完敗*

24時間テレビの感想、書きたいことがいっぱいあるのに、なかなか時間がとれなくて。
でもね、何日かかっても少しずつ言葉にしていくつもりですので、気長に待っててくださいね(^^)

で、今日はね、松潤の指揮。
(大野くんのことについては、もうしばらく待ってくださいね~)

なぜ松潤の指揮についてあらためて書こう…と思ったかというとね。
ここにどんな検索キーワードでたどり着いたかがわかる仕組みになってるんですけど、
その中には、えっそんな風に感じてる人もいるの?っていうのがあってね。
ま、人それぞれと言えばそれまでだけど、ちょっと悲しい気持ちになったもので…。
(と言っても、具体的なことが書かれていたわけではないんですよ)

私、指揮に関しては完全な無知です。
吹奏楽部に所属していたことはあるけど、ほんと下手っぴでみんなの後ろから
ついていくので精一杯というレベルでね…。
でも、やっぱり指揮棒を振る人で、やりやすかったりとかあるんですよね。
これは、上手下手…というより、普段からずっと一緒にやってきて慣れ親しんでいるとかいうのも
あると思うし、そうすると自然と信頼関係も出来上がってくるしね。
ま、そういう意味では、演奏者と指揮者ってある程度の時間をかけて築き上げていくものだと
思うんですね。(私が個人的に思うには…)

しかし、今回の松潤は、短期間で(たぶん演奏と合わせた回数も限られてると思うんです)
あそこまで生徒達と心をつなぐことはできたのはすごいな…と。

技術的なことは私にはさっぱりわからないけれど、
最初の頃の松潤は、手つきもおぼつかなくて、表情もとまどってましたよね。
でも、当日の松潤は、生き生きとしていて、自信に満ちていて、全身で何かを伝えようとしてました。
そして、何よりも彼自身が楽しんでいました。
きっとここまで来るには、相当な努力があったんだと思います。

そんな松潤パワーの渦に生徒達も巻き込まれ、表情も生き生きとしていて、とても楽しそうでした。

松潤はやっぱりすごいなぁ~と。
彼の指揮は、ちょっと型破りな部分もあったかもしれない。
でも、それが彼の生徒達に対する精一杯の感情表現だったんじゃないかと。

実は私、練習の時の佐渡さんの教え方がとても印象的で…。
世界で活躍している佐渡さんからしたら、いちアイドルが短期間で指揮に挑戦するなんて
ある意味言語道断だと思うんですよね…。
でも、佐渡さんは真剣に真っ直ぐに松潤と向き合ってくれた。
そして、技術的なことよりもどうやって生徒達(演奏者達)と向き合うか、心を通わせるかと
いうことを力説してましたよね。
何だかそれが私にはとても意外だったんです…。
でも、どんなに有名になって世界を股にかけて活躍している人でも、結局原点はそこなんだな…と。
そして、その部分を松潤がクリアしてくれれば、きっと大丈夫だと思っていたのではないかなと。
私の勝手な解釈ですけどね(^^;)

そして、実際松潤の指揮は気迫に満ちていて、全身全霊で伝えようとしていたし、
しかも誰よりも彼自身が楽しそうでした。
きっと佐渡さんも自分が一番伝えたかったことを松潤が全力で表現してくれたことが
嬉しかったんじゃないかな…と。(これまた私の勝手な解釈ですけどね(^^;)

ほんとに素敵な企画でしたね(^^)
だからこそ、やっぱり嫉妬しちゃうんだよなぁ~(^^;)
大野くんのダンスも、できれば大野くん自身の振り付けで、ソロでガシガシ踊って欲しかった。
大野くんのあの独特な振り付けが大大大好きなので(^^)

スポンサーサイト



Comment

同感です
編集
yonkoさん、こんばんは~お忙しいのにお返事ありがとうございました。voiceシリーズは、気長に待ちます。くれぐれも無理をしないでくださいね。
松潤は、本当にすばらしかったし、楽しそうだった。生徒たちも楽しそうに演奏していたもの。拍手喝采でしたよ。
同感です。大野くんのガシガシ踊っているお姿は、やっぱり見たいですね。私も大好きです。
今回、24hTVで見られるとは思っていなかったダンスが見られて、嵐のメドレーもあり、えぇあのドッキリも・・・本当に油断してましたよ。倒れるかと思いました。正直凝視できずにいながらも丸い穴からのお顔には釘付けでした(*_*)
こちらも気長に大野くんの記事を楽しみにしています。
2012年08月28日(Tue) 23:46
“ J ”
編集
松潤ほんとに凄かったね。
嵐ファンになったころ、ちょっと苦手な顔だち(濃い)だったけど、いい顔してた。
まごまごボート部を見て、Jの一生懸命な所を見て
好きになりかけましたが(いやいや智くんには…)
今回も傾きました。(智くんの手紙でまた戻る)
紅白の時もそうでしたが潤くんは皆がセンターを向
いてても1人だけ、人に注目しています。
今回も智くんが手紙で「松潤」と呼びかけたら
智くんの方を向いていました。
まだまだ話題はつきませんね。しばらくは余韻に
浸りたいですね。
智くんレポ楽しみにしています。
2012年08月29日(Wed) 00:47
No title
編集
こんにちわぁ~。面倒くさいコメントに付き合ってくださって、本当にありがとうございます。yonkoさんのお返事は心が落ち着きます。いつも適切な言葉で温かいお返事をもらえるので、何でも相談したくなっちゃう頼れるお姉さん(やっぱり、どーしても私の中ではお姉さんなんです、ごめんなちゃい)みたいに思えてきちゃいました。お姉さんの智君ドッキリの感想も楽しみにしてま~すよ。   潤君の指揮は、正直「大丈夫なの~?」なんて思ってましたが、さすが さすが潤君!めちゃくちゃ練習しましたね、あれは・・・。自信に満ち溢れ、イキイキと輝きまくってましたね。  「今回はずっと涙をこらえてました・・。伝えるべきことを 伝えるまでは、涙は流さない」 その気持ちもすべて伝わったよ、潤君。すごかったよ潤君!   感動しまくってる時に長男が一言「松潤はセンスがないねん、何をやっても・・・」   うるさい うるさい うるさい 潤君は潤君でいいんだってばーーーっ。最高だったよ潤君、感動をありがとう。
2012年08月29日(Wed) 09:55
No title
編集
いつも楽しく読ませていただいてます。 
こっそり楽しませていただいてるので、初コメです。 よろしくお願いします。

重症サトシックの私ですが、今回の24H。
一番感動したのは、潤君の企画だったかもしれません。
お顔に似合わず(!)不器用な潤君。
忙しい中、いったいどれだけの練習を重ねたのでしょう。
技術はなくても、ハートで指揮棒を振ることができた潤君。
演奏後に佐渡さんがくださった言葉が、全てを表していたと思います。
そして、あふれ出た潤君の涙に、潤君の思いの全てを感じることができました。

大チャンのダンスはとっても物足りなかったけど。
ゲストをたてて遠慮がちに踊っているような大チャンもまた、大野智っぽいな~、と思ってみていました。
がっつり踊る大野君、みたいですよね~。
またいろんなレポを楽しみにしています!
2012年08月29日(Wed) 10:15
おみごと松潤!
編集
うん、うん!
大きく頷きながら読ませてもらいました。
私は素人なので指揮者の事は全くわかりません
でも、伝わってきましたよ!
松潤が全身全霊で指揮棒を振ってる姿を見て
涙が止まりませんでした。
言いたい事はyonkoさんが語りつくしてくれたので
一言だけ.....
「松潤カッコよかったよ~~~~!」
しかし、24hTVで何回泣いたかわかりませんが
涙より鼻水が止まらなくて.....
鼻かみすぎて痛くなっちゃいました
やっぱこんな時は+Waterじゃなきゃだめですね。
感動のエントリーなのにしょうもないオチですみません。
2012年08月29日(Wed) 14:57
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年08月29日(Wed) 16:57
初めまして・・と思いますが・・・
編集
最近毎日こちらに寄らせていただいてます。
私も重症サトシックですが、今回の松潤には脱帽しました。生徒一人ひとりの思いと向き合ったからこその見事な指揮でした。
大野くんのダンス。ほんとに人柄が溢れていましたね。ああいう場で決して自分を主張しない、調和を第一に考える・・・ そういう大野くんに惚れたんですよね、私たちは。
2012年08月29日(Wed) 21:05
Jの指揮
編集
Jの指揮感動でしたよね(¶Д¶)カンドー
あれはJしかできなかったとおもいます(´ω`)
石巻の吹奏楽部の人達もすごかった
しかしJはほんとになんでもこなしますね~
さすがだわ(*´ω`)
私も今、吹奏楽部員なんでJみたいなカッコイイ指揮者いいなぁ~~(♡´ω`♡)
うらやましぃ~~^^
2012年08月29日(Wed) 21:15
aoiさんへ
編集
aoiさん、こちらこそお気遣いありがとうございます(^^)
ぼちぼちやりますので、気長にお付き合いくださいね。

松潤は、本当に頑張ってましたね。
実は、佐渡さんを紹介する時の表情が緊張しているように見えて
心配だったんだけど(^^;)、
指揮台に立った時の顔は一変していて、きっと大丈夫だと思えました。

ダンスは物足りない部分もあったけれど(^^;)、
大野くんが踊っているところが見れてよかったですね。

「ドッキリ」は、長女と2人で見ていたので、
内心のドキドキは表に出さず、とりあえず笑って誤魔化しました。
でも、今日は久々に1人だったので、ガン見しまくりました(*^^*)
2012年08月29日(Wed) 22:46
おおのっちさんへ
編集
私も松潤は最初苦手だったんだけど(^^;)、
真面目で努力家なところとか、
けっこうやんちゃでお茶目なところとかを知って、
かなり印象が変わりました。

そして、よく人を見ているし、ものすごく礼儀正しいですよね。
きちっと全力で人や物事に向き合える人なんだと思います。

24時間熱は、まだまだ冷めやらず…ですね~。
2012年08月29日(Wed) 22:53
さとのさんへ
編集
私で少しでもお役に立てたのなら、よかったです(^^)
「お姉さん」と呼んでもらってもけっこうですよ(笑)

あれっ長男くん、まだまだ男の何たるかがわかっていないようですね、えっへん。
男が言い訳をせず、あきらめず、真剣に立ち向かう姿は、心を打ちます。
(センスや経験がないから…などと言っているようじゃ前には進めません)
松潤の指揮は、本当に彼らしい、彼にしかできない唯一無二の指揮でした。
短期間であそこまで仕上げた努力と心意気にただただ脱帽です。

あ~すみません。えらそーに語っちゃいました。
そんなこと言ってる私が何にもできず、ぼーっと過ごしてるんですけどね(^^;)
2012年08月29日(Wed) 23:31
ぽちゃさんへ
編集
松潤の心意気、そして真っ直ぐに届けようとする姿は
本当にかっこよかったですね~。

ぽちゃさんは、いっぱい泣いちゃったんですね…。
私はずっと家族がいたので、あまり泣かないようにしてました(^^;)
何だか恥ずかしくてね~。

確かに、こういう時は+Waterが必需品ですね(笑)
2012年08月29日(Wed) 23:39
みるくさんへ
編集
みるくさん、はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます!

松潤の指揮は、思いやりにあふれてましたよね。
あの潔さと真っ直ぐな気持ちに心打たれました。

大野くんのダンス。
自分1人が目立つことよりも周りのことを考えちゃう人なんですよね。
そんな大野くんだから、どこまでもついて行こうって思えちゃうんですよね(^^)
2012年08月29日(Wed) 23:59
らるろ☆さんへ
編集
松潤の指揮、素晴らしかったですよね。
決して器用ではないと思うんだけど(自分でも言ってますよね)、
その分たくさん努力したんだと思います。

らるろさんは、吹奏楽やられてるんですね。
私も高校時代はクラリネットやってました。大昔の話ですが…。

でも、松潤みたいな素敵な指揮者だったら、
ドキドキして演奏できないかも~(*^^*)
2012年08月30日(Thu) 00:03
非公開コメント Pさんへ
編集
私は、未だに「花男」を見たことないんですけど(^^;)、
嵐のことを知るようになってから、
それまで私が勝手に抱いていたイメージとは違う部分もいっぱい見れて、
かなり印象が変わりました。

時々、メンバーやゲストの方が話す松潤の真面目すぎるエピソードが大好きなんです。
そして、理屈っぽいところは、私と似ていてなるほどなぁ…って(おこがましくも(^^;)
私も理屈で納得しないと、前に進めないもので…。

今回の松潤の指揮は、彼の姿勢、意気込み、想いが素晴らしかったですよね。
圧倒されましたもん。
そして、生徒さん達、佐渡さんの表情にもよく表れていました。

娘さんたちの感想も是非聞いてみたかったですね。

親子でコンサートにも行けるといいですね~。
うちの次女も最近は嵐より関ジャニに気持ちが移りつつありますが(^^;)
是非コンサートには一緒に行きたいな~。

ところで、松潤は5人の中で一番の緊張しいだと聞いたことがありますが、
そういう所を見せませんよね。
きっと不安な気持ちもあったと思うのに、
彼はそういう部分を一切見せず堂々としていました。
やっぱりプロなんだな…と思いました。

これからもいろいろお話してくださいね(^^)
楽しみにしてます!
2012年08月30日(Thu) 00:45
こんにちは♪
編集
ちょっとコメントがワンテンポ遅れですいません(_ _;
yonkoさんも吹奏楽をされていたんですね。
私は中学校の時に3年間入っていました。
残念ながら部全体的に志が低く、定期演奏会など地域のは楽しくやればいい、
コンクールでも緊張はしたもののいつも下手な演奏ばかり^^;
賞と言う賞はほとんどが奨励賞どまりで、また駄目だったねーなんて帰ることはしばしば。
帰りのバス内で顧問の先生だけが一人泣いてて説教させられたこともありました・・w
なので、あれだけ一生懸命な演奏で心に響いてくるのを感じた時は
凄く感動しましたし、もう少しちゃんとやっとけば良かったなって思いました。
ステージに上がり指揮と同時に楽器を構える瞬間、先生の指揮棒が震えていたこと、
演奏を間違えたこと、ソロが成功したこと、演奏が終わり客席に向かって立つ後の感動。
様々な事が思い出されて、感動やら色んな思いが込み上げてきて涙が溢れました。

本当に限られた時間の中で、指揮者として初めてタクトを振ることはもちろん
生徒さんとも気持ちを一つにしなくてはならない難しさとか色々あった中、
潤くんが全力で演奏を通して気持ちを届けようとしてくれたからこそ、
技術ではなく心で通じたあの演奏が生まれたと思うし、多分24時間の中で一番泣きました。
潤くんありがとう!あなたは天使です←
2012年08月30日(Thu) 13:12
akiraさんへ
編集
松潤の指揮をきっかけに思い出が蘇っちゃったんですね。
私は下手ながらも、あの頃は頑張ってたな~。
1年のコンクールは銀賞が嬉しくて泣いて、2年では銀賞が悔しくて泣いて。
あれっ3年の記憶がないのはなぜだ(笑)?

指揮者という大役、相当なプレッシャーだったと思うんですが、
そういうことを感じさせない心のこもった堂々とした指揮でしたね。
松潤の真っ直ぐな感じが出ていて、感動しました。

2012年09月01日(Sat) 21:42
拍手コメント Fさんへ
編集
お気遣い、ありがとうございます。
こちらこそ皆さんにいっぱい元気をもらって、
すっかり立ち直りました!

拍手の一つ一つにも、どこかに同じ思いの方がいらっしゃるんだな…と
思えて、とても心強いです。

嫌なことがあったら、ため込まず吐き出しちゃいますね。
そして、また皆さんに元気もらっちゃいます!

ほんとにありがとう…です(^^)

2012年09月03日(Mon) 23:25
ありがとうございます
編集
私は潤くんファンで、ネットでこちらのブログに辿り着きました。

何をしても目立ってしまう彼が、実はとても不器用で、だから人一倍真面目に努力するし、普通の礼儀正しい青年なのに、誤解されてる部分が多くて、悲しくなる時があります。
特に、嵐の他のメンバーファンの方に誤解をされ、非難されてるのを目にした時には、とても凹みます。

そんな中で、このブログの中で、ちゃんと潤くんの良さを書いて下さって嬉しかったです。

今回、生徒さんが思いを伝える為の、「上を向いて」の演奏を指揮するために、暗譜して挑んだ事、相当の練習と努力があったんだろうなぁ~と思っています。
多分、「そこまで頑張るの?」って思う程、練習したんじゃないかと思います。
(事前番組で、大野くんが、潤くんが楽屋でずっと指揮棒を振っていたって教えてくれてましたね。)
演奏後、大野くんと二宮くんが、涙を拭っていたと、観覧に行かれた方のレポにありました。

生徒さんの演奏は勿論ですが、潤くんの傍に居て、彼の頑張りをずっと見守ってきてくれた上で、感動して涙し、そんな陰の努力を口に出して教えてくれるメンバーにいつも感謝しています。


2012年09月05日(Wed) 13:51
emiさんへ
編集
emiさん、はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます!

松潤は、大野くんとは違う意味で誤解されやすいですよね(^^;)
でも、知れば知るほど、彼の真面目さや一生懸命さ、
そして時折のぞかせるやんちゃな一面など、
いろんな魅力に気づかされます。

そんな松潤のこと、メンバーはちゃんとわかっていて、見守っていてくれますよね。

嵐くん達をこんなにも好きなのは、
そんなそれぞれのかたい絆を感じることができるからです。
「ずーっと5人でいる」
私もずーっと5人を応援し続けます(^^)
2012年09月05日(Wed) 22:56
拍手コメント ?さんへ
編集
はじめまして(^^)

松潤は、誤解されやすい所もあるけれど、
少なくとも私の周りの人達は(担当とかにかかわらず)
松潤のこと大好きですよ。
そして、今回の指揮も彼の一生懸命さが伝わってきて、
皆さん感動してらっしゃいました。

嵐くん達のこと、一緒にこれからも応援していきたいですね(^^)
2012年09月09日(Sun) 22:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL